広報たかさご12月号 No.777 平成21(2009)年

表紙

11月11日(水曜日)

おやこ★うんどうかい 子育て支援センター(総合体育館) 

 

目次

 新型インフルエンザ ワクチン接種のお知らせ

平成20年度決算の状況

市民アンケート、事業所アンケートの調査結果

市民病院からのお知らせ

不審者対策(いざというときのために)

情報けいじばん

LOOK LOOK(12月の相談ほか)

救急医

マイタウン 10・11月のスナップ

 

人口の動き

(11月1日現在、外国籍人口を含む) 
人口 96,884人 (9減)
男 47,508人 (21減)
女 49,376人 (12増)
世帯数 38,135世帯(9増)


  <目次にもどる> 

新型インフルエンザワクチン接種のお知らせ

 新型インフルエンザは、感染力は強いものの多くの感染者は軽症のまま回復しており季節型インフルエンザと類似する点が多いといえます。しかしながら、ほとんどの方に免疫がないことにより、感染が拡大し、特に基礎疾患のある方や妊婦などは重症化する可能性があるため注意が必要になります。このため、新型インフルエンザワクチン接種は、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことおよびそのために必要な医療を確保することを目的に国が実施主体となって行なう任意の予防接種です。

 今回の新型インフルエンザワクチンについては、重症化に一定の効果が期待されますが、接種後、はれたり、熱が出るなどの症状が見られたりするほか、極めてまれですが、重篤な症状を引き起こす可能性もあります。接種に関しては、ワクチンの効果とリスクを理解いただいた上で、個人の判断により接種していただくようお願いいたします。

☆優先接種対象者・接種スケジュール

─かかりつけ医のある方は、まずかかりつけ医に相談してください。─

 新型インフルエンザワクチンは、当面、確保できる量に限りがあるため、優先的に接種する対象者を定め、順次接種することとなっています。

 現在、兵庫県が決定しているスケジュールは表Ⅰのとおりです。ただし、ワクチンの供給状況や接種回数の変更などで、スケジュールが変更される可能性もあります。

(表Ⅰ)接種スケジュール

優先接種対象者 

基礎疾患を有する方(透析患者を重点)および妊婦(保存剤を含む製剤の接種希望者)

接種開始(予定)時期 11月2日から

接種時に必要な書類

妊婦:母子健康手帳 基礎疾患を有する方

(かかりつけ医で接種の場合)健康保険被保険者証

(かかりつけ医以外で接種の場合)優先接種対象者証明書(注2)

優先接種対象者 
基礎疾患(注1)を有する方(最優先)および妊婦(保存剤を含まない製剤の接種希望者)

接種開始(予定)時期 11月16日から

接種時に必要な書類 妊婦:母子健康手帳

基礎疾患を有する方

(かかりつけ医で接種の場合)健康保険被保険者証

(かかりつけ医以外で接種の場合)優先接種対象者証明書(注2)

基礎疾患(注1)を有する方(その他)

接種開始(予定)時期 12月上旬

接種時に必要な書類 妊婦:母子健康手帳

基礎疾患を有する方

(かかりつけ医で接種の場合)健康保険被保険者証

(かかりつけ医以外で接種の場合)優先接種対象者証明書(注2)

1歳から小学校3年生

接種開始(予定)時期 12月中旬

接種時に必要な書類 母子健康手帳または健康保険被保険者証

1歳未満の小児の保護者

接種開始(予定)時期 1月上旬

接種時に必要な書類 母子健康手帳、健康保険被保険者証または住民票

小学校4年生から6年生

接種開始(予定)時期 1月以降

接種時に必要な書類 健康保険被保険者証、学生証または住民票

中学生

接種開始(予定)時期 1月以降

接種時に必要な書類 健康保険被保険者証、学生証または住民票

高校生の相当する年齢の方

接種開始(予定)時期 今後県で決定(輸入ワクチンで対応予定)

接種時に必要な書類 健康保険被保険者証、学生証または住民票

高齢者(65歳以上)

接種開始(予定)時期 今後県で決定(輸入ワクチンで対応予定)

接種時に必要な書類 健康保険被保険者証、運転免許証または住民票

注1)基礎疾患とは、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、慢性腎疾患、慢性肝疾患、神経疾患・神経筋疾患、血液疾患、糖尿病、疾患や治療に伴う免疫抑制状態、小児科領域の慢性疾患をいいます。(接種される場合には、事前に医療機関にご相談ください。)

注2)優先接種対象者証明書は、かかりつけの医療機関での接種ができない場合、かかりつけ医療機関で発行されます。

☆接種費用

 接種費用は、全国一律で2回接種の場合、1回目3,600円、2回目は2,550円(1回目と医療機関が異なる場合は3,600円)の実費負担となります。

 なお、優先接種対象者のうち生活保護世帯の方、市民税非課税世帯の方に対して、費用負担を免除します。(助成対象者確認の申請手続きが必要です。)

〈申請方法〉-無料接種対象者-

(1)生活保護世帯の方は地域福祉課、市民税非課税世帯の方は保健センター(健康増進課)、各サービスコーナーで「新型インフルエンザワクチン接種費用免除申請」の手続きをしてください。該当者には、助成券を発行します。(市内医療機関のみで利用可能となります。)申請には申請者の印鑑(シャチハタは不可)が必要です。助成券発行には審査などの関係で1週間程度かかる場合があります。申請受付は12月1日(火曜)から行ないます。

(2)助成対象者で実費負担により接種を受けられた場合(免除申請前の接種および市外の医療機関での接種)は接種後4週間以内に次の書類を準備の上、保健センター(健康増進課)までお越しください。

・新型インフルエンザワクチン予防接種済証または接種日記載のある母子健康手帳

・ワクチン接種に係る領収書

・振込み先となる通帳

・印鑑(シャチハタは不可)

※ 後日、接種費用を指定の口座に振り込みます。なお、現金による支払いはできません。

☆接種の予約

 接種対象者スケジュールにそって受託医療機関での予約制となります。

 かかりつけの医療機関のある方は、まずその医療機関に連絡をされ、接種できるかどうか確認してください。

 接種できない場合は下記の医療機関に連絡してください。

受託医療機関名
飯尾医院

所在地 米田町島4-8

電話番号 電話431-0770

泉外科

所在地 伊保1丁目8-41

電話番号 電話447-1111

井上泌尿器科

所在地 高砂町栄町373-1

電話番号 電話444-0300

魚川医院

所在地 米田町米田873-2

電話番号 電話432-5226

大北・牛尾クリニック

所在地 中筋1丁目10-48

電話番号 電話447-1855

大森整形外科

所在地 曽根町447-1

電話番号 電話448-5000

鹿岳胃腸科内科

所在地 伊保1丁目4-27

電話番号 電話447-3551

眼科多木医院

所在地 高砂町浜田町2丁目7-41

電話番号 電話442-1069

河野クリニック

所在地 高砂町栄町373-1

電話番号 電話444-2112

こばやし小児科

所在地 米田町塩市82-6

電話番号 電話434-2288

斉藤整形外科

所在地 荒井町中新町1-5

電話番号 電話442-2864

阪本医院

所在地 神爪1丁目11-15

電話番号 電話432-2222

さわたり循環器科内科

所在地 伊保4丁目567-1

電話番号 電話446-2332

菅野医院

所在地 阿弥陀町魚橋1019

電話番号 電話447-1076

つくだ整形外科

所在地 今市2丁目301-1

電話番号 電話444-5544

寺西内科

所在地 米田町米田113-2

電話番号 電話431-6151

友田神経内科

所在地 伊保港町2丁目7-14

電話番号 電話448-5561

中村整形外科

所在地 北浜町西浜1208-75

電話番号 電話079-254-5533

野村医院

所在地 中筋2丁目9-38

電話番号 電話448-8131

はぎはら内科医院

所在地 阿弥陀1丁目5-28

電話番号 電話447-3343

ふじわら医院

所在地 米田町塩市1-1

電話番号 電話434-2355

ふせ耳鼻咽喉科

所在地 荒井町東本町1-27

電話番号 電話440-3060

まき小児科

所在地 高砂町栄町373-1

電話番号 電話443-7737

山名小児科医院

所在地 伊保崎南9-8

電話番号 電話448-1313

横山外科胃腸科医院

所在地 高砂町朝日町2丁目8-28

電話番号 電話442-0377

高砂市民病院

所在地 荒井町紙町33-1

電話番号 電話442-3981

高砂西部病院

所在地 中筋1丁目10-41

電話番号 電話447-0100

※ 接種対象者ごとに設定した接種開始時期より前には、対象者以外の方の予約や接種を行なうことはできません。

新型インフルエンザワクチンQ&A(厚生労働省)

Q1:季節型インフルエンザワクチンは新型インフルエンザにも効果があるの?

A:それぞれのワクチンはそれぞれのインフルエンザにしか効果がないと考えられています。

Q2:新型インフルエンザに感染した人も、新型インフルエンザワクチンの接種は必要?

A:一般に、新型インフルエンザに感染して発症した方は免疫をもっていると考えられるため、予防接種をする必要はないと考えられます。ただし、確実に感染したと言えるのは、専門の検査(PCRなど)でウイルスの確認が行なわれた方です。

A型インフルエンザに罹患したと考えられる方が新型インフルエンザワクチン接種を希望される場合は医師にご相談ください。
 

Q3:優先接種対象者ではない人は接種できないの?優先接種対象者は必ず接種しなければいけないの?

