建物に整然とした番号を付けて、住所をわかりやすく表示しようという制度です。昭和37年5月10日に、「住居表示に関する法律」が公布、施行され全国で実施されています。

 

なぜ住居表示が必要なのか

 住居表示を実施していない区域では、住所は、土地の番号である「地番」を「番地」として表しています。もともと「地番」は、土地の所有を明確化したもので、順序良く並んでいるわけではありません。また、都市化が進んで、多くの人が住むようになってきた市街地では、地番をそのまま住所として使用していますと、町界が入り組んでいたり、地番が順序良く付されていなかったりして、住所が非常に分かりにくくなってきます。このような地番等の混乱を解消するために、住居表示の制度が必要になってきたのです。                                                       

  たとえば、                                                    

   実施前:高砂市○○町○○123番地                                                    

   実施後:高砂市△△1丁目1番1号    

というように、簡単でわかりやすい住所表示になります。

高砂市内の住居表示実施区域                                                  

 

高砂市住居表示実施済区域図  

高砂市住居表示実施に伴う町名変更一覧表