生活保護(せいかつほご)とは

病気や高齢により仕事ができなくなったり、生計の中心者が亡くなったり事故にあったりするなど、いろいろな事情で生活が苦しくなりどうにもならなくなることがあります。

このようなとき、日本国憲法 第25条に規定する理念に基づき「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するとともに、一日も早く自分の力で生活できるよう手助けをするのが生活保護制度です。

生活保護を受けるには、保護を受ける人が、自分の生活のためにいっしょうけんめい努力し、利用できる資産、扶養、その他の制度など、あらゆるものを活用することが必要となります。

【生活保護法 第1条】

この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

 【日本国憲法 第25条】

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

  

生活保護には次の8種類の扶助があり,その世帯の状況に応じて国が定める基準によって支給されます。
  1. 生活扶助…… 食べるもの・着るもの・電気・ガス・水道などの日常の暮らしのために必要な費用
  2. 教育扶助…… 学用品・教材費・給食費・学級費などの義務教育のための費用
  3. 住宅扶助…… 家賃・地代や住宅の補修などの費用
  4. 医療扶助…… 病気やけがの治療や通院に必要な費用
  5. 介護扶助…… 介護保険サービスを受けるための費用
  6. 出産扶助…… 出産をするために必要な費用
  7. 生業扶助…… 自立に必要な、技能や技術を身に着けるために必要な費用
  8. 葬祭扶助…… 葬儀にかかる費用