臨時福祉給付金(経済対策分) 

臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は、平成29年9月29日(金)をもって終了いたしました。

 

支給対象者

支給対象者は、平成28年1月1日において、以下の条件を満たした方です。

1.高砂市の住民基本台帳に登録されている方

2.平成28年度課税(平成27年収入)の住民税(市民税均等割)が課税されていない方

ただし、次の方は対象外です。

※住民税が課税されている方の扶養親族等(地方税法の規定による控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族、青色・白色事業専従者)である場合

※生活保護制度の被保護者となっている場合

※中国残留邦人等に対する支援給付の受給者である場合

※国立ハンセン病療養所等入所者家族生活援護費の受給者である場合

※ハンセン病療養所非入所者給与金(援護加算分)の受給者である場合

 

【給付額】

対象者1人につき15,000円

※給付は1回限りです。   

 

申請について 

【申請書】

対象となる可能性のある方に対して、3月28日(火曜日)より申請書一式を送付します。

※ただし、申請書が送られてきた方でも、条件などにより対象とならない場合があります。

【申請方法】

申請書に必要事項を記載、押印のうえ、本人確認書類・口座確認書類等の必要な書類を添えて、同封の返信用封筒で郵送により申請してください。

【申請期間】 《終了しました。》

平成29年3月29日水曜日から平成29年9月29日金曜日まで(9月29日金曜日の消印有効)

※申請期間を過ぎた場合は、給付金は受け取れませんのでご注意ください。

【提出書類】

・臨時福祉給付金(経済対策分)申請書(請求書)

・現在有効な本人確認書類(世帯用の申請書は対象者全員分が必要です。)

写真付きマイナンバーカード(表面のみ)、写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど、公の機関が発行した顔写真入りのものの写し

外国人の方は、在留カード、特別永住者証明書の写しなど 

※顔写真入りの現在有効な本人確認書類をお持ちでない場合は、下記のものから2点の写しを添付してください。((イ)が必ず1点必要です。)

(イ)住民基本台帳カード(顔写真無)、健康保険証、介護保険証、年金手帳(証書)など

(ロ)預・貯金通帳、キャッシュカード、クレジットカード、診察券、学生証、社員証など

(注意)マイナンバー通知カード・住民票は本人確認書類にはなりません。   

・口座確認書類

金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳の写し

・市外の方に扶養されている場合、扶養義務者の平成28年度住民税非課税証明書

・代理人(成年後見人、保佐人など)が申請を行う場合、代理関係を証明する書類

【給付時期】

平成29年4月下旬以降、順次指定口座に振込みます。

※申請書の受理から1~2ヶ月程度で振込みの予定です。

 

ご注意

・給付金は申請に基づき支給されます。

・受給の可否や課税情報について電話でお問い合わせいただいても、守秘義務によりお答えできません。

・申請受付は郵送のみです。

 

振り込め詐欺にご注意を!

ATMの操作を指示されるなど不審な電話やメールを受けたときは、次までご連絡ください。

高砂警察署 079-442-0110

 

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により、平成28年1月1日時点で住民登録ができていない方は、住民登録をしていなくても居住地で申請することができる場合がありますので、ご相談ください。

※ただし、配偶者等から代理申請が提出され、既に支給決定がされている場合は支給できません。

 

厚生労働省相談窓口

専用ダイヤル 0570-037-192 【受付時間】平日9時から18時

 

関連リンク

厚生労働省 臨時福祉給付金(経済対策分) 

http://www.2kyufu.jp/

 

 

トップに戻る