広報たかさご7月号 No.784 平成22年

表紙

プール開き    6月14日(月) 高砂小学校 

目次

       情報けいじばん  

     LOOK  LOOK  7月の相談ほか

     救急医

     マイタウン 5・6月のスナップ

 

人口の動き   

(6月1日現在、外国籍人口を含む)

人口 96494人 (83減)

男 47358人 (55減)

女 49136人 (28減)

世帯数 38345世帯(6増) 

情報けいじばん

年金    健康  福祉  安全安心  学ぶ  催し  募集  お知らせ

年金

国民年金保険料免除制度若年者納付猶予制度

健康市民部市民課国民年金係 電話443-9022

 国民年金保険料の納付が経済的な理由などで困難な場合、免除制度や若年者納付猶予制度があります。

 保険料を未納のままにしておくと、老後の老齢基礎年金、万一のときの障害基礎年金、遺族基礎年金を受けることができなくなる場合がありますので、早めに申請してください。

 なお、昨年度に承認を受けた人が引き続き希望する場合、毎年7月に申請が必要です。

※ 継続審査の申し出により、期間延長の承認を受けた人は除く。

免除制度 4分の1免除

対象者 失業などの経済的な理由により納付が困難な人

所得審査の対象 本人・配偶者・世帯主

国民年金受給資格の期間 入ります

老齢基礎年金を受けるとき 年金額に8分の7が反映

障害・遺族基礎年金を受けるとき 保険料納付済期間と同じ扱いです

追納期間 10年以内

※ 3年目以降に追納する場合、当時の保険料に加算額が上乗せされます

免除制度 半額免除

対象者 失業などの経済的な理由により納付が困難な人

所得審査の対象 本人・配偶者・世帯主

国民年金受給資格の期間 入ります

老齢基礎年金を受けるとき 年金額に4分の3が反映

障害・遺族基礎年金を受けるとき 保険料納付済期間と同じ扱いです

追納期間 10年以内

※ 3年目以降に追納する場合、当時の保険料に加算額が上乗せされます

免除制度 4分の3免除

対象者 失業などの経済的な理由により納付が困難な人

所得審査の対象 本人・配偶者・世帯主

国民年金受給資格の期間 入ります

老齢基礎年金を受けるとき 年金額に8分の5が反映

障害・遺族基礎年金を受けるとき 保険料納付済期間と同じ扱いです

追納期間 10年以内

※ 3年目以降に追納する場合、当時の保険料に加算額が上乗せされます

免除制度 全額免除

対象者 失業などの経済的な理由により納付が困難な人

所得審査の対象 本人・配偶者・世帯主

国民年金受給資格の期間 入ります

老齢基礎年金を受けるとき 年金額に2分の1が反映

障害・遺族基礎年金を受けるとき 保険料納付済期間と同じ扱いです

追納期間 10年以内

※ 3年目以降に追納する場合、当時の保険料に加算額が上乗せされます

若年者納付猶予制度

対象者 失業などの経済的な理由により納付が困難な30歳未満の人

所得審査の対象 本人・配偶者

国民年金受給資格の期間 入ります

老齢基礎年金を受けるとき 年金額に反映されません

障害・遺族基礎年金を受けるとき 保険料納付済期間と同じ扱いです

追納期間 10年以内

※ 3年目以降に追納する場合、当時の保険料に加算額が上乗せされます

<目次にもどる>

 7月の納付

 固定資産税2期、国民健康保険料1期、後期高齢者医療保険料1期、介護保険料1期の納期は8月2日(月曜)です。

 市税、国民健康保険料などの納付は安全・便利・確実な口座振替をご利用ください。

<目次にもどる>

健康 

けんこうウエルカム

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 各検(健)診の対象は、平成23年3月31日現在の年齢です。健康保険証など年齢確認ができるものが必要です。 