A:優先接種以外の方々については、優先接種が終了次第、流行の状況や接種の状況、供給量などを踏まえ、対応していきます。また、優先接種対象者の方々は、必ず接種しなければならないわけではありません。

 その他Q&Aについては厚生労働省・兵庫県ホームページをご覧ください。

問い合わせ先

◇厚生労働省新型インフルエンザコールセンター(電話03-3501-9031)

◇接種スケジュール、新型インフルエンザワクチンに関する総合相談は・・・

 兵庫県疾病対策課(電話078-362-3226)

 加古川健康福祉事務所(電話422-0006)

◇接種医療機関、接種費用(費用免除手続き)などは・・・

 市保健センター(健康市民部健康増進課)(電話443-3936)


  <目次にもどる> 

平成20年度 決算の状況

一般会計

 歳入総額は307億6,265万円、一方、歳出総額は301億4,955万円で、差額は6億1,310万円でしたが、ここから翌年度に繰り越した事業に充てられる財源1億272万円を差し引き、5億1,038万円の黒字となりました。

歳入
307億6,265万円

 歳入総額は財政調整基金を11億円取り崩したことなどにより、前年に比べ、9億9,176万円(3.3%)の増額となっています。歳入のなかで一番多い市税収入は、2,632万円(0.1%)の減収となっています。主な内容としましては、個人市民税は1億432万円(2.2%)の増加、法人市民税は企業業績の低迷により2億2,607万円(7.3%)の減少となっています。

市税 182億6,345万円(59.4%)

国・県支出金 36億3,631万円(11.8%)

諸収入、繰入金、財産収入、寄附金 31億7,018万円(10.3%)

市 債 19億2,216万円(6.3%)

地方消費税交付金、地方交付税、地方特例交付金など 16億9,897万円(5.5%)

使用料及び手数料 6億5,485万円(2.1%)

繰越金 5億9,104万円(1.9%)

分担金及び負担金 5億7,120万円(1.9%)

地方譲与税 2億5,449万円(0.8%)

市税の内訳

固定資産税 84億5,835万円(46.3%)

市民税 77億8,521万円(42.6%)

都市計画税 13億3,693万円(7.3%)

市たばこ税 5億4,218万円(3.0%)

軽自動車税 1億4,078万円(0.8%)

歳 出
301億4,955万円

 歳出総額は前年に比べ、9億6.970万円(3.3%)の増額となっています。平成18年3月に「第3次高砂市行政改革大綱改定版」を策定し、平成21年度までを「さらなる改革」に取り組む期間と位置づけ、多くの行財政改革に取り組み、経費削減と効率的な行財政運営に努めて、市民生活に密着した諸施策を最優先に市政運営を推し進めてきたところですが、扶助費の増加や阿弥陀小学校の建設用地買収費用などにより依然厳しい財政状況にあります。

民生費 93億5,453万円(31.0%)

衛生費 42億1,843万円(14.0%)

公債費 39億2,727万円(13.0%)

土木費・都市計画費 32億9,243万円(10.9%)

総務費 32億8,615万円(10.9%)

教育費 30億6,688万円(10.2%)

消防費 8億3,641万円(2.8%)

その他 21億6,745万円(7.2%)

市民1人当たりに換算すると…

311,488円

※ H21.3.31現在の人口で換算

特別会計

 平成20年度から後期高齢者医療事業特別会計が加わり5会計となりました。

事業名

国民健康保険事業

歳入 92億415万円(3.5%減)

歳出 95億5,671万円(4.3%減)

下水道事業

歳入 77億8,239万円(0.7%増)

歳出 77億8,239万円(1.0%増)

後期高齢者医療事業

歳入 7億8,393万円

歳出 7億7,057万円

老人保健医療事業

歳入 6億8,229万円(90.0%減)

歳出 6億9,460万円(89.9%減)

介護保険事業

歳入 47億8,329万円(7.7%増)

歳出 47億3,891万円(6.7%増)

合計 歳入 232億3,605万円(18.6%減)

合計 歳出 235億4,318万円(18.9%減)

※ ( )は対前年度比

企業会計

 地方公営企業法の全部または一部の適用を受ける企業会計が3会計あります。

事業名

水道事業

収益的収入 14億8,250万円

収益的支出 15億8,035万円

資本的収入 5億1,250万円

資本的支出 8億2,740万円

工業用水道事業

収益的収入 2億6,092万円

収益的支出 2億6,092万円

資本的収入 1,971万円

資本的支出 1,971万円

病院事業

収益的収入 59億7,212万円

収益的支出 61億647万円

資本的収入 24億9,301万円

資本的支出 3億4,913万円

財政健全化の指標を公表します

 市民に決算の状況をわかりやすくお知らせするために「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき、地方公共団体の財政状況を客観的な指標で公表します。財政の健全化を判断することで、破たんを未然に防ぐとともに、早期に健全化を促すことを目的としています。

健全化判断比率
4指標とも早期健全化基準を下回っています。

財政指標

実質赤字比率

平成20年度決算(%) 赤字なし

早期健全化基準(%) 12.51

財政再生基準(%) 20.00

財政運営の深刻度 福祉、教育、まちづくりなどの一般会計の赤字

連結実質赤字比率

平成20年度決算(%) 赤字なし

早期健全化基準(%) 17.51

財政再生基準(%) 40.00

全体の運営の深刻度 すべての会計の赤字や黒字を合算し、市全体としての赤字

実質公債費比率

平成20年度決算(%) 11.3

早期健全化基準(%) 25.0

財政再生基準(%) 35.0

資金繰りの危険度 借入金の返済及びこれに準じる額の大きさ

将来負担比率

平成20年度決算(%) 136.7

早期健全化基準(%) 350.0

財政再生基準(%) 設定なし

将来財政を圧迫する可能性 借入金(地方債)や将来支払っていく可能性のある負担など

 それぞれの項目を標準財政規模(地方公共団体が通常水準の行政活動を行う上で必要な一般財源の総量)と比較して指標化しています。いずれかの早期健全化基準を超えると自主的な改善が義務付けられる「早期健全化団体」に、それより悪い財政再生基準を超えると、従来の財政再建団体にあたる「財政再生団体」となります。

資金不足比率
 病院事業会計では、資金の不足額があるものの、経営健全化基準を下回っています。

公営企業会計名

水道事業会計

平成20年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

工業用水道事業会計

平成20年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

病院事業会計

平成20年度決算 3.4

経営健全化基準 20.0

資金の不足額 1億6,451万円

下水道事業特別会計

平成20年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

 公営企業の資金不足を、公営企業の事業規模である料金収入の規模と比較して指標化し、経営状況の深刻度を示しています。

主要な施策

保健・医療の充実

妊婦健康診査費助成

1,540万円

全妊娠期間を通して、妊婦健診1回につき4,000円を上限とし5回の助成

特定健康診査など

1,774万円

40歳から74歳の被保険者に特定健診・特定保健指導

後期高齢者医療制度

7億7,057万円

後期高齢者医療制度に伴う保険料徴収および被保険者証などの引渡し

市民福祉の充実

地域子育て支援

523万円

保育園での体験保育やつどいの広場など、子育て支援

学校教育の充実

小学校施設の耐震補強

6,673万円

米田小学校(北棟、昇降口棟、渡り廊下棟)の耐震化

阿弥陀小学校の用地買収

3億6,296万円

移転改築に伴う校舎建設用地の買収

都市基盤の整備

JR宝殿駅バリアフリー化

1億6,100万円

バリアフリー化工事および補助

千鳥橋改良

4,460万円

県の河川工事に併せて橋りょう改良事業を委託

神鋼前道路

6,497万円

工業公園へのアクセス道路として整備

産業の振興

鴻ノ池の改修

5,261万円

堤体の崩壊を未然に防ぎ、ため池の安全を保つため改修

 


  <目次にもどる> 

第4次高砂市総合計画を策定しています

企画総務部企画政策課(総合計画担当)

電話443-9007

市民アンケート、事業所アンケートの調査結果をお知らせします

 市では、平成23年度よりスタートする高砂市の新総合計画策定の基礎資料とするため、本年7月に、市民の皆さんのご意見、ご意向を伺いました。

◆現在の高砂市のイメージ◆
「買い物などの日常生活の便利さ」

 市の魅力として、「買い物などの日常生活の便利さ」をあげる人が最も多い一方、「公共施設の整った便利さ」、「福祉施設の豊かさ」、「教育・文化の環境、施設の豊かさ」を選ぶ人が少ない傾向にあります。

市民

買い物などの日常生活の便利さ 29.3%

都市部への交通利便性の高さ 26.0%

自然環境の豊かさ 24.6%

公共料金の安さ 17.4%

高い建物がない低層住宅の街並み 15.5%

職住が近接した勤務、通勤の便利さ 13.9%

歴史文化遺産のある風情 13.2%

災害に強い安全・安心の街 5.5%

地域のコミュニティ活動の活発さ 3.9%

公共施設の整った便利さ 1.9%

福祉施策の豊かさ 1.7%

教育・文化の環境、施設の豊かさ 1.2%

その他 1.5%

特になし 12.2%

◆将来の高砂市の都市像◆
「福祉・保健・医療・高齢化対策が充実した福祉都市」

 前回調査(平成11年)と同様、「福祉都市」への関心が最も高く、「安全都市」、「コミュニティ都市」への関心も高くなっています。望ましい都市像として、前々回調査(平成5年)、前回調査より「福祉都市」を重視する傾向が高くなっています。

