大気中の微小粒子状物質(PM2.5)について高砂市では兵庫県が設置した大気自動測定機でPM2.5の状況を常時監視しています。大気の状況については県のホームページで確認することができます。     

 

 兵庫県大気環境の状況(速報値)にアクセスし、上欄の「局別日報」をクリックし、左欄で見たい測定日、測定局(高砂市役所)を選んで微小粒子状物質の欄をご覧ください。

 

 微小粒子状物質(PM2.5)に関するよくある質問(Q&A).pdf [144KB pdfファイル]  

 

 PM2.5に係る注意喚起について


  兵庫県は「PM2.5に係る注意喚起」を以下のとおり実施します。

(1) 午前5時から午前7時の1時間値の平均値が85μg/㎥を超えた場合(各地域内の全測定局の1時間値全てを平均して判断する)。(環境省指針)

(2)午前5時から12時の1時間値の平均が80μg/㎥を超えた場合(各地域内の全測定局の1時間値を測定局毎に平均し、その最大値で判断する)。(環境省指針)

(3)日中の濃度上昇や気象状況等により日平均値が70μg/㎥(環境省指針値)を超えるおそれがある場合(兵庫県独自の取組み)

※高砂市は播磨東部に区分されています。 

 

「注意喚起」が発令された場合には、以下のような行動に注意してください。

・不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。

・屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくする。

・呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者等においては、体調に応じて、より慎重に対応してください。

 

発令された場合に「ひょうご防災ネット」のホームページ及び緊急情報メールで情報発信されます。登録はひょうご防災ネットからお願いします。また、「防災ネットたかさご」に登録済の方にも自動的に送信されます。

 

・微小粒子状物質(PM2.5)… 大気中に浮遊している概ね2.5μm以下の微小粒子のことで、自動車の排気ガスや空気中のガスの化学反応に由    来する粒子であると推測されています。肺の奥深くまで入りやすく、ぜん息や気管支炎など呼吸疾患や循環器系へ影響を与えると考えられています。

・1μg(マイクログラム): 1mgの1000の1の重さ(塩粒1粒の約100分の1の重さ)

・1μm(マイクロメートル): 1mmの1000分の1の長さ(髪の毛1本の約50分の1の太さ)

 

 

関係リンク

 環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)