広報たかさご2月号 No.779 平成22(2010)年

表紙

  三菱重工業(株)人型ロボットwakamaruを使った理科教室
                 1月12日(火曜日) 伊保南小学校 

 

目次

所得税の確定申告 

市・県民税、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告 

人間ドック・脳ドック受診費用を助成します 

市民病院からのお知らせ

情報けいじばん

LOOK LOOK(2月の相談ほか)

救急医

マイタウン 12・1月のスナップ

 

人口の動き

(1月1日現在、外国籍人口を含む)

人口 96,852人(4減)
男 47,509人(9増)
女 49,343人(13減)
世帯数 38,150世帯(15増)

 

  <目次にもどる> 

 所得税の確定申告

問い合わせ先 加古川税務署 電話421-2951 

申告は自分で書いてお早めに!! 申告と納税は期限内に

 

とき 2月1日(月曜)から3月15日(月曜) 9時から17時

    ※ 土曜・日曜、祝日を除く。
    ※ 2月21日(日曜)・28日(日曜)は行います。

・所得税・贈与税の申告と納税は、3月15日(月曜)まで

・消費税(個人事業者)の申告と納税は、3月31日(水曜)まで

 

ところ 加古川産業会館4階 (加古川市加古川町寺家町45JAビル)

※ 開催期間中は、加古川税務署に確定申告会場は設けておりません。
※ 車での来場はご遠慮ください。

所得税の確定申告が必要な人

 サラリーマンなど、給与所得者でも、次のような人は所得税の確定申告が必要です。

◇給与収入金額が2,000万円を超える人
◇給与を1カ所から受けている人で、給与以外の所得金額が20万円を超える人
◇給与を2カ所以上から受けている人で、年末調整された給与以外の給与収入金額と給与以外の所得金額との合計額が20万円を超える人

 次のような人で、平成21年中の所得金額が基礎控除、配偶者控除、扶養控除などの所得控除の合計金額を超える人は申告が必要です。

◇公的年金などを受けている人で、ほかに収入がある人や社会保険料や生命保険料などの所得控除を受ける人
◇商売など、個人で事業を営んでいる人
◇家賃、地代などの不動産所得がある人
◇土地や建物を売って譲渡所得がある人

所得税が戻ってくる人(還付申告)

 給与やボーナスから所得税が源泉徴収されているサラリーマンなどで、次のような人は所得税の確定申告をすれば、所得税が戻ってくる場合があります。

◇平成21年中途で退職し、その後、就職しなかったため、年末調整を受けられなかった人
◇10万円か所得金額の5%のいずれか少ない金額を超える医療費を支払った人
◇災害や盗難に遭って住宅や家財に損害を受けた人
◇住宅ローンを利用して住宅の購入や増改築をした人(一定の要件があります)

 

税理士による地区申告相談

 小規模事業者のための申告相談会場を開設します。消費税の申告相談も行います、ご利用ください。

持ち物 前年分の申告書や収支内訳書の控、筆記用具、電卓

JA兵庫南 かんき支店

とき 2月25日(木曜)・26日(金曜)

   9時30分から12時、13時から16時

文化会館 展示集会室

とき 3月4日(木曜)・5日(金曜)

   9時30分から12時、13時から16時

※ 市・県民税、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告および譲渡所得、贈与税、相続税関係の相談は行っていません。
※ 混雑状況により、終了時間前に締め切る場合があります。あらかじめご了承ください。

 

所得税の確定申告等の提出はe-Tax(イータックス)で!

 自宅などで簡単に確定申告書等が作成できる国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」をぜひご利用ください。
 なお、作成された申告書は郵送により提出いただくと、税務署に行く必要がなく便利です。
 国税電子申告・納税システム(e-Tax)を利用するには、電子申告開始届出書の提出や電子証明書の取得など、事前準備が必要です。お早めにご準備ください。

※ 詳しくは国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)でご確認ください。

 

  <目次にもどる> 

市・県民税、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告

 問い合わせ先 

市・県民税の申告
 財務部市民税課 電話443-9015
国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告
 健康市民部国保医療課 電話443-9072

とき 2月16日(火曜)から3月15日(月曜)  ※土曜・日曜を除く。

    9時から11時、13時から16時

 市・県民税、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告の相談や申告書の受け付けを行いますので、最寄りの相談会場をご利用ください。

申告期限 3月15日(月曜)まで

 

申告相談日程

中央公民館兼伊保公民館 2月16日(火曜)・17日(水曜) 

総合体育館 2月18日(木曜)・19日(金曜) 

文化会館 2月22日(月曜)・23日(火曜) 

北浜公民館 2月24日(水曜) 

教育センター  2月25日(木曜)・26日(金曜) 

阿弥陀公民館 3月1日(月曜) 

市役所南庁舎  3月2日(火曜)から15日(月曜) ※土曜・日曜を除く

※ 各会場での受け付けは、混雑状況などにより終了時間前に締め切らせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。 
※ 中筋公民館・シルバー人材センターでの申告相談は行いません。
※ 市役所での申告相談は、3月2日(火曜)から15日(月曜)(土・日を除く)

 

国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告が必要な人

 国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入している人は、平成21年中に所得がなかった場合でも、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告が必要です。 
 申告をしなかった場合、所得金額が少ない世帯または被保険者に適用される保険料の軽減を受けることができなくなります。 
※ 市・県民税の申告、所得税の確定申告をする人や給与支払報告書、公的年金等支払報告書が市役所に提出されている人は申告の必要はありません。

 

市・県民税の申告が必要な人

 平成22年1月1日現在、市内に住所を有し、平成21年中に所得があった人は市・県民税の申告が必要です。
 サラリーマンなど、給与所得のみの人や所得税の確定申告をする人は申告の必要はありませんが、給与所得者でも、次のような人は申告が必要です。

◇勤務先から市役所に給与支払報告書が提出されていない人 
◇給与のほかに家賃や地代、農業などの所得があり、その合計額が20万円以下の人(20万円を超える場合は所得税の確定申告が必要です) 
◇所得がなかった人でも、公営住宅に入居している人や就学援助を受けようとする人など、所得(課税)証明書が必要な人

※ 所得税がかからない人でも、雑損控除や医療費控除などの所得控除を受ける人は申告をすることができます。

 

申告に必要なもの

◇申告書

※ 市・県民税(兼国民健康保険料・後期高齢者医療保険料)申告書は市民税課および各申告相談会場にあります。 
※ 所得税確定申告書は加古川税務署にお問い合わせください。

◇印鑑
◇給与所得者、公的年金等の受給者は源泉徴収票(原本)
◇控除を受けるための証明書(社会保険料や医療費等の領収書、生命保険料や地震保険料の証明書など)

※ 社会保険料のうち国民年金の保険料および国民年金基金の掛金は、日本年金機構および各国民年金基金が発行した証明書類が必要です。

◇農業所得者は収入金額や必要経費が分かる領収書や伝票など
◇所得税の還付申告をする人は振込先の口座番号が分かるもの(本人名義)

