広報たかさご3月号 No.780 平成22(2010)年

表紙

長縄跳びの体育授業 (2月5日金曜 中筋小学校)  

目次

市民サービスコーナーの取り扱い業務が変更になります   

情報けいじばん 

LOOK LOOK 3月の相談ほか

救急医

マイタウン 1・2月のスナップ

あけぼの 第135号

市民病院からのお知らせ 希望のある医療をめざして

 

人口の動き

(2月1日現在、外国籍人口を含む) 

人口 96,804人(48減) 
男 47,475人(34減)
女 49,329人(14減)
世帯数 38,164世帯(14増)

 

  <目次にもどる> 

 4月から市民サービスコーナーの取り扱い業務が変更になります

問い合わせ先 健康市民部市民課 電話443-9019  

新たに市民サービスコーナー、市民コーナーとしてスタートします

 4月から、現在7カ所ある市民サービスコーナーのうち、米田市民サービスコーナーは取り扱い件数が多いことから7カ所施設の中核として、中筋市民サービスコーナーは市西方地域の中間地施設として、従来どおり市民サービスコーナーとしての位置づけになります。そして、高砂・荒井・曽根・阿弥陀・北浜市民サービスコーナーについては、市民コーナーとして位置づけ、一部の業務を除き、引き続き実施いたします。  
 また、いずれの施設にも、自治会などからの要望・相談や防犯に関する相談などの新たな相談業務を加えた充実した施設として、市民サービスの向上を図ります。 
 皆さんのお近くの便利なところでご利用ください。

市民サービスコーナー、市民コーナー 

(1)米田市民サービスコーナー  米田町米田734番地  電話432-3591

(2)中筋市民サービスコーナー  中筋3丁目5番24号    電話448-4498  

(3)高砂市民コーナー        高砂町横町1099番地の1  電話442-2881

(4)荒井市民コーナー        荒井町扇町2番24号  電話442-0826

(5)曽根市民コーナー        曽根町2243番地の13 電話447-0001 

(6)阿弥陀市民コーナー       阿弥陀町阿弥陀1173番地の1 電話447-1001

(7)北浜市民コーナー               北浜町北脇74番地の3 電話079-254-0026   

市民サービスコーナーおよび市民コーナーの取扱業務

 取扱業務 戸籍

問い合わせ先 電話443-9019 健康市民部市民課

業務内容 戸籍の届出(婚姻届・離婚届・出生届・死亡届など)

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可 

業務内容 戸籍謄抄本などの交付 

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

市民コーナーでは、一部交付できない場合があります。

 取扱業務 住民登録

問い合わせ先 電話443-9019 健康市民部市民課

業務内容 住民票異動の届出など

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

業務内容 住民票などの交付 

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

 市民コーナーでは、一部交付できない場合があります。

取扱業務 印鑑登録

問い合わせ先 電話443-9019 健康市民部市民課

業務内容 印鑑登録の申請、印鑑登録の廃止・亡失届出

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

業務内容 印鑑登録証明書の交付

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

取扱業務 外国人登録

問い合わせ先 電話443-9019 健康市民部市民課

業務内容 登録原票記載事項証明書の交付、外国人登録関連の申請

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

取扱業務 税
業務内容 課税(所得)証明書の交付

問い合わせ先 電話443-9015 財務部市民税課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

業務内容 納税証明書の交付

問い合わせ先 電話443-9017 財務部納税課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

業務内容 固定資産証明書の交付

問い合わせ先 電話443-9016 財務部資産税課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可  

取扱業務 国民健康保険
業務内容 資格の取得・喪失申請の受付、保険証の亡失届の受付、高額療養費・療養費・出産一時金・葬祭費の申請の受付、退職被保険者該当届の受付

問い合わせ先 電話443-9020 健康市民部国保医療課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

業務内容 保険料の減免申請の受付、簡易申告書の受理

問い合わせ先 電話443-9072 健康市民部国保医療課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

取扱業務 福祉医療

問い合わせ先 電話443-9021 健康市民部国保医療課

業務内容 資格の取得申請の受付、高額医療費の申請の受付

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

取扱業務 後期高齢者医療

問い合わせ先 電話443-9021 健康市民部国保医療課

業務内容 資格の取得・喪失・変更申請の受付、高額療養費の申請書の受理、減額認定申請の受付、簡易申告書の受理

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可 

取扱業務 介護保険

問い合わせ先 電話443-9063 健康市民部介護保険課

業務内容 転出時の介護保険受給資格証明書の交付

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可 

業務内容 介護保険要介護支援認定申請書の受理、高額介護サービス費支給申請書の受理、負担限度額減額認定申請書の受理、被保険者証等再交付申請書の受付

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

取扱業務 国民年金

問い合わせ先 電話443-9022 健康市民部市民課

業務内容 資格の取得・喪失・変更申請の受付、免除申請書の受理、学生納付特例申請書の受理、定時届の受理

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

取扱業務 福祉
業務内容 児童手当の申請・現況届の受理、異動届の受付

問い合わせ先 電話443-9024 福祉部児童福祉課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

業務内容 はり・きゅう・マッサージ券の申請の受付

問い合わせ先 電話443-9026 福祉部高年・障害福祉課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

取扱業務 くらし
業務内容 母子手帳の交付、妊娠届出書の受理

問い合わせ先 電話443-3936 健康市民部健康増進課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

業務内容 予防接種手帳引換券、インフルエンザ予防接種無料券の交付

問い合わせ先 電話443-3936 健康市民部健康増進課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

業務内容 転入・転居に伴う児童・生徒の就学通知

問い合わせ先 電話443-9053 教育委員会学務課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

業務内容 新築時の住居番号の付定

問い合わせ先 電話443-9006 生活環境部市民活動推進課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可 

業務内容 転入・転出時の水道の閉開栓届

問い合わせ先 電話443-9049 水道事業所総務課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

業務内容 埋火葬許可申請

問い合わせ先 電話443-9019 健康市民部市民課

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 不可

業務内容 し尿収集登録申請の受付

問い合わせ先 電話447-1157 生活環境部美化センター

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

業務内容 資源ごみ集団回収奨励金申請の受付

問い合わせ先 電話448-5260 生活環境部美化センター

市民サービスコーナー 可
市民コーナー 可

 

