1.はじめに

高砂市、加古川市、稲美町及び播磨町の東播2市2町は、既存のごみ処理施設の老朽化に伴い、廃棄物処理の広域化を進めてきました。そして、平成22年12月に正式に東播2市2町がごみ処理の広域化を表明し、平成25年2月には、次期処理施設の用地選定を受けて、高砂市において次期処理施設の整備に向けて準備を進めることになりました。
今後の整備スケジュールは、平成29年度から次期処理施設の整備を開始し、平成34年度の稼働を目標にしています。

 

2.整備概要及びスケジュール

【建設予定地】高砂市梅井6丁目1-1
【敷地面積】 約3.6ヘクタール
【計画施設】 可燃ごみ処理施設(全連続式ストーカ炉、処理能力:1日あたり429トン)
       不燃・粗大ごみ処理施設(処理能力:1日あたり40トン)
       計量棟、管理・啓発棟他

●整備スケジュールはこちら

 →広域ごみ処理施設整備・運営工程表 [182KB pdfファイル] 

 

3.施設整備に係る計画

これまでの経緯

●平成26年2月12日

  東播臨海広域市町村圏におけるごみ処理方式選定委員会の報告書を掲載しました。

 →東播臨海広域市町村圏におけるごみ処理方式選定報告書(抜粋) [708KB pdfファイル] 

 

●平成26年3月31日

 東播臨海広域市町村圏におけるごみ処理施設整備基本計画を掲載しました。

 →東播臨海広域市町村圏におけるごみ処理施設整備基本計画(概要版) [2300KB pdfファイル] 

 

●平成27年2月13日

 東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設運営方式についての報告書を掲載しました。

 →東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設運営方式について 報告書(概要版) [527KB pdfファイル] 

 

●平成27年3月27日

 東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設生活環境影響調査計画書を掲載しました。

 →東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設生活環境影響調査計画書(本編) [29420KB pdfファイル] 

 →東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設生活環境影響調査計画書(概要版) [1932KB pdfファイル] 

 

●平成29年4月6日

 本事業にかかる費用対効果分析について公表します。

 →費用対効果分析について.pdf [320KB pdfファイル]

 

4.説明会・講演会情報

市民のみなさまへ

 ごみ処理の広域化は、それまで市町ごとに処理施設を設けて家庭ごみなどを処理していたものを、1か所に施設を集約することで、ごみ処理費用の削減や、ダイオキシン類などの有害物質の排出量を抑制することができます。
そのためには、市民のみなさまのご理解・ご協力が欠かせません。
今後も、説明会や各連絡会等を通して、市民のみなさまのご理解・ご協力が得られるように努力してまいります。よろしくお願いします。

 

説明会・講演会の開催報告

●平成25年4月13日

 市民説明会を市内2か所の小学校で開催しました。

  開催報告と市民説明会で頂いた主なご質問と回答については以下のとおりです。

  →ごみ処理広域化市民説明会 開催報告 [254KB pdfファイル] 

  →主なご質問と回答について [190KB pdfファイル]  

 

●平成26年3月7日

 廃棄物処理の現状についての講演会を開催しました。

  講演会の開催報告は以下のとおりです。

  →講演会 開催報告 [263KB pdfファイル] 

  

説明会でのご意見等に対する回答について

●平成27年6月30日

 平成26年度に開催した説明会での主なご意見及びご質問に対する回答は以下のとおりです。

  →主なご意見・ご質問に対する回答について [149KB pdfファイル]