花火・火遊びによる火災に注意

花火は楽しく安全に遊びましょう

 夏の風物詩「花火」。子どもたちにとって楽しみな季節となりました。

 しかし、気軽に楽しめる花火も取扱いを誤ると、火事や火傷などの事故につながり

かねません。

 

花火を安全に遊ぶポイント

 1 気象条件を考え、風の強いときは花火をしない。

 2 周囲に燃えやすいものがなく、広くて安全な場所を選ぶ。

 3 子どもだけでなく大人と一緒に遊ぶ。

 4 説明書をよく読み、注意事項を必ず守る。

 5 水バケツを用意し、遊び終わった花火は必ず水につける。

 

火遊びによる火災を防止しましょう

 子どもの火遊びによる火災は、大人がいない時に発生することが多く、そのため火災

の発見が遅れ、火災が拡大する要因にもなります。

 

火遊びによる火災の防止ポイント

 1 子どもだけを残して外出しない。

 2 ライターやマッチを子どもの手の届くところに置かない。

 3 子どもだけで火を取扱わせない。

 4 火遊びをしているのを見かけたら注意する。