事業所

福祉都市 36.7%

安全都市 19.7%

コミュニティ都市 9.4%

文化都市 7.3%

産業都市 6.5%

公園都市 5.2%

景観都市 3.9%

歴史文化都市 3.2%

住工共存都市 3.2%

その他 0.9%

わからない 4.0%

「福祉・保健・医療・高齢化対策が充実した福祉都市」

 前回調査では「安全都市」が高い割合を占めていましたが、今回は「福祉都市」を選ぶ事業所が多くなっています。

福祉都市 30.7%

産業都市 16.0%

安全都市 14.7%

コミュニティ都市 13.5%

住工共存都市 7.2%

公園都市 4.7%

文化都市 4.7%

歴史文化都市 2.8%

景観都市 2.8%

その他 0.6%

わからない 2.2%

◆関心のある施策◆
「高齢者福祉の充実」

 「高齢者福祉の充実」や「保健・医療の充実」への関心が高く、ハード施策よりソフト施策を重視する傾向にあります。

 (「その他」は「ブライダル都市高砂づくり」、「勤労者対策の充実」、「効率的な執行体制の整備」、「河川・港湾の整備」、「市街地の整備」など)

市民

高齢者福祉の充実 36.3%

保健・医療の充実 36.2%

市民生活の安全 19.1%

児童福祉の充実 13.5%

環境保全対策の充実 12.3%

学校教育の充実 11.7%

公園、緑地の整備 10.7%

ごみ減量化、再資源化 10.5%

社会保障の充実 10.0%

道路(幹線・生活)の整備 8.9%

障がい者福祉の充実 7.4%

下水道の整備 6.6%

教育文化施設の充実 6.2%

商工業の活性化 6.1%

青少年の健全育成 5.1%

都市環境の整備 4.9%

芸術・文化の振興 4.7%

スポーツ・レクリエーションの振興 4.7%

生涯学習の充実 4.5%

特になし 6.6%

その他 35.9%

「商工業の活性化」

 「商工業の活性化」を選ぶ事業所が最も多く、「高齢者福祉の充実」、「保健・医療の充実」も市民と同様に関心が高くなっています。

 (「その他」は「ブライダル都市高砂づくり」、「芸術・文化の振興」、「教育文化施設の充実」、「スポーツ・レクリエーションの振興」など)

事業所

商工業の活性化 28.9%

高齢者福祉の充実 28.5%

保健・医療の充実 28.2%

市民生活の安全 16.1%

道路(幹線・生活)の整備 14.4%

社会保障の充実 12.4%

都市環境の整備 10.4%

環境保全対策の充実 10.1%

障がい者福祉の充実 9.4%

学校教育の充実 8.7%

ごみ減量化、再資源化 7.4%

下水道の整備 7.4%

児童福祉の充実 6.7%

市街地の整備 6.7%

勤労者対策の充実 6.0%

青少年の健全育成 5.7%

観光の振興 5.7%

効率的な執行体制の整備 4.7%

公園、緑地の整備 4.4%

特になし 5.7%

その他 30.2%

◆魅力を高めるための施設設備・ソフト施策◆

市民 ソフト施策

医療体制の充実 55.5%

少子化対策の充実 21.3%

高齢者や障がい者支援の体制づくり 15.2%

安全・安心なまちづくり 12.5%

保健活動の充実 11.6%

ごみ減量化、再資源化の推進 10.8%

住民と行政が協働するまちづくり 9.8%

住民参加型まちづくり 6.9%

芸術・文化活動の推進 5.9%

青少年健全育成の充実 5.9%

地域情報化の推進 5.3%

市民ボランティアの育成・支援の推進 4.6%

国際化の推進 2.8%

住宅防火対策の推進 2.2%

体験型の防災普及啓発活動の推進 1.3%

その他 0.7%

特になし 4.7%

市民 施設整備

芸術、文化活動を活発化できる施設 32.6%

河川空間を活用したレクリエーション施設 27.0%

市民が気軽に集えるまちなかにある小規模な活動場所 21.5%

運動するための施設 20.4%

地域の歴史文化を学習できる施設 11.9%

街並み保存や観光施設のネットワーク 11.9%

企業の技術を活かした施設 10.7%

海浜空間を活用したレクリエーション施設 7.8%

青少年交流のできる施設 5.5%

国際交流のできる施設 5.1%

その他 1.5%

特になし 11.3%

◆環境にやさしいまちづくり◆
「地球温暖化防止対策の推進」

 環境にやさしいまちづくりのためには、「地球温暖化防止対策の推進」や「エコライフ活動の啓発」、「多自然型の河川整備」を重視する人が多くなっています。

 (「リサイクル活動の推進」や「ごみの減量化」以外の施策について伺いました。)

市民

地球温暖化防止対策の推進 34.8%

「エコライフ活動」の啓発 33.2%

多自然型の河川整備 31.6%

貴重な森林資源などの保全 28.1%

生き物が棲める公園づくり 19.0%

積極的な環境教育の推進 16.4%

その他 1.3%

わからない 5.6%

◆子どもの教育上必要な課題◆

市民

道徳教育の推進 37.7%

基礎基本学力の充実 29.7%

健康な生活の基礎を培う健康教育の推進 27.7%

環境教育の推進 18.7%

福祉教育の推進 15.2%

人権教育の推進 13.9%

地域に誇りをもつ個性的な教育の推進 13.0%

国際的な視野を養う教育の推進 11.7%

情報教育の充実 3.4%

特別支援教育の充実 2.4%

その他 1.8%

わからない 5.4%

◆重点をおくべき児童福祉施策◆

市民

仕事と育児を両立できる保護者の雇用環境の整備促進 25.6%

子育て費用の負担軽減 25.4%

子どもを地域で健やかに育成できる療育体制の充実 25.1%

安全なまちづくり 20.9%

遊び場の充実 16.4%

保育サービスの充実 15.2%

放課後児童対策の充実 11.7%

子どもの人権・子育てについて市民の意識や関心の向上 10.9%

ひとり親家庭への支援の充実 8.4%

母子保健の充実 6.8%

地域子育て活動の促進 5.7%

その他 1.0%

わからない 6.4%

◆重点をおくべき福祉対策◆

市民

住宅福祉サービスの充実 33.5%

福祉施設サービスの充実 31.8%

健康づくり、保健・医療対策の充実 29.7%

高齢者・障がい者などが行動しやすい環境づくり 25.8%

小・中学校、生涯学校での福祉教育の推進 21.1%

高齢者・障がい者などの交通手段の確保 15.7%

認知症高齢者対策の充実 14.2%

世代間交流の場づくり 13.1%

高齢者・障がい者などへの相互扶助、援助体制の充実 13.0%

高齢者・障がい者などへの住宅支援、公営高齢者集合住宅の整備 11.8%

共同作業場の整備、農業直営所の整備、高齢者起業化の促進 10.8%

高齢者・障がい者同士の交流活動の充実 9.5%

ボランティア活動の育成と活性化 7.9%

その他 0.6%

わからない 4.3%

◆力を入れるべき市政への市民参加の手段◆

市民

意見募集の実施 29.6%

定期的なアンケート調査の実施 27.9%

計画策定段階からの提案募集 15.3%

定期的に市職員と懇談会の開催 13.9%

地区懇談会の開催 13.0%

まちづくり出前講座の実施 11.6%

各種団体との行政懇談会の開催 9.4%

その他 1.7%

わからない 18.5%

◆望ましい商店街の将来像◆

事業所

商業店舗や子育て支援、公共施設など多様な施設が集積した、便利な商店街 24.2%

独自商品の販売など特徴のある店舗の多い商店街 23.8%

人々の会話で賑わっている、活気のある商店街 17.8%

高齢者や障がい者にもやさしい、福祉対応型の商店街 15.1%

今のままでよい 3.0%

子どもが走り回れる、安全な商店街 1.3%

その他 0.3%

わからない 12.1%

無回答 4.4%

◆望ましい工業の将来像◆

事業所

情報産業などの付加価値の高い産業を誘致する 24.2%

現在の重工業型を維持する 23.2%

本社機能を持つ事業所を誘致する 19.1%

その他 0.7%

わからない 27.2%

無回答 5.7%

アンケートにご協力いただきありがとうございました

市民アンケート

 対象 18歳以上の市民3,000人

 回収率 65.0%

事業所アンケート

 対象 市内の事業所500社

 回収率 59.6%

 ※2つの以上選択可能な設問もあるため、割合の合計が100%を越える場合があります。また、小数点第2位を四捨五入しており、割合の合計が100%にならない場合があります。

アンケートの自由意見

▽歩行者や自転車が安全に通行できる歩道整備・ガードレール設置の充実

▽街灯の設置による防犯対策の充実

▽鉄道駅のアクセス性の向上・バリアフリー化

▽子どもが安全に遊べる公園整備や適切な管理

▽公共空間の緑化や街路樹等の適切な管理

▽ゴミ問題、悪臭・騒音対策の充実

▽図書館の拡充・整備など文化施設の充実

▽市民病院や医療体制の充実

▽市民サービスコーナー利用時間拡充や職員の対応改善等、市民サービスの向上

 など、本市の課題や今後のまちづくりの方向などについても検討し、アンケート結果とあわせ、十分に新総合計画の策定や市政運営に反映させていきます。

 なお、ここには主だった調査結果を掲載しています。アンケート調査結果報告書については、平成22年3月末に作成予定です。

問い合わせ先

企画総務部企画政策課(総合計画担当) 電話443-9007

 

 

  <目次にもどる>

希望のある医療をめざして

市民病院からのお知らせ

電話442-3981

市民病院の経営状況を報告します!(第7回)

(グラフ)

【分析】

 平成21年度10月の診療収益は4億2千万円を突破し、今年度2番目の収益となりました。 今後も患者さまに安心・安全な医療を提供するとともに安定した診療収益の確保を図ってまいります。

臨時看護師募集

資  格 看護師免許を有する人

     年齢は問いません

受付期間 随時

選考方法 面接

必要書類 履歴書、看護師免許証の写し

勤務内容 外来、病棟、腎センターなど

賃  金 10,540円(日額)

申込方法 電話で市民病院総務課まで

クリスマスコンサート

医師・看護師・ボランティアグループによるクリスマスコンサートを開催します!

