「夏休み工作教室」は、自分で考えた設計図をもとに、作品づくりをする木工教室です。

今年は7月28日、高砂市中央公民館兼伊保公民館工作室で開かれました。

市内の小学校5年生と6年生が自分だけのオリジナル作品作りにチャレンジしてくれました。

その時の様子を報告します。

 

1 考えてきた設計図、うまくできるかな

 

2 必要な大きさに採寸します 

 

3 電動のこぎりで切ってもらったり 

 

4 のこぎりを使って切ったり 

 

5 釘を打って組み立てます 

 

6 ゆがみがないかチェックしてます 

 

7 持ってきた飾りをつけます 

 

8 オリジナル作品の完成 

 

参加した小学生の声
  • 手が痛くなったけど、とても楽しい思い出になりました。 
  • 間違えたところもあったけど、先生に助けてもらってうれしかった。
  • 色んな道具があって、それを使うのが楽しかったです。
  • 人とは違う自分だけの物が作れて良かった。