本市では、今後の10年間の市営住宅の整備・管理方針を定めるため、「高砂市市営住宅再生マスタープラン」(平成25年3月)を策定しました。

 本市の市営住宅の整備につきましては、平成12年3月に策定した「高砂市公共賃貸住宅総合再生事業再生マスタープラン」に基づき事業を推進してきました。
 しかしながら、本格的な少子高齢化、人口減少社会の到来、また、居住ニーズの多様化、国の制度の見直しなど市営住宅を取り巻く状況も大きく変化しており、さらに、厳しい財政状況の下、本市の特性に応じた総合的かつ計画的な推進が求められています。
 そして、この計画を策定するにあたり、高砂市市営住宅再生マスタープラン等策定委員会を4回開催し、また、パブリックコメントにより市民の皆さんからのご意見を伺い、とりまとめました。

 

計画期間

平成25年度から平成34年度

 

高砂市 市営住宅再生マスタープラン【概要版】 [2070KB pdfファイル]