ドメスティック・バイオレンス(DV)とは

 ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、夫婦や元夫婦、内縁関係や恋人関係にあるものの間で、暴力を利用して一方が他方をコントロールすることをいいます。
 DVにおける暴力とは、殴る、蹴るといった身体的な暴力だけではなく、精神的な暴力なども含まれます。
 DVは、犯罪となる行為を含む重大な人権侵害にあたります。

 

暴力の形態

 一口に「暴力」といっても様々な形態が存在します。これらの様々な形態の暴力は単独で起きることもありますが、多くは何種類かの暴力が重なって起こっています。
 また、ある行為が複数の形態に該当する場合もあります。

  • 身体的暴力(殴る、蹴る、物を投げつける など)
  • 精神的暴力(大声でどなる、何を言っても無視する など)
  • 社会的暴力(メールや電話などをチェックする、外出をさせない など)
  • 経済的暴力(必要な生活費を渡さない、外で働くことを嫌がる など)
  • 性的暴力 (性行為を強要する、避妊に協力しない など)
  • 子どもを利用した暴力(子どもの前で暴力を振るう、子どもを取り上げる など)

 

まず、ご相談ください。

 もし、暴力で悩んでいたら、一人で悩まずに、まず、相談してください。

※ 相談料は無料です。秘密は厳守します。

 

 DVの主な相談窓口はこちらをご覧ください