ジュニア救命士認定講習会を開催しました

  平成29年1月26日木曜日、高砂市立米田小学校6年生を対象にジュニア救命士認定講習会を開催しました。

  本講習は、子どものときから命の大切さや、応急手当の重要性・必要性を学ぶことで誰もが適切な応急手当ができる安全で安心なまちづくりを目指すことを目的としています。

 

 アニメのDVDを観ながら、心臓マッサージの方法やAEDの使用方法について学びました。
   高砂市消防本部救急救命士が小学生に向け講習をしています。

   ※みんな真剣な表情で講習を受講しています 

   訓練用トレーナーを使って胸骨圧迫    

   ※訓練用トレーナーを使って心臓マッサージ  

   訓練トレナーを使ってAED使用訓練 

   ※二人一組でAEDの操作訓練 

   代表者によるシミュレーション訓練

   ※クラスの代表者によるシミュレーション訓練

 

 児童から「勇気を持って助けることが重要だとわかりました。」、「一つでもいいから自分からできることはないか探そうと思いました。」、「家族や他の人にも救急講習を受けてもらいたい。」等の意見をいただきました。

 今後も、ジュニア救命士認定講習会の開催を通じ、児童への応急手当の普及に努めていきたいと思います。