 

 

住民税における住宅ローン控除の申告が原則不要

 平成11年から平成18年末までに入居し、所得税における住宅ローン控除を受けている人で、所得税から控除しきれなかった額がある場合は、毎年申告が必要でしたが、平成21年度税制改正により、原則不要になりました。
 平成22年度の住民税の計算は、平成21年分の確定申告書および給与支払報告書から対象となる人の住宅ローン控除額を計算します。

※ 退職所得や山林所得がある人は、住民税の住宅ローン控除申告書を提出することにより、控除額が多くなる場合があります。 
※ 平成19年および平成20年の入居にかかる住宅ローン控除は、住民税の住宅ローン控除の対象にはなりません。ご注意ください。

 

  <目次にもどる> 

国民健康保険

人間ドック・脳ドック 受診費用を助成します

問い合わせ先 健康市民部国保医療課国保給付係 電話443-9020

 被保険者の健康の保持と病気の早期発見のため、人間ドック、脳ドックの受診者にその検査費用の一部を助成しています。
 2月5日(金曜)から平成22年度上半期分の受け付けを開始しますので、記入例を参照の上、はがきに必要事項を記入し、お申し込みください。

 

平成22年度上半期分の申し込みを受け付けます!

人間ドック・脳ドック共通

受診期間 上半期

     市民病院 4月から9月

     森脇神経内科 7月から9月

対象者  次の要件を満たす人

(1)2月1日現在、高砂市国民健康保険に6カ月以上継続加入している

(2)35歳以上74歳以下(75歳に到達する人は、誕生日の前日までの受診は可)

(3)保険料完納世帯

(4)特定健診、総合健診、健康診査、各がん検診の受診者および受診予定者を除く

申込方法 記入例を参照の上、はがき(1人1枚、1コース)に必要事項を記入し、国保給付係まで

※ 個人情報が気になる場合は、窓口に直接、はがきを提出してください。

しめ切り 2月17日(水曜)(必着)

※ 申込者多数の場合は、2月24日(水曜)13時30分から南庁舎5階大会議室で公開抽選をします。

申込結果 3月中旬に通知

※ 受診日はご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

 

人間ドック

検査機関
市民病院 1泊2日コース

受診日 月曜日・火曜日、水曜日・木曜日

定員 男性30人 、女性10人

市民病院 1日コース

受診日 水曜日、金曜日

定員 男性65人、女性25人

検査項目

 内科診察、血圧測定、肺活量測定、検便採尿、採血、心電図検査、胸部X線検査、胃透視または胃カメラ、腹部超音波検査(胆のう、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓)、眼底写真、眼圧測定、婦人科検査(1泊2日コース)、糖負荷試験(1泊2日コース)

助成内容
1泊2日コース 

検査費用 男性 63,000円、女性 65,100円

国保助成額 男性 30,000円、女性 31,000円

自己負担額 男性 33,000円、女性 34,100円

1日コース

検査費用 男女共通 42,000円

国保助成額 男女共通 20,000円

自己負担額 男女共通 22,000円

 

脳ドック

検査機関
市民病院

受診日 金曜日  定員 40人

検査項目 MRI、MRA検査、頚椎レントゲン検査(市民病院)、頚動脈超音波検査、心電図、血液検査、尿検査、神経学的検査、診察

助成内容

検査費用 48,300円、国保助成額 23,000円、自己負担額 25,300円

森脇神経内科

受診日 月曜日、水曜日(7月から9月)   定員 44人

検査項目 MRI、MRA検査、頚椎レントゲン検査(市民病院)、頚動脈超音波検査、心電図、血液検査、尿検査、神経学的検査、診察

助成内容 

検査費用 40,000円、国保助成額 20,000円、自己負担額 20,000円

 

 

  <目次にもどる>

希望のある医療をめざして

市民病院からのお知らせ

電話442-3981

市民病院の経営状況を報告します!(第9回)

(グラフ)

【分析】
 12月の診療収益は、時期的に収益が落ち込みますが、平成21年度は、同月比では過去3年間で一番の収益となっております。

 

形成外科医師が1名増えました!

 2月から形成外科医師が1名増え、3名体制になりました。

 また形成外科の手術枠も拡大することになりました。(予約制)

今後も効率的な診療体制を確立し、安全、安心な医療の提供に努めてまいります。

 

臨時 看護師募集

資  格 看護師免許を有する人(准看護師免許可)  ※年齢は問いません

勤務内容 外来、病棟、腎センター

選考方法 面接(面接により勤務体系を決定)

必要書類 履歴書、看護師免許証の写し

賃金(日額) 10,540円(准看護師は、10,170円)

保  険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

申込方法 電話で市民病院総務課まで

  

クリスマスコンサートを開催しました!

 12月18日(金曜)、病院職員とボランティアグループによる「クリスマスコンサート」を開催しました。

 

お勧めします! 年に1回の人間ドック・脳ドック

検査結果は、2、3週間後に郵送します

申込方法(予約制)・問い合わせ先

電話で人間ドック担当(内線5150)まで

※ 事業所などに勤務されている方は、事前に各事業所に受検の相談をしてください。

●人間ドック 1日コース

実施日  金曜日

検査時間 8時25分から15時30分

検査費用 42,000円(男女共通)

●人間ドック 1泊2日コース

実施日  月曜日・火曜日、水曜日・木曜日

検査時間 8時25分から翌日12時

検査費用 男性 63,000円、女性 65,100円

●脳ドック

実施日  金曜日

検査時間 12時45分から16時

検査費用 48,300円

【お願い】 当日、急患および診察などでドックの診察時間が多少前後する場合や緊急手術のためやむを得ず診察ができない場合があります。診察ができない場合は日程調整の上、後日診察いたします。ご了承ください。

 

 

  <目次にもどる>

情報けいじばん

  年金  健康  福祉  安全安心  学ぶ  スポーツ  催し  募集  お知らせ

 

  <情報けいじばんトップに戻る> 

2月の納付

 固定資産税4期、国民健康保険料8期、後期高齢者医療保険料8期、介護保険料8期の納期は3月1日(月曜)です。

 


  <情報けいじばんトップに戻る> 

年金

 国民年金保険料の納め忘れはありませんか

加古川年金事務所 電話427-4740
健康市民部市民課国民年金係 電話443-9022
●国民年金の給付は、老齢基礎年金だけではありません

 老後の生活保障である老齢基礎年金だけでなく、思わぬ事故などにより障害が残ったときの障害基礎年金、生計を維持している人が亡くなったときの遺族基礎年金があります。保険料を納期限までに納めていないと、このような年金を受け取ることができなくなる場合があります。

●納期限にご注意ください

 納期限から2年間を経過すると、保険料を納付することができなくなり、将来受給する老齢基礎年金の年金額が少なくなったり、受け取ることができなくなる場合があります。

●日本年金機構から送付される納付書で支払ってください

 金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどをご利用ください。また、納付書で一括前納(6カ月前納・1年前納)すると割り引きされます。