市役所本庁舎「日曜窓口サービス」を実施しています

問い合わせ先 企画総務部総務課 電話443-9003 

開庁日

3月まで 第4日曜日(2月28日日曜、3月28日日曜)
4月から 毎週日曜日(年末年始を除く) 
※ 3月までは、試行期間とします。利用状況などにより、実施方法、取扱業務などを変更する場合があります。

開庁時間

9時から12時30分 

開庁場所

本庁舎1階市民課窓口 

取扱業務 

問い合わせ先 健康市民部市民課 電話443-9019、財務部市民課 電話443-9014 

住民票などの交付、印鑑登録証明書の交付、印鑑登録の申請、印鑑登録証亡失届・廃止の申請、戸籍謄抄本などの交付

住民異動届、戸籍に関する届出の受け付けはできません。 

登録原票記載事項証明書の交付 

内容によりお取り扱いできない場合があります。
登録原票記載事項証明書については、国籍、登録番号、氏名、生年月日、性別、在留の資格、在留期間、世帯主の氏名、続柄、居住地のみの証明となります。 

妊娠届出書の受理・母子健康手帳の交付、予防接種手帳引換券の受理・交付、新型インフルエンザ・高齢者インフルエンザ予防接種費用免除申請書の受付

 

課税(所得)証明書の交付、納税証明書の交付、固定資産証明書の交付

内容によりお取り扱いできない場合があります。

市税、保険料の納付 

納付書持参のものに限ります。  

上記の取扱業務については、一部取り扱いできない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

  <目次にもどる>

情報けいじばん

  健康  福祉  安全安心  学ぶ  スポーツ  催し  募集  お知らせ

 

  <目次に戻る> 

3月の納付

国民健康保険料9期、後期高齢者医療保険料9期、介護保険料9期の納期は3月31日(水曜)です。

  

債権管理条例の施行

滞納整理推進室 電話443-9065

  1月1日に債権管理条例が施行されました。
 債権管理条例では、納期限までに納付されない場合には遅延利息(延滞金)を課すこと、督促を行ってから1年以内に強制執行などに着手することを定めています。
 今後は、この債権管理条例により、悪質な滞納者に対し裁判所への提訴、財産の差し押さえなどを行うこととし、強い姿勢で債権回収に取り組み、未収金ゼロを目指します。

 

軽自動車などに関する手続きはお早めに

 平成22年度の軽自動車税は、平成22年4月1日現在の所有者に課税されます。軽自動車などの取得、譲渡、廃車、住所の変更は、3月31日(水曜)までに申請手続きをしてください。
※ 所有者が転出、死亡した場合や譲渡、盗難などによりバイクなどを所有していない場合でも、届け出がなければ課税されますので注意してください。 

●原動機付自転車(125cc以下)・小型特殊自動車

問い合わせ先 財務部市民税課 電話443-9014

新規 

【市外の人から譲り受けたとき・市外から転入したとき・市外ナンバーがついている場合】持ち物 届出者の印鑑、登録票(他市町村交付)、ナンバープレート 

【市外ナンバー廃車済みの場合】
持ち物 届出者の印鑑、廃車済書(他市町村交付)、名義変更

名義変更

【市内の人から譲り受けたとき・ナンバーを変更する場合】
持ち物 届出者の印鑑、登録票、ナンバープレート

【ナンバーを変更しない場合】
持ち物 届出者の印鑑、登録票、旧所有者の印鑑 

廃車 

【使用不能になったとき・市外へ転出するとき・市外の人に譲り渡すとき】 
持ち物 届出者の印鑑、登録票、ナンバープレート 

●軽四輪自動車(660cc以下)など

問い合わせ先
軽自動車検査協会姫路支所 姫路市飾磨区中島字福路町3313 電話079-231-4101 

●原付以外の自動二輪車(125cc超過)

問い合わせ先
姫路自動車検査登録事務所 姫路市飾磨区中島字福路町3322 電話050-5540-2067 

 

平成22年度固定資産課税台帳の縦覧・閲覧

財務部資産税課 電話443-9016

とき 4月1日(木曜)から5月31日(月曜)
ところ 資産税課
申請に必要なもの
◇印鑑・本人確認できるもの(運転免許証・住基カード(顔写真付き)・納税通知書など)
◇委任状(代理人のみ)
※ 法人の場合は、委任状および社員証
※ 代理人とは納税者本人、同居家族や納税管理人、共有者以外の人をいいます。

平成21年度おもいやり標語金賞作品

 だいじょうぶ つないだ手と手が あたたかい

 荒井小学校 北村 沙也香 さん

 

  <情報けいじばんトップに戻る> 

健康

新型インフルエンザワクチン接種のお知らせ

保健センター 電話443-3936

 1月25日(月曜)から、優先接種対象者以外の人も接種ができるようになりました。かかりつけ医がある場合は、まずはその医療機関に相談しましょう。

接種費用(2回接種の場合) 1回目 3,600円 2回目 2,550円
※ 1回目と医療機関が異なる場合は、3,600円
※ 全国一律

接種費用の免除

対象 生活保護世帯、市民税非課税世帯の人
費用負担 接種費用全額
申請方法
◇生活保護世帯の人は地域福祉課まで
◇市民税非課税世帯の人は保健センター、市民課、各市民サービスコーナーまで
持ち物 申請者の印鑑

【対象者で免除申請前の接種および市外の医療機関で接種した場合】

 3月31日(水曜)までに申請および償還払いの手続きをしてください。
※ 詳しくは保健センターまでお問い合わせください。市ホームページでもご覧になれます。

 

愛の献血にご協力ください

とき 3月18日(木曜) 10時から15時30分
ところ アスパ高砂 1階駐車場
持ち物 本人確認できるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
主 催 高砂ライオンズクラブ、高砂の浦ライオンズクラブ、高砂の松ライオンズクラブ
問い合わせ先 兵庫県姫路赤十字血液センター 電話079-294-5147 

 

