広報たかさご7 No.784 平成22年

 目次

        住宅火災警報器を取り付けましょう                                

   国保医療課からのお知らせ

   市民病院からのお知らせ

   飼い主のみなさん、マナーを守りましょう

   参議院議員通常選挙のお知らせ

   市役所本庁舎「日曜窓口サービス」を実施しています

   ひと・まち・石(第14回 紙人形を飾る七夕)

 

住宅用火災警報器を取り付けましょう

平成23年5月31日までにすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。火災はいつ誰の身に起こるかわかりません。あなたや家族の大切ないのちを守るのに猶予期間はありません。設置期日まで取り付けを延ばすよりも一日も早く設置しましょう。

悪質な訪問販売にご注意を…

消防署から直接訪問して、物品を販売することはありません。

問い合わせ先 消防本部予防課指導係 電話448-4019

不審火に注意!

 6月12日(土曜)に中筋市営住宅において4件目の不審火による火災が発生し住宅一軒が全焼しました。春先から不審火による火災が連続して発生しています。不審者に注意し、建物の周囲に燃えやすい物を放置しないなど放火されにくい環境をつくりましょう! 

住宅用火災警報器の購入費の一部を助成します

問い合わせ先 福祉部高年・障害福祉課 電話443-9026

対 象 市内に住所を有し、ふたり暮らしで共に70歳以上の世帯

※ 平成23年3月31日現在

◇次の要件にあてはまる人は対象になりません。

・賃貸住宅に居住している(県営・市営住宅を含む)

・平成22年3月31日までに住宅用火災警報器を設置している

・社会福祉施設、医療施設などに長期入所・入院している(平成23年3月31日までに退所・退院が見込まれる人は対象)

・住民票ではふたり世帯となっているが、2世帯住居などで同一住宅に家族と住んでいる(建物が別棟の場合は対象)

・平成18年6月1日以降に新築した住宅に住んでいる

給付額 1世帯1台の購入費、上限3500円

※ 取り付け費用は除く。

申請方法 住宅用火災警報器給付申請書に必要事項を記入の上、高年・障害福祉課または各市民サービスコーナー・市民コーナーまで

※ 申請書は、高年・障害福祉課または各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。

購入方法 給付決定後、火災警報器販売取扱店で購入してください。

請求方法 住宅用火災警報器給付請求書に必要事項を記入の上、購入時の領収証を添付し、高年・障害福祉課または各市民サービスコーナー・市民コーナーまで

取り付け 購入店や本人、家族などによる取り付けが可能です。また、市に取り付けを依頼する場合は、申請書を提出後、11月頃から訪問し取り付けます。

Q 平成22年4月以降にすでに住宅用火災警報機を購入し、設置しているのですが・・・

A 購入が確認できれば給付対象になります。購入日または設置日、購入業者、商品名、購入金額などが記載されている領収証などが必要です。 

  <目次にもどる>   

国保医療課からのお知らせ

後期高齢者医療制度

平成22年度保険料額決定通知書は、7月中旬に送付します。

保険料の計算方法

 保険料は、平成21年中の所得に応じた所得割額と、すべての被保険者が等しく負担する均等割額の合計額です。

 年間の保険料の上限は50万円です。

年間保険料=所得割額 算定所得※かける8.23%たす均等割額43924円

※ 平成21年中の総所得金額等から基礎控除(33万円)を差し引いたもの。

保険料の納付方法

普通徴収(納付書や口座振替)

 7月から翌年3月までの9回に分けて納付します。

特別徴収(年金からの天引き)

 4月から翌年2月までの年6回で年金支給月に年金からの天引きにより納付します。

特別徴収から口座振替に変更できます

申込方法 

後期高齢者医療被保険者証、振替口座の預金通帳、印鑑を持参の上、国保医療課賦課収納係まで

※ 申し出から切り替えに2から3カ月かかります。

保険料の軽減措置

所得の低い人の軽減

●均等割の軽減

 同一世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者および世帯主の総所得金額等の合計額が、表の基準額以下の場合、均等割額が軽減されます。