●口座振替をぜひご利用ください

 一括前納を口座振替にすると割引額が有利になります。また、一括前納でなくても、月々の口座振替を早割(当月末振替)にすると割り引きがあります。

申込方法 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書に必要事項を記入し、年金事務所または口座振替を希望する金融機関まで

持ち物 年金手帳などの基礎年金番号のわかるもの、預金通帳、預金通帳の届出印

※ 一括前納の申込期限は、2月26日(金曜)です。
※ 早割は随時受け付けしています。

 

高齢者特別給付金、重度障害者等特別給付金

健康市民部市民課国民年金係 電話443-9022

 年金制度の資格要件などで、老齢基礎年金や障害基礎年金などを受け取ることができない外国籍の高齢者・障害者などに支給します。

 なお、いずれの給付金も所得による支給制限などの条件があります。

高齢者特別給付金

 大正15年4月1日以前生まれの人で、次のいずれかに該当する人

◇昭和57年1月1日現在、日本国内で外国人登録を行っていた人で、現在も本市に外国人登録をしている人

◇昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っていた人で、昭和36年4月1日以降に日本国籍を取得し、年金受給資格期間を制度上満たすことができない人

◇昭和36年4月1日以降に日本へ帰国した人で、年金受給資格期間を制度上満たすことができない人

重度障害者等特別給付金

◇昭和57年1月1日前に20歳に達していた日本国内で外国人登録を行っていた人で、同日前に重度心身障害者等(身体障害者手帳1・2・3級、療育手帳A・B1判定、精神障害者保健福祉手帳1・2級)であった人または同日以降に重度心身障害者等になったが障害発生の原因の初診日が同日前に属する人

◇満20歳以上で、昭和61年4月1日前の海外滞在中に障害発生の原因の初診日がある重度心身障害等(日本人、外国人を含む)

 

 

  <情報けいじばんトップに戻る>  

健康

新型インフルエンザワクチン接種の費用免除のお知らせ

 対象者に助成券(市内医療機関のみで利用可能)を発行しますので申請の手続きをしてください。

※ 助成券発行には審査などの関係で1週間程度かかる場合があります。

問合先 保健センター 電話443-3936
対象

 優先接種対象者で、生活保護世帯または市民税非課税世帯

※ 平成21年1月2日以降に転入した場合は、平成21年1月1日現在の住所地における住民税非課税証明書が必要です。

費用負担 

接種費用全額

◇接種費用(全国一律) 2回接種の場合

1回目 3,600円、2回目 2,550円 

※ 1回目と医療機関が異なる場合は3,600円

申請方法

◇生活保護世帯 地域福祉課まで

◇市民税非課税世帯 保健センター、市民課、各市民サービスコーナーまで

持ち物

申請者の印鑑  ※ シャチハタ不可

対象者で免除申請前の接種および市外の医療機関で実費負担により接種した場合

 接種後4週間以内に申請してください。

 詳しくは、保健センターまでお問い合わせください。市ホームページでもご覧になれます。

けんこうウエルカム

問合先 保健センター 電話443-3936

 

こんにちは赤ちゃん訪問    おめでとうの気持ちを込めて・・・

 母子保健推進員などが、子育て応援情報誌と予防接種手帳を持って訪問します。

対 象 生後4カ月未満の乳児のいる家庭

※ 案内ハガキを郵送します。

 

食育教室 もぐもぐの会

とき 2月23日(火曜) 9時30分から12時

ところ 福祉保健センター

内容 離乳食(5から8カ月児)の調理実習

定員 20人

受講料 400円(材料費)

持ち物 母子健康手帳、エプロン、三角巾、筆記用具、ふきん2枚

一時保育 無料(予約制)

申込方法 電話で保健センターまで

 

妊婦健康診査費助成券

助成金額 全妊娠期間の健診1回につき

・上限4,000円を12回

・上限11,000円を2回

申請方法 申請書に必要事項を記入し、母子健康手帳、印鑑を持参の上、保健センターまで

※ 申請書は母子保健のしおり(母子健康手帳の別冊)にあります。

 

ポリオ予防接種

ポリオ予防接種日程

3月4日(木曜)  中筋・曽根地区

3月11日(木曜) 伊保・阿弥陀地区

3月24日(水曜) 高砂・荒井・北浜地区

3月26日(金曜) 米田地区

※ 次回は5月になります。

受付時間 13時30分から14時

ところ 福祉保健センター

対 象 市内在住の3カ月以上90カ月未満の乳幼児

【接種を受けることが適当でない人】

◇発熱(37.5度以上)している
◇重篤な急性疾患にかかっている
◇経口生ポリオワクチンの成分により、アレルギーまたは副反応を起こしたことがある
◇下痢をしている
◇当該疾病にかかっているまたはかかったことがある
◇その他、医師が不適当と認める 

接種料 無料

持ち物 母子健康手帳、予診票

【接種前の注意】

◇予防接種手帳の「予防接種と子どもの健康」を読む
◇接種前後30分程度は飲食を避ける

【その他】

◇都合の悪い場合は、対象地区外でも接種可(対象地区優先)
◇BCG、三種混合1期初回3回を先に接種することをお勧めします

 

骨粗しょう症検診

と き 2月26日(金曜)まで  15時から16時30分(時間指定)

ところ 市民病院中央放射線室

内 容 エックス線による骨密度測定

対 象

◇男性 60歳以上の市民
◇女性 30歳以上の市民
※ 平成22年3月31日現在

検診料 1,500円

申込方法 電話で保健センターまで

 

女性特有のがん検診推進事業 

乳がん・子宮頚がん検診

期限 2月28日(日曜)まで

クーポン券をお持ちの方は、是非、受診してください。

【クーポン券配布前に市のがん検診を受診した場合】

償還払いをしますので期限までに申請してください。

 

からだリセット講演会

「わたしメンテナンス」しませんか??

からだの中から健康に!

と き 2月26日(金曜)   13時30分から15時

ところ 福祉保健センター

内 容 健康運動指導士による話とエクササイズ

対 象 市民  ※ 子どもと一緒に参加できます。

定 員 40人

参加費 無料

申込方法 電話で保健センターまで

 

第5回 高砂市健康増進フォーラム

健康と笑い   笑って元気、こころは健康

と き 3月13日(土曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター中ホール

フォーラム

◇笑いの効用   織田 誠 氏(織田医院院長)  

◇癒しのチンドンセラピー    八田 勘司 氏(関西看護医療大学准教授)

展示 高砂いずみ会

申込方法 電話で保健センターまで

参加費 無料

定員 400人

 

第27回播磨地区学校歯科保健大会

教育総務部学務課 電話443-9053

とき 2月25日(木曜) 13時30分から16時

ところ いなみ文化の森コスモホール(稲美町)

内容

◇学校歯科保健功労者表彰、研究発表

◇講演

 カムカム大百科 歯科医師から見た食育

    岡崎 好秀 氏(岡山大学病院小児歯科講師)

 

耳の日の集い

播州地区耳鼻咽喉科医会(高砂市医師会内)  電話442-0794

とき 3月4日(木曜)  14時から16時

ところ 高砂市医師会館(文化会館西側)

内容

◇特別講演

 耳のおはなし

    阪本 浩一 氏(兵庫県立加古川医療センター耳鼻咽喉科部長)

◇補聴器無料相談

 

冬期献血ご協力ください

新型インフルエンザの影響などで輸血用血液が不足しています

献血会場

◇姫路みゆき通り献血ルーム (ぼうしやビル3階)  

   電話0120-160-489

◇ミント神戸15献血ルーム  (ミント神戸15階)

   電話0120-150-072

◇三宮センタープラザ献血ルーム  (センタープラザ西館3階)

   電話078-391-7070

 ※ 受付時間など、詳しくは各献血会場にお問い合わせください。

 

第4回禁煙支援フォーラム

家族は待ってますあなたの禁煙!

