いのちの贈りもの   あなたの意思で救える命

  臓器移植について

   臓器移植は、病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しな

  くなった方に、他の方に健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療

  です。

   健康な家族からの肝臓や腎臓などの部分提供による生体移植と亡くな

  られた方からの臓器提供による移植があります。

   移植に用いられる臓器は、心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸及び眼

  球(角膜)です。

   日本での臓器の移植希望登録をしている人はおよそ1万3千人います。

  しかし、臓器の提供が少なく、数多くの方が移植を待ちながら亡くなら

  れています。

   日本での事故や病気で亡くなる方は毎年およそ110万人です。

   その1%弱の方が脳死になって亡くなると推定されています。

   自分が最期を迎えたとき、誰かの命を救うことができます。

   わたしたちひとりひとりが、今、臓器提供について考え、家族と話合

  い、自分の臓器提供に関する意思を表示しておくことが大切です。

   携帯電話やパソコンからも臓器提供の意思登録ができます。

 

    確実な提供意思の確認のために、ぜひ登録を!!

    社団法人日本臓器移植ネットワークのホームページで、臓器提供に関する

   意思登録ができます。

    登録すると、IDの入った登録カードが発行されます。本登録が完了すると

   臓器提供の際に本人意思を確認する対象となります。 

 

    ◎ 社団法人日本臓器移植ネットワーク

    ◎ 厚生労働省 臓器移植

 

 

      臓器提供意思表示カードの配布場所

        配布場所:高砂市役所受付窓口および西庁舎窓口

             各市民サービスコーナー・市民コーナー

             中央公民館兼伊保公民館

             保健センター