 入院患者さまをはじめ、来院されたすべての方々に、ひとときの「癒しの時間」を提供します。

とき 12月18日(金曜) 16時から

ところ 市民病院玄関ホール

内容 ヴィオラ、フルート、ピアノのアンサンブル、ミュージックベル演奏など

高砂市民病院健康まつり

ありがとうございました

 10月31日(土曜)、市民病院で開催され、多くの方々にご来院いただきました。


  <目次にもどる>  

不審者対策 (いざというときのために)

問い合わせ先

企画総務部危機管理室

電話443-9081

 高砂市内に限らず全国的に犯罪認知件数は減少しているものの、依然、殺人、強盗、強姦といった凶悪事件や空き巣、ひったくりなどの窃盗事件、さらには女性や子供を狙った公然わいせつ事件や声かけ事案など市民の身近で起こる事件事案が発生しています。また全国の自治体において職員に対する脅迫事件や暴行事件など「行政対象暴力」と呼ばれる事件も発生しています。

 市では、いざというときに市民を守るため、そして職員自身の身を守るため、昨年の10月より高砂警察の協力のもと兵庫県警察本部から講師を招き、企画総務部危機管理室が中心となって、定期的に「受傷事故防止研修」の実習訓練を実施しており、刃物など凶器を所持した者が市関係施設に出没した場合に、ほうきや椅子、消火器など施設に備え付けられている備品を活用して対処する方法や、本年4月に本庁舎に設置した刺股を活用した対処方法、さらに痴漢や暴漢などから身を守る上で役に立つ護身術訓練などが行なわれました。

不審者対策「出前講座」

 市民からの要請を受け、警察本部から迎えている危機管理室職員が高砂警察からの情報提供のもと市内における犯罪発生状況や防犯に関する心構えの伝達、さらには刃物など凶器を所持した者に対する対処方法や痴漢、暴漢などから身を守る護身術といった実習訓練を取り入れた出前講座を実施しました。実習訓練では参加した全ての市民が真剣に取り組まれ、

◇いざというときには身近にあるものが活用できるということが良くわかった

◇とっさに出来るかどうかわからないが、知識があるのとないのとでは対応も違ってくる

◇家に帰ったら子供にも教えるつもり

などのご意見をいただくこともできました。

 市民のみなさんが少しでも安全で安心して暮らせるよう、危機管理室としても創意工夫を凝らして努力して参りたいと思っていますので、市民のみなさんのご協力をよろしくお願いします。

【市役所本庁舎での実習訓練】

護身術訓練

刺股を活用した訓練

ほうきを活用した訓練

【市民病院での実習訓練】

刃物を所持した犯人の制圧訓練

椅子を活用した訓練

相手との間合いを計る訓練

【出前講座】

緑丘自治会

中筋幼稚園児保護者

阿弥陀子ども見守りボランティア


  <目次にもどる>

情報けいじばん

  年金  健康  福祉  安全安心  学ぶ  スポーツ  催し  募集  お知らせ

 

 

  <情報けいじばんトップに戻る> 

資産税課からのお知らせ

財務部資産税課

電話443-9016

 次の場合は、申請または届け出をしてください。

【公共用の資産(土地・家屋)がある】

 自治会館など公共のために使用している資産がある場合は、固定資産税の減免が受けられる場合があります。

【家屋を取り壊した、取り壊す予定がある】

 登記のある家屋を取り壊した場合は、法務局で建物滅失登記をしてください。

 登記申請が遅れたり未登記の家屋を取り壊したり、また家屋を取り壊す予定のある場合は、年内に連絡してください。

●平成22年度償却資産(固定資産税)の申告

 平成22年1月1日現在、市内に償却資産(土地、家屋以外の事業用の固定資産)を所有する法人・個人事業者は、申告書を提出することになります。

 詳しくは12月中旬に送付する償却資産申告書の手引き、または市ホームページをご覧ください。

 申告書類がない場合は、お問い合わせください。

●家屋を新築・改修し、一定要件を満たしている住宅について左記の減額措置を受けられる場合があります。

◇新築住宅に対する固定資産税の減額措置

◇住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

◇住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置

◇住宅の熱損失防止(省エネ)改修工事に伴う固定資産税の減額措置

◇認定長期優良住宅(200年住宅)に対する固定資産税の減額措置(新築の場合)

 

1月4日(月曜)から税務証明申請時の本人確認書類が変わります

 「なりすまし」などの第三者からの虚偽の申請による証明書の不正取得を防止し、市民の皆さんの個人情報を保護するために実施します。ご協力をお願いします。

窓口で提示するもの
【1点必要なもの】

運転免許証・住基カード(顔写真付き)・パスポートなど

【2点必要なもの】

健康保険証・年金手帳(証書)・住基カード(顔写真なし)など

問い合わせ先

財務部市民税課 電話443-9015

財務部資産税課 電話443-9016

財務部納税課 電話443-9017


  <情報けいじばんトップに戻る> 

年金

年金をあきらめないで 『カラ期間』など確認を!

加古川社会保険事務所 電話427-4740

健康市民部市民課国民年金係 電話443-9022

 年金を受給するには、国民年金や厚生年金などに加入して保険料を納めた期間が25年(300カ月)以上必要です。

 25年以上の資格期間があり、年金受給年齢を迎える人には、社会保険庁から裁定請求書が事前に送付されます。裁定請求書に記載された加入記録を確認し、必要な書類を添えて指定の場所(社会保険事務所または市役所)に提出してください。

 一方、資格期間が不足している人には、この裁定請求書の代わりに「年金に関するお知らせ」(はがき)が送付されます。しかし、資格期間が満たないからといって、初めから裁定請求の手続きをあきらめないでください。

●カラ期間とは・・・

 年金額には反映されませんが、資格期間には含まれる期間のことです。

 主なカラ期間は、次の4つの期間のうち、昭和36年4月以後の20歳以上60歳未満の期間です。

(1)厚生年金などの加入者の被扶養配偶者であった昭和61年3月以前の期間

(2)学生であった平成3年3月以前の期間

(3)海外在住の期間(任意加入できなかった昭和61年3月以前の期間を含めます)

(4)厚生年金などから脱退手当金を受けた昭和61年3月以前の期間(昭和61年4月以後に国民年金の加入がある場合に限ります)

●受給資格期間を満たすには・・・

 生年月日によって資格期間が短縮される特例もあります。

 例えば、昭和31年4月1日生まれ以前の人で、生年月日に応じて20年から24年、昭和27年4月1日以前の人は20年、厚生年金か共済年金に加入していれば受給できます。

 カラ期間など、該当する人は、年金受給権に結びつくこともありますので、社会保険事務所などで確認してください。それでも資格期間を満たさない場合、70歳になるまで国民年金に任意加入して保険料を払う方法や、厚生年金に加入して働く方法もあります。


12月の納付

 固定資産税3期、国民健康保険料6期、後期高齢者医療保険料6期、介護保険料6期の納期は1225(金曜)です。

  <情報けいじばんトップに戻る>

健康

けんこうウエルカム

問い合わせ先

保健センター 電話443-3936

●食育教室 もぐもぐの会

とき 12月8日(火曜)

    9時30分から12時

ところ 福祉保健センター

内容 離乳食(5から8カ月児)の調理実習

定員 20人

受講料 400円(材料費)

持ち物 母子健康手帳、エプロン、三角巾、筆記用具、ふきん2枚

一時保育 無料(予約制)

申込方法 電話で保健センターまで

●総合がん検診

とき 1月27日(水曜)

    9時から14時30分

    (時間指定)