加古川市加古郡医師会  電話421-4301

とき 2月28日(日曜)  14時から16時

ところ 兵庫県加古川総合庁舎

内容

◇講 演

 ポジティブ禁煙のすすめ  -禁煙って楽しい-

            野田 隆 氏(日本禁煙科学会理事)

◇禁煙体験談紹介

   中田 喜高 氏(加古川市副市長)
   堤 郁也 氏(加古川総合保健センター次長)

◇専門医による禁煙個別指導診察、ニコチンパッチの無料体験

◇パネル展示、口腔内ヤニチェック、口臭・肺年齢測定など

参加費 無料

※ 公共交通機関などでお越しください。

 

精神保健講演会

東播臨海精神保健協会(加古川健康福祉事務所内)   電話422-0003

とき 2月16日(火曜)  14時から16時

ところ 加古福祉会館(稲美町)

演題 職場と家庭のメンタルヘルス

講師 白川 治 氏(近畿大学医学部精神神経科学教室教授)

受講料 無料


   <情報けいじばんトップに戻る>

福祉

児童手当2月期(10月から1月分)

2月15日(月曜)に振り込みます。

 

平成21年度 おもいやり標語最優秀賞作品

友達に やさしくした人 一等賞

高砂小学校 兼光 未咲 さん

 

ご存じですかあなたの地区の人権擁護委員

福祉部人権推進室  電話443-9060

人権擁護委員は「みんなの町の相談役」

身近な人権問題があれば相談してください。

 子ども虐待、高齢者虐待、障害のある人に対する不当扱い、同和問題、女性に対する差別、外国人への差別、インターネット、携帯サイトへの悪意の書き込みなど。
 相談内容やプライバシーに関する秘密は厳守します。

※ 北浜地区の西本好道氏は1月1日付で新しく委嘱されました。

人権擁護委員名簿

高砂地区 榊原 讓 電話442-1216

荒井地区 八木 美緒 電話443-1160

伊保地区 増田 耕太郎 電話447-2888

伊保地区 松井 敏子 電話448-8786

中筋地区 曽根 眞正 電話447-0332

曽根地区 曽根 文省 電話447-0645

曽根地区 吉屋 節子 電話447-1114

米田地区 大西 眞美子 電話432-3744

米田地区 松下 光毅 電話431-2993

阿弥陀地区 高田 昭 電話448-1591

北浜地区 西本 好道 電話079-254-1635

  

子育て支援センターからのお知らせ すこやか  

問い合わせ先  子育て支援センター 電話442-2242

  

ベビーマッサージ  

とき 2月18日(木曜)  10時30分から11時30分

ところ 子育て支援センター

講師 上谷 奈穂子 氏

対象 3カ月以上12カ月以下の子どもとその親(初めて参加の人)

定員 10組   ※ 申込者多数の場合は抽選

参加費 100円(オイル代)

持ち物 タオルケット

受付日 2月9日(火曜)

 

ちびっこフェスティバル

みんなであそぼ  「このゆびとーまれ!」

とき 2月22日(月曜) 10時から11時30分

ところ 青年の家

内容 伝承あそび、人形劇など

対象 就園前の子どもとその親

定員 80組

受付期間 2月8日(月曜)から10日(水曜)

 

つどいの広場  

とき 月・水・木曜日    9時から12時、13時から15時 ※ 都合のよい時間にお越しください。  

ところ 子育て支援センター  

定員 15組  

申込方法 電話で子育て支援センターまで ※ 午前と午後に30分程度の親子遊びをします。

  

つどいの広場「2月の親子遊び」
月曜日   

1日 エプロンシアター、8日 お話大好き、15日 親子体操

水曜日

3日 節分豆まき、10日 わくわくリズム、17日 赤ちゃんわらべうた、
24日 ボランティアさんと遊ぼう子育てホットタイム

木曜日

4日 集まれ!1歳児、18日 お話大好き、
25日 作って遊ぼう

 

肝臓機能障害が身体障害者手帳の交付対象に追加

福祉部高年・障害福祉課  電話443-9027

 平成22年4月1日から、身体障害者福祉法において肝臓機能障害が追加されます。これに伴い、身体障害者手帳が交付される場合があります。

対象

◇認定基準に該当する肝臓機能障害のある人

◇肝移植を受け、抗免疫療法を実施している人

認定基準

 一定以上の肝臓機能障害の重症度が3カ月以上継続し、診断前の6カ月間にアルコールを摂取していない人が、おおむね身体障害者手帳の交付対象となります。詳しくは指定医に相談してください。

※ 申請方法、指定医など、詳しくは高年・障害福祉課までお問い合わせください。

 

 

    <情報けいじばんトップに戻る>

安全安心

みんなの道路を安全に!

問い合わせ先 まちづくり部管理課 電話443-9037

平成21年度「道路ふれあい月間」推進標語

また歩こう そんな気になる 道がいい

 

道路の正しい使い方

車両乗入れのための段差解消工事(歩道切下げ)

工事をする場合は、道路管理者の承認が必要(道路法第24条)です。

 歩道は歩行者が安全に通行できるスペースのため、舗装は自動車の乗り入れを予想していません。

駐車場・車庫などを設けたために自動車が歩道へ乗入れる場合は、縁石を低くしたり、自動車の重量に耐えられる舗装でなければなりません。

※ 工事費は設置者の負担です。

 

【注意事項】

 ◇歩道の出入口の幅は必要最小限とし、歩行者に最大限配慮した計画にしましょう。

◇交差点、横断歩道や歩道橋、消火栓やバス停などはできるかぎり避けてください。

◇車両通行可能な舗装は、総幅員(斜ブロックまで)を施工してください。

 また、バリアフリーなどですり付けに必要な影響範囲の舗装も必要です。

◇防護柵や植樹、標識などがある場合は、移設を行う必要があり、下水道のマンホ

 ールなどは、車両の通行が可能か確認してください。

◇その他、現地の状況により施工の条件が付くことがあります。

※ 詳しくは、まちづくり部管理課までお問い合わせください。

 

もしものとき

市内ハイキングコースの山火事防止標識板のご活用を!!

