NPO・NPO法人

NPOって?

 NPOとは、「非営利組織」という意味で Non-Profit Organization の頭文字をとった言葉です。
 したがって、その字の通り、株式会社などとは異なり、営利を目的としない組織・団体の総称です。
 市民サービスの新たな担い手として、社会貢献活動(営利を目的とせず、公益的な活動)を行う民間の非営利団体(NPO)の重要性がますます認識されています。

非営利団体って?

 営利を目的としない市民の自主的、主体的な社会参加活動で不特定多数の者の営利(利益)や地域住民の生活及び地域社会の維持発展に寄与することを目的とした活動を行う団体をいいます。
 したがって、出資者への利益配分を行うことを目的とした株式会社などとは、目的自体が異なります。
 また、事業で利益が発生した場合は、スタッフ等に配分はできず、次年度の事業実施のために繰り越すこととされています。

NPOとボランティアとの違いは?

 個人の自発的な意志によって一定のグループ又は個人で活動していることをボランティアといいます。
 一方、規約や会則が整備され、事業計画書や予算に基づいて、一定の組織体制のなかで活動している団体をNPOと呼称します。NPOのうち、所轄庁の認証を受けた団体をNPO法人と呼びます。

ではNGOとは、どう違うの?

 NGOとは、Non-Governmental Organizationsの頭文字をとった言葉で、「非政府組織」という意味です。
 政府組織ではなく、国際交流や国際的な協力をする組織で、代表的なものに日本国際ボランティアセンター(JVC)や国際オリンピック委員会(IOC)などがあります。

 どうしてNPOの活動が必要なの?

 これまで、行政と企業が市民生活に必要な「公共」サービスを担ってきました。
 しかし、公平性、効率性を求められる行政と、利潤を求められる企業だけでは、複雑化、多様化する課題に迅速に対応することは困難になってきています。
 行政サービスとして享受することもできず、その間で
困っている人に対して、小回りの利くサービスを提供するには、行政でも企業でもない中間的なセクターであるNPOの活躍が必要なのです。

NPO法(非営利活動促進法)はなぜできたの?

 平成7年の阪神・淡路大震災では、ボランティア活動の重要性が広く国民に認識されました。
 
また、少子・高齢化が進む社会状況のなかで、特に福祉分野におけるボランティア活動への期待は、ますます高まっていました。
 こうした中、市民が行う社会貢献活動を推進するために、法人格の付与についても簡便な認証制を設けるなど、活動しやすい仕組みを整えるため、議員立法によって『特定非営利活動促進法』が成立しました。

 NPO法人になるためには?

 特定非営利活動促進法(通称NPO法)で定められる要件を満たして所轄庁に申請し、所定の手続きを経て、認証される必要があります。
 認証までの審査については、活動の内容や質について審査されるのではなく、活動や事業を盤石に実施するための組織としての要件が整っているか否かで認証が決定されます。

NPO法人になるとどうなるの?

 NPO法人になれば、会社と同様、団体名で各種契約をしたり、財産を取得することができます。また、団体名義での銀行口座開設や借り入れが可能です。
 しかし、NPO法人だからといって、非営利活動以外の事業については、所得税、地方税は非課税とはならず、税の軽減は特にありません。
 また、事業終了後は、所轄庁への事業報告書や決算書など、一定の書類提出などが求められます。

NPO法人設立の手続き

 NPO法人の設立等については、ひょうごボランタリープラザにお問合せください。

 関連サイト:兵庫県/NPO・ボランティア

高砂市のNPO法人

 高砂市のNPO法人については、こちら(ひょうごNPO法人情報公開サイト)からご覧いただけます。
(「県民ボランタリー活動の広場」ホームページ内「NPO法人検索」の画面にリンクしています。
 「主たる事務所の所在地」の「高砂市」にチェックを入れたうえ、「指定した条件で検索する」をクリックすると、
 高砂市の情報がご覧いただけます。)

高砂市特定非営利活動法人連絡会

 高砂市に主たる事務所を置くNPO法人が、相互の連携を密にし、協働して市民福祉の向上に寄与することを目的として設置されました。

 連絡会事務局/高砂市社会福祉協議会事務局内
        電話 079-443-4047