毎年、11月12日から11月25日までは「女性に対する暴力をなくす運動」実施期間です。

パープルリボン

   配偶者等からの暴力、性犯罪、売買春 、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為や人身取引等、女性に対する暴力は、女性の人権を侵害するものであり、決して許される行為ではありません。男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。
 この運動期間をきっかけに、女性に対する暴力について考え、暴力のない社会づくりを進めましょう。
   

 

パープルリボンとは                                     

パープルリボンは女性に対する暴力をなくす運動のシンボルマークです。
DV(ドメスティック・バイオレンス)や虐待などの暴力をなくすこと、暴力の被害にあっているひとたちの安全を守ること、暴力が絶対にあってはならないことを周囲に伝え、紫のリボンを身に付けたり、飾ったりすることで暴力の元に身を置いている人に勇気を与えてください。

 

  

 ひとりで悩まないで相談を

DV被害にあった時、またはこれってDVかしらと思った時は、一人で悩まないで、専門相談窓口にご相談下さい。相談員はあなたの秘密を守り、専門知識をもって情報提供や対応をしてくれます。
相談は電話でも受け付けています。また「デートDV」などの相談にも応じています。
※デートDVとは、交際相手からの暴力のことです。高校生・大学生のカップル間でもDVはおきています。

  女性のためのカウンセリングルーム.pdf [476KB pdfファイル]  

  

 センターでは啓発メッセージを展示しています。

 

 

 

 

 

関連図書の無料貸し出しも行っております。

お気軽にご利用下さい。