けんこうウエルカム

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936 

食育教室 とんとん・コトコトの会      親子で、楽しく料理しませんか

とき 3月24日(水曜) 9時30分から12時30分
ところ 福祉保健センター
内容 調理実習
対象 就学前の4歳以上の幼児とその保護者
定員 15組
受講料 (材料費)
◇子ども 400円  ◇大人  600円
持ち物 母子健康手帳、筆記用具、ふきん2枚、三角巾、エプロン、子ども用の三角巾・エプロン・はし
申込方法 電話で保健センターまで 

笑顔でよいしょ教室 【65歳からの筋トレ教室】

笑顔で長生き、介護いらずの生活をめざして
理学療法士、保健師、看護師、栄養士、歯科衛生士が支援します。

とき 火曜日、13時30分から15時30分、3カ月間、4月6日(火曜)から、
ところ 福祉保健センター
内容 健康チェック、筋力アップ体操など
対象 介護保険を利用していない65歳以上の人
※ 健康調査、体力測定など(3月25日(木曜))により決定
定員 20人
受講料 500円
申込方法 電話で保健センターまで 

献血にご協力を

とき 3月17日(水曜)、9時30分から11時30分
ところ 本庁舎東玄関
対象 16歳以上70歳未満の人
※ 65歳以上の人は60歳以上65歳未満の期間に献血経験が必要です。
持ち物 本人確認ができるもの 

平成21年度麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種はお済みですか?

接種対象者
第2期 就学前1年間
第3期 中学1年生相当
第4期 高校3年生相当

接種期間 3月31日(水曜)まで
※ 平成21年4月に、個別通知しています。 

すずらんの会(高砂市支え合う介護者の会) 10周年記念市民講演会

どんなときも輝いていたい介護するとき、されるとき
癒しと笑いでリフレッシュ

とき 3月29日(月曜) 13時から15時30分
ところ 福祉保健センター中ホール
参加費 無料 
内容
◇みなさんで楽しむミュージックセラピーコンサート   音楽療法士
◇笑いはこころの健康    昇 幹夫 氏(元気で長生き研究所所長) 

 

加古川歯科保健センター受付時間(午後)の変更

加古川歯科保健センター 電話431-6060 

 4月から午後の受付時間が変更します。 

診療時間
◇9時から12時 (受付 11時30分まで)
◇13時から17時 (受付 16時まで)
※ 午前は、変更ありません。

 

 <情報けいじばんトップに戻る>  

福祉

ハイチ地震兵庫県義援金にご協力を!

福祉部地域福祉課 電話443-9023

 ハイチ地震の被災者を支援するため、義援金の募金箱を市役所(本庁舎正面玄関)、各市民サービスコーナーに設置しています。

募集期間 3月31日(水曜)まで

 

はり・きゅう・マッサージ等施術費助成制度

福祉部高年・障害福祉課 電話443-9026

 平成22年度はり・きゅう・マッサージ利用券(12枚つづり)を交付します。
 利用券は、はり、きゅう、マッサージなどの施術1回につき1枚(助成額 1,000円)のみ使用できます。

対象 70歳以上の市民
受付期間 3月23日(火曜)から
※ 利用券は、4月1日(木曜)から使用できます。
申込方法 申請用紙に必要事項を記入の上、高年・障害福祉課または各市民サービスコーナーまで
※ 申請書は、高年・障害福祉課または各市民サービスコーナーにあります。 

 

ファミリーサポートセンターからのお知らせ

ファミリーサポートセンター 電話442-0555

 子育て中にちょっと子どもの送迎や預かりをお願いしたい時はありませんか?

【入会説明会(依頼会員)】

とき 3月20日(土曜) 10時から11時30分
ところ 福祉保健センター
対象 子育ての援助を受けたい人(市内在住または在勤で、おおむね6カ月以上小学6年生以下の子どもがいる人)
しめ切り 3月18日(木曜)

【子育てセミナー】  ※ 無料 

がんばりすぎない子育て術

とき 3月13日(土曜) 10時から11時30分
ところ 文化会館展示集会室
講師 稲松 由佳 氏(心理カウンセラー)
対象 ファミリーサポートセンター登録会員、子育て中の人、子育て支援に関心のある人定員 50人
受講料 無料
しめ切り 3月11日(木曜)
申込方法(説明会・セミナー共通) 電話でファミリーサポートセンターまで
一時保育 10人(6カ月以上の子ども)

すこやか

問い合わせ先 子育て支援センター 電話442-2242

申込方法(共通) 電話で子育て支援センターまで

ちいさな♪春のコンサート

とき 3月15日(月曜) 10時30分から11時15分
ところ 文化会館展示集会室
内容 ベル演奏と歌
講師 ミュージックベルアンサンブル「ティンクル」
対象 就園前の子どもとその親
定員 60組
受付期間 3月8日(月曜)・9日(火曜) 

 

レッツゴー♪つどい

あなたの地域でつどいの広場を開催します。
とき 3月12日(金曜) 10時30分から11時30分
ところ 曽根公民館
対象 就園前の子どもとその親
定員 15組
受付期間 3月3日(水曜)から5日(金曜) 

 

つどいの広場

とき 月・水・木曜日 9時から12時、13時から15時
※ 都合のよい時間にお越しください。
ところ 子育て支援センター
定員 15組
※ 午前と午後に30分程度の親子遊びをします。

つどいの広場「3月の親子遊び」

月曜日
1日 お話大好き、8日 わらべうた、15日 タオルで遊ぼう!、29日 わくわくリズム

水曜日
3日 集まれ!1歳児、10日 運動遊び、17日 赤ちゃんわらべうた、24日 ボランティアさんと遊ぼう子育てホットタイム、31日 ペープサート

木曜日
4日 わくわくリズム、11日 エプロンシアター、18日 お話大好き、25日 作って遊ぼう 

 

ベビーマッサージ

とき 3月18日(木曜) 10時30分から11時30分
ところ 子育て支援センター
講師 上谷 奈穂子 氏
対象 3カ月以上12カ月以下の子どもとその親(初めて参加の人)
定員 10組  ※ 申込者多数の場合は抽選
参加費 100円(オイル代)
持ち物 タオルケット
受付日 3月10日(水曜)

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

安全安心

 4月から、里道、水路などを管理するための法定外公共物管理条例が施行されます

問い合わせ先 まちづくり部管理課 電話443-9037

●この条例で決められている事は?  