消防本部予防課 電話448-4019

市内のハイキングコースの83カ所に、山火事のほか、急病やケガにも素早く正確に現場に駆けつけられるように、山火事防止標識板に番号を付けています。

119番通報するときは、その番号を伝えてください。

 

林野火災に伴う中継訓練

消防本部消防課 電話448-4419

 春の火災予防運動の一環として、消防団と合同で実施します。

とき 2月28日(日曜)  9時から

ところ 加古川河川敷右岸(米田町)

 

安全安心のまちづくりのために
大規模災害時に備えて

飲料の提供及び防犯協力に関する協定を締結

企画総務部危機管理室  電話443-9008

 平成21年12月25日(金曜)、高砂市とサントリーフーズ株式会社との間で、「災害時における飲料の提供及び防犯協力に関する協定」の調印式が行われました。

 この協定では、大規模な災害発生時に、高砂市からの要請によりサントリー高砂工場からの飲料供給が行えることやサントリーフーズ(株)が設置する災害対応型自動販売機内の飲料を無料で避難者に提供できることなどが定められています。

 市の防犯活動に寄与するために青色防犯パトロール車も寄贈されました。今後より一層、青色防犯パトロールの強化を図れるようになりました。

 

優良運転者金正賞

 高砂交通安全協会(高砂警察署別館内)  電話443-1541

 優良運転者として金賞を受けたことがあり、条件を満たす人は、高砂交通安全協会まで申請してください。

持ち物 高砂交通安全協会会員証、運転免許証、印鑑、無事故・無違反証明

手数料 700円

受付期間 2月1日(月曜)から26日(金曜)  9時から17時  ※ 土・日、祝日を除く。

〈条 件〉

◇高砂交通安全協会会員である

◇金賞受賞後引き続き月20日以上運転に従事し、営業用車は3年以上、自家用車は5年以上・原動機付自転車は10年以上経過している

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇平成17年2月1日から引き続き無事故・無違反である

 

  

   <情報けいじばんトップに戻る>

学ぶ

花と緑の教室

 

市ノ池公園みどりの相談所  電話447-6401

【洋ランの植え替えと育て方(実習)】

とき 2月27日(土曜)  10時から12時

ところ 多目的研修室

定員 30人

受講料 2,500円(材料費を含む)

受付期間 2月5日(金曜)から19日(金曜)

申込方法 電話でみどりの相談所まで

 

“おはよう朝日” 正木明の講演会

テーマ 地球環境と異常気象

ふれあいの郷生石研修センター  電話447-4110

とき 2月26日(金曜)  18時から19時30分

ところ ふれあいの郷生石研修センター

定員 120人

受講料 無料

申込方法 電話でふれあいの郷生石研修センターまで

講師 正木 明 氏  (朝日放送「おはよう朝日です!」お天気キャスター)

 

平成22年度韓国語初級講座

高砂市国際交流協会 電話443-9132

とき 4月6日(火曜)から平成23年2月  火曜日   15時30分から17時

ところ 西庁舎4階会議室

対象 次の要件を満たす人

◇平成22年度国際交流協会会員  ※ 年度会費1口1,000円

◇韓国文化祭や交流イベントに参加できる

定員 20人  ※ 10人以下の場合は開講しません。

受講料 年額24,000円

※ 初回に全額をいただきます。途中辞退での返金はできません。
※ 別途、教材費3,000円が必要

しめ切り 2月26日(金曜)

申込方法 電話で国際交流協会まで   ※ 3月中旬に案内通知を郵送します。

 

   <情報けいじばんトップに戻る> 

スポーツ 

スポーツクラブ21   ・・・参加してみませんか・・・

いい汗 スポーツ! まちに 笑顔を 広げよう!

 手軽に楽しく、体を動かし、子どもから高齢者まで地域のコミュニティが広がります。

 スポーツクラブ21では、グランドゴルフ、ファミリーバドミントン、スーパードライブをしています。各クラブによって特色があり、他にもウォーキング、スポーツチャンバラ、少林寺拳法、柔道、合気道、杖道、ソフトバレーボール、サッカーなどがあります。

 毎月1・3・5土曜日、午前9時から、あなたの近くの小学校で活動しています。

 詳しくは、各小学校のスポーツクラブ21代表者までお問い合わせください。

問い合わせ先

 高砂地区 代表者 鎌谷 電話443-2945

 荒井地区 代表者 國分 電話443-0088

 伊保地区 代表者 吉田 電話442-5982

 伊保南地区 代表者 萬山 電話447-3910

 なかすじ地区 代表者 越智 電話448-6478

曽根地区 代表者 大道 電話447-6426

米田地区 代表者 山口 電話442-8171

米田西地区 代表者 足立 電話431-1416

阿弥陀地区 代表者 魚橋 電話448-1366

北浜地区 代表者 片岡 電話448-1684

 3月13日(土曜)は、

市内のスポーツクラブ21交流ウォーキングがあります。

 

スーパードライブ大会

卓球をベースにしたニュースポーツの大会

教育委員会スポーツ振興課 電話443-9136

とき 3月6日(土曜) 9時30分から(受付 9時から)

ところ 総合体育館

対象 小学4年生以上

持ち物 体育館シューズ、運動のできる服装    ※ 用具はお貸しします。

しめ切り 2月19日(金曜)

申込方法 電話でスポーツ振興課まで

 

2010年 高砂市武道振興大会 

教育委員会スポーツ振興課 電話443-9136

とき 2月6日(土曜)  10時から12時

ところ 総合体育館アリーナ

入場料 無料

内容

 市内武道団体(柔道・空手道・合気道・少林寺拳法・相撲・剣道)による公開演武

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

催し

市民ギャラリー あいぽっと

問い合わせ先  生活環境部市民活動推進課 電話443-9078

■2月1日(月曜)から12日(金曜)

  松陽学園日本画クラブ展

■2月15日(月曜)から26日(金曜)

  第7回花と緑の写真コンテスト作品展

※ 上記期間には設営準備、撤去の日を含んでいます。

 

=利用者募集中=

 写真、絵画、造形、研究発表、グループ活動PRなどあなたの作品の発表の場としてご利用ください

対象 市内在住在勤の人または市内に事務所などを有する個人および法人その他団体

※ 政治・宗教・営利活動を行う恐れがあるときは、お断りする場合があります。

使用料 無料

使用期間 月曜日から翌週金曜日までの2週間

※ 申込方法、注意事項など詳しくは市民活動推進課までお問い合わせください。

 

懐かしの名画鑑賞会

(財)高砂市施設利用振興財団(みどりの相談所内)  電話447-6401

『飢餓海峡』、『王将』、『弁天小僧』

とき 2月14日(日曜)  9時30分から16時46分

ところ 福祉保健センター中ホール

入場料 500円  ※ 全席自由、再入場可

前売券発売所  施設利用振興財団、総合体育館、文化会館など

 