ところ 福祉保健センター

内容

◇結核・肺がん検診 胸部エックス線直接撮影

◇大腸がん検診 便潜血反応検査2日法

◇胃がん検診 バリウムによるエックス線間接撮影

◇乳がん検診(女性のみ)マンモグラフィー

・40歳から49歳 2方向

・50歳から64歳 1方向

◇子宮がん検診 細胞診 

※ 乳がん・子宮がん検診は平成20年度に乳がん・子宮がん検診を受けていない女性

定員 120人

※ 乳がん検診は50人

受付期間 12月9日(水曜)から

※ 8時30分受け付け開始

申込方法 電話で保健センターまで

総合がん検診 

 ※ 平成22年3月31日現在

対象 20歳以上39歳以下結核・肺がん

検診料 男性1,000円

    女性3,500円

対象 20歳以上39歳以下

子宮がん

検診料 男性1,000円

    女性3,500円

対象 40歳以上64歳以下

結核・肺がん

検診料 男性3,500円

    女性40から49歳8,500円

      50から64歳8,000円

対象 40歳以上64歳以下

大腸がん

検診料 男性3,500円

    女性40から49歳8,500円

      50から64歳8,000円

対象 40歳以上64歳以下

胃がん

検診料 男性3,500円

    女性40から49歳8,500円

      50から64歳8,000円

対象 40歳以上64歳以下

乳がん

検診料 男性3,500円

    女性40から49歳8,500円

      50から64歳8,000円

対象 40歳以上64歳以下

子宮がん

検診料 男性3,500円

    女性40から49歳8,500円

      50から64歳8,000円

対象 65歳以上74歳以下

結核・肺がん

検診料 男性3,500円

    女性6,000円

対象 65歳以上74歳以下

大腸がん

検診料 男性3,500円

    女性6,000円

対象 65歳以上74歳以下

胃がん

検診料 男性3,500円

    女性6,000円

対象 65歳以上74歳以下

子宮がん

検診料 男性3,500円

    女性6,000円

●麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)接種

 できるだけ早く予防接種を受けられることをお勧めします。

接種方法

医療機関での個別接種

接種期間

 から平成22年3月31日

接種対象者

 第2期(就学前1年間)

   平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれ

 第3期(中学1年生相当)

   平成8年4月2日から平成9年4月1日生まれ

 第4期(高校3年生相当)

   平成3年4月2日から平成2年4月1日生まれ

●結核・肺がん検診

とき 1月20日(水曜)   9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容 胸部エックス線直接撮影

対象 20歳以上の市民

※ 各種健診で胸部エックス線直接撮影を受けていない人

※ 喀痰検査は50歳以上で喫煙指数600以上の人

検診料 1,000円

※ 喀痰検査を受ける人は別途、1,000円が必要

※ 75歳以上の人(昭和10年4月1日以前に生まれた人)は無料(年齢確認ができるものが必要)

※ 申込不要

●こんにちは赤ちゃん訪問

 母子保健推進員などが、子育て応援情報誌と予防接種手帳を持って訪問します。

対象 生後4カ月未満の乳児のいる家庭

※ 案内はがきを郵送します。

●笑顔でよいしょ教室

【65歳からの筋トレ教室】

笑顔で長生き、介護いらずの生活をめざして

 理学療法士、保健師、看護師、栄養士、歯科衛生士が支援します。

とき 1月5日(火曜)から

    火曜日、3カ月間

    13時30分から15時30分

ところ 福祉保健センター

内容 健康チェック、筋力アップ体操など 

対象 介護保険を利用していない65歳以上の人

※ 健康調査、体力測定など(12月17日(木曜))により決定

定員 20人

受講料 500円

申込方法 電話で保健センターまで

●歯周疾患検診

とき から12月31日

ところ 播磨歯科医師会指定医療機関

内容 問診、口腔(こうくう)診査、PMTC(歯のクリーニング)

対象 40・50・60・70歳の市民

※ 平成22年3月31日現在。

検診料 1,300円

しめ切り 12月18日(金曜)

申込方法 電話で保健センターまで


フグ中毒防止期間 11月1日から2月28日

素人調理は絶対にやめましょう

問い合わせ先

加古川健康福祉事務所食品薬務衛生課

電話422-0004


   <情報けいじばんトップに戻る>

福祉

子育て応援特別手当(平成21年度版)の中止について    

 10月に国より事業を中止する旨の発表がありました。このため、広報たかさご10月号でお知らせしましたが、12月中旬以降に予定していた子育て応援特別手当(平成21年度版)の実施は中止することになりましたのでお知らせします。ご了承ください。

福祉部児童福祉課 電話443-9024


ひょうご多子世帯保育料軽減事業

子どもを生みやすい環境づくり

 子どもを生みやすい環境づくりを推進するために、3人以上の子どもを育てる世帯に対し、第3子以降のお子さんの保育所・幼稚園の保育料の一部を助成します。

対象 満18歳未満の子どもが3人以上いる世帯で、第3子以降の子どもが保育所や幼稚園に在籍している

【所得要件】

◇保育所 前年の所得税額の世帯合計が40,000円未満の世帯(高砂市保育所保育料基準額表でBからD2階層のご家庭)

◇幼稚園 当該年度の世帯合計の市民税所得割額(住宅借入金等特別税額控除の適用前)が55,600円未満の世帯

【助成額】

 月額6,000円を超える保育料負担額に対し0から2歳児で4,500円、3から5歳児で3,000円を上限に助成します。

※ 月額保育料が6,000円以下の場合は対象になりません。

【申請方法】

 詳しくは、各園を通じて別途お知らせします。(保育所は1月上旬ごろの予定、幼稚園は各園で受付中)

問い合わせ先

兵庫県児童課 電話078-362-3215

福祉部児童福祉課 電話443-9025

教育委員会学務課 電話443-9053

 

人権週間 特設人権相談

福祉部人権推進室

電話443-9060

 人権問題で悩みがある人は気軽にご相談ください。

 相談は無料で、秘密は厳守します。

とき 12月8日(火曜)  13時から15時

ところ ふれあいの郷生石研修センター会議室1

 

子育て支援センターからのお知らせ すこやか

問い合わせ先 子育て支援センター 電話442-2242

申込方法(共通)

 電話で子育て支援センターまで

●きらきら☆クリスマス

とき 12月14日(月曜)・16日(水曜)・17日(木曜)

    10時30分から11時30分

ところ 子育て支援センター

内容 手遊びやリズム遊び、人形劇など

対象 就園前の子どもとその親

定員 各15組

受付期間 12月7日(月曜)・8日(火曜)

●レッツゴー♪つどい
 あなたの地域でつどいの広場を開催します。

とき 12月11日(金曜)

    10時30分から11時30分

ところ 北浜公民館

対象 就園前の子どもとその親

定員 15組

受付期間 12月3日(木曜)から9日(水曜)(土、日を除く)

●つどいの広場

とき 月・水・木曜日

    9時から12時、13時から15時

※ 都合のよい時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

定員 15組

※ 午前と午後に30分程度の親子遊びをします。

つどいの広場「12月の親子遊び」

月曜日

7日 わくわくリズム

21日 新聞紙で遊ぼう

水曜日

2日 集まれ!1歳児

9日 赤ちゃんわらべうた

木曜日

3日 お話大好き!

10日 作って遊ぼう

24日 親子体操


 2009セーフティドライビングフェスタ

SDF実行委員会

電話0774-34-1800

 障がい者だって車を楽しみたい!

とき 12月6日(日曜)

    10時から16時

ところ 舞洲スポーツアイランド(大阪市此花区)


災害時支援ボランティア

福祉部地域福祉課

電話443-9023

災害時におけるボランティア活動に関心のある人や団体を募集しています。

 登録申請書は地域福祉課の窓口にあります。市ホームページからも取り出せます。

※ 詳しくは地域福祉課までお問い合わせください。

 

平成20年度 おもいやり標語 金賞作品

ちょっとした 心づかいが うれしいな

北浜小学校 岩見 真衣 さん

 

    <情報けいじばんトップに戻る>

安全安心

みんなの道路を安全に!

こんな時には、ご連絡ください!

 道路にへこみや穴があいていると、子どもやお年寄りがつまずいたり、自転車で転倒するなど大変危険です。また道路の柵やカーブミラーなどが壊れて傾いたままになっていると、思わぬ大事故につながることもあります。

 市では日常的な道路パトロール(路面の破損状況の調査・カーブミラーの調査など)を行い、道路の安全を図っています。ただ、陥没などはいつ起こるかわかりません。道路に危険と思われるへこみや穴があれば、まちづくり部建設課まで連絡してください。

 カーブミラーには管理番号があり、その番号を記載したシールを貼っています。連絡時には、管理番号をお知らせください。もし、わからない場合は、住所や目印を教えてください。

問い合わせ先 まちづくり部建設課 電話443-9038


年末の交通事故防止運動 12月1日(火曜)から10日(木曜)

まちづくり部管理課

電話443-9040

 年末は、忘年会など飲酒の機会が多くなり、師走の慌ただしさから、気のいらだち、緩みが起きやすくなります。また、交通流・量の変化を伴うことから交通事故の多発が懸念されます。

 年末の交通事故防止運動では、後をたたない飲酒運転に歯止めをかけ、少子高齢社会の中で、子ども、高齢者を交通事故から守る取り組みを強化します。また、日没時間の早まりとともに多発する交通事故の防止にも取り組みます。

 

危険物取扱者試験

消防本部予防課危険物係

電話448-4019

とき 2月7日(日曜)

種 類 甲種、乙種全類、丙種

受付期間 1月4日(月曜)から12日(火曜)

     9時から17時

受付場所 消防試験研究センター兵庫県支部

※ 受験願書は予防課危険物係にあります。(12月上旬から)

 

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

学ぶ

パソコン会計セミナー

高砂商工会議所

電話443-0500

とき 12月14日(月曜)・15日(火曜)

◇法人の部

 13時30分から、16時30分

◇個人の部

 18時から21時

ところ 高砂商工会議所

内容 会計ソフトによる帳簿処理、決算書作成など

講師 花房 孝英 氏(らくちんソフト(株))

定員 各部12人

受講料

◇会員事業所 2,000円

◇一般    3,000円

申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、高砂商工会議所まで

※ 申込用紙は高砂商工会議所、産業振興課にあります。


生活応援セミナー  年金編

ふれあいの郷生石研修センター

電話447-4110

とき 12月4日(金曜)

