救急車を呼ぶか迷った時は・・・

突然のケガや病気で救急車を呼ぶか迷った時は、救急受診ガイドをご利用ください。

あてはまるケガや病気の症状から、緊急度や病院受診の必要性を確認できます。

◎救急受診ガイド(総務省消防庁リンク)

こんな症状が出たら、ためらわずに救急車を呼んでください。

      こども(15歳以下)

      おとな

 

 全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)の活用を!

     救急車を呼ぶ目安に!! (総務省消防庁作成)

          

     ダウンロード(App Store)                     Webサイトへ移動

    ダウンロード(Google Play)

 

 該当する症状及び症候を画面上で選択していくと、

「今すぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」

「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」

緊急度に応じた必要な対応が表示され、症状の緊急度が素早く判定できます。

 ぜひ、ご活用ください。

 

小児救急は電話相談窓口をご利用ください

子どもの夜間の急病やケガなどで、病院に行くべきか迷った時に、看護師等が受診の必要性や応急処置をアドバイスし、症状に応じた医療機関の紹介などを行います。

・兵庫県小児救急医療電話相談

 【電話番号】 ♯8000

         市外局番が06または072、ダイヤル回線、IP電話の方は078-731-8899

 【相談時間】 平日、土曜日:18時00分から24時00分

         日曜日、祝日、年末年始:9時00分から24時00分

・東播磨圏域 小児科救急医療 夜間 電話相談

 【電話番号】 078-937-4199

 【相談時間】 20時30分から23時30分(毎日)

 

救急車は限りある医療資源

平成28年中における高砂市消防本部の救急車出動件数は3,823件となっています。これは1日に10.5件の割合で出動していることになります。

また、救急車で搬送された方のうち、約半数は軽症と診断されています。救急車の適正利用にご協力お願いします。