平成22年金婚夫婦祝福式典

神戸新聞社地域活動局金婚式係  電話078-362-7086

とき 5月23日(日曜)  13時から

ところ 加古川市民会館

対象 市内在住の昭和36年に婚姻届を提出した夫婦

しめ切り 2月26日(金曜)必着

※ 申込方法など、詳しくは神戸新聞支社・総局・支局・販売所、本庁舎正面玄関にある申込書をご覧ください。

 

らいぶらり

図書館からのお知らせ 電話448-8333
おはなし会

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング、対象 小学生

とき 2月13日(土曜) 11時から

ところ 米田公民館図書室

とき 2月13日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

とき 2月13日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

 

えほんのじかん

内容 絵本の読み聞かせ、対象 幼児 

とき 2月6日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室 

とき 2月6日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

 

〔お薦め図書〕
児童

子リスのアール ドン・フリーマン

スコア・ブック 伊集院 静

楽しいあやとり 麻生 育子

一般

エリーゼのために 忌野 清志郎

告白的恋愛論 渡辺 淳一

新・がん50人の勇気 柳田 邦男

 

2010年は国民読書年です

 昨年6月、国会で「国民読書年に関する決議案」が採択され、2010年を国民読書年とすることが決定しました。

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

募集

 生涯学習人材バンク

教育委員会生涯学習課 電話443-9056

高砂生涯学習人材バンクに登録しませんか

対象 市民の主体的な生涯学習活動(教育、芸術、文化、教養、スポーツ、レクリエーション、医事・健康など)に自らの能力を無償で提供できる人

しめ切り 2月26日(金曜)

申込方法 登録申請書に必要事項を記入し、押印の上、生涯学習課(〒676-8501 荒井町千鳥1-1-1)まで

※ 申請書は生涯学習課、各公民館、教育センター、図書館、子育て支援センター、社会福祉協議会(保健センター内)にあります。

 

第33回 高砂市美術協会展作品募集

高砂市美術協会 教育委員会生涯学習課  電話443-9056

 絵画(日本画、油彩、水彩など)書道、写真、彫塑・工芸・デザイン部門の総合美術展の作品を募集します。

受付日時 4月4日(日曜) 13時から16時

受付場所 福祉保健センター中ホール

※ 詳しくは、生涯学習課、各公民館にある要項をご覧ください。

【第33回高砂市美術協会展】

とき

◇4月16日(金曜)・17日(土曜)  10時から17時

◇4月18日(日曜) 10時から16時

ところ 福祉保健センター中ホール

 

高齢者大学(松陽学園)学生募集

教育センター  電話448-4191

対象 市内在住の昭和25年4月1日以前生まれの人  ※ 卒業生を除く

募集人員 130人  ※ 申込者多数の場合は抽選

受講料 2,000円程度(資料代など)

受付期間 2月1日(月曜)から26日(金曜)   9時から16時

申込方法 入学願書に必要事項を記入の上、教育センターまで

※ 入学願書は教育センターにあります。

【高齢者大学(松陽学園)】

とき 平成22年4月1日から平成26年3月31日

    月曜日ほか 年23回  10時から12時

ところ 教育センター

内容 講義(一般教養、郷土学習など)、実習(音楽、施設見学など)

※ クラブ活動(13時から15時)あり

 

松陽陶芸教室生徒募集

教育センター  電話448-4191

とき 平成22年4月から平成23年3月

    月・水曜日  10時から12時

ところ 教育センター

対象 市内在住の20歳以上の初心者

募集人員 32人  ※ 申込者多数の場合は抽選

受講料 2,000円程度(資料代など)

受付期間 2月1日(月曜)から26日(金曜)

申込方法 往復はがきの往信用に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号、交通手段、松陽陶芸教室参加希望を、返信用に返信先を記入の上、教育センター(〒676-0082 曽根町2301-1)まで

 

平成22年度 高砂准看護高等専修学校新入学生2次募集

高砂准看護高等専修学校  電話448-7130

修業年限 2年

受験資格 中学校卒業以上の人

募集人員 15人

受付期間 2月15日(月曜)から3月1日(月曜)

※ 入学願書は郵便小為替500円分、切手140円分を同封の上、高砂准看護高等専修学校(〒676-0082 曽根町2301-1 教育センター内)まで請求してください。

【試験】

とき 3月7日(日曜)

科 目 国語、数学、面接

【合格発表】

とき 3月8日(月曜)

 

放送大学  平成22年度 第1学期学生募集

姫路サテライトスペース 電話079-284-5788

しめ切り 2月28日(日曜)

放送大学は、テレビ・ラジオを利用して授業を行う通信制大学です。

 

市営駐車場使用者募集

日東カストディアル・サービス(株)  電話079-285-3516

使用期間 平成22年4月1日から平成23年3月31日

対象 定期駐車の人
※ 積載物を含め長さ5 以下の普通自動車
※ 1人1区画に限ります。
※ 申込者多数の場合ならびに区画の決定は抽選

受付期間 2月8日(月曜)から19日(金曜)

申込方法 各駐車場使用申込書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて日東カストディアル・サービス(株)(〒670-0824 姫路市紺屋町20番地藤野ビル201号)まで

※ 申込書は、まちづくり部管理課、各市民サービスコーナーにあります。日東カストディアル・サービス(株)ホームページからも取り出せます。(2月1日(月曜)から)

【区画抽選日】

とき 3月7日(日曜)

◇寺前駐車場・堀川駐車場  10時から

◇JR宝殿駅前駐車場・JR曽根駅前駐車場  11時から

ところ 総合体育館

市営駐車場使用者募集
寺前駐車場

募集人員 22人

使用料(月額) 6,000円

堀川駐車場 屋根あり

募集人員 8人

使用料(月額) 7,000円

堀川駐車場 屋根なし

募集人員 19人

使用料(月額) 6,000円

JR曽根駅前駐車場

募集人員 51人

使用料(月額) 7,000円

JR宝殿駅前駐車場

募集人員 10人

使用料(月額) 8,000円

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

お知らせ

 ネズミ駆除の薬剤を配布します

生活環境部環境政策課  電話443-9029

とき 2月1日(月曜)から26日(金曜)

ところ 環境政策課、各市民サービスコーナー  ※ 1世帯につき2袋まで

 

第4次高砂市総合計画を策定しています

第5回総合計画審議会(全体会)

企画総務部企画政策課(総合計画担当)  電話443-9007  

 新しい総合計画を策定するため、市民で構成される「高砂市総合計画審議会」を設置し、新しいまちづくりについて審議しています。

 現在、市がめざすべき10年後の都市像に向けて、基本構想(どうあるべきか)、基本計画(なにをすべきか)について審議しています。

とき 2月19日(金曜) 14時から

ところ 南庁舎5階大会議室

※ 審議会(全体会)は公開しています。

傍聴の申込方法

審議会前日の16時30分までに電話で企画政策課までお申し込みください

 

まちづくり提案を募集中!

