インフルエンザ予防接種を行うことで、インフルエンザによる重篤な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限にとどめることが期待できます。

インフルエンザ予防接種は、法律上受ける義務はありません。自らの意志と責任で接種を希望する場合は、各実施医療機関で配られる説明書 [1782KB pdfファイル] を読んで、必要性や副反応についてよく理解したうえで接種を受けてください。

 

対象者

高砂市民(現住所地が高砂市)で次のいずれかに該当し自らの意思と責任により接種を希望する人

(1)満65歳以上の人

(2)満60歳以上65歳未満で心臓・じん臓・呼吸器に重い病気のある人など(身体障がい者手帳1級相当)

 

接種期間 

平成29年10月16日(月曜日)から平成30年1月31日(水曜日)まで

(望ましい接種期間は12月中旬頃までです)

※詳しい接種期間は医療機関にご確認ください。

 

接種料金

1,500円

※世帯全員が市民税非課税の人(平成29年度介護保険料が第1~3段階)は、無料券か、高砂市介護保険料納入通知書の写しを医療機関へ提出すれば無料で受けることができます。

 

持ちもの  

・接種料金

・健康保険証等、高砂市民であることを証明できるもの

・対象の(2)の方は身体障がい者手帳1級の写しまたは医師の診断書等 

・世帯全員が市民税非課税の人は、無料券または平成29年度高砂市介護保険料納入通知書(第1~3段階)の写し

予防接種を受けるための、介護保険料納入通知書の再交付はできません。

 

無料券の申請

・無料券は、接種を受けるご本人またはそのご家族が申請してください。

・申請から約1週間後、無料券がお手元に届いてから接種を受けてください。

・平成29年10月16日(月曜日)から受付を開始します。

・接種後の料金返還制度はありませんので、”接種前に”医療機関に提出してください。

※平成28年1月から、無料券の申請に個人番号の記載が必要になりました。

【対象者】

 世帯全員が市民税非課税の人

【申請場所】

 保健センター・各市民サービスコーナー・市民コーナー・市役所市民課

【持ちもの】

  1.予防接種費用免除申請書[126KB pdfファイル] 

    2.個人番号を確認する書類及び身元確認書類(原本)

   ◆接種を受ける本人が来庁される場合

    (1)接種を受ける本人の個人番号を確認する書類(1点)

      個人番号カード(身元確認書類不要)、通知カード、個人番号付き住民票の写し

    (2)接種を受ける本人の身元確認書類

     【1点の提示で可能なもの】

      運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、社員証など、顔写真付きの証明書

     【2点の提示が必要なもの】

      健康保険証、介護保険被保険者証、各種年金手帳、社員証など、顔写真のない証明書

   ◆代理人が来庁される場合

    (1)接種を受ける本人の個人番号を確認する書類(1点)

      個人番号カード、通知カード、個人番号付き住民票の写し

    (2)代理人の身元確認書類

     【1点の提示で可能なもの】

      運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、社員証など、顔写真付きの証明書

     【2点の提示が必要なもの】

      健康保険証、介護保険被保険者証、各種年金手帳、社員証など、顔写真のない証明書

    (3)代理権の確認書類

      委任状 [67KB pdfファイル] 、法定代理人の場合は戸籍謄本    

 

接種回数 

1回

※2回接種をご希望の人は、2回目は全額自己負担となります。

 

接種場所 

高砂市指定の実施医療機関で接種

高砂市 高齢者インフルエンザ実施医療機関一覧表 [82KB pdfファイル] 

※明石市・加古川市・稲美町・播磨町の実施医療機関でも同様に接種を受けることができます。

 各市町の実施医療機関については、下記担当課へお問い合わせ下さい。

 明石市地域医療課:078-918-5658
 加古川市健康課:079-427-9100    
 稲美町健康福祉課:079-492-9138
 播磨町すこやか環境グループ:079-435-2611

 

上記以外の医療機関で接種

高砂市民で、上記以外の医療機関で高齢者インフルエンザ予防接種を受ける場合は、接種前に申請が必要です。

・予防接種を受ける前に、接種を受けるご本人またはご家族が、電話で保健センター(079-443-3936)まで申請してください。

・申請から約1週間後、必要書類がお手元に届いてから、接種を受けてください。

・平成29年10月16日(月曜日)から受付を開始します。

 

接種前の注意  

・各実施医療機関で配られる説明書を読んで、必要性や副反応についてよく理解したうえで接種を受けてください。

・充分に納得できない場合は、接種を受けないでください。

・気にかかることや不明なことがあれば、予防接種を受ける前にかかりつけの医師、または保健センターにお問い合わせください。

・状態により医師の判断で接種を受けられない場合があります。

※接種をご希望の方は、医療機関に置いてある予診票に必要事項を正確にご記入のうえ、接種を受けてください。

 

予防接種を受けることができない人

・接種当日、明らかに発熱している人。
 一般的に、体温が37.5℃以上の場合を指します。

・重篤な急性疾患にかかっている人。
 「重篤かつ急性」の疾患に罹患している場合には、病気の進展状況が不明であり、このような状態においては予防接種を受けることができません。

・予防接種の接種液に含まれる成分によって、アナフィラキシーショックを呈したことが明らかな人。

・その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある人。(医師が不適当と判断した場合)

 

関連情報

厚生労働省 インフルエンザに関するページ

国立感染症研究所 インフルエンザに関するページ

高砂市 個人番号カードに関するページ

高砂市 通知カードに関するページ