    18時から19時30分

ところ ふれあいの郷生石研修センター

内容 有利な年金の受け取り方や年金定期便のポイントなど

定員 70人

受講料 無料

申込方法 直接または電話でふれあいの郷生石研修センターまで


花と緑の教室

市ノ池公園みどりの相談所

電話447-6401

【お正月用松竹梅の寄せ植え(実習)】

とき 12月19日(土曜)

    10時から12時

ところ 多目的研修室

定員 30人

受講料 3,500円(材料費を含む)

受付期間 から12月11日(金曜)

申込方法 電話でみどりの相談所まで


権利擁護講演会

地域包括支援センター(社会福祉協議会内)

電話443-3723

 虐待と消費者被害の予防にむけて

とき 1月15日(金曜)

    13時30分から15時30分

ところ 福祉保健センター中ホール

内容 高齢者・障害者と関わる私たちにできること

講師 泉 房穂 氏(弁護士・社会福祉士)

定員 200人

入場料 無料

 

 

   <情報けいじばんトップに戻る> 

スポーツ 

文化会館 一日無料体験教室

問い合わせ先 文化会館 電話442-4831

参加費  無料(見学可)

しめ切り 12月28日(月曜)

申込方法 電話で文化会館まで

一日無料体験教室日程
ヨガ健康体操教室

とき 1月25日(月曜) 10時30分から、13時から

ところ 集会室Ⅰ

対象 一般

定員 20人

健身太極拳教室

とき 1月25日(月曜) 13時30分から

ところ 展示集会室

対象 一般

定員 30人

童謡コーラス教室

とき 1月26日(火曜) 10時30分から

ところ 展示集会室

対象 一般

定員 30人

マイペース!元気UP体操教室

とき 1月28日(木曜) 10時30分から

ところ 集会室Ⅰ

対象 一般

定員 20人

自力整体教室

とき 1月28日(木曜) 13時30分から

ところ 集会室Ⅰ

対象 一般

定員 20人

津軽三味線入門教室

とき 2月2日(火曜) 15時から

ところ 展示集会室

対象 一般

定員 10人

楽しいKID’Sダンス教室

とき 2月2日(火曜) 17時から

ところ 展示集会室

対象 小学生以下

定員 20人

フリースタイルジャズダンス教室

とき 2月2日(火曜) 19時から

ところ 展示集会室

対象 一般

定員 20人

ハワイアンフラ教室

とき 2月4日(木曜) 13時30分から

ところ 展示集会室

対象 一般

定員 20人

バランスボール&骨盤ダイエット教室

とき 2月5日(金曜) 10時30分から

ところ 展示集会室

対象 一般

定員 20人


スポーツ教室(短期コース)

問い合わせ先 総合体育館 電話432-9090

とき 1月から3月(全10回)

ところ 総合体育館

参加費 4,000円(モーニングヨガのみ3,500円)

定員 各50人

しめ切り 12月12日(土曜)消印有効

申込方法 往復はがきの往信用に郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、教室名(1教室のみ)を、返信用に返信先を記入の上、総合体育館(〒676-0807 米田町島526)まで

※ 申込者多数の場合は、市内在住または在勤の人を優先します。

スポーツ教室(短期コース)一覧
ソフトエアロビクスⅠ教室

とき 火曜日 10時から11時

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の人

ソフトエアロビクスⅡ教室

とき 木曜日 11時から12時

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の人

フィットネストレーニング教室

とき 木曜日 15時から16時

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の女性

はつらつフィットネス教室

とき 木曜日 19時45分から20時45分

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の人

リフレッシュ・ヨガ教室

とき 金曜日 15時から16時

ところ 格技場Ⅰ

対象 16歳以上の人

リラクゼーション・ヨガ教室

とき 水曜日 13時から14時

ところ 格技場Ⅰ

対象 16歳以上の人

ハワイアン・フラ教室

とき 水曜日 15時15分から16時15分

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の女性

モーニング・ヨガ教室

とき 木曜日 9時から9時50分

ところ 格技場Ⅰ

対象 16歳以上の人

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

催し

市民ギャラリー あいぽっと

■11月30日(月曜)から12月11日(金曜)

  米寿を記念して「まだまだ元気展」

※ 上記期間には設営準備、撤去の日を含んでいます。

 

らいぶらり

図書館からのお知らせ

電話448-8333

えほんのじかん

とき 12月5日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼 児

とき 12月5日(土曜) 14時から

ところ 図書館児童室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼 児

おはなし会

とき 12月12日(土曜) 11時から

ところ 米田公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

とき 12月12日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

とき 12月12日(土曜) 14時から

ところ 図書館児童室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

クリスマスのえほんのじかん

とき 12月19日(土曜) 14時から

ところ 教育センター大研修室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 幼 児

〔お薦め図書〕

児 童

せんろはつづく まだつづく 鈴木 まもる

旅の絵本 Ⅳ        安野 光雅

反撃            草野 たき

一 般

阿修羅           玄侑 宗久

神々の午睡         あさの あつこ

新宿遊牧民         椎名 誠


成人式

教育委員会青少年課

電話442-6222

普段着で参加してください。

とき 1月11日(祝日)

    11時から11時20分

ところ 文化会館

対象 平成元年4月2日から平成2年4月1日生まれの人

【成人式該当者名簿の縦覧】

とき 12月9日(水曜)から15日(火曜)

    9時から17時

ところ 青少年課(青年の家内)


懐かしの名画鑑賞会

(財)高砂市施設利用振興財団(みどりの相談所内)

電話447-6401

『飢餓海峡』、『王将』、『弁天小僧』

とき 2月14日(日曜)

    9時30分から16時46分

ところ 福祉保健センター中ホール

入場料 500円

※ 全席自由、再入場可

前売券発売日 12月7日(月曜)から

前売券発売所 施設利用振興財団、総合体育館、文化会館、ミヤコレコードサンモール店、春日野商店


松陽高等学校のお店松の子本舗

3年生11人がオリジナル商品などを販売します

とき

12月19日(土曜) 10時から15時

  20日(日曜) 10時から15時

  21日(月曜) 12時から15時

  22日(火曜) 12時から15時

  23日(祝日) 10時から15時

ところ かんころりん(伊保駅前商店街)

◇名産品販売

各地から仕入れた高校生開発のオリジナル特産品

◇和菓子、パン販売

生徒が考えたオリジナルのまんじゅう・おもち、パン

◇ジュース販売

生徒が考えたオリジナルジュース

◇農産物販売

農業高校で作った野菜や花

◇その他

フォーチュンクッキーやアート石鹸など

問い合わせ先 松陽高等学校 電話447-4021

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

募集

 平成22年度 幼稚園臨時教諭 小・中学校臨時講師等登録者募集

教育委員会学校教育課

電話443-9054

受付期間 随時

申込方法 履歴書に必要事項を記入し、写真を貼付の上、直接または郵送で学校教育課(〒676-8501 荒井町千鳥1-1-1)まで

幼稚園
臨時教諭

対象 希望する校種の教育職員免許法に定める幼・小・中学校教諭普通免許を有するまたは平成22年4月1日までに取得見込みの人

小・中学校
臨時講師

対象 希望する校種の教育職員免許法に定める幼・小・中学校教諭普通免許を有するまたは平成22年4月1日までに取得見込みの人

各種非常勤講師(初任者研修・新学習システムなど)

対象 希望する校種の教育職員免許法に定める幼・小・中学校教諭普通免許を有するまたは平成22年4月1日までに取得見込みの人

臨時職員(介助員・スクールアシスタント・不登校指導補助員)

対象 職種により、保育士免許、介護福祉士資格、教育職員免許法に定める教員免許を有するまたは平成22年4月1日までに取得見込みの人

小学校
自然学校救急医療員

対象 看護師資格または養護教諭免許を有するまたは平成22年4月1日までに取得見込みの人


臨時職員(事務補助)募集

企画総務部人事課

電話443-9005

 市では登録制度を設け順次雇用しています。

職 種 事務補助員

※ 配属部署により雇用期間、出勤日数は異なります。

賃 金 時給790円(21年度)

※ 社会保険などは、法令等の定めるところによる。

勤務時間 月から金曜日 1日 7時間

※ 有給休暇は雇用期間などにより付与されます。

申込方法 任用申込書に必要事項を記入の上、人事課まで

※ 任用申込書は人事課にあります。


防衛省学生募集(入校平成22年4月)

自衛隊兵庫地方協力本部

加古川地域事務所

電話426-3290

◇陸上自衛隊高等工科学校 

応募資格 15歳以上17歳未満の男子

     ※ 平成22年4月1日現在

受付期間 から1月8日(金曜)

1次試験 1月23日(土曜)

     ※ 2次試験は2月上旬

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

お知らせ

来年1月の第4日曜日から

市役所で「日曜窓口サービス」を実施します

問い合わせ先 企画総務部総務課 電話443-9003

ところ 本庁舎1階市民課窓口

【開庁日】
◇平成22年1月から3月

 第4日曜日

 1月24日(日曜)、2月28日(日曜)、3月28日(日曜)

