(1) 重度心身障害者(児)介護手当

在宅で6ヶ月以上寝たきりの状態にあり、日常生活全般において常時介護を必要とする重度の心身障がい者(児)の介護者に手当を支給します。 介護手当の申請には、手帳、印鑑、介護者名義の金融機関通帳、障がい者手帳、個人番号確認書類等が必要です。詳細についてはお問い合わせください。
支給金額は、年額 10万円(支給金額及び対象者の基準等は改定される場合があります。)
注1)支給の可否については、申請に基づき市が判断いたします。
注2)年1回(2月末)支給されます。(年度途中の申請、変更分は月割で計算されます。)

注3)介護保険サービス利用(短期入所生活介護・療養介護の利用が7日以内の場合を除く)との併給はできません。
注4)障がい者及び介護者の世帯の市民税所得割額の合計が16万円を超える世帯については支給停止となります。

(2) 特別障害者手当

20歳以上で著しく重度の障がいを有するため、日常生活において常時特別の介護を要する在宅障がい者に手当を支給します。特別障害者手当の申請には、手帳、印鑑、所定の診断書、本人名義の金融機関通帳、個人番号確認書類等が必要です。詳細についてはお問い合わせください。
支給金額は、26,810円/月(平成29年4月改定)(支給金額及び対象者の基準等は改定される場合があります。)
注1)社会福祉施設等に入所している人は、受給できません。
注2)病院等に3ヶ月を超えて入院している人は、受給できません。
注3)年4回(2月、5月、8月、11月の10日
)に分けて支給されます。支払日が土、日、祝日の場合その直前の日曜日等でない日となります。
注4)所得制限があります。

(3) 障害児福祉手当

20歳未満で著しく重度の障がいを有するため、日常生活において常時特別の介護を要する在宅障がい児(18、19歳を含む)に手当を支給します。障害児福祉手当の申請には、手帳、印鑑、所定の診断書、本人名義の金融機関通帳、個人番号確認書類等が必要です。詳細についてはお問い合わせください。
支給金額は、14,580円/月(平成29年4月改定)(支給金額及び対象者の基準は改定される場合があります。)
注1)障がいを理由とした年金(各種手当は除く)の
受給との併給はできません。
注2)社会福祉施設に入所している児童は、受給できません。
注3)年4回(2月、5月、8月、11月の10日)に分けて支給されます。支払日が土、日、祝日の場合その直前の日曜日等でない日となります。
注4)所得制限があります。

(4) 兵庫県心身障害者扶養共済制度
 

 

障がいをもつ人(身体障がい者(児)1から3級、知的障がい者(児)、精神障がい者1から2級)を扶養している65歳未満の保護者が加入でき、加入者が死亡、または重度の障がい者となったとき、障がい者に対して終身一定額の年金が支給される制度です。
年金額は、1口あたり  20,000円/月
注1)加入者の加入時の年齢により、掛金額が異なります。
注2)加入可能口数は2口までとなります。