緑のカーテンを始めませんか

 「緑のカーテン」とは、夏、建物の壁や窓を、ツル性植物の葉っぱをカーテンのように覆うことで、夏の日差しを避け、建物全体を過ごしやすくするものです。

ゴーヤ、ささげ豆、きゅうり、あさがお、ふうせんかずらなど。

花が咲き、実がなる植物はお楽しみもいっぱい。

 

夏の省エネとして効果的な「緑のカーテン」をぜひ、暑さ対策のひとつとして取り入れてみませんか。

 

雨水をためて水やりしたり、生ごみを堆肥化して土づくりしたり、育てる楽しみだけではなく、環境にいいこともぜひご一緒に!

 

みんなで育てよう緑のカーテン!

 
高砂市の ぼっくりんも…

 苗を植えるぼっくりん 

「高砂町の古民家は、涼しく暮らす工夫がいっぱい!緑のカーテンもね」

 

加古川市の てるひめちゃんも…

植えてるてるひめちゃん

「暑い夏を少しでも涼しく感じて欲しいな!緑のカーテンで COOL CHOICE!」

 

播磨町の いせきくんと やよいちゃんも…

いせきくんとやよいちゃん 

「つつじの次は、緑のカーテンを育てるよ!」「苗が見えない?え、植えてるのにー!」 

 

稲美町の いなっちも…

稲美町のいなっち

「農作物は太陽の光が大好き!暑すぎる日差しは緑のカーテンでやわらげるといいよ」

 

なぜみんな育てているかというと…?

姫路市を中心とする16市町(高砂市、加古川市、稲美町、播磨町が含まれます)が、平成28年度から連携中枢都市圏事業として、緑のカーテン写真コンテストを実施します。

播磨地域は全国的にも日照時間が長い地域です。

播磨から、立派な緑のカーテンを育てて、写真を撮って、みんなで姫路市へ応募しましょう!

 

緑のカーテンコンテストに応募しよう!

平成29年度 播磨圏域連携中枢都市圏事業「緑のカーテンコンテスト」の詳細はこちら

 

市役所でも緑のカーテンを育てています

市役所でも、環境の取組のひとつとして、緑のカーテンを育ています。

その内容は、こちらをクリックしてご覧ください。 

 

このページの先頭に戻る。