 法定外公共物そのものを損傷したり、ごみなどの投棄の行為を禁止し、また敷地内や上 空の使用には許可が必要なことを定めています。また、これらの禁止行為や、許可を受けずに工事などの行為をした者には、5万円以下の過料を科すことを定めています。

●使用許可を受けている場合は?

◇市の許可を受けている場合 申請不要(平成23年2月の更新時には、申請が必要)

 ◇兵庫県の許可を受けている場合 申請必要(送付する申請書に、必要事項を記入し、押印の上、まちづくり部管理課まで提出してください。)

●主な変更点は?          

 (1)敷地内の通路幅を合算し、合計の幅員が4m未満の場合は免除されます。使用料の免除を受けるには、申請が必要です。減免基準の変更により、新たに使用料が免除となる使用者は、送付する申請書に必要事項を記入し、押印の上、まちづくり部管理課まで提出してください。

(2)幅員4メートル以上の通路橋は使用料が変わります。(幅員が4メートルを超える部分の面積で計算します。)

※ 詳しくは、まちづくり部管理課までお問い合わせください。市ホームページでもご覧になれます。 

 

平成22年春の火災予防運動 3月1日(月曜)から7日(日曜)

 消防本部予防課 電話448-4019 

全国統一標語   消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子

春先の火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、市民のみなさんに火災予防の意識を高めていただくことにより、高齢者などを中心とする死者の発生を減少させ、財産の損失を防ぐことを目的としています。

住宅防火対策の推進

 昨年、高砂市内で住宅火災により2名の方が亡くなられています。このような痛ましい事故を繰り返さないよう、家庭に住宅用火災警報器を設置するなどして、住宅火災による死者の発生を防止しましょう。

放火火災・連続放火火災防止対策の推進

 出火原因の1位は放火です。放火火災は人目の届かない場所や外灯のない暗い場所、そして人の活動が少なくなる深夜の時間帯に多く発生しています。このことから、住民や自治会などが一体となって、地域ぐるみで放火させない環境づくりを進めましょう。

・家のまわりに燃えやすいものを置かない。
・ごみ出しは、収集日や収集時間を守る。
・物置や車庫などには鍵をかける。
・自動車や自転車のボディカバーは防炎製品を使用する。

林野火災予防対策の推進

 林野火災の出火原因は、たき火・たばこ・火入れによるものが過半数を占めています。林野周辺の住民や入山する人は特に気をつけてください。

・枯れ草等、火災が起こりやすい場所では、たき火をしない。
・たき火など火気の使用後、その場所を離れるときは完全に消火する。
・強風時および乾燥時には、たき火、火入れをしない。
・たばこは、指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消し、投げ捨てしない。
・火遊びをしない。

消火器事故防止対策の推進

 はく離、変形、サビ、腐食がある消火器を使用すると破裂する恐れがあります。絶対に使用しないでください。消火器は、ごみとして出せません。購入されたお店や専門業者などに引き取ってもらってください。(有料)

 

火災等災害のお知らせ 電話0180-997-022

場所、種類をお知らせしていますので、ご利用ください。

 

   <情報けいじばんトップに戻る>

学ぶ

普通救命講習

消防本部消防課救急係 電話448-4491

とき 3月20日(土曜)
ところ 消防本部2階会議室
定員 30人
しめ切り 3月16日(火曜)
申込方法 直接、消防課救急係まで
※ 受講者には修了証を交付

講習Ⅰ

時間 9時から12時
内容 心肺蘇生法、AED使用法の学習
対象 市内在住または在学・在勤の16歳以上の人

講習Ⅱ時間 

9時から13時
内容 心肺蘇生法、AED使用法の学習、知識の確認、実技の評価
対象 市内在住または在学・在勤の16歳以上の人で、業務上、心停止者に対する応急の対応が想定される人(看護師、介護士、警察官、警備員、スポーツトレーナーなど)

 

リサイクル啓発講座

美化センター美化第一課 電話448-5260

【牛乳パックからつくる紙すき教室】

とき 3月27日(土曜)
◇9時30分から11時30分
◇13時30分から15時30分
ところ 美化センターガラス工房
内容 はがきを制作
対象 市内在住・在学・在勤または加古川市・稲美町・播磨町の小学5年生以上の人
※ 保護者と同時受講の場合は小学1から4年生可
定員 各10人
受講料 300円
持ち物 牛乳パック
受付期間 3月3日(水曜)から
申込方法 電話で美化第一課まで

 

ふれあいの郷生石研修センターからのお知らせ

ふれあいの郷生石研修センター 電話447-4110

ところ(共通) ふれあいの郷生石研修センター

●華道教室(全24回)

A班 4月8日から第2・4木曜日 13時から14時
B班 4月8日から第2・4木曜日 14時から15時

定員 各班20人
受講料 月額1,000円(花代などの実費を除く)
しめ切り 3月20日(土曜)
申込方法 直接または電話でふれあいの郷生石研修センターまで 

●リラックスヨガ教室(全48回)

A班  4月6日から 火曜日 10時30分から12時
B班  4月7日から 水曜日 10時30分から12時
C班  4月8日から 木曜日 10時30分から12時
D班  4月8日から 木曜日 19時から20時30分

定員 各班25人
受講料 月額2,000円

●英会話教室(全42回)

講師 外国人
対象 19歳以上の人
Aコース(英検4級程度) 初めて英会話を学習する
     4月17日から 土曜日 10時から12時

Bコース(英検3級程度) 英会話の経験がある
     4月17日から 土曜日 10時から12時

Cコース(英検2級程度) 英語で会話ができる
     4月14日から 水曜日 18時30分から20時30分

受講料 月額3,500円(テキスト代を除く)
定員  A・Bコース 各20人、Cコース 15人

リラックスヨガ教室・英会話教室の申込方法

往復はがきの往信用に郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、リラックスヨガ教室は班名(第1・2希望)、英会話教室はコース名を、返信用に返信先を記入の上、ふれあいの郷生石研修センター(〒676-0823 阿弥陀町生石61-1)まで

