平成27年10月から社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が始まり、住民票を有するすべての方に、12桁の個人番号(マイナンバー)が付番されます。

制度の詳細については以下をご覧下さい。

マイナンバー制度(高砂市ホームページ) 
マイナンバー社会保障・税番号制度(内閣官房ホームページ)

 

通知カードは、一般的な本人確認書類として取り扱うことはできません。
(個人番号の提供を求められた際にのみ、利用可能です。)
詳細は以下のリーフレットをご覧ください。

マイナンバーカードの身分証明書としての取り扱いについて [1205KB pdfファイル] 

 

通知カード配達のお知らせ

個人番号をお知らせする「通知カード」を、住民票の住所に簡易書留(転送不可)で郵送します。
配達時に不在であれば「簡易書留不在連絡票」が投函され、郵便局で約1週間保管されることになります。

1週間の保管期間内に、早急に再配達の依頼等を行って、通知カードを受領してください。

再配達及び、郵便局窓口での受領方法については、投函された不在連絡票をご確認ください。
1週間を経過しても再配達の依頼等がない場合、郵便局から高砂市役所に返戻されることになります。
投函された不在連絡票の保管期間を経過している通知カードの受領方法については、高砂市役所マイナンバーカード交付担当にお問い合わせください。

高砂市役所マイナンバーカード交付担当
【電話番号】
079-451-5072
【受付時間】
平日8時30分~17時15分(土曜祝日・年末年始除く)
日曜9時00分~12時30分(日曜窓口サービス休業日を除く)

 

通知カードとは

平成27年11月以降順次、住民票の住所に12桁の個人番号をお知らせするための「通知カード」が、世帯ごとにまとめて簡易書留により、地方公共団体情報システム機構(総務省の関係団体)から郵送されます。
 

  • 通知カードは、紙製のカードです。
  • 券面には住所、氏名、生年月日、性別、12桁の個人番号が記載されています。
  • 通知カードは、行政機関の窓口等で個人番号の提供を求められた際にのみ、提示してください。

(本人確認のためには、別途運転免許証やパスポートなどの提示が必要です。)


(通知カードイメージ)
 

(表面)(裏面)

 

送付物の内容について

 

通知カードと、マイナンバーカードの交付申請書は一体となっています。
個人番号カードの交付を希望される方は、通知カード及び申請書ID控えを切り離して、マイナンバーカードが交付されるまで保管して下さい。

 

 

※「通知カード」は「マイナンバーカード」の交付時に必要となりますので、紛失しないように大切に保管して下さい。もし紛失した場合は、再交付の際に手数料(500円)が必要となります。

※「通知カード」が送付された以降に住所が変わるときは、住所変更手続きの際に「通知カード」を忘れずに持参して下さい。

※住民票の住所とお住まいの住所が異なる場合、受け取り出来ない可能性があります。早急に住民票の異動手続きをお願いします。

 住所変更の手続きについてはこちら

※DVやストーカー行為等を理由に避難している方で、現在お住まいの居所が住民票に登録されていない方は、事前手続により、居所に通知カードを送付することができる場合がありますので市民課へお問い合わせください。 

 マイナンバーカードの交付には日数がかかる見込みです。交付を希望の方は余裕をもって申請して下さい。

  

市役所へ返戻された通知カードの受け取り方法について

郵便局から市役所へ返戻された通知カードの受け取りには、原則市民課へ来庁して頂く必要があります。
来庁される際、以下の書類が必要となります。

・本人または同一世帯員が来庁される場合

必要書類:来庁された方の本人確認書類、印鑑(シャチハタ以外)
【1点提示で可能なもの】
運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真付)、パスポート等、公の機関が発行した顔写真付きの証明書

【2点以上の提示が必要なもの】
健康保険証、介護保険証、各種年金証書、児童扶養手当証書等の公の機関が発行した証明書、社員証(顔写真付)、学生証(顔写真付)等

※本人確認書類は、原本をご持参下さい。

・上記以外の人(代理人)が来庁の場合

必要書類(下記の書類のすべてが必要)

1.本人の本人確認書類(上記参照、原本必須)
2.代理人の本人確認書類(上記参照、原本必須)
3.代理人の代理権を証明する書類
・代理人が法定代理人である場合は、戸籍謄本その他資格を証明する書類
・代理人が法定代理人以外の者である場合は、委任状
通知カード委任状.pdf [58KB pdfファイル]  
4.来庁された方の印鑑(シャチハタ以外)

【受付時間】
平日8時30分~17時15分(土曜祝日・年末年始除く)
日曜9時00分~12時30分(日曜窓口サービス休業日を除く)

 持参物について、ご不明な点がある場合は、事前に市民課へお問い合わせ下さい。

 

個人情報保護

社会保障、税、災害対策の手続きに必要な場合など、法律で定められている場合を除いて、個人番号を収集したり、保管したりすることは、本人の同意があっても禁止されています。

 

マイナンバーは一生使うものです。むやみに他人に教えないよう、大切に保管して下さい。

 

マイナンバーに関する問い合わせ

国では、マイナンバー総合フリーダイヤルを開設しています。
通知カード、マイナンバーカードに関すること、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。

【日本語窓口】0120-95-0178(無料)

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は下記の番号におかけ下さい。(有料)
・マイナンバー制度に関すること 050-3816-9405
・通知カード、マイナンバーカードに関すること 050-3818-1250

【外国語窓口(English)】
(対応言語:English,Chinese,Korean,Spanish,Portuguese)
(英語以外の言語については、平日9時30分~20時00分までの対応になります)
・マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26
・通知カード、マイナンバーカードに関すること 0120-0178-27

【受付時間】平日9時30分~20時00分、土日祝9時30分~17時30分
(年末年始12月29日~1月3日を除く)
なお、マイナンバーカードの紛失、盗難による一時利用停止については、24時間、365日対応します。