特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けられたご夫婦に対し、治療費の助成を行います。

 

助成対象者

次の(1)~(6)をすべて満たす市民

(1)治療期間及び申請日に、夫婦ともに高砂市に住民登録があり、法律上婚姻をしている夫婦であること。

(2)夫婦ともに医療保険に加入していること。

(3)申請日において、夫婦ともに市税の滞納がないこと。

(4)夫婦合算した前年(1~5月までの申請については前々年)の所得額が730万円未満であること。

(5)助成を受けようとする治療が、兵庫県特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けていること。

 また、兵庫県以外の自治体からの助成を受けていないこと。

(6)助成を受けようとする治療の終了日が、平成28年4月1日以降であること。

 

助成回数

初めて助成を受ける治療の開始日の妻の年齢が、

(1)40歳未満の方・・・通算6回まで

(2)40歳以上43歳未満の方・・・通算3回まで

 

助成額

1回の治療に要した費用から兵庫県特定不妊治療費助成事業の助成額を控除した額

1回あたり上限10万円(県要綱別添図の治療区分C及びFの場合は、上限5万円)

 

申請期限

兵庫県の助成決定を受けた日(助成事業決定通知書に記載されている日付)から2か月以内

 

申請関係書類

(1)高砂市特定不妊治療費助成事業申請書(※1)

(2)兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定書の写し

(3)兵庫県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し

  又は、高砂市特定不妊治療費助成事業受診等証明書(※2)

(4)兵庫県及び高砂市への申請額を満たす領収書

(5)ご夫婦それぞれの健康保険証の写し

(6)ご夫婦それぞれの市税の滞納がないことがわかる書類

    ・完納証明書

    ・直近の納税証明書(市民税、固定資産税及び軽自動車税を含む) 等 

(7)ご夫婦それぞれの所得を証明する書類

    ・市町村民税県民税所得課税証明書

    ・市町村民税県民税納税通知書

    ・市町村民税県民税特別徴収税課税証明書 等 

※1・※2 保健センターにてお渡ししています。(来所前にご連絡ください)

 

 

一般不妊治療費助成事業

一般不妊治療(タイミング法、人工授精、男性不妊治療、その他医師が必要と認める治療及び検査)を受けられたご夫婦に対し、治療費の助成を行います。

 

助成対象者

次の(1)~(7)をすべて満たす市民

(1)治療期間及び申請日に、夫婦ともに高砂市に住民登録があり、法律上婚姻をしている夫婦であること。

(2)夫婦ともに医療保険に加入していること。

(3)申請日において、夫婦ともに市税の滞納がないこと。

(4)夫婦合算した前年(1~5月までの申請については前々年)の所得額が730万円未満であること。

(5)助成を受けようとする治療が、他の自治体からの助成を受けていないこと。

(6)一般不妊治療を受けることによって妊娠の見込みがあると医師に診断された者。

(7)平成28年4月1日以降に一般不妊治療を受けた者。

 

助成回数

初めて助成を受ける治療の開始日の妻の年齢が、

(1)40歳未満の方・・・通算6回まで

(2)40歳以上43歳未満の方・・・通算3回まで

 

助成額

治療に要した費用のうち、1回あたり上限10万円 

 

申請期限

治療終了後、6か月以内

 

申請関係書類

(1)高砂市一般不妊治療費助成事業申請書(※1)

(2)高砂市一般不妊治療費助成事業受診等証明書(※2)

(3)国内医療機関の発行する領収書

(4)国内薬局の発行する領収書及び明細書

(5)法律上の夫婦であることを証明する書類(初回申請時のみ)

    ・戸籍謄本 等

※3か月以内に発行されたもの(コピー不可)

(6)ご夫婦それぞれの健康保険証の写し

(7)ご夫婦それぞれの市税の滞納がないことがわかる書類

    ・完納証明書

    ・直近の納税証明書(市民税、固定資産税及び軽自動車税を含む) 等 

(8)ご夫婦それぞれの所得を証明する書類

    ・市町村民税県民税所得課税証明書

    ・市町村民税県民税納税通知書

    ・市町村民税県民税特別徴収税課税証明書 等 

※1・※2 保健センターにてお渡ししています。(来所前にご連絡ください)

 

 

不育症治療費助成事業

医師の診断により不育症(2回以上の流産や死産、早期新生児死亡の既往があること)の検査・治療を受けられたご夫婦に対し、治療費の助成を行います。

 

助成対象者

次の(1)~(7)をすべて満たす市民

(1)治療期間及び申請日に、夫婦ともに高砂市に住民登録があり、法律上婚姻をしている夫婦であること。

(2)夫婦ともに医療保険に加入していること。

(3)申請日において、夫婦ともに市税の滞納がないこと。

(4)夫婦合算した前年(1~5月までの申請については前々年)の所得額が730万円未満であること。

(5)助成を受けようとする治療が、他の自治体からの助成を受けていないこと。

(6)不育症治療を受けることによって出産の見込みがあると医師に診断された者。

(7)平成28年4月1日以降に不育症治療を受けた者。

 

助成回数

初めて助成を受ける治療の開始日の妻の年齢が、

(1)40歳未満の方・・・通算6回まで

(2)40歳以上43歳未満の方・・・通算3回まで

 

助成額

治療に要した費用のうち、1回あたり上限10万円 

 

申請期限

治療終了後、6か月以内

 

申請関係書類

(1)高砂市不育症治療費助成事業申請書(※1)

(2)高砂市不育症治療費助成事業受診等証明書(※2)

(3)国内医療機関の発行する領収書

(4)国内薬局の発行する領収書及び明細書

(5)法律上の夫婦であることを証明する書類(初回申請時のみ)

    ・戸籍謄本 等

※3か月以内に発行されたもの(コピー不可)

(6)ご夫婦それぞれの健康保険証の写し

(7)ご夫婦それぞれの市税の滞納がないことがわかる書類

    ・完納証明書

    ・直近の納税証明書(市民税、固定資産税及び軽自動車税を含む) 等 

(8)ご夫婦それぞれの所得を証明する書類

    ・市町村民税県民税所得課税証明書

    ・市町村民税県民税納税通知書

    ・市町村民税県民税特別徴収税課税証明書 等 

※1・※2 保健センターにてお渡ししています。(来所前にご連絡ください)