要介護認定・要支援認定を申請される皆様へ

平成21年10月より要介護認定の調査方法が一部見直されます。

○平成21年4月に、最新の介護の手間を反映させること、できるだけ認定結果のバラツキを是正することを目的として、要介護認定の見直しが行われました。

○上記の見直しに併せて、厚生労働省の検討会で検証が行われ、認定調査の方法がさらに見直されることとなりました。

○具体的には、認定調査の際に日頃の状態をより重視することや一部の調査項目の判断基準が見直されたことから、今後、これまでよりも詳しく日頃の状況についてお伺いする場合があります。 

(注)要介護認定の仕組みそのものが変わるわけではありません。 

○この新たな方法は、10月1日以降に申請された方から適用されます。

○なお、9月中に更新の申請を行った場合は、更新前の要介護度を選択できますが、10月より、見直しを行った要介護認定の調査方法が実施されることから、10月以降に要介護認定申請を行った場合は、実際の判定結果をもって要介護度が決定されますのでご留意ください。

※9月30日までに更新申請される方は、経過措置による希望調書が必要です。10月1日からの申請には、必要ありません。

よくある質問等

今回の見直しは、なぜ行われるのですか。

平成21年4月に見直された要介護認定について、専門家や利用者・家族の代表者等からなる厚生労働省の検討会で検証が行われ、その結果、認定調査の方法を一部見直すこととなりました。

具体的には、認定調査の一部の項目について、日頃の状態をより重視することとするなど、調査項目の考え方が一部変更されました。

今回の見直しにより、要介護度の仕組みそのものが変わるのですか。

 要介護度は病気などの重症度ではなく、必要とされる介護の量で決まります。これまで通り、「要支援1・2、要介護1~5」の7段階であり、要介護度の仕組みそのものが変わるわけではありません。

更新申請を行う際に、更新前の要介護度を選択できますか。

9月中に更新申請を行った場合は、更新前の要介護度を選択できますが、10月より、見直しを行った要介護認定の調査方法が実施されることから、10月以降に要介護認定申請を行った場合は、実際の判定結果をもって要介護度が決定されます。

要介護認定の有効期間終了前でも再度申請をすることはできますか。

要介護認定の判定結果が、申請者の実情と一致していないと思われる場合、

1.「要支援1」、「要支援2」又は「要介護1」~「要介護5」と判定された方は有効期間終了前であっても区分変更申請を行うことができます。

2.「非該当」と判定された方は、、再申請を行うことができます。特に、4月から9月の間に新規に申請を行った方(初めて要介護認定の申請を行った方など)はご留意ください。