一つの願いごとを決めて、お参りすれば必ず願いがかなうという一願成就の神様「鹿嶋神社」の参道へ向かうと、かしわもちを蒸しているせいろから湯気が漂っています。鹿嶋神社の周辺では、昔から良質のもち米が取れ、かしわもちを作って奉納し、お祝いをした言い伝えがあるそうです。
 つぶあん、こしあん、よもぎ、焼きもちなどバリエーションも豊で、お参りに来る人、高御位山への登山の帰りとたくさんの人が参道を歩きながらあつあつのかしわの葉をめくりながら食べています。