しめ切り 3月20日(土曜)消印有効
※ 申込者多数の場合は抽選

 

簿記講座

 高砂商工会議所 電話443-0500

 とき
4月 9日(金曜)・13日(火曜)・16日(金曜)・20日(火曜)・23日(金曜)・27日(火曜)
5月 7日(金曜)・11日(火曜)・14日(金曜)・18日(火曜)・21日(金曜)・25日(火曜)・28日(金曜)
6月 1日(火曜)・4日(金曜)・8日(火曜) 
 18時30分から21時
 全16回

 ところ 高砂商工会議所 
 内容 商業簿記の基礎から決算までの学習(日商簿記3級程度) 
 講師 若槻 伴子 氏(税理士) 
 対象 経理事務担当者、就職・再就職を目指す学生、一般など 
 定員 40人 
 受講料 
 ◇会員事業所 10,000円 
 ◇一般 15,000円 
 しめ切り 3月31日(水曜) 
 申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、高砂商工会議所まで 
 ※ 申込用紙は高砂商工会議所、生活環境部産業振興課にあります。高砂商工会議所ホームページからも取り出せます。

 

   <情報けいじばんトップに戻る> 

スポーツ 

春季市民バレーボール大会

高砂市バレーボール協会

男子 電話443-6545
女子 電話432-2021 

とき

◇一般女子、ママさん   3月27日(土曜) 9時から
◇一般男子A・B・C級   3月28日(日曜) 9時から
ところ 総合体育館
種目 9人制バレーボール
対象 市内在住または在勤の人
参加費 1チーム3,000円
※ 別途、登録料2,000円が必要
しめ切り 3月20日(土曜)
申込方法 電話で高砂市バレーボール協会まで

 

平成22年度スポーツ教室

 総合体育館 電話432-9090

 新年度から新しい教室がスタートします。 
 ※ 詳しくは、広報たかさご4月号でお知らせします。

 【親子DEリズム体操】

とき 第1・3木曜日 11時10分から12時10分 
 対象 就学前の2歳以上の子どもとその親 
 定員 25組 
 内容 親子で音楽に合わせてリズム体操やボールなどを使い、のびのびと楽しみながら運動します。

 【親子DEママ・ヨガ】

 とき 第2・4木曜日 10時から10時50分 
 対象 6カ月以上2歳未満の幼児とその母親 
 定員 25組 
 内容 子どもを連れて参加でき、産後の骨盤調整を目的にゆっくりヨガに取り組みます。 
 定員 30チーム  ※ 1チーム3人から6人
参加費 1人300円
持ち物 体育館シューズ   ※ 用具はお貸しします。
しめ切り 1月18日(月曜)必着
申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、スポーツ振興課まで 
※ 申込用紙はスポーツ振興課、総合体育館にあります。

  

    <情報けいじばんトップに戻る>

催し

市民ギャラリー  あいぽっと

■3月1日(月曜)から12日(金曜)

 平成21年度高砂市明るい選挙啓発ポスター入賞作品展

■3月15日(月曜)から26日(金曜)  みのり会館講座生合同作品展

■3月29日(月曜)から4月9日(金曜) あすなろ学園書初め展

※ 上記期間には設営、撤去の日を含んでいます。 

 

人物デッサン会

高砂市美術協会絵画部 電話442-4358

コスチュームはハワイの民族衣装を予定しています。

とき 3月7日(日曜) 10時から15時
ところ 文化会館展示集会室
参加費 1,500円
※ 会員は1,000円

人物デッサン会終了後に、高砂市美術協会展出品予定作品を制作指導 

 

らいぶらり

図書館からのお知らせ 電話448-8333

えほんのじかん

とき 3月6日(土曜) 14時から
ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室、図書館児童室
内容 絵本の読み聞かせ
対象 幼児

おはなし会

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング
対象 小学生

3月13日(土曜) 11時から 米田公民館図書室おはなし会

3月13日(土曜) 14時から  中央公民館兼伊保公民館図書室、図書館児童室

 

 【お勧め図書】
 児童
  •  ありがとう どういたしまして おおとも やすお
  •  千年ギツネ 岡崎 祥久
  •  勇気ってなんだろう 江川 紹子
 一般
  •  Invitation 江國 香織
  •  ヒトラーの秘密図書館 ティモシー・ライバック
  •  読み解き「般若心経」 伊藤 比呂美

  

    <情報けいじばんトップに戻る>

募集

第33回高砂市美術協会展作品募集

高砂市美術協会(教育委員会生涯学習課内) 電話443-9056

受付日時 4月4日(日曜) 13時から16時
受付場所 福祉保健センター
応募作品 絵画(日本画、油彩、水彩など)、書道、写真、彫塑・工芸・デザイン
※ 詳しくは、生涯学習課、各公民館にある要項をご覧ください。

【第33回高砂市美術協会展】

とき 4月16日(金曜)から18日(日曜) 10時から17時
※ 18日(日曜)は16時まで
ところ 福祉保健センター 

 

高砂市少年少女合唱団団員募集

 中央公民館兼伊保公民館 電話447-2247

 活動内容 定期演奏会(年1回)、各種行事参加など 
 対象 小学2年生から中学2年生 
 しめ切り 3月25日(木曜) 
 申込方法 電話で中央公民館兼伊保公民館まで

 【練習】

 とき 第1・3・4土曜日 13時30分から15時30分 
 ところ 中央公民館兼伊保公民館

 【第3回定期演奏会】

 とき 3月20日(土曜) 13時30分から 
 ところ 中央公民館兼伊保公民館 
 入場料 無料

 

    <情報けいじばんトップに戻る>

お知らせ 

台所ごみは水を切って!