 9時から12時30分

◇平成22年4月から

 毎週日曜日

 9時から12時30分

※ 12月29日から1月3日を除く。

【取扱業務】

詳しくは、事前にお問い合わせください。

健康市民部市民課 電話443-9019

財務部市民税課 電話443-9014

市民課

住民登録、印鑑登録

住民票の交付、印鑑登録証明書の交付、印鑑登録の申請、印鑑登録証亡失届・廃止の申請

住民異動届、戸籍に関する届出の受付はできません。

戸籍

戸籍謄抄本の交付

住民異動届、戸籍に関する届出の受付はできません。

外国人登録

登録原票記載事項証明書の交付

住所変更など届出の受付はできません。

くらし

妊娠届出書の受理・母子健康手帳の交付、予防接種手帳引換券の受理・交付、新型インフルエンザ・高齢者インフルエンザ予防接種費用免除申請書の受付

市民税課

税証明

課税(所得)証明書の交付、納税証明書の交付、固定資産証明書の交付

内容によりお取り扱いできない場合があります。

公金の収納

市税、保険料の納付

納付書持参のものに限ります。


平成21年工業統計調査にご協力を

企画総務部総務課文書統計係

電話443-9062

 12月31日現在の製造事業所を対象に実施します。

 調査結果は、行政施策の基礎資料、学校の教材など、広く利用されます。

 12月から1月にかけて調査員が訪問しますので、ご協力をお願いします。

※ 調査票の内容については、統計法に基づき秘密が厳守されます。

経済産業省 兵庫県 高砂市

 

税務署からのお知らせ

確定申告会場が変わります

加古川税務署

電話421-2951

 平成21年分の所得税・個人消費税・贈与税の確定申告・還付申告

とき 2月1日(月曜)から3月15日(月曜)(土・日、祝日を除く)

    9時から17時

※ 2月21日(日曜)、28日(日曜)は開場。

ところ 加古川産業会館(加古川市加古川町寺家町45JAビル4階)


交換コーナー

生活環境部市民活動推進課

電話443-9078

 品物の引き渡しは、当事者間で行ってください。
【譲ります】

◇応接セット、食卓セット、食器乾燥機

 価格は無料 高砂町 匿名

 電話080-3038-4912

◇ミートチョッパー、編機

 価格は無料 米田町 匿名

 FAX431-2318

◇スポーツバッグ、寝袋(大人一人用)

 価格は無料 百合丘 匿名

 電話443-5729


入札参加資格審査申請

財務部契約管財課

電話443-9011

 高砂市が発注する建設工事、測量・建設コンサルタント等、物品・その他の入札参加資格審査申請を受け付けます。

 測量・建設コンサルタント等の入札参加資格を有する方は基準年になりますので、申請が必要です。

 建設工事、物品・その他の入札参加資格を有する方は申請の必要はありません。

建設工事

有効期間 平成22年4月1日から平成23年3月31日

測量・建設コンサルタント等

有効期間 平成22年4月1日から平成25年3月31日

物品・その他

有効期間 平成22年4月1日から平成24年3月31日

【申請書交付(市独自様式、無料)】

とき 12月1日(火曜)から28日(月曜)(土・日、祝日を除く)

    9時から12時、13時から16時

ところ 契約管財課

※ 市ホームページからも取り出せます。

※ 郵送請求不可

※ 測量・建設コンサルタント等の入札参加資格を有する方には案内書を郵送します。

【申請書受付】

とき 1月12日(火曜)から29日(金曜)(土・日を除く)

    9時から12時、13時から16時

ところ 契約管財課

※ 郵送受付不可

※ 電子申請による受け付けも行います。(1月22日(金曜)まで)

※ 詳しくは市ホームページの電子申請をご覧ください。(12月1日(火曜)から)


12月は「地球温暖化防止月間」です

自動車から排出される二酸化炭素の削減は、地球温暖化防止策の1つです。



高砂市にやってきます!!  水素で走る未来のエコカー

 市では、日本にまだ数十台しかない未来のエコカー(水素を燃料としてマフラーからは水しか出さない燃料電池自動車)を環境省から借り受け、各環境イベントで紹介します。

 詳しくは、市ホームページをご覧ください。

問い合わせ先 生活環境部環境政策課 電話443-9029

高砂マラソンで環境イベント

▽マラソン先導車

▽エコカー3台を展示

▽クリーンキャンペーン

 参加者にはエコバックをプレゼント

▽省エネルギーの啓発など

【第23回高砂マラソン】

「クリーンな空気澄んだ青空の下ともにゴールを目指そう!!」

とき 12月6日(日曜) 9時から12時

ところ 加古川河川敷マラソンコース(文化会館東)

※ ジョギング2kmは申込不要で自由参加できます。

燃料電池自動車の展示

◇アスパ高砂中央入口前

とき 12月12日(土曜) 9時から15時

◇サンモール高砂中央イベント広場

とき 12月13日(日曜)

    10時から15時

エコ教室と体験乗車

 市内の小・中学校を訪問し、生徒にエコ教室と体験乗車をします。

とき 12月7日(月曜)から18日(金曜)


12月は「大気汚染防止推進月間」

 大気汚染物質の一つである窒素酸化物の濃度は、冬季に上昇します。

◇暖房は少し低めにして省エネをする

◇自動車の使用は控え、公共交通機関を利用する

◇ボイラーの燃焼管理を適性にする

などのご協力をお願いします。

 

平成21年度 特定計量器定期検査

生活環境部市民活動推進課

電話443-9078

 取引や証明に使用する「はかり」は、計量法に基づき2年に一度の定期検査(検査手数料必要)が義務付けられています。

期 間 1月14日から2月10日

※ 巡回により実施

 平成19年度に定期検査を受けられている場合は、兵庫県計量協会から事前にはがきで検査日程などが通知されます。

 新規の「はかり」で、定期検査を希望する場合は、市民活動推進課までお問い合わせください。


近日オープン!

「高砂ブランド」アンテナ・ショップであなたの作品を多くの人に発表してみませんか!

市民アマチュア芸術家のオリジナル作品募集

高砂ブランド協会(高砂青年会議所内)

電話440-6500

対象作品 CDにした音楽、簡易な額に入れた絵画、自費出版の小説、詩集、毛糸の人形や貼り絵などハンドメイド作品

※ 著作権、肖像権など第三者の権利を一切侵害しないものに限ります。

受 付 随時

※ 詳しくは、高砂ブランド協会ホームページをご覧ください。(12月中旬から)


平成22年度小・中学校就学(入学)のお知らせ

 平成22年度小・中学校就学児童・生徒の保護者に1月中旬に就学通知書を郵送します。

 就学通知書が届かない場合は、学務課までお問い合わせください。

 就学する小・中学校は住所に基づいて指定していますが、特別な理由がある場合は高砂市立小・中学校指定校区外・区域外就学許可基準により、変更することができますので、事前に学務課までご相談ください。

 なお、高砂市立小・中学校指定校区外・区域外就学許可基準は市ホームページでご覧いただけます。

問い合わせ先 教育委員会学務課 電話443-9053

 

水道事業所からのお知らせ

問い合わせ先 水道事業所総務課 電話443-9049

平成22年1月検針から「検針のお知らせ」と「納入通知書(納付書)」が変わります。
【検針のお知らせ】

 使用水量や口座振替済通知だけでなく、水道の用途や請求予定金額など、よりわかりやすくお知らせします。

  • 水栓番号での表示に統一しました。  
  • 年月表示に変更し、いつ、どのくらいの水量をお使いになったか、わかりやすくなりました。
  • 請求予定金額を表示し、納付前に金額を把握することが可能になりました。
  • 口座振替の場合、当月27日が口座振替日で、翌月17日が口座再振替日です。再振替日でも振替できなければ、遅延利息が発生することがあります。
  • 水漏れなどの可能性がある場合、連絡事項を表示します。
  • 口座振替の場合、振替日や請求金額の内訳などをより詳しく表示します。なお、納付制、集金制の場合は*のマークが表示されます。  
【納入通知書(納付書)】  

 これまでと同じくはがきタイプですが、使用期間と用途が表示されます。市指定の金融機関やコンビニエンスストア、ゆうちょ銀行でご利用いただけます。

※ 支払期限を過ぎますと遅延利息が発生することがあります。期限は必ずお守りください。


年末年始の市役所

 12月29日(火曜)から1月3日(日曜)まで休業します。

 詳しくは各施設までお問い合わせください。


年末年始のじょうとんバス

まちづくり部まちづくり推進課

電話443-9033

12月29日(火曜)から1月3日(日曜)まで運休します。


年末年始の交通規制

高砂警察署

電話442-0110

 12月31日(木曜)から1月4日(月曜)まで阿弥陀町の国道2号から北の道路で実施します。

 初詣でなどには徒歩などでお出掛けください。

 なお、交通規制図は広報たかさご1月号でお知らせします。

 

年末年始の美化センター

美化第一課(ごみに関すること)  電話447-1760

美化第二課(し尿に関すること)  電話447-1157

 年末・年始にかけてたくさんのごみが出ます。ごみ出しマナー、ごみの分別を守って速やかな収集にご協力をお願いします。

◇家庭ごみは、必ず分別し、当日の朝8時までに出してください。分け方、出し方は、「保存版平成21年度ごみ収集日程表」を参考にしてください。

◇カセットボンベ、スプレー缶は、必ず穴を空けてから出してください。人身事故、火災事故の原因となります。

◇大掃除などで発生した多量のごみ、引越しごみ、庭木の剪定くず、草刈りごみなどは、美化センターに直接自己搬入してください。(有料)

