平成27年8月31日から住民票を作成するシステムが新しくなり、住民票の様式が『世帯連記式』と『個人票』の2種類に変わります。

新しい住民票の様式(見本) [430KB pdfファイル] 

 

世帯連記式の住民票

各項目(住所、氏名、続柄、本籍、筆頭者等)について、最新の情報のみ記載されます。
住所履歴については、一つ前の住所のみ記載され、それ以前の履歴は記載されません。
転出や死亡等で消除された方は、世帯連記式の住民票には記載されません。

 

個人票の住民票

各項目について、最新の情報および変更履歴(平成27年8月31日以降の変更履歴)が記載されます。
変更履歴の記載が必要な方は、個人票での交付となります。
転出や死亡等で消除された方は、除票として個人票の住民票を交付します。

 

改製原住民票

平成27年8月30日以前(システム変更前)の各項目における変更履歴や、平成27年8月30日以前に消除された方の除票が必要な場合は、これまでの様式の住民票を改製原住民票として交付します。

 

住民票の交付について

特に希望がない場合は、世帯連記式の住民票を交付します。
各項目の変更履歴が記載された住民票が必要な場合や、消除された方の住民票が必要な場合は、個人票又は改製原住民票での交付になりますので、窓口にお申し出ください。
なお、手数料が別途必要となります。(1通300円)

 

その他

個人票様式の除票および改製原住民票は、除票になった日から5年間の保存期間があります。
保存期間を過ぎた住民票は交付できませんので、ご注意下さい。
手数料(1通300円)については変更はありません。
 

 

 印鑑登録証明書の様式変更について

併せて印鑑登録証明書の様式も変更となります。
詳細については下記をご覧下さい。

印鑑登録証明書の様式変更のお知らせ