1.計画策定の背景と目的

  自転車は、排気ガスや騒音を出さない環境にやさしい交通手段であるとともに、健康に良い交通手段としても注目されています。一方で、自転車利用の進展に伴い、自転車と歩行者の交通事故の割合が増加しており、都市内において自転車・歩行者の安全な通行環境を整備することが、課題となっています。また、警察庁は、自転車は「車両」であるという基本的考え方のもと、良好な自転車交通秩序を実現するための対策を進めています。こうした状況を踏まえ、各地域において自転車ネットワーク計画の作成やその整備、通行ルールの徹底等を推進することを目的として、平成24年11月に国土交通省と警察庁が合同で「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」を策定し、道路管理者と交通管理者が連携し、自転車通行空間を整備していくための指針をとりまとめました。

 高砂市においても、自転車の通行区間整備による歩行者と自転車の安全性・快適性の確保、利便性の向上を目的として、「高砂市自転車ネットワーク計画」を策定しました。

 2.概要

  高砂市内8つの地域を、「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン(平成24年11月、国土交通省道路局・警察庁交通局)」において示されている自転車ネットワークを構成する路線の選定基準を参考に比較すると、荒井地域に人が集まる施設が多く、また、自転車通行区間の整備箇所・整備予定箇所も多いため荒井地域を自転車ネットワーク検討対象路線としました。設定した路線において、自転車通行空間の明示等を実施します。

 3.高砂市自転車ネットワーク計画

 高砂市自転車ネットワーク計画.pdf [6713KB pdfファイル]