◇新聞、雑誌、ダンボールは、地域の資源ごみ集団回収に出しましょう。

【可燃ごみの収集】

●年末最後の収集日

◇月・木曜日の収集地区

 12月28日(月曜)

◇火・金曜日の収集地区

 12月29日(火曜)

●年始最初の収集日

◇月・木曜日の収集地区

 1月4日(月曜)

◇火・金曜日の収集地区

 1月5日(火曜)

【ごみの自己搬入】

●年末の受付

 12月29日(火曜)  9時から15時30分

●年始の受付

 1月4日(月曜)  9時から15時30分

※ 年末年始は、混雑が予想されます。ご了承ください。 

【し尿の収集】

●年末最後の収集日

 12月29日(火曜)

●年始最初の収集日 

 1月4日(月曜)

※ 年末のし尿の収集受付は、12月25日(金曜)までに美化第二課までお申し込みください。

 

文化財総合的把握モデル事業 ひと・まち・石
問い合わせ先 教育委員会生涯学習課文化財係 電話448-8255 

第7回 近代文書にみる竜山石

 今回調査している文書は、高砂市が所蔵する曽根町の「河野家文書」で、6,215点に及び、その内の約3分の2を石材関係の文書群が占めています。

 私達の町に残る文書を通じて、竜山石産業のひとこまをのぞいてみましょう。

 江戸時代の河野家は、主に塩田を経営していました。福本藩(現神河町)と幕府領との入り組み支配にあった曽根村の庄屋も代々つとめてきました。

 明治になって当主の河野岩吉氏は、代議士など政治家として活躍し、塩田経営の他さまざまな事業を展開しました。竜山石の販売事業もそのひとつです。

 文書の大半は明治・大正期のもので、岩吉氏の時代が背景になっており、大きく生産、流通、販売の三つに分けることができます。

 江戸時代の竜山石は姫路藩の専売品で、石切場は藩が領有していましたが、明治維新になって民間に貸し下げ(後に払い下げ)となり、各々の山方は採石・販売が自由営業となりました。

 竜山石を印南郡の重要物産として位置付け、石材業者達は同業者組合を設立し製品規格や値段の統一など取引の安定化を申し合わせました。一方、河野家は丁場での採石は行わず、生産者から仲買して、供給地へ販売する石問屋を経営しました。

 文書によると、当時の流通はほとんどが船便で、伊保港に石材置き場と取扱事務所、兵庫と大阪には支店を置き、これらを拠点にして阪神間はもちろん、和歌山、京都、名古屋方面にも販路は拡大していったようです。

 竜山石は建築用材として販売し、近代工場建築ののべ石などに多用され、活況を呈した時期もありましたが、御影石との競合、価格競争、セメントなどの新用材に押されていきました。

 当時は、今のように電話ではなく、はがきや封書で連絡をとりあっていました。紙面には、当時の人々のやりとりの様子が今もそのまま息づいていて、臨場感があります。これらの文書群は、近現代の竜山石を知るうえでの貴重な資料といえるでしょう。

(高砂・古文書の会歌井 昭夫)

 

兵庫県指定有形重要文化財

旧入江家住宅修理現場見学会 11月8日(日曜)、開催されました

 旧入江家住宅は江戸時代に建築された民家で、現在、表屋の保存修理工事を実施しています。一般公開された修理現場見学会に市内外から約200人が集まり、担当者の説明に熱心に耳を傾けていました。また、そね.comでは「入江家の人形・お道具展」も展示されました。


加古川南高等学校  インターンシップ(就業体験)

10月27日(火曜)から29日(木曜)
いも掘りを体験取材

 10月28日(水曜)園児たちがいも掘りをする姿を撮影し、収穫する喜びを得ました。

BAN-BANテレビ取材!!

 10月29日(木曜)BAN-BANテレビの方を取材し、収録時の緊張感を体験しました。

インターンシップを終えて…

3日間とても楽しく有意義に過ごせて一生の思い出となりました! (米田亜美)

3日間とても楽しくてあっという間に過ぎました。もっと体験したかったです。(長谷川夏香)

 

  <目次にもどる>    <情報けいじばんトップに戻る>

LOOK LOOK

12月の相談

市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談

とき 月から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 12月4日(金曜)・8日(火曜)・18日(金曜)

    13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で秘書広報広聴室まで

     (当日8時30分から)

●行政相談

とき 12月10日(木曜) 13時から15時

●多重債務相談

とき 月から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

税務相談(予約制)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

とき 12月1日(火曜)・8日(火曜)・15日(火曜)

   13時15分から16時

ところ 加古川税理士会館

内容 税理士が税務の入口をアドバイス

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころ相談(予約制)

とき 月から金曜日

    9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 12月28日(月曜) 13時から16時

定員 6人

障害者相談

福祉部高年・障害福祉課

電話443-9027 FAX443-3144

●身体障害者相談

とき 12月6日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

    電話442-4047 FAX443-0505

●知的障害者相談

とき 12月1日(火曜) 10時から12時

ところ 高砂育成寮(阿弥陀町南池)

    電話448-0941

●精神障害者相談(こころのサポート相談)

とき 12月14日(月曜) 15時から17時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室 

●障害者相談事業

とき 

◇身体障害関係 水曜日 10時から12時

◇知的障害関係 木曜日 10時から12時

◇精神障害関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容 専門相談員による相談

申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

※ ファクス可

母子家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき 月・火・木・金曜日 9時から16時

ところ 児童福祉課

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242

とき 12月21日(月曜)・25日(金曜)

    13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容 臨床心理士による個別相談

定員 3人

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき 月から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

とき 12月25日(金曜) 13時から15時

ところ みのり会館

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき 月から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

消費生活相談

生活環境部市民活動推進課 電話443-9078

とき 月から金曜日 9時から16時

※ 月・木・金曜日は相談員による相談。

ところ 市民活動推進課(消費生活相談窓口)

若者しごと相談室

若者しごと相談室 電話447-8280

とき 水曜日 13時から17時

※ 第2・4水曜日は若者しごと倶楽部のキャリアカウンセラーが就職に関する相談に応じます。(予約制)

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象 おおむね39歳以下の人

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所

電話443-0500

とき 月から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき 月から金曜日 8時30分から17時

ところ 生活環境部産業振興課

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

とき 月から金曜日 8時30分から16時

ところ 青少年補導センター

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき 月から金曜日

◇電話相談 8時30分から16時

◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家)


健診・健康相談

ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

とき 12月21日(月曜) 10時から11時30分

    (受付9時30分から)

内容 健康教育「離乳食のおはなし」、相談

対象 妊産婦、1歳未満の乳児とその保護者

●成人健康相談

内容 保健師、栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

とき 12月18日(金曜)

    12時30分から13時30分

内容 健診、計測、相談など

対象 平成21年8月生まれの乳児

持ち物 母子健康手帳・問診票

●1歳6カ月児健診(個別通知)

とき 12月4日(金曜)12時30分から13時30分

内容 健診、計測、相談など

対象 平成20年5月生まれの幼児

持ち物 母子健康手帳・問診票

●3歳児健診(個別通知)

とき 12月11日(金曜)12時30分から13時30分

内容 健診、計測、相談など

対象 平成18年9月生まれの幼児

持ち物 母子健康手帳・問診票

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談

とき 12月14日(月曜)・21日(月曜)

    13時から14時

●若者の心と体の相談

とき 12月14日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

とき 12月21日(月曜) 13時30分から15時

健康管理課 電話422-0002

●専門栄養相談

とき 12月16日(水曜) 9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

とき 12月9日(水曜)・16日(水曜)

    9時20分から10時30分

検査料 一部有料

酒害相談

とき 12月18日(金曜) 13時から14時30分

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

相談員 姫路断酒会高砂支部会員

※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

とき

◇12月7日(月曜) 13時から16時

◇12月21日(月曜) 9時から12時

ところ 福祉保健センター

対象 妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は各市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。


犬・猫の引き取り

犬の引き取り

動物愛護センター三木支所

電話0794-84-3050

とき 12月2日(水曜)・9日(水曜)・16日(水曜)

    10時50分から11時5分

ところ 加古川総合庁舎駐車場

※ 成犬1匹につき、1,700円、子犬10匹まで1,700円が必要です。

※ 飼い犬が行方不明の場合は、電話で連絡してください。

猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

とき 12月7日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。


<目次にもどる>

救急医 

 ※ 間違い電話にご注意ください。



   <目次にもどる>

マイタウン 10・11月のスナップ

明るい安全安心まちづくり市民大会

 10月24日(土曜)、文化会館で防犯講演、白バイ乗車体験などが行われました。

 

せせらぎ水路水辺観察会

 11月3日(祝日)、あらい浜風公園で水辺の生き物講座、水生昆虫の観察などが行われました。

 

表敬訪問
高砂市スポーツ少年団

文部科学省より生涯スポーツ優良団体として表彰

 

荒井中学校空手部

全国中学生空手道選手権大会(形団体の部優勝)

 

宝殿中学校陸上部

ジュニアオリンピック陸上大会(砲丸投げの部優勝)

 

総合防災訓練

 11月1日(日曜)、中筋小学校で大規模災害を想定し、兵庫県警察広域緊急援助隊、陸上自衛隊姫路駐屯地第3特科隊、各防災関係機関と合同で行われました。

 

大規模救急救助訓練

 11月9日(月曜)、高砂河川公園で多重衝突事故により多数の負傷者が発生した場合を想定し行われました。