こんにちは赤ちゃん訪問

 母子保健推進員などが、子育てに役立つ情報と予防接種手帳を持って訪問します。

対象   生後4カ月未満の乳児のいる家庭

※ 案内ハガキを郵送します。

妊婦健康診査費助成券

申込方法 直接、保健センターまで

助成金額 全妊娠期間の健診1回につき

上限4000円を12回  上限11000円を2回

持ち物 母子健康手帳、印鑑(シャチハタ不可)

助成券交付前や協力医療機関以外で受診した場合

持ち物 助成券、母子健康手帳、印鑑(シャチハタ不可)、領収書、振込先口座のわかるもの

※ 医療機関の診療時間外は、手続きができない場合があります。 

在宅寝たきり高齢者歯科訪問指導

 歯科医師・歯科衛生士・保健師などが訪問し、保健指導などを行います。

対象   寝たきりでおおむね65歳以上の市民

費用負担 1回目は無料、2回目以降は保険診療

申込方法 電話で保健センターまで 

結核・肺がん検診

とき  8月19日(木曜)、9月6日(月曜) 9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容  胸部エックス線直接撮影

対象  20歳以上の市民

※ 他の健診で胸部レントゲン撮影を受けていない人

※ 喀痰検査は50歳以上で喫煙指数600以上の人

検診料 1000円

※ 喀痰検査を受ける人は別途、1000円が必要、75歳以上の人は無料、申込不要 

からだリセット健診

とき  8月19日(木曜) 9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容  身体計測、血圧測定、尿検査、肝機能検査、脂質検査、糖尿病検査、問診、理学的検査、胸部エックス線直接撮影

対象 

◇30歳以上39歳以下の市民

◇生活保護受給中の40歳以上の市民(生活習慣病治療中の人を除く)

健診料 1000円

※ 胸部レントゲン撮影を受ける人は別途、1000円が必要

しめ切り 8月5日(木曜)

申込方法 電話で保健センターまで 

総合がん検診

とき  9月8日(水曜) 9時から15時30分(時間指定)

ところ 福祉保健センター

内容

◇結核・肺がん検診 胸部エックス線直接撮影

◇大腸がん検診 便潜血反応検査2日法

◇胃がん検診 バリウムによるエックス線間接撮影

◇乳がん検診(女性のみ) マンモグラフィー 

※ 乳がん検診は平成21年度に乳がん検診を受けていない女性

定員  120人 ※ 乳がん検診は50人

受付期間 7月21日(水曜)から

申込方法 電話で保健センターまで

 総合がん検診

20歳以上39歳以下 結核・肺がん検診料 1000円

40歳以上64歳以下 結核・肺がん検診料 1000円 大腸がん検診料 700円 胃がん検診料 1800円 乳がん検診料 40から49歳(2方向) 2500円 50から64歳(1方向) 2000円

