固定資産課税台帳の縦覧

納税者が他の土地や家屋との比較を通じて、自己の土地や家屋に関する評価が適正かどうか判断できるようにするため、他の固定資産の評価額についても、縦覧帳簿によって縦覧できる制度です。

縦覧帳簿の内容は下記のとおりです。

土地価格等縦覧帳簿・・・土地の所在、地番、地目、地積、価格
家屋価格等縦覧帳簿・・・家屋の所在、家屋番号、種類、構造、床面積、価格

固定資産課税台帳の閲覧

納税者が固定資産課税台帳(名寄帳)で自己の固定資産について記載された部分を閲覧することができる制度です。

期間

固定資産課税台帳の縦覧・閲覧期間は、毎年4月1日から当該年度の最初の納期限の日までの間です。(時間は午前8時30分から午後5時15分です。土曜・日曜・祝日は除きます。)

縦覧場所

高砂市役所 資産税課(本庁舎1階、7・8番窓口)

縦覧対象

固定資産の価格

縦覧できる方

納税者本人または、本人から委任を受けた者(同居の家族や納税管理人、共有者は本人と同様に縦覧できます。)

縦覧に必要なもの

  • 印鑑
  • 納税者本人であることが確認できるもの(運転免許証やマイナンバーカード(個人番号カード)、住基カード(顔写真付)など)

※ 代理人の場合は、窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証やマイナンバーカード(個人番号カード)、住基カード(顔写真付)など)と、納税者本人からの委任状

申請書

下記の申請書をダウンロードし、ご使用ください。

課税台帳縦覧申請書.pdf [77KB pdfファイル]