汚水処理のしくみ(分流式)

 汚水がきれいになるまでの図

1.沈砂池(ちんさち)

   沈砂池で大きいゴミや砂を取ります。

2.最初沈殿池(さいしょちんでんち)

   沈殿しやすい泥などを沈めます。

3.反応タンク(はんのうタンク)

   反応タンクでは、汚水中の汚れの原因である有機物を微生物により分解します。
   微生物は空気が必要なため、常に細かい泡を全面に送り続けています。
   有機物が生物分解されると沈殿しやすいフロック(小さな塊)が形成されます。

4.最終沈殿池(さいしゅうちんでんち)

   最終沈殿池において上澄み水と汚泥に分離します。

5.塩素混和池(えんそこんわち)

   上澄み水は大腸菌などがいるため、水道水の消毒に用いられる
   次亜塩素酸ナトリウムで酸化・殺菌して放流します。

6.汚泥濃縮タンク(おでいのうしゅくタンク)

   最初-最終沈殿池で分離した汚泥を、重力の力により濃縮します。

7.汚泥消化タンク(おでいしょうかタンク)

   濃縮された汚泥は汚泥消化タンクに送られ、嫌気性微生物により
   発酵分解などの処理を行い、有機物を減量します。

8.汚泥脱水機(おでいだっすいき)

   消化タンクから出た汚泥は汚泥脱水機により脱水されます。

9.脱水汚泥(だっすいおでい)

   脱水された汚泥は、高砂美化センターで焼却処分します。

 

最初沈殿池

あらごみや砂を取る沈砂池

 ←説明へ戻る

 

反応タンク

 微生物により分解する反応タンク

 ←説明へ戻る

 

 最終沈殿池

上澄み水と汚泥に分離する最終沈殿池

 ←説明へ戻る

 

脱水汚泥

脱水された汚泥

←説明へ戻る