ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは 

 医療機関で処方される、効き目は同じで低価格なお薬で、厚生労働省が新薬と同等と認めた医薬品です。新薬として、これまで効き目や安全性が実証されてきた医薬品と同等と認められた低価格なお薬で、さまざまな分野、症状に対応しており、安全性も品質も変わりません。薬代も節約できるため、国民健康保険医療費の節減にもつながります。

安全性は大丈夫?

 ジェネリック医薬品は、新薬と同様の安全基準を満たしており、厚生労働省のジェネリック医薬品承認基準をクリアした、信頼できる薬です。

ジェネリック医薬品希望カードを使うには

 診察券と一緒に提出したり、お医者さんや薬剤師さんに見せれば、ジェネリック医薬品を希望する意向伝えられます。 (希望カードは国保だよりに掲載する予定です。

 ジェネリック医薬品は、厚生労働省も使用を推奨していることから、全国的に普及が進んでいます。まずは、かかりつけのお医者さん、薬剤師さんに相談してみましょう。

ジェネリック医薬品の利用促進に、ご協力をお願いします。

 わが国では少子高齢化が進み、国民医療費の増加が問題となっていますが、その3割を薬剤費が占めています。もし変更可能な薬をすべてジェネリック医薬品に変えられれば、約1兆円の節減ができると推定されています。

 ジェネリック医薬品の利用にご協力をお願いいたします。

 

 

ジェネリック医薬品について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/kouhatu-iyaku/index.html(厚生労働省HP)

http://www.generic.gr.jp/(日本ジェネリック医薬品学会HP)