補助対象

耐震診断費用の補助の対象となる建築物は、昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工したもので、次のいずれかに該当する建築物です。

(1)建築物が、学校、病院又は福祉施設の用途に供するもので、階数が3以上かつ延べ面積1,000平方メートル以上のもの

(2)建築物が、保育園又は幼稚園の用途に供するもので、階数が2以上かつ延べ面積500平方メートル以上のもの

(3)指定道路※の沿道で高さ6m以上かつ道路からの指定する範囲内に建築物があるもの(通行障害建築物)

※指定道路とは、高砂市耐震改修促進計画に定められた地震発生時に通行を確保すべき道路のうち、兵庫県地域防災計画に定める緊急輸送路をいう。

補助対象者

補助金の交付を受けることができる者は、耐震診断を受ける建築物の所有者又は管理者で所有者の同意を得ているものとします。

補助内容

耐震診断に係る経費のうち、3分の2を補助するものです。

補助限度額

(1)建築物1棟につき100万円を限度とする額

(2)建築物1棟につき50万円を限度とする額

(3)建築物1棟につき300万円を限度とする額 ただし、延べ面積3,000平方メートル未満については、次に定める費用の3分の2以内の額を限度とします。

イ 床面積1,000平方メートル以内の部分は1平方メートルにつき2,060円以内

ロ 床面積1,000平方メートルを超えて2,000平方メートル以内の部分は1平方メートルにつき1,540円以内

ハ 床面積2,000平方メートルを超える部分は、1平方メートルにつき1,030円以内

交付申請

補助金の交付を受けようとする所有者又は管理者は、耐震診断の契約を締結する前に補助金の交付申請をしてください。

補助金の交付申請手続き詳細については、高砂市まちづくり部まちづくり推進室建築指導課にお問い合わせください。

なお、平成27年度の申請は終了いたしました。平成28年度に申請をお考えの場合は、

高砂市まちづくり部まちづくり推進室建築指導課にお問い合わせください。