住居表示実施済みの区域で建物を新築や建替えしたときには、住所を決定するための住居新築届の届出が必要です。

以前に建物が建っていても、建物の出入口の位置によって番号が変わる場合もありますので、手続きが必要です。

住居表示を実施している区域かどうかは、住居表示実施区域(住居表示実施に伴う町名変更一覧表)でご確認ください。

   高砂市住居表示実施済区域図 

 住居表示実施に伴う町名変更一覧表 

 

届出時期                           

建物が完成に近づいた段階(出入口が確定した時点)で、届出を行うことができます。

 

届出に必要なもの 

住居新築届  

・届け出をされる方の印鑑〈朱肉を使用するもの)

・新築場所の付近図及び建物の主要な出入り口がわかる平面図等(建築物確認書等)

 (集合住宅の場合は、その名称等がわかるものも必要)

 *現地の状況の確認ができる方であればどなたでも届を出していただけます。

  場合により、現地確認等のため住居表示番号付定に10日ほどの日数がかかることがあります。

  くわしくは、市民活動推進課までお問い合わせください。

届出先

・市民活動推進課

・住民異動届(転入、転居)と同時に行う場合は、市民課・米田サービスコーナー・中筋サービスコーナーでも手続きできます。

   住民異動届については、こちらをご覧ください

 

届出ができる方 

住居表示を必要とする建物、その他工作物を新築したもの