(1) 福祉タクシー利用助成券交付

 下記の手帳所持者に福祉タクシー利用助成チケットを交付します。助成額は、1乗車につき500円(交付枚数:一冊52枚)となります。チケットの交付をご希望される人は、必ず手帳をご持参のうえ、障がい・地域福祉課(高砂市役所西庁舎1階)窓口で申請して下さい。

  1. 身体障害者手帳1,2級及び3級(下肢障がい、体幹機能障がい、運動機能障がいに限る
  2. 療育手帳A判定
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級

注1)年度(4月から翌年の3月)に1冊の交付となります。(1年度に複数の申請はできません。)
注2)紛失、破損等の理由による再発行はできません。
注3)チケットに掲載されているタクシー業者以外のご利用はできません。
福祉タクシー利用券交付申請書 [33KB docファイル] 

(2) タクシー運賃の割引制度

 身体障害者手帳及び療育手帳の所持者が対象で、利用されるタクシー料金の一部を助成する制度です。割引率は運賃の1割(9割が自己負担)となります。割引の内容、適用は各タクシー会社により異なりますので、必ず手帳を提示のうえ乗務員(運転手)等にお尋ね下さい。

(3) JR運賃割引制度

 身体障害者手帳及び療育手帳の交付を受けている人が対象で、障害者手帳の旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄の種別に応じて、下記のとおり割引が適用されます。

  • 第1種障がい者が介護者とともに乗車する場合:本人、介護者(1名)が半額(距離制限なし)
  • 第1、2種障がい者が単独で乗車する場合:本人のみ半額(ただし、100km以上を超える区間を乗車する場合に限る)
    注)詳しくは、手帳をご掲示のうえ駅窓口でお尋ね下さい。

(4) 私鉄、船舶、カーフェリ割引制度

 JR運賃割引制度に準じていますが、会社等により多少異なっていますので、詳しくは手帳をご提示のうえ、利用する会社窓口へお問合わせ下さい。

(5) バス運賃割引制度

 身体障害者手帳及び療育手帳の交付を受けている人が対象で、障害者手帳の旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄の種別に応じて、下記のとおり割引が適用されます。

  • 第1種の場合:本人と介護者(1名)が半額(距離制限なし)
  • 第2種の場合:本人のみ半額(距離制限なし)
    注)バスをご利用の際は、乗務員(運転手)へ必ず手帳を提示して下さい。

(6) じょうとんバス(高砂市コミュニティバス)運賃割引制度

 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人が対象で、等級及び種別に関係なく本人、介護者(1名)が半額となります。
注)じょうとんバスをご利用の際は、乗務員(運転手)へ必ず手帳を提示して下さい。

(7) 国内線航空運賃割引制度

 身体障害者手帳及び療育手帳の交付を受けている満12歳以上の人が対象で、障害者手帳の旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄の種別に応じて、下記のとおり割引が適用されます。

  • 第1種の場合:本人と介護者(1名)が25%割引
  • 第2種の場合:本人のみ25%割引
    注)国内線航空運賃割引制度は会社ごとに、概ね大人普通運賃の約25から37%で設定されているようです。航空会社によって、体の不自由なお客様のために相談窓口を設けられているところもありますので、ご利用の航空会社に事前にお問合わせいただくようお願いします。

(8) NHK放送受信料減免

 NHKの放送受信料の減免には全額免除と半額免除の2種類があり、対象となる場合は以下のとおりです。市で下記の証明を発行しますので、手帳、印鑑、NHKのお客様番号の分かるものをご持参のうえ、市窓口までお越しください。

  • 身体障害者及び療育手帳、精神保健福祉手帳の所持者の属する世帯が※生活保護又は世帯全員が市民税均等割非課税である世帯の場合:全額減免
    (※生活保護世帯については地域福祉課での証明となります。)
  • 世帯主が視覚又は聴覚障がい者の場合:半額減免
  • 世帯主が重度の身体障がい者(身体障害者手帳1,2級)の場合:半額減免
  • 世帯主が重度の知的障がい者(療育手帳A判定)の場合:半額減免
  • 世帯主が重度の精神障がい者(精神保健福祉手帳1級)の場合:半額減免
    ※平成20年10月より変更となっています。