基準額(平成21年中の世帯の合計所得金額)33万円

被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得がない)の場合

軽減割合(軽減後均等割額) 9割(4392円)

基準額(平成21年中の世帯の合計所得金額)33万円

上記以外

軽減割合(軽減後均等割額) 8.5割(6588円)

基準額(平成21年中の世帯の合計所得金額) 33万円たす24万5千円かける被保険者の数(被保険者である世帯主を除く)

軽減割合(軽減後均等割額)  5割(21962円)

基準額(平成21年中の世帯の合計所得金額)  33万円たす35万円かける被保険者の数

軽減割合(軽減後均等割額)  2割(35139円)

●所得割の軽減

 所得割を負担する人のうち、所得割額の算定対象所得(総所得金額等ひく33万円)が58万円(年金収入のみの場合、211万円)以下の人は、所得割額が5割軽減されます。

 所得未申告の世帯は、軽減が適用されませんので必ず申告してください。

被扶養者だった人の軽減

 加入する前日に、会社の健康保険などの被用者保険(国民健康保険や国民健康保険組合を除く)の被扶養者だった人は、所得割の負担はなく、均等割額が昨年に引き続き、9割軽減されます。

保険料の減免

 前年中の所得が600万円以下で、災害で大きな損害を受けたり退職または失業などにより所得が著しく減少した人は、保険料を減額できる場合があります。

国民健康保険制度

国民健康保険料の8月分特別徴収額について

 4月・6月・8月の仮徴収額は原則、2月分の本徴収額と同額ですが、年度途中で保険料の増減があった場合、年間の保険料が、前半(仮徴収)もしくは後半(本徴収)にかたよってしまうことがあります。そこで、1年間を通じて各特別徴収額ができるだけ均一になるように、8月分の特別徴収額を調整し平準化を行います。ただし、かたよりの少ない場合は平準化は行いません。

※ 平準化しても年間保険料は変わりません。

問い合わせ先 健康市民部国保医療課賦課収納係 電話443-9072

          兵庫県後期高齢者医療広域連合事務局 電話078-326-2021

 <目次にもどる>    

市民病院からのお知らせ 希望のある医療をめざして

問い合わせ先 市民病院 電話442-3981

市民病院の経営状況を報告します(第14回)

【分析】

 平成22年5月は例年落ち込む時期ですが、前月と同様に診療収益が4億円を越え、過去3年間で一番の収益となりました。今後も職員一丸となり、安定した収益の確保、充実した診療体制の提供に努めてまいります。

七夕コンサート

とき  7月1日(木曜) 16時から

ところ 市民病院玄関ホール

職員募集

しめ切り 7月23日(金曜)

採用試験

とき  7月25日(日曜)

科目 筆記、面接

平成23年4月1日採用

正規看護師募集

受験資格 看護師免許を有する昭和41年4月2日以降生まれの人

募集人員 30人程度

勤務時間 ◇病棟 8時30分から17時、16時から0時15分、0時から8時45分

給与 病棟勤務で準夜、深夜の勤務を各4回した場合の例(地域手当を含む)

※ 別途、通勤手当、時間外勤務手当等の支給あり

新卒 225000円から237000円

以前の経験年数が5年の場合 255000円から273000円

以前の経験年数が10年の場合 279000円から301000円

平成22年9月1日採用

正規薬剤師募集

受験資格 薬剤師免許を有する昭和55年4月2日以降生まれの人

募集人員 1人

勤務時間 8時30分から17時15分

※ 採用試験案内は、市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからも取り出せます。

当院の基本理念は「希望のある医療」

看護の現場であなたの希望を叶えたい!

 固定チーム継続受持ち制で患者としっかり向き合える看護を実現しています。地域の中核的な総合病院として救急医療にも力を入れています。

 「キャリアアップしたい」「ブランクがあって不安」そんな看護師のいろいろな思いにも応える充実の教育体制も整えています。

安心して復帰できるプリセプター制度

 出産などで現場を離れたがもう一度、急性期病院で働きたい人に、当院では不安なく復帰できるように教育担当がつき、オーダリングシステムや処置の手順など細かなことも丁寧に指導します。

第1回潜在看護師育成研修を実施します

 育児などで現場を離れたが看護師として再就職を希望する人、復帰したいが再び看護業務を円滑に行えるか不安のある人、ぜひ、参加してください。

 あなたの看護師復帰への不安を解消します!