65歳以上74歳以下 結核・肺がん検診料 1000円 大腸がん検診料 700円 胃がん検診料 1800円 

個別大腸がん検診

内容  便潜血反応検査

対象  40歳以上の市民

※ 市の大腸がん検診は年度に1回しか受けることができません。

検診料 700円

※ 75歳以上は無料

申込方法 直接、または電話で実施医療機関まで 

実施医療機関 

秋山内科医院 末広町 電話番号 444-0770

荒川クリニック 荒井町日之出町 電話番号 443-5566

泉外科医院 伊保1丁目 電話番号 447-1111

井上泌尿器科 高砂町栄町 電話番号 444-0300

魚川医院 米田町米田 電話番号 432-5226

植杉医院 松陽1丁目 電話番号 448-9886

大北・牛尾クリニック 中筋1丁目 電話番号 447-1855

大森整形外科医院 曽根町 電話番号 448-5000

織田医院 荒井町東本町 電話番号 442-0662

鹿嶽胃腸科内科 伊保1丁目 電話番号 447-3551

かとうクリニック 米田町島 電話番号 433-2203

金村医院 米田町米田 電話番号 431-5115

川上神経内科 高砂町栄町 電話番号 442-2188

河野クリニック 高砂町栄町 電話番号 444-2112

阪本医院 神爪1丁目 電話番号 432-2222

さわたり循環器科内科 伊保4丁目 電話番号 446-2332

菅野医院 阿弥陀町魚橋 電話番号 447-1076

寺西内科 米田町米田 電話番号 431-6151

はぎはら内科医院 阿弥陀1丁目 電話番号 447-3343

東高砂胃腸外科 米田町古新 電話番号 432-1119

ふじわら医院 米田町塩市 電話番号 434-2355

増田内科医院 神爪5丁目 電話番号 433-1313

松本医院 伊保3丁目 電話番号 447-0341

三木医院 高砂町北本町 電話番号 442-2495

三木内科クリニック 荒井町中新町 電話番号 443-8500

みやけ小児科 中島2丁目 電話番号 443-3535

矢野内科医院 米田町米田 電話番号 432-7100

横山外科胃腸科医院 高砂町朝日町 電話番号 442-0377 

特定疾患医療受給者証の更新

加古川健康福祉事務所 電話422-0003

対象 現在、受給者証を持ち、10月以降も交付を希望する人

受付期間 7月1日(木曜)から9月30日(木曜) 9時から16時

受付場所 加古川健康福祉事務所 

国民健康保険上半期 人間ドック追加募集

 平成22年度上半期分人間ドック助成希望者を追加募集します。申込方法など詳しくは、市ホームページをご覧いただくか、国保医療課までお問い合わせください。

検査機関 市民病院

定員

◇1泊2日コース 男性9人(8月2日、23日、9月6日、15日)

◇1日コース 男性10人(7月30日、8月20日、9月3日、17日、24日) 女性1人(8月4日)

しめ切り 7月16日(金曜)(必着)

※ 申込者多数の場合は、公開抽選(7月20日(火曜)13時から南庁舎5階大会議室)

※ 下半期分の募集は、広報たかさご8月号でお知らせします。

健康市民部国保医療課 電話443-9020 

平成21年度おもいやり標語金賞作品

おもいやる 心とゆう気が たからもの

曽根小学校 山本 真穂 さん 

<目次にもどる>

福祉

東播臨海精神保健協会講演会

加古川健康福祉事務所 電話422-0003

とき  7月28日(水曜) 14時10分から16時

ところ 加古川市民会館

演題  地域のふれあい、助け合いから障がい者との共生から

講師  堀田 力 氏(さわやか福祉財団理事長)

受講料 無料

定員  500人 

人権擁護委員の表彰

全国人権擁護委員連合会長表彰

榊原 譲 さん(高砂町) 大西 眞美子 さん(米田町)

近畿人権擁護委員連合会長表彰

松下 光毅 さん(米田町) 

慰霊巡拝

問い合わせ先 福祉部地域福祉課 電話443-9023

詳しくは、福祉部地域福祉課までお問い合わせください。

慰霊巡拝の実施予定

イルクーツク州 8月下旬 定員15人

ザバイカル地方 8月下旬 定員15人

アムール州 9月上旬 定員15人

ハバロフスク地方 9月上旬 定員15人

東北地区 9月上旬 定員10人

インドネシア 10月下旬 定員15人

東部ニューギニア 11月中旬 定員30人

ミャンマー 12月上旬 定員30人

マリアナ諸島 1月下旬 定員20人

トラック諸島 1月下旬 定員15人

フィリピン 2月上旬 定員60人

ギルバート諸島 2月下旬 定員15人

硫黄島(第1次) 11月上旬 定員50人

硫黄島(第2次) 2月中旬 定員100人 

子育て支援センターからのお知らせ すこやか

問い合わせ先 子育て支援センター 電話442-2242

申込方法(共通) 電話で子育て支援センターまで 

三世代交流会−えんにちごっこ−

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に遊ぼう

とき  8月4日(水曜) 10時から11時45分

ところ 生きがい対応型デイサービスセンター

内容  縁日ごっこやふれあい遊び

対象  就園前の子どもと保護者

定員  15組

参加費 150円

※ 子ども2人目からは1人につき100円が必要

申込期間 7月26日(月曜)から30日(金曜)

