(1)サービスの種類

 福祉型児童発達支援

 未就学児の児童に対し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練を行います。

  ◆高砂児童学園はこちら

 医療型児童発達支援

 医療型児童発達支援センターや医療機関等において、児童発達支援及び治療を行います。

 放課後等デイサービス

 就学している児童に対し、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他必要な支援を行います。

 保育所等訪問支援

 保育所、幼稚園等に通う児童に対し、集団生活への適応のための専門的な支援を行います。

 

(2)利用者負担

 上記のサービスを利用したとき、そのサービス費用(報酬額)の1割(定率負担)が、原則利用者負担となります。

 ただし、所得等に応じ月額上限負担額が設定されており、負担が重くなりすぎないようになっています。

 

(3)申請方法

 ア.市へ申請(申請書、その他添付書類等提出)

 イ.調査員による聞き取り調査

 ウ.支給決定の場合は、市から申請者へ「福祉サービス受給者証」を交付

 エ.サービス利用(「福祉サービス受給者証」を提示して、事業者と利用者の契約を結んでください。)