美化センター美化第一課 電話448-5220

 台所ごみなどは、水切りを十分にして、燃えるごみの日に出してください。水分が多いと焼却する時に助燃材(灯油)が多く必要となります。

 「一人くらい」という考えはやめ、「一人でも」ご協力をお願いします。

 

排出ガス中のダイオキシン類濃度の測定結果

美化センター美化第一課 電話447-1760

  ごみ焼却施設の煙突から排出されるガス中のダイオキシン類濃度の測定結果は、排出 基準(高砂市管理基準)に適合しています。ごみ焼却施設内の作業環境は、測定したすべての作業場で第一管理区域(作業環境管理が適切な状態であると判断される区域)となりました。

ダイオキシン類濃度測定結果
  測定日 11月25日 高砂市管理基準 0.05  法排出基準 0.1

1号炉 ダイオキシン類濃度  0.019  
2号炉 ダイオキシン類濃度  0.012  
(単位:ng-TEQ/立方メートルN)  ngは10億分の1g

 

防衛省では、一般曹候補生、自衛隊幹部候補生を募集しています

 詳しくは、自衛隊兵庫地方協力本部加古川地域事務所(電話426-3290)までお問い合わせください。

 

文化会館休館日の変更

文化会館 電話442-4831

 4月から水曜日も開館します。休館日は年末年始のみとなります。

 

みどりの相談所からのお知らせ

市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401

花と緑の教室

【春の草花を使った寄せ植えづくり(実習)】

とき 3月27日(土曜) 10時から12時
ところ 多目的研修室
定員 30人
受講料 2,500円(材料費を含む)
受付期間 3月5日(金曜)から19日(金曜)
申込方法 電話でみどりの相談所まで

展示会

【第8回春の山野草展】

とき 3月6日(土曜)・7日(日曜) 9時から17時 ※ 7日(日曜)は16時まで
ところ 展示コーナー

 

竜山石採石場見学&体験学習

高砂ブランド協会(高砂青年会議所内) 電話440-6500

ぼっくりんオリジナル日付入りストラップをプレゼント

とき 3月28日(日曜) 9時50分から12時
ところ (株)松下石材店(阿弥陀町魚橋546-1)
内容 竜山石の画材に、竜山石の小片を貼り付けてモザイク画を制作
定員 60人
持ち物 金づち(家庭用)
※ 作業のしやすい服装で参加してください。
しめ切り 3月15日(月曜)
申込方法 電話で高砂ブランド協会まで
参加費 無料

 

1日アートスクール

高砂市国際交流協会 電話443-9132

 姉妹都市ラトローブ市のアーティスト4人と一緒に楽しくオーストラリアの動物の絵を描きましょう!

とき 3月25日(木曜) 13時から17時
ところ 青年の家
対象 市内在住または在学在勤の人(※ 小学生未満は保護者同伴)
定員 30人
参加費 200円(保険代、オーストラリアの菓子代を含む)
持ち物 筆記用具、クレパス、絵の具セット
しめ切り 3月12日(金曜)
申込方法 電話で国際交流協会まで

 

ため池フォーラムinたかさご

高砂市ため池協議会 (まちづくり部建設課内) 電話443-9032

とき 3月6日(土曜)  10時から12時
ところ 福祉保健センター中ホール
挨 拶 玉岡 かおる 氏 (いなみ野ため池ミュージアム運営協議会会長)
提 案 「ため池を活かし、どう守っていくか」
◇三宅 康成 氏(兵庫県立大学准教授)
◇森川  稔 氏(滋賀県立大学准教授)
意見交換 ため池の問題点と課題を探る
参加費 無料

 

文化財総合的把握モデル事業

教育委員会生涯学習課文化財係 電話448‐8255

第10回 竜山石の名前

 今回は、竜山石の名前についてのお話です。石にはそれぞれ名前がありますが、それにはいわゆる俗称や通称のようなものと、学術的に決められた名称とがあります。  

 竜山石は「印南石」や「宝殿石」と呼ばれることもあります。これらの名称はいずれも俗称であって、きちんと定義して付けられた名称ではありません。俗称は人の暮らしの中で作られてきた名称で、いつごろ始まり、どのように変遷してきたのか、その研究は石の流通やその歴史を考える上では重要な意味があります。  

 一方、他の岩石と比較したり、各地の竜山石を比べたりする場合には、俗称ではなくきちんとした岩石名が必要になります。  

 これまでの書物などを見ると、多くの場合竜山石は流紋岩質溶結凝灰岩であると書かれています。流紋岩質というのは流紋岩と同じ化学組成を持っているという意味です。  

 流紋岩質のマグマは爆発的な噴火をおこし、大規模な火砕流を発生させることがあります。火砕流とは、高温のガスと火山灰や岩石片が勢い良く吹き出し、斜面を流れ下る現象です。その熱と圧密によって一部が溶けて再び固まり、溶結凝灰岩という岩石になります。  

 播磨地方から中国地方には、中生代白亜紀に形成された溶結凝灰岩が大量に分布していますが、一般に割れ目が多く、非常に硬いけれど破片状に割れるなど、加工しにくい岩石です。それに対して竜山石は割れ目が少なく大きな岩石が取れるうえに、適度な硬さで加工しやすい岩石です。  

 竜山石には、白い石のかけらが含まれていますが、それを顕微鏡で見ると、輪郭がぼやけてはっきりしないのがわかります。竜山石に含まれる岩片が流紋岩だけであること、石英や長石の結晶が細かい基質の部分によって溶かされていることなどから、最近では竜山石の起源を、流紋岩質溶岩が水中で破砕され、再堆積したハイアロクラスタイトという岩石とする考えが提唱されました。

 このような特殊なでき方が、岩石全体を均質にし、特有の粘り強い硬さをもった、竜山石特有の性質をもたらしたと考えられます。

 (兵庫県立人と自然の博物館 先山徹)

 

   <情報けいじばんにもどる>  

LOOK LOOK

  3月の相談

 市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談

とき 月から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 3月5日(金曜)・12日(金曜)・19日(金曜) 13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で秘書広報広聴室まで (当日8時30分から)

●行政相談

とき 3月10日(水曜) 13時から15時

●多重債務相談

とき 月から金曜日 8時30分から12時、13時から17時 

税務相談(予約制)

※ 3月の税務相談はありません。 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころの相談(予約制)

とき 月から金曜日 9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 3月24日(水曜) 13時から16時

定員 6人

障害者相談

福祉部高年・障害福祉課 電話443-9027 FAX443-3144  

●身体障害者相談

 とき 3月7日(日曜) 13時から15時

 ところ 福祉保健センター応接室  電話442-4047 FAX443-0505  

●知的障害者相談  

とき 3月2日(火曜) 10時から12時  

ところ 高砂育成寮(阿弥陀町南池)  電話448-0941  

●精神障害者相談(こころのサポート相談)

