高等職業訓練促進給付金について

 高等職業訓練促進給付金とは

 ひとり親家庭のお母さん、お父さんが、経済的な自立に効果的な資格を取得する際、養成機関にて修業中の一定期間、生活の経済的負担の軽減を図り、安定した就業に結びつくために支援する給付金です。

対象となる方

  1. 高砂市に居住し、住民登録をしていること
     
  2. 児童扶養手当の支給を受けているか、同様の所得水準にある母子家庭の母及び父子家庭の父であること(※平成25年度入学者から父子家庭の父も対象となりました)
     
  3. 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、資格取得が見込まれるもの
     
  4. 就業または育児と修業の両立が困難であると認められるもの

 対象となる資格

 看護師、准看護師、保育士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師など

 給付金の種類

高等職業訓練促進給付金

<支給期間>

   ・修業期間の全期間(上限3年)

    ※申請のあった月から対象となります。

<支給金額>

 ・市民税非課税世帯  月額  100,000円
 ・市民税課税世帯     月額    70,500円     

  


高等職業訓練修了支援給付金

<申請期間>

  • 修了日から起算して30日以内に申請

<支給金額>

  • 市民税非課税世帯   50,000円
  • 市民税課税世帯    25,000円

申請の手続きについて

必ず子育て支援課で事前相談が必要です。手続きの方法や制度の詳細については窓口までご連絡ください。

 

 このページのトップに戻る