とき 7月24日(土曜) 9時30分から11時30分

※ 受付は9時から

市民病院の見学(随時実施中)

 お気軽に見学に来てください。スタッフ同士の気づかいのある温かな職場です。

対象 看護師として就職を希望している人

内容 市民病院の見学、看護局の紹介など

  <目次にもどる>   

飼い主さん、マナーを守り人とペットが暮らしやすいまちにしましょう

問い合わせ先 生活環境部環境政策課 電話443-9029

愛犬の登録をしましょう

 犬の飼い主は、狂犬病予防法により、犬の登録を行うことが義務付けられています。(市内動物病院でも登録ができます。)

 また、住所や飼い主の変更、飼い犬の死亡についてもそれぞれ届け出の必要があります。

愛犬に鑑札をつけましょう

 飼い犬には鑑札をつけておく必要もあります。

 鑑札は、首輪につけておくことによって名札の役割も果たします。たとえ犬が迷子になっても鑑札がついていれば、飼い主のもとへ戻ってくる可能性が非常に高くなります。

 この小さな犬鑑札(名札)が愛犬の命を救うこともあるのです。

狂犬病の予防注射を毎年受けさせましょう

 「狂犬病」は、犬ばかりでなく人に感染すると治療法がなく、ほぼ100%死亡する恐ろしい感染病です。日本では1957年以降、国内発症はありませんが海外で犬にかまれ日本に帰国後、「狂犬病」を発病し、死亡に至ったという事例があります。

 飼い主の最低限の義務として、飼い犬には毎年、狂犬病予防注射をきちんと受けさせましょう。

マナーを守りましょう

 フンの放置は景観を損ねるだけでなく、臭いや通行する人、ご近所にとっても大変、迷惑です。飼い主は、ペットのフンを必ず持ち帰るようにしましょう。

 また、オシッコをさせる場所にも気を遣い、家の前や飲食店の前など迷惑のかかる場所は避けましょう。散歩をさせるときは、水を持参して、迷惑のかかる場所でオシッコをしてしまったら、水で流してあと始末を行うようにしましょう。

イエローカード作戦実施中

私たちのまちをきれいにしましょう

 市では、フン放置対策として「イエローカード作戦」を実施しています。市内からマナー違反がなくなり、暮らしやすいまちになるよう、ご協力をお願いします。

マナー違反にイエローカードで警告します!

フンの始末は飼い主の責任です。犬のフンは必ず持ち帰りましょう。

のら猫を増やさないために

 のら猫による生活環境の悪化で被害を受けている人が近年増加しています。

 主な原因のひとつとして、人がのら猫に安易にエサを与えて、のら猫の増加を助長させていることが考えられます。

 のら猫にエサを与えている人は、猫を助けていると感じているかもしれませんが、むしろ近所に迷惑をかける不幸な猫を増やすことになります。

 エサを与える前に責任を持ってその猫の一生の世話ができるかどうかよく考えてみてください。他人に迷惑をかけないために、よく考えましょう。

 <目次にもどる>    

参議院議員通常選挙のお知らせ

投票日 7月11日(日曜) 7時から20時

開 票 7月11日(日曜) 21時から  

場 所 総合体育館

問い合わせ先 選挙管理委員会 電話443-9057

ご注意ください

期日前投票所が西庁舎から南庁舎になりました。 

不在者投票

ところ 西庁舎2階(選挙管理委員会)

 仕事や旅行などで遠方に滞在しているため、6月25日(金曜)から7月11日(日曜)までの間に投票できない人は滞在地の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

 投票用紙等請求書兼宣誓書に必要事項を記入の上、早めに選挙管理委員会までご請求ください。投票用紙等を郵送しますので、早めに滞在地の選挙管理委員会で不在者投票をしてください。また、不在者投票ができる病院や施設などに入っている人は病院内や施設内で不在者投票ができます。