提出期限 3月31日(水曜)

 これからのまちづくりについて、市民の皆さんの積極的なご提案を募集しています。

対象 市内在住または在勤・在学の人

提出方法  提案用紙を企画政策課まで

※ 詳しくは、企画政策課、各市民サービスコーナーにある募集要項をご覧ください。市ホームページからも取り出せます。

 

美化センターからのお知らせ

美化センター美化第一課  電話448-5220

 

引っ越しごみは自己搬入で!

 大型の家庭系ごみ、引っ越しなどで発生した多量の家庭系ごみは、美化センターに直接搬入するか収集運搬許可業者に依頼してください。(有料)

 

資源ごみ集団回収運動にご協力を!

  資源ごみの集団回収を行った自治会、子ども会などの団体に奨励金を交付しています。

【奨励金の単価】

 ◇金属類・紙類・布類   1キログラムにつき6円
 ◇ビン類(リターナルビン) 1本につき6円

昨年10月、11月は、延べ106団体が集団回収を行いました。

 回収量

 ◇金属類・紙類・布類   459,749キログラム
 ◇ビン類(リターナルビン) 1,714本

※ ごみ減量・リサイクル活動にご協力ありがとうございました。

 

住民票、所得証明書などを交付します

日曜窓口サービス  市役所本庁舎 

問い合わせ先  企画総務部総務課  電話443-9003

開庁日
3月まで

第4日曜日  (2月28日(日曜)、3月28日(日曜))

4月から

毎週日曜日  (年末年始を除く)

※ 3月までは、試行期間とします。利用状況などにより、実施方法、取扱業務などを変更する場合があります。

開庁時間

9時から12時30分

開庁場所

市民課窓口(本庁舎1階)

取扱業務

問い合わせ先

健康市民部市民課 電話443-9019、財務部市民税課  電話443-9014

住民票などの交付、印鑑登録証明書の交付、印鑑登録の申請、印鑑登録証亡失届・廃止の申請、戸籍謄抄本などの交付

※ 住民異動届、戸籍に関する届出の受け付けはできません。

 

登録原票記載事項証明書の交付

「登録原票記載事項証明書」については、国籍、登録番号、氏名、生年月日、性別、在留の資格、在留期間、世帯主の氏名、続柄、居住地のみの証明となります。

※ 内容によりお取り扱いできない場合があります。

 

妊娠届出書の受理・母子健康手帳の交付、予防接種手帳引換券の受理・交付、新型インフルエンザ・高齢者インフルエンザ予防接種費用免除申請書の受付

 

課税(所得)証明書の交付、納税証明書の交付、固定資産証明書の交付

※ 内容によりお取り扱いできない場合があります。

 

市税、保険料の納付

※ 納付書持参のものに限ります。

 

文化会館からのお知らせ

文化会館 電話442-4831

利用申込受付期日の変更

 文化会館大ホール、福祉保健センター中ホールの申込受付期日を、利用する日の12カ月前からできるように変更します。

【利用申込受付期日】

◇ホール(展示集会室・会議室などの併用も含む)

 利用する日の12カ月前の月初め(1日)から7日前まで

◇展示集会室・会議室など

 利用する日の3カ月前の月初め(1日)から前日まで

 

文化会館大ホールの愛称決定

じょうとんばホール

 広報たかさご10月号でお知らせしました文化会館大ホールの愛称募集に396作品(453名)ものご応募をいただき、ありがとうございました。選考の結果、「じょうとんばホール」が採用作品に決定しました。

 「尉と姥」は高砂の象徴でもあり、子どもから高年齢者までが末永く憶えやすいようにと、ひらがなで表現した作品を採用しました。

 なお、当該愛称の使用は4月から看板の設置、リーフレット、会館だより、ホームページなど積極的に活用し、芸術文化の拠点となる「じょうとんばホール」を市民や企業・団体の皆さまのより身近で、親しみやすいものにしていきたいと考えています。気軽にご利用ください。

 

水道事業所からのお知らせ

水道事業所配水課  電話443-9050

点検して水道を凍結から守りましょう

お宅の水道は大丈夫でしょうか? 

◇寒くなったら水道管の凍結に注意してください。

◇気温が-4度以下になると水道が凍結しやすくなります。

◇北向きのところ、屋外、風当たりの強いところの水道や、むき出しになっている水道管などは、特に注意してください。

●凍結を防ぐには

・蛇口から少し水を出しておく

・水道管に布切れや防凍材を巻く

●凍ってしまったら

 タオルなどを巻いて、ゆっくりぬるま湯をかけて溶かす

 

水道に関する訪問業者のトラブルにご注意を!

 最近、業者が言葉巧みに宅地内の個人の給水管を洗浄などの調査させて欲しいと営業に回っているなどの問い合わせが増えています。宅地内の維持管理は所有者が行うことになっていますが、水道事業所では水道管に洗浄を民間業者に依頼することはありません。不要な契約は、はっきりとお断りください。

 

2009 JOBフェアin播磨 THIRD

問い合わせ先  ハローワーク加古川 電話421-8647

とき 2月24日(水曜) 13時から16時

ところ 加古川プラザホテル

対象 おおむね35歳未満の若年求職者  ※ 平成22年3月新卒予定者

参加企業 30社程度

持ち物 履歴書(複数)

※ 詳しくはハローワーク加古川へお問い合わせください。

 

税理士記念日  税金でんわ相談室

近畿税理士会加古川支部  電話424-3685

とき 2月23日(火曜)・24日(水曜)  10時から16時

相談無料

 

 高砂ブランド協会 アンテナショップ

タカサゴの文化を発信する

文化屋 ちちりがOPEN!

※「ちちり」とは、まつぼっくりのことです

高砂市高砂町船頭町1305  電話440-6500

10時から17時、定休/土・日・祝日

 高砂市にコレ!という地域オリジナルのブランド商品を誕生させ、高砂市を活性化させようと、昨年12月、アンテナショップ「文化屋ちちり」がオープンしました。ぼっくりんのグッズ・お菓子や市民アマチュア芸術家の音楽CD・本・編み物など、そしてもちろん特産品の高砂染めや宝殿石グッズ、高砂産の味付け海苔、謡曲「高砂」にちなんだグッズなどを取り扱っています。是非、お越しください。また、インターネットでの販売も予定しています。

 

市民アマチュア芸術家のオリジナル作品募集

あなたの作品を多くの人に発表してみませんか!