 とき 3月8日(月曜) 15時から17時

 ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室  

●障害者相談事業

 とき 

 ◇身体障害関係 水曜日 10時から12時

 ◇知的障害関係 木曜日 10時から12時

 ◇精神障害関係 月曜日 10時から12時

 ところ 西庁舎1階相談室

 内容 専門相談員による相談

 申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

 ※ ファクス可

 母子家庭相談

 福祉部児童福祉課 電話443-9024

 とき 月・火・木・金曜日 9時から16時

 ところ 児童福祉課

 子育て相談(予約制)

 子育て支援センター 電話442-2242

 とき 3月15日(月曜)・29日(月曜)  13時から15時30分

 ところ 子育て支援センター

 内容 臨床心理士による個別相談

 定員 3人

 STOP子ども虐待相談

 子育て支援センター 電話442-2260

 とき 月から金曜日 8時30分から17時

 ところ 子育て支援センター  

人権相談

 福祉部人権推進室 電話443-9060

 とき 3月15日(月曜)・25日(木曜) 13時から15時

 ところ みのり会館

 市民福祉相談

 社会福祉協議会 電話443-3720

 とき 月から金曜日 9時から16時

 ところ 福祉保健センター2階事務室

 消費生活相談

 生活環境部市民活動推進課 電話443-9078

 とき 月から金曜日 9時から16時

 ところ 市民活動推進課(消費生活相談窓口)

 若者しごと相談室

 若者しごと相談室 電話447-8280

 とき 水曜日 13時から17時

 ※ 第2・4水曜日は若者しごと倶楽部のキャリアカウンセラーが就職に関する相談に応じます。(予約制)

 ところ ふれあいの郷生石研修センター

 対象 おおむね39歳以下の人

 中小企業相談

 高砂商工会議所中小企業相談所 電話443-0500

 とき 月から金曜日 9時から17時

 ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

 中小企業特別融資相談

 生活環境部産業振興課 電話443-9030

 とき 月から金曜日 8時30分から17時

 ところ 生活環境部産業振興課

 少年相談

 青少年補導センター 電話443-6246

 とき 月から金曜日 8時30分から16時

 ところ 青少年補導センター

 教育相談

 のびのび教室 電話443-0115

 とき 月から金曜日

 ◇電話相談 8時30分から16時

 ◇面談 13時から16時

 ところ のびのび教室(青年の家)

 健診・健康相談

 ひだまりサロン・成人健康相談

 保健センター 電話443-3936  

 ところ 福祉保健センター

 ●ひだまりサロン

 とき 3月25日(木曜) 10時から11時30分  (受付9時30分から)

 内容 健康教育「離乳食のおはなし」、相談

 対象 妊産婦、1歳未満の乳児とその保護者

 ●成人健康相談

 内容 保健師、栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

 申込方法 電話で保健センターまで

 乳児保健相談・幼児健診

 保健センター 電話443-3936

 ところ 福祉保健センター

 ※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

 ●乳児保健相談(個別通知)

 とき 3月19日(金曜) 12時30分から13時30分

 内容 健診、計測、相談など

 対象 平成21年11月生まれの乳児

 持ち物 母子健康手帳・問診票

 ●1歳6カ月児健診(個別通知)

 とき 3月5日(金曜) 12時30分から13時30分

 内容 健診、計測、相談など

 対象 平成20年8月生まれの幼児

 持ち物 母子健康手帳・問診票

 ●3歳児健診(個別通知)

 とき 3月12日(金曜) 12時30分から13時30分

 内容 健診、計測、相談など

 対象 平成18年12月生まれの幼児

 持ち物 母子健康手帳・問診票

 加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

 地域保健課 電話422-0003

 ●こころのケア相談

 とき 3月8日(月曜)・15日(月曜)・23日(火曜)  13時から14時

 ●若者の心と体の相談

 とき 3月8日(月曜) 13時から15時

 ●歯の健康づくりステップアップ

 とき 3月15日(月曜) 13時30分から15時

 

 健康管理課 電話422-0002

 ●専門栄養相談

 とき 3月17日(水曜) 9時30分から11時30分

 ●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

 とき 3月10日(水曜)・24日(水曜) 9時20分から10時30分

 検査料 一部有料

 酒害相談

 とき 3月19日(金曜) 13時から14時30分

 ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

 相談員 姫路断酒会高砂支部会員

 ※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで  

 母子健康手帳交付

 保健センター 電話443-3936

 とき

 ◇3月8日(月曜) 13時から16時

 ◇3月25日(木曜) 9時から12時

 ところ 福祉保健センター

 対象 妊婦

 持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

 ※ 都合の悪い場合は各市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。

 犬・猫の引き取り

 ※どうしても飼えない場合に限ります。

 犬の引き取り

 動物愛護センター三木支所  電話0794-84-3050

 とき 3月3日(水曜)・10日(水曜)・17日(水曜)・24日(水曜)

    10時50分から11時5分

 ところ 加古川総合庁舎駐車場

 ※ 成犬1匹につき、1,700円、子犬10匹まで1,700円が必要です。

 猫の引き取り

 生活環境部環境政策課 電話443-9029

 とき 3月1日(月曜) 10時から10時20分

 ところ 西庁舎前

 ※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。

 

  <目次にもどる>

救急医 

※ 間違い電話にご注意ください。

 <目次にもどる>

マイタウン 1・2月のスナップ 

二分の一成人式

  2月4日(木曜)、阿弥陀小学校で4年生が自分の夢や10年後の自分への手紙をつづった「夢の本」を発表しました。

夢・そして大切なこと

  1月21日(木曜)、曽根小学校でさまざまな分野で働く19人が6年生に体験を語りました。  

1・17は忘れない高砂集会

  1月17日(日曜)、中央公民館兼伊保公民館で防災リーダーたかさごのメンバーが災害の備えなどを紹介しました。

消防団協力事業所表示証交付式

  2月2日(火曜)、(株)神戸製鋼所高砂製作所が認定され、市長から表示証が交付されました。

大塩天満宮の毛獅子国立劇場で披露

  1月30日(土曜)、県重要無形民俗文化財の毛獅子が、全国各地の獅子舞と一緒に披露されました。

高砂神社夫婦感謝祭

  2月2日(火曜)夫婦感謝の日に、高砂神社で夫婦和合長寿の特別祈願や謡曲「高砂」の奉納などが行われました。  

スポーツ少年団空手道交歓大会

  2月7日(日曜)、総合体育館で日ごろ磨いた技を披露しました。  

高砂まちあるきin曽根

  2月14日(日曜)、教育センターで文化財調査の報告会のあと曽根のまちを探索しました。

 

