ダンボールコンポストとは? 

通気性の良いダンボール箱を容器として利用し、生ごみの堆肥化を行います。

ダンボール箱の中に基材(※ピートモス15リットル、※もみ殻くん炭10リットル)を3対2の割合で混ぜ入れ、家庭から排出される生ごみを投入し、土壌微生物の力によって発酵分解させて堆肥をつくります。

できあがった堆肥は、花壇やプランターの土に混ぜることで、肥料として有効に活用できます。

  

ダンボールコンポストセット一式写真1

※ピートモス

 :水コケが堆積したもので、保水性に優れ、土壌改良や鉢物用土に利用されています。

※もみ殻くん炭

 :もみ殻を炭にしたものです。臭気を抑え、微生物相を豊かにする効果があります。

 

                   

【用意するもの】

1.     ダンボール箱1つ(たて40cm×横35cm×高さ30cm程度の大きさのもの)

2.     底敷用ダンボール1枚(底を二重にし補強するもの。もしくはダンボール箱を2箱重ねる)

3.     ガムテープ(補強用)

4.     ピートモス15リットル、もみ殻くん炭10リットル(ホームセンターで購入できます)

5.     生ごみ(1日約500グラム程度の投入を目安とします)

6.     ゴム手袋、又は混ぜ込み時に箱を傷めないプラスチック製のスコップ

7.     虫よけカバー(布などでダンボール箱を覆い、ゴムひもで固定します)

8.     土台(ダンボール箱が雨などに濡れないためや風通しをよくするための台)

9.     その他(計量器、100℃温度計)

 

【作り方】

その1、ダンボール箱を用意し、組み立てて補強します

(1)ダンボール箱を補強し、底から基材が出ないように隙間と隅をガムテープでふさぎます。

 

ガムテープで四隅を補強

(2)ダンボール箱の底の補強するたに底の大きさにカットしものを箱の底に敷き二重にします。(もしくはダンボール箱を2箱重ねます)

底を二重にして補強します

(3)雨が当たらず、風通しが良い場所に設置します

台の上に設置させます

 

その2、基材を投入します

基材(ピートモス)を投入

(4)基材であるピートモス15リットルと、もみ殻くん炭10リットルをダンボール箱に投入し、よくかき混ぜます。

しっとりする程度に水を加えます

(5)はじめは基材が乾燥しているので、しっとりする程度に水を加えます。(500ml程度)

 

その3、生ごみを投入します

(6)生ごみは小さく刻むと分解が早くなります。(写真は野菜くずです)

生ごみは小さく刻むと分解が早くなります

(7)軽く水切りした生ごみを投入します。1日500g程度が目安ですが、量が少なくても大丈夫です。

軽く水切りした生ごみを投入

(8)生ごみを入れたら、全体をよくかき混ぜ、空気が中に入るようにします。

  (※生ごみを入れない日もかき混ぜてください)

生ごみをよく混ぜ合わせます

 

その4、管理のしかた

      

 ダンボールコンポスト写真 温度管理をします 虫よけカバーをします

   

○1日に1度、かき混ぜて内部に空気を入れます。

 

○温度計で温度変化を確認し、微生物の働きを確認します。

 

○必ずフタをして、虫よけカバーをし、ゴムひもで固定します。

 

その5、堆肥の完成

べたついてきたら分解が遅くなります

(9)3か月くらいすると、生ごみの発酵分解が遅くなり、ついてきます。その状態になったら生ごみの投入をめ、ときどき(2、3日に1回程度)かき混ぜます。

プランターの土に混ぜ込んで堆肥として利用

(10)同量の土を混ぜこみ、約1か月ほど寝かせたら堆 肥のです。家庭菜園やプランターの土に混ぜ入れてご用ください。 

   

【Q&A】

Q1 「ピートモス」や「もみ殻くん炭」はどこで買えるのですか?

(A1)ホームセンターの園芸コーナーに置いてあり、安価で購入できます。また、ダンボールコンポストセット(ダンボール箱、生ごみコンポストの発酵資材、発酵菌入りの発酵促進剤、説明書入り)を販売しているホームセンターもあります。

 

Q2 ニオイが心配なのですが?

(A2)完全な無臭ではありません。多少、土の匂いがあります。生ごみの量が多かったり、よくかき混ぜないと、生ごみ臭が出ることがあります。また、一度に多量の魚の内臓などを入れると強いアンモニア臭がでることがあります。この場合は、基材を2リットルか3リットル加えてよくかき混ぜるとニオイは弱くなります。

 ※悪臭を抑えるポイントは、生ごみを入れても入れなくても毎日よくかき混ぜることで(コーヒー殻や防腐剤の使われていないみかん類の皮は防臭効果があるようです)

 

Q3 虫は発生しますか?

(A3)調理後、生ごみが出たらなるべく早い段階でダンボールコンポストに投入します。ダンボールコンポストの管理は、必ずフタをし、虫よけカバーをして、虫の発生をできるだけ防ぎます。生ごみを4日から5日以上入れず、かき混ぜないでおくと、ダニが発生することがあります。その場合は使用済み天ぷら油(少量で頻繁に入れない)や天かすなどを入れると発酵分解が進み、温度が高温になりますので、虫を死滅させることができます。分解が進み温度が上昇すると、白い綿状のカビが発生することがありますが、無害ですので、よくかき混ぜてください。

 

Q4 温度がなかなか上がらないのですが?

(A4)発酵分解は1週間から2週間ほどしないと始まりません。1週間から2週間ほどすると、温度が30℃を超えるようになります。(生ごみの種類や量により50℃から60℃になることもあります。)

それでも温度が上がらない場合は、使用済み天ぷら油(少量で頻繁に入れないように)や天かなどを入れると発酵分解が進み、温度が上がります。野菜くずは温度が上がりにくいので、根気よく取り組んでみてください。気温が低い冬場は、なかなか温度が上がりませんが、ダンボール箱の四隅に温めたお湯(60℃から70℃)を入れたペットボトルなどを置き、毛布を箱全体に被せると温度が保たれます。注:やけどには十分注意してください)

 

Q5 発酵分解しやすいものと、発酵分解しにくいものを教えてください。

(A5)下表を参考にしてください。

発酵分解しやすいもの

・野菜くず ・りんごやみかんの皮 ・肉類  

・魚の骨や内臓(少量) ・卵のから ・茶がら 

発酵分解しにくいもの

・鳥やぶた、牛の骨 ・貝がら ・たまねぎの皮(茶色い部分) 

・とうもろこしの芯 ・塩分の多いもの 

・スイカの皮など水分の多いもの

発酵分解されないもの

・腐ったもの ・お箸 ・つまようじ ・たばこ吸い殻 

・生ごみ以外のもの

 

Q6 生ごみの減量効果はどれくらいありますか?

A6)利用例ですが、 ピートモス15リットル、もみ殻くん炭10リットルの容量だと、1日500gの生ごみ(適量)を投入した場合、約3か月くらい利用可能で、生ごみ約20kgから25kgくらいの量が 処理ができます。

 

Q7 しばらく留守にする場合はどうしたらいいですか?

A7)出かける前はよくかき混ぜて、できるだけ涼しい場所に置いてください。投入を再開する場合は、温かい場所にしばらく置き、よくかき混ぜてから生ごみを投入してください。