つどいの広場

とき  月・水・木曜日 9時から12時、13時から15時

※ 都合のよい時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

定員  15組

つどいの広場「7月の親子遊び」

月曜日 5日 レジ袋で遊ぼう 12日 たなばたかい(午後) 26日 小麦粉粘土で遊ぼう

水曜日 7日 集まれ!1歳児 21日 作って遊ぼう 28日 わらべうたで遊ぼう

木曜日 8日 わくわくリズム 15日 ボランティアさんと遊ぼう子育てホットタイム

22日 赤ちゃんわらべうた 

おはなしルーム

とき

◇読み聞かせ会 7月1日(木曜)・14日(水曜) 10時30分から11時30分

◇親子読書会 7月2日(金曜) 10時から12時、14時から16時

◇おはなし会 7月22日(木曜) 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

定員 各15組

七夕のつどい☆星に願いを

とき  7月12日(月曜) 10時から11時30分

ところ 青年の家

内容  親子ふれあい遊び、七夕のおはなし、笹飾りなど

対象  就園前の6カ月以上の子どもと保護者

定員  30組

受付期間 7月5日(月曜)から7日(水曜)

レッツゴー♪つどい

 あなたの地域でつどいの広場を開催します。

とき  7月29日(木曜) 10時30分から11時30分

ところ 荒井公民館

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

受付期間 7月20日(火曜)から23日(金曜)

まちの子育てひろば補助

 まちの子育てひろばの充実を図り、地域の子育て家庭を支援するため、絵本や遊具などの購入費を補助します。

対象   まちの子育てひろば開設者(代表者)

補助対象 備品および消耗品

補助金額 上限10000円

受付期間 7月1日(木曜)から12月28日(火曜) 9時から17時 ※ 土・日・祝日は除く

申込方法 申請書に必要事項を記入の上、子育て支援センターまで

※ 申請書は子育て支援センターにあります。

ファミリーサポートセンターからのお知らせ

問い合わせ先 ファミリーサポートセンター 電話442-0555

 フォローアップ講座&情報交換会

とき  7月7日(水曜)

ところ 福祉保健センター

対象  提供・両方会員、子育て支援に関心のある人

定員  30人

一時保育 10人(1歳6カ月以上の子ども) ※ 無料

しめ切り 7月5日(月曜)

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

内容  子どもの食事と衛生 9時30分から10時15分

    子どもの遊び 10時20分から11時05分

    提供・両方会員情報交換会 11時10分から11時40分

 

<目次にもどる>

安心安全 

普通救命講習(小児コース)

消防本部消防課救急係電話448-4491

とき  8月15日(日曜) 9時から12時

ところ 消防本部2階会議室

内容  おおむね8歳未満の乳児・小児を対象とする心肺蘇生法、AEDの使用方法および外傷の応急手当てに関する知識や技術の習得

対象  市内在住または在学・在勤の16歳以上の人

定員  30人

しめ切り 8月8日(日曜)

申込方法 直接、消防本部消防課救急係まで ※ 受講者には修了証を交付 

甲種防火管理新規講習

消防本部予防課指導係電話448-4019

 とき  8月4日(水曜)・5日(木曜)

ところ ふれあいの郷生石研修センター

受付期間 7月14日(水曜)から16日(金曜)