   <目次にもどる> 

あけぼの

2010.3.1 第135号 高砂市人権教育協議会 

ユニバーサル社会へ

このような立場の人々をはじめ、だれもが「使いやすいな」、「暮らしやすいな」と感じる社会へ

バリアフリーからユニバーサルデザインへ

 「バリアフリー」という言葉の「バリア」とは「障壁」という意味で、高齢者や障がいのある人を対象に、たとえば、もともとあった段差にスロープ等をつけて、バリアを取り除き、ハンディキャップをもった人が安心して生活できるようにする考え方です。

 それに対して、ユニバーサルデザインは最初から段差をつくりません。特定の人を限定せずに、だれにとっても、利用しやすいものをめざしています。 

※バリアには次のようなものも含まれます。

  • 心のバリア 障がいに対する差別や偏見など
  • 制度上のバリア 制度上、入学や就職の機会が与えられないことなど 
市内で見つけたユニバーサルデザインです!みなさんもさがしてみてください。
 自動販売機

お金を入れる場所、商品を選ぶボタンや取り出し口が真ん中付近にあり、だれもが使いやすくなっています。また、お金を入れる場所に受け皿がついているため、硬貨が入れやすくなっています。

多機能トイレ

車いすを利用する人をはじめ腹部に人工肛門を持っている人、乳幼児を連れている人など、だれでも使いやすいようになっています。

シャンプーボトル

シャンプーの容器にギザギザがついているため、目の不自由な人だけでなく、洗髪中に目を閉じていてもリンスと区別できます。

ドアー

ドアーはできる限り引き戸にし、バーハンドルにするとだれもが使いやすくなります。 

「心のユニバーサルデザイン」をめざして

米田保育園 東野 淳子

 高砂市で生まれ育った私は、この町が大好きです。三世代で住み、多いときには家族が十人以上いました。両親が共働きだったことや祖母は手足が不自由だったことで、二歳から保育園に通っていたそうです。家庭でも保育園でも大勢の中にいたので、いつも笑い声が絶えませんでした。保育園が大好きだった私は、現在保育士として働いています。 

 最近、『ユニバーサルデザイン』という言葉を耳にすることがよくあります。これは、左利きの人、子ども、妊婦さん、障がいのある人、外国の人などすべての人にとって「使いやすい」と感じることができるように、はじめからデザインするという考え方なのだそうです。そこで改めて身の回りを見渡してみると、あらゆるところにエレベーターやエスカレーター、手をかざすと水が出る手洗い場などがあり、当たり前に利用しているのに気づきました。駅では三ヶ国の言葉で表示された案内板やお金をまとめて入れることができる自動販売機もありました。テレビでは大きな文字の携帯電話や斜めドラム式の洗濯機がコマーシャルで流れています。こうしてみるとずいぶん暮らしやすくなったのは確かです。でも、それだけで住みやすい町だと言えるのでしょうか。

 私は特に秋祭りが盛んな町に育ったので、太鼓の音が聞こえてくると体がじっとしていません。今年度も盛大に行われましたが、そこには高齢者の方も小さい子もみんなが一つになって参加している姿が見られました。「やっぱりいいなぁ」と心から思いました。人と人とのかかわりというものは、心を元気にしてくれます。これからは一人一人が『心のユニバーサルデザイン』を大切にし、互いの立場を尊重しながら支え合える町(人)でありたいと願っています。

 

  <目次に戻る> 

希望のある医療をめざして

市民病院からのお知らせ 電話442-3981

市民病院の経営状況を報告します!(第10回)

【分析】

 2月からは形成外科医1名が増員され、より充実した診療体制となっております。
 
1月の診療収益は前年度より下がりましたが今後も安定した収益確保の取り組みを引き続き行ってまいります。

正規看護師募集

看護の現場であなたの希望を叶えたい!

募集人員 10人程度
受験資格 看護師免許を有する昭和40年4月2日以降生まれの人
※ 今春の国家試験において免許取得見込みの人を含む。
募集人員 10人程度
受付期間 3月5日(金曜)まで
※ 採用試験案内は市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからも取り出せます。
勤務時間 病棟勤務 8時30分から17時、16時から0時15分、0時から8時45分
給与 準夜、深夜の勤務を各4回した場合の例(地域手当を含む)
※ 別途、通勤手当、時間外勤務手当等の支給あり
◇新卒 225,000円から237,000円
◇以前の経験年数が10年の場合 279,000円から301,000円
◇以前の経験年数が5年の場合 255,000円から273,000円

【採用試験】

とき 3月7日(日曜)  科 目 筆記、面接 

市民病院の見学 ※随時実施中

 お気軽に見学に来てください。スタッフ同士の気づかいのある温かな職場です。  

対象 看護師として就職を希望している人  
内容 市民病院内の見学、看護局の紹介など
※ 申込方法など詳しくは市民病院総務課にお問い合せください。

 当院の基本理念は 希望のある医療

 固定チーム継続受け持ち制で患者としっかり向き合える看護を実現しています。地域の中核的な総合病院として救急医療にも力を入れています。「キャリアアップしたい」「ブランクがあって不安」そんな看護師のいろいろな思いにも応える充実の教育体制も整えています。

 出産などで現場を離れたがもう一度、急性期病院で働きたい人に安心して復帰できるプリセプター制度を採用しています

 当院では不安なく復帰できるように教育担当がつき、オーダリングシステムや処置の手順など細かなことも丁寧に指導します。

 

  <目次に戻る>