一人でも多くのウイルス性肝炎患者の救済を

 平成23年6月、B型肝炎訴訟の原告団・弁護団と国との間で、被害者を和解によって救済する基準などを定めた「基本合意」が成立しました。わが国のB型肝炎感染者約100万人のうち、40数万人(国の推計。感染者の4割以上)が今回の基本合意に基づく救済対象者(集団予防接種による感染被害者)である可能性があります。

 詳しくは、下記のホームページまたは相談窓口へお問い合わせください。

ホームページ

 LINK 厚生労働省(給付金の仕組み)

 LINK 全国B型肝炎訴訟大阪弁護団

相談窓口

 厚生労働省 TEL:03-3595-2252(平日9:00~17:00)

 全国B型肝炎訴訟大阪弁護団 TEL:06-6647-0300(平日10:00~17:00)

 

高砂市が実施する肝炎ウイルス検診

 40歳以上の市民を対象に、肝炎ウイルス検診(集団検診のみ)を実施しています。

 これまでに肝炎ウイルス検診(B型、C型肝炎ウイルス)を受診したことがない方は、ぜひ検診を受けてください。

 平成25年度の検(健)診の詳細は、保健センターだよりをご覧ください。

 ※高砂市が実施する検診を受診できない場合は、兵庫県でも緊急肝炎ウイルス検査事業を実施しています。

  詳しくは兵庫県ホームページをご覧ください。