期日前投票

ところ 南庁舎2階会議室

 仕事や旅行などのため、投票日に投票できない人は期日前投票ができます。

とき  6月25日(金曜)から7月10日(土曜) 8時30分から20時

◇期日前投票の際に宣誓書の記入が必要です。(印鑑不要)

◇投票所お知らせ券がなくても、本人の確認ができれば、投票できます。

◇期日前投票の際に満20歳未満の人は不在者投票をしてください。

郵便等による不在者投票〔請求期限 7月7日(水曜)〕

 【表1】に該当する人は自宅や療養先などから郵便等による不在者投票ができます。

 この場合、あらかじめ、「郵便等投票証明書」が必要です。

※ 平成22年4月1日から「かん臓の障害」が新たに追加されています。

代理記載制度         

 郵便等による不在者投票ができる人で、【表2】に該当する場合は、代理人(選挙権がある人に限る。)が記載し、郵便等による不在者投票ができます。

 この場合、あらかじめ、該当者であることを証明する手続きや代理記載人の届出が必要です。

※ 詳しくは選挙管理委員会までお問い合わせください。 

【表1】

身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能のしょうがい 1・2級

身体障害者手帳 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸のしょうがい 1・3級

身体障害者手帳 免疫、かん臓のしょうがい 1から3級

介護保険被保険者証 要介護状態の人 要介護認定5

戦傷病者手帳 両下肢、体幹のしょうがい 特別から第2項症

戦傷病者手帳 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、かん臓のしょうがい 特別から第3項症 

【表2】

身体障害者手帳  上肢、視覚のしょうがい 1級

戦傷病者手帳   上肢・視覚のしょうがい 特別から第2項症 

選挙公報

 自治会から各世帯に配布します。

※ 各市民サービスコーナー・市民コーナーにもあります。

選挙に関するホームページ

 参議院議員通常選挙に関する情報は、市ホームページまたは兵庫県選挙管理委員会ホームページをご覧ください。

投票所

 投票所お知らせ券に記載されている投票所をご確認ください。

ご注意ください

 第4投票所(投票所地図(4))が、真浄寺きくなみ保育園から市営松波住宅集会所へ変更になりました。 

1 子育て支援センター(高砂町東浜町1266番地の1)

2 高砂小学校体育館(高砂町大工町810番地の1)

3 三菱製紙体育館(高砂町栄町359番地の2)

4 市営松波住宅集会所(高砂町松波町440番地の25)

5 荒井小学校体育館(荒井町東本町10番1号)

6 白兎愛育園(荒井町千鳥2丁目23番12号)

7 みどり丘保育園(緑丘1丁目1番14号)

8 伊保小学校体育館(伊保東1丁目18番1号)

9 美保里保育園(美保里13番1号)

10 雇用促進住宅集会所(竜山1丁目14番)

11 伊保南幼稚園(伊保崎1丁目10番9号)

12 梅井保育園(梅井4丁目3番6号)

13 中筋公民館(中筋3丁目5番24号)

14 曽根小学校体育館(曽根町2500番地)

15 教育センター集会室(曽根町2301番地の1)

16 北之町北本町自治会館(曽根町942番地の4)

17 米田小学校体育館(米田町米田451番地)

18 米田団地第1集会所(米田団地185番地の2)

19 米田新集会所(米田町米田新116番地の5)

20 米田西小学校体育館(米田町塩市17番地の1)

21 神爪公会堂(神爪5丁目13番6号)

22 阿弥陀小学校体育館(阿弥陀町阿弥陀1099番地の1)

23 北山自治会館(阿弥陀町北山22番地の1)

24 魚橋自治会館(阿弥陀町魚橋1688番地)

25 魚橋南集会所(阿弥陀町魚橋1020番地の1)

26 中筋小学校体育館(中筋1丁目2番1号)

27 地徳公会堂(阿弥陀町地徳90番地)

28 北浜小学校体育館(北浜町北脇34番地の5)

