口座振替

市税のお支払いは口座振替が便利です

納期ごとに、ご指定の預貯金口座から自動的に納付する制度です。納税のために金融機関に出向く必要がないので、忙しい人、不在がちの人には大変便利です。
一度手続きをすると、翌年以降も口座振替になります。

・安心 納め忘れがありません。

・簡単 預貯金通帳、通帳印鑑、納付書があれば申し込めます。

・便利 金融機関に納めに行く手間が省けます。

 

振替できる税目

市・県民税(普通徴収)

固定資産税・都市計画税

軽自動車税

※固定資産税については、次の登記の変更をされた場合次年度は再度申し込みをしていただくことになりますので、ご注意ください。
 ・所有者の変更
 ・共有持分の変更

※軽自動車税は所有しているすべての車両の税金が、振替(振込)の対象になります。
 (車両を指定することはできません)

 

納税通知書について

納税通知書は今までどおりお送りします。税額などの内容をご確認ください。納付書はついていません。

 

 

振替日

各税目ごとの納期限となります。全期前納分の取扱いは、いたしておりません。(期別ごとの振替のみ)
納期を過ぎた税金の振替や、残高不足等で口座から引き落としができなかった場合の再振替はできません。納期の前日までに、残高の確認をお願いします。

※残高不足等で口座から引き落としができなかった場合、督促状を発送いたします。督促状で納付してください。

 ただし、軽自動車税を督促状で納付した場合、車検用の納税証明書を市役所税証明発行窓口または市民サービスコーナーで、請求してください。

 

申込に必要なもの

口座振替の申込に必要な物は、納税通知書、預貯金通帳、通帳印鑑です。
申込できる預金の種類は、普通(総合)預金、当座預金、納税準備金です。

 

申込方法

市内の金融機関の窓口に備えてある「高砂市 市税口座振替(自動払込)利用申込書」に必要事項を記入し、通帳の印鑑を押して金融機関の窓口に提出してください。ただし、市外の金融機関には利用申込書はございませんので、納税課までご連絡いただければ、利用申込書をお送りします。

※振替開始時期は、申込された月の2ヵ月後に到来する納期からです。
(例) 固定資産税第3期(12月31日)から口座振替を申し込もうとすると10月31日までにお申込ください。

振替日は納期限日です。

申込できる市内の金融機関

三井住友銀行、但馬銀行、みなと銀行
姫路信用金庫、播州信用金庫、西兵庫信用金庫、兵庫信用金庫
但陽信用金庫、日新信用金庫
兵庫南農業協同組合
ゆうちょ銀行

申込できる市外の金融機関

三井住友銀行、但馬銀行、みなと銀行
姫路信用金庫、播州信用金庫、西兵庫信用金庫、兵庫信用金庫
但陽信用金庫、日新信用金庫
近畿労働金庫
兵庫南農業協同組合
ゆうちょ銀行

 

すでに口座振替をご利用の方

口座振替をやめたい。支払い口座を解約した。口座を変更したい。という方は、変更届、廃止届が必要です。届出用紙は、申込用紙と同一ですので、市役所納税課または市内各金融機関にあります。

※変更等開始時期は、申込された月の2ヵ月後に到来する納期からです。
(例) 固定資産税第3期(12月31日)から振替口座の変更を申し込もうとすると10月31日までにお申込ください。

 

口座振替済通知書の廃止について

市役所から「口座振替済通知書」を送付していましたが、平成20年度振替分から廃止します。口座振替できているかどうかは、預貯金通帳の記帳により確認してください。なお、軽自動車税の車検用納税証明書は、引き続き送付します。