水道水に異常が感じられる場合

 蛇口の水を勢いよく出し、しばらくして症状がおさまるか観察してください。それでも症状がおさまらない場合は、上下水道部まで問い合わせてください。

 問い合わせが多い事例をまとめましたので、参考にしてください。

  

 赤い水や濁水が出る

コップに水をとり、明らかに赤いときや水が汚れているときは、飲用しないでください。 

また、洗濯などにも使用しないでください。
(衣類に付着し、染まってしまうことがあります。)

 

特定の蛇口から出る、朝だけ出る場合
 原因

 給水管が古くなって錆が発生し、朝など水を使い始めた時に水の流れが変化して、出てきたと考えられます。

 対策

 使いはじめの水を雑用水として使用してください。症状が改善されない場合は、古くなった給水管などを取り替えてください。 

  

ご近所も出る場合
 原因

 近くで水道工事があったときや、火災などで消火栓から大量の水が放水されたときなど、水圧、水量が変化した場合に水道管内部の錆や汚れが出てくる場合があります。

 対策

 しばらくしても症状がおさまらない場合は、上下水道部までご連絡ください。

  

 白い水が出る

 

すぐに消える場合
 原因

 水道水に巻き込まれた空気の小さな泡が白く見えたものです。

 対策

 水道水の異常ではありません。空気なので、健康への影響もありません。 

  

放置しておいても白い色が消えない場合
 原因

 給湯器や給水管に使われている亜鉛メッキ鋼管や黄銅部材、防錆塗料から亜鉛が溶け出して白く濁ったものです。朝一番の水のように長期間たまっていた水や給湯器などで加熱された水は濁りやすくなります。

 対策

 朝一番の水や使い始めの水は、雑用水としてお使いください。症状がひどい場合は、給水器具をとりかえてください。 

 

  青い水が出る

 

 容器にため置いた水が青い場合
 原因

 海や湖が青く見えるのと同じで、光が水にあたると赤い光は透過し、青い光は乱反射しやすい性質があります。このため水が青く見えます。

 対策

 水道水の異常ではありません。 

  

 タオル、容器、タイル等が青くなる場合
 原因

 タオル等に付着した銅イオンは、石鹸や湯垢に含まれる脂肪酸と反応し、水に溶けない銅石鹸を作ります。これがタオル等を青く染める原因です。

 銅は給湯管や一部の給水管に使用されており、新しいときに溶け出しやすく、数週間から数ヶ月で酸化銅の被膜にが出来ると、溶けにくくなります。

 対策

 青く染めないためには、石鹸や湯垢が残らないよう、こまめに手入れすることが大切です。

  

  異物が出る

 

黒色の微細片が出る場合
 原因

 止水栓、給水栓に使われているパッキンのゴムや給水ホース内面のゴムが劣化し、栓の開閉操作時に細かく砕けて出てくるのが原因です。

 対策

 早急にパッキン等を交換する必要があります。異物は多くの場合、水栓の開閉時に一時的に出るものですから、しばらく流した後、きれいになってから使用してください。

 なお、万一飲み込んでしまった場合でも、黒い異物は不活性であり、体内に吸収されることなく排出されます。

  

白っぽいものが出る場合
 原因

 給水管の内面を保護するシールコート剤や接着剤がはがれて出てきたものです。給水管の工事を行なった後に見られることがあります。

 対策

 しばらく流して異物を取り除いた後、きれいになってから使用してください。

 なお、万一飲み込んでしまった場合でも、体内に吸収されることなく排出されます。