29 牛谷会館(北浜町牛谷414番地の3)

投票所お知らせ券

 投票所お知らせ券は、世帯6人分をまとめて1枚の封書で世帯主あてに郵送します。投票の際は各自が本人の部分を切り離し、受付係にお渡しください。

 投票所お知らせ券は投票の日時や場所などをお知らせするもので、投票所お知らせ券がなくても、本人の確認ができれば、投票できます。

問い合わせ先 高砂市選挙管理委員会 電話443-9057

 <目次にもどる>    

市役所本庁舎「日曜窓口サービス」を実施しています

問い合わせ先 企画総務部総務課 電話443-9003

開庁日 毎週日曜日(年末年始を除く)

開庁時間 9時から12時30分

開庁場所 市民課窓口(本庁舎1階)

取扱業務 健康市民部市民課 電話443-9019 財務部市民税課  電話443-9014

住民票などの交付・印鑑登録証明書の交付・印鑑登録の申請・印鑑登録証亡失届・廃止の申請・戸籍謄抄本などの交付・登録原票記載事項証明書の交付(注)内容によりお取り扱いできない場合があります。妊娠届出書の受理・母子健康手帳の交付・予防接種手帳引換券の受理・交付・新型インフルエンザ・高齢者インフルエンザ予防接種費用免除申請書の受付・課税(所得)証明書の交付・納税証明書の交付・固定資産証明書の交付・市税、保険料の納付(納付書持参のものに限ります。)

(注)「登録原票記載事項証明書」については、国籍、登録番号、氏名、生年月日、性別、在留の資格、在留期間、世帯主の氏名、続柄、居住地のみの証明となります。

 上記の取扱業務については、一部取り扱いできない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 各種証明書発行の際にご本人であることを確認します。本人確認ができる書類(運転免許証、住基カード(顔写真付き)など)の提示をお願いします。

  <目次にもどる>   

ひと・まち・石(第14回 紙人形を飾る七夕)

問い合わせ先 教育委員会生涯学習課文化財係 電話448-8255

 「笹の葉さらさら 軒端にゆれる・・・」という唱歌と共に、彦星・織姫の物語を聞き、短冊に願いを書いた記憶は、それなりの年齢の人には、かすかなりと残っているのではないでしょうか。かつては、子供のいるどこの家庭でも行っていた七夕の行事です。普通は笹竹に願い事を書いた短冊を取り付け、色紙などを切って飾り、庭先に立てるのですが、北浜町から曽根町にかけては少々珍しい風があります。二本の笹竹に数段細竹を渡し、それに袖を通した紙人形を提灯と共に飾るのです。

 月おくれの8月6日に町内を歩くと、意外にたくさんこの七夕飾りを目にすることができます。ある家では、三段の上段に子供の名前と家紋を入れた提灯を吊り、中・下段には10体ばかりの紙人形を飾っていました。紙人形は包装紙などを切って家々で作っていたのですが、今は買って来るといいます。提灯はひょうたん形や船形の吊り提灯、あるいはスタンド形のものが、初七夕の時、祖父母世や親戚から贈られ、お礼としてぼた餅を返したものと聞きます。縁側の机上には、スイカ・トウモロコシ・カボチャといった野菜や季節の果物が供えられます。ナスに割箸を挿して手足とした牛も見え、中には、皿に水を張って「天の川」と書いた短冊を浮かべている家もあります。

 昔は、「アラカシに行く」といって子供達が初七夕の家を回り、煎豆などをもらったといいます。後には、菓子やカキ氷の券などに変り、昭和40年頃になって風紀上問題があるとしてこの風はなくなって、今では、初七夕の家からの寄付を得て子供会で菓子を配ったりしています。

 七夕の行事には、盆行事に連なる古来の風習に大陸の牽牛・織女の伝説や技芸の上達を願う乞巧奠の行事が取り入れられ、地域により様々な展開をして来ました。いずれにしても、当地方の七夕は全国的にも珍しく、今後も子供達の心に残る行事として大切にしたいものです。(曽根天満宮 曽根文省)

   <目次にもどる>