高砂ブランド協会(高砂青年会議所内)   電話440-6500

対象作品

 CDにした音楽、簡易な額に入れた絵画、自費出版の小説、詩集、毛糸の人形や貼り絵などハンドメイド作品

※ 著作権、肖像権など第三者の権利を一切侵害しないものに限ります。

受 付 随時

※ 詳しくは、高砂ブランド協会ホームページをご覧ください。

 

文化財総合的把握モデル事業 ひと・まち・石
問い合わせ先  教育委員会生涯学習課文化財係 電話448-8255

第9回 石の文化的景観の調査

 皆さんは、「景観(風景)」と聞いて、何を思い浮べるでしょうか。景観は、私たちの目に映るものです。それは、私たちが普段生活している際、目にしているものといえますし、わざわざ眺めに行くものともいえます。では、標題の「文化的景観」とは、どういった意味になるでしょうか。これは、私たちの日常に見られる景観そのもので、実の所、あまり意識して見ていない要素も多くあります。このような景観の要素の中には、文化財としての価値をもつものもあります。皆さんの生活されているこの高砂市には、そういった価値のある景観が、周りにたくさんあるのです。

 中でも『石の宝殿』とその周辺にみられる景観は、『石の文化的景観』として、皆さんが目にしているものといえるのではないでしょうか。

 現在、私たちは、石の文化的景観についての調査をしています。どの場所の景観が高砂らしいのか、どのような景観の要素が良いのか、それをどう後世に残せられるのか、といったことを調べています。

 調べていくと、高砂の石の景観は、とても力強く、壮大で、見るものを圧倒する空間を構成していることに改めて気づかされます。そして、この石の景観は、現在も竜山石として採石されていますので、借景のように日々変化する景観ともいえ、高砂らしい石の文化を形成している「生きた景観」といえるものです。この郷土の石の文化が育んだ豊かな景観は、皆さんが少しの意識を持たれることにより、それが景観の維持への大きな原動力になります。

 ぜひ、一度ゆっくりこのダイナミックな石の景観を眺めてみて、日本でも特質的な高砂の「石の文化的景観」を感じてみてはいかがでしょうか。

(京都府立大学大学院 福井 亘)

 

さがしに行こう!

高砂 まちあるき in 曽根

教育委員会生涯学習課  電話448-8255

みなさん、いっしょに、まちのお宝を歩いて、さがしませんか?

とき 2月14日(日曜) 10時から16時

ところ 教育センター

 市内には多くの歴史文化遺産が残されています。文化財調査の報告会のあと、曽根周辺のまちを歩きます。

1部 10時から13時 展示・映像  

2部 13時から14時 調査報告会  

3部 14時から16時 曽根まちあるき

 

   <目次にもどる>  

LOOK LOOK

2月の相談

市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談

とき 月から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 2月5日(金曜)・17日(水曜)・22日(月曜)

    13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で秘書広報広聴室まで

     (当日8時30分から)

●行政相談

とき 2月10日(水曜) 13時から15時

●多重債務相談

とき 月から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

税務相談(予約制)

※ 2月の税務相談はありません。

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころ相談(予約制)

とき 月から金曜日

    9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 2月22日(月曜) 13時から16時

定員 6人

障害者相談

福祉部高年・障害福祉課

電話443-9027 FAX443-3144

●身体障害者相談

とき 2月7日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

    電話442-4047 FAX443-0505

●知的障害者相談

とき 2月2日(火曜) 10時から12時

ところ 高砂育成寮(阿弥陀町南池)

    電話448-0941

●精神障害者相談(こころのサポート相談)

とき 2月8日(月曜) 15時から17時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

●障害者相談事業

とき 

◇身体障害関係 水曜日 10時から12時

◇知的障害関係 木曜日 10時から12時

◇精神障害関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容 専門相談員による相談

申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

※ ファクス可

母子家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき 月・火・木・金曜日 9時から16時

ところ 児童福祉課

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242

とき 2月15日(月曜)・22日(月曜)

    13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容 臨床心理士による個別相談

定員 3人

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき 月から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

とき 2月15日(月曜)・25日(木曜)

    13時から15時

ところ みのり会館

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき 月から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

消費生活相談

生活環境部市民活動推進課 電話443-9078

とき 月から金曜日 9時から16時

※ 月・木・金曜日は相談員による相談。

ところ 市民活動推進課(消費生活相談窓口)

若者しごと相談室

若者しごと相談室 電話447-8280

とき 水曜日 13時から17時

※ 第2・4水曜日は若者しごと倶楽部のキャリアカウンセラーが就職に関する相談に応じます。(予約制)

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象 おおむね39歳以下の人

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所

電話443-0500

とき 月から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき 月から金曜日 8時30分から17時

ところ 生活環境部産業振興課

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

とき 月から金曜日 8時30分から16時

ところ 青少年補導センター

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき 月から金曜日

◇電話相談 8時30分から16時

◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家)

健診・健康相談

ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

とき 2月25日(木曜) 10時から11時30分

    (受付9時30分から)

内容 健康教育「お口の中をのぞいてみよう」、相談

対象 妊産婦、1歳未満の乳児とその保護者

●成人健康相談

内容 保健師、栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

とき 2月19日(金曜)

    12時30分から13時30分

内容 健診、計測、相談など

対象 平成21年10月生まれの乳児

持ち物 母子健康手帳・問診票

●1歳6カ月児健診(個別通知)

とき 2月5日(金曜)

    12時30分から13時30分

内容 健診、計測、相談など

対象 平成20年7月生まれの幼児

持ち物 母子健康手帳・問診票

●3歳児健診(個別通知)

とき 2月12日(金曜)

    12時30分から13時30分

内容 健診、計測、相談など

対象 平成18年11月生まれの幼児

持ち物 母子健康手帳・問診票

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談

とき 2月8日(月曜)・15日(月曜)・22日(月曜)

    13時から14時

●若者の心と体の相談

とき 2月8日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

とき 2月15日(月曜) 13時30分から15時

健康管理課 電話422-0002

●専門栄養相談

とき 2月17日(水曜) 9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

とき 2月10日(水曜)・24日(水曜)

    9時20分から10時30分

検査料 一部有料

酒害相談

とき 2月19日(金曜) 13時から14時30分

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

相談員 姫路断酒会高砂支部会員

※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

とき

◇2月8日(月曜) 13時から16時

◇2月25日(木曜) 9時から12時

ところ 福祉保健センター

対象 妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は各市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。

犬・猫の引き取り

※ どうしても飼えない場合に限ります。

犬の引き取り

動物愛護センター三木支所

電話0794-84-3050

とき 2月3日(水曜)・10日(水曜)・17日(水曜)・24日(水曜)

    10時50分から11時5分

ところ 加古川総合庁舎駐車場

※ 成犬1匹につき、1,700円、子犬10匹まで1,700円が必要です。

猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

とき 2月1日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。

 

 

<目次にもどる>

救急医 

 ※ 間違い電話にご注意ください。



   <目次にもどる>

マイタウン 12・1月のスナップ 

新春交礼会

 

 1月4日(月曜)、福祉保健センターで行われ、約300人が参加しました。

 

書道体験教室

 

 1月14日(木曜)、あすなろ学園で、書道家の藤田雄大さんが行いました。市民ギャラリー「あいぽっと」(3月29日から4月9日)で展示します。

 

消防出初式

 

 1月10日(日曜)、総合運動公園で消防部隊観閲や式典が行われました。

 

災害協定締結

 

 12月24日(金曜)、Oホテル高砂(高砂駅前)と災害時における避難場所の提供に関する協定を締結しました。

 

成人式

 

 1月11日(祝日)、1,091人が成人を迎え、文化会館で行われた式典には633人が出席しました。