工事中の環境保全を目的として、施工にあたり環境モニタリングを実施します。 

工事前、工事中に実施した環境モニタリングの状況をお知らせします。

 

環境モニタリングの実施内容

実施する環境モニタリングの内容は次のとおりです。

 

 

 

測定位置について

 解体工事期間中の工事敷地内での測定は、下図の位置で実施しています。

沿道環境の各測定、交通調査の位置は、今後、お知らせします。

 

モニタリングの状況(結果)について

8月末時点でのモニタリングの状況は次のとおりです。

 

項目

モニタリング状況

粉じん

(基準値:0.2mg/m3

測定地点 6ヵ所(敷地境界4ヵ所、敷地内2ヵ所)すべての地点で作業中の基準値の超過はありません。

騒音

(基準値:85dB

測定地点 5ヵ所(敷地境界4ヵ所、敷地内1ヵ所)のうち、敷地境界上の地点で作業中の基準値の超過はありません。

振動

(基準値:75dB

測定地点 5ヵ所(敷地境界4ヵ所、敷地内1ヵ所)すべての地点で作業中の基準値の超過はありません。

ダイオキシン類(大気中)

(基準値:0.6pg-TEQ/m3

測定地点 4ヵ所(敷地境界4ヵ所)

工事前測定を実施しました。すべての地点で基準値を下回っていました。

石綿(大気中)

(基準値:1f/L

測定地点 4ヵ所(敷地境界4ヵ所)

工事前測定を実施しました。すべての地点で基準値を下回っていました。

地下水

一部の地下水採取地点でヒ素、フッ素の環境基準値の超過がありましたが、工事前及び前月測定値との大きな差異はありませんでした。今後も継続して確認を行います。

 

 

 

 

項目毎の分析結果の詳細は、下のファイルからご確認ください。

広域ごみ処理施設 建設工事中の環境モニタリング(H29年8月まで)(大気、騒音、振動、土壌).pdf [140KB pdfファイル] 

広域ごみ処理施設 建設工事中の環境モニタリング(H29年8月まで)(水質).pdf [103KB pdfファイル]