※ 申込書は予防課指導係にあります。

申込方法 日本防火協会または兵庫県消防保守協会のホームページをご覧ください 

火災等災害のお知らせ

電話0180-997-022

場所、種類をお知らせしていますので、ご利用ください。 

日本赤十字社幼児安全法短期講習

福祉部地域福祉課 電話443-9023

とき  9月27日(月曜) 10時から12時

ところ 福祉保健センター

内容  AEDの使用法や子どものCPR (心肺蘇生法) ※ 1回限りの講習です。

講師  日本赤十字社指導員

対象  15歳以上の市民

定員  各10人 ※ 申込多数の場合は抽選

受講料 200円(教材費など)

しめ切り 9月10日(金曜)

申込方法 電話で地域福祉課まで

一時保育 就学前の2歳以上の子ども ※ 無料、予約制 

救急車の正しい利用について考えてください

救える命を守ろう!救急車の出動件数が年々増えています

 救急車を要請した人の約半数は、入院の必要のない軽症者でした。このままでは、一分一秒を争う生命の危険にある傷病者への到着が遅れ、救える命が救えなくなる恐れがあります。限りある救急車は、緊急に病院に搬送しなければならない傷病者のためのものです。救急車の利用について、ご協力とご理解をお願いします

 緊急性がなく自分で病院に行ける場合や定期的な通院などでは、タクシー代わりに救急車を要請することはせず、一般の交通機関を利用してください。

※ 傷病者の様子や事故の状況などから、急いで病院へ搬送しなければならない場合は、迷わず119番通報をしてください。

問い合わせ先 消防本部消防課救急係 電話448-4491 

夏の交通事故防止運動

7月15日(木曜)から24日(土曜)

 夏のレジャーなどによる疲れ、気のゆるみ、夏休みで子どもたちが出歩くことから、毎年、交通事故が多発しています。

 ドライバーの皆さん、子ども、高齢者などに配慮した思いやり運転に心がけましょう。そして、ドライバー自身の身を守るために、チャイルドシート、シートベルト、ヘルメットといった安全用具を必ず着用しましょう。

重点課題 ◇高齢者と子どもの交通安全 ◇自転車の交通安全

       ◇飲酒運転など悪質・危険な運転の根絶

       ◇すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

問い合わせ先 まちづくり部管理課 電話443-9040 

山火事防止等立看板

ハイキングコース入口に設置しました!

 山火事防止喚起文とハイキング中の急病とかケガにも即時対応を行えるように、市内ハイキングコース入口(6カ所)に設置しました。

設置場所 ◇竜山登山コース(加茂神社登り口)

     ◇日笠山登山コース(日笠山公園から牛谷への登り口)

     ◇高御位山登山コース(北池登り口、長尾登り口、鹿島神社登り口)

     ◇北脇登山コース(北脇一本松・亀岩登り口) 

山火事防止標識板

 市内ハイキングコースの152カ所に設置しています。

119番通報するときは山火事防止等立看板、標識板に記載している番号を伝えてください。

消防本部予防課 電話448-4019 

NOSAIの建物共済

東播磨建物共済推進協議会 電話424-1391

生活環境部産業振興課 電話443-9031

●3つの特色●

1保険の見直し時に便利

 掛金を納めたその日の16時から1年間補償します

2最大で掛金の10%を割り引き

 継続加入した人を対象に無事戻金を掛け金から差し引きます

3り災時には各種費用共済金をプラス

 残存物取片付け費用・隣家への類焼見舞金などをお支払いします

建物火災共済

対象 火災、落雷、物体の飛来・盗難によるき損など

※ テレビなどの電化製品は家具類に加入した場合に補償

掛け金 補償金額1000万円当たり

◇木造・木造防火造住宅 年額 6800円 ◇鉄骨造住宅 年額 4400円

建物総合共済

対象 風水害・雪害・地震などによる損害

※ 地震については、補償金額の30%を限度に補償

掛け金 補償金額1000万円当たり

◇木造・木造防火造住宅 年額 19400円 ◇鉄骨造住宅 年額 17500円

<目次にもどる>

 

学ぶ

男女共同参画センターからのお知らせ

男女共同参画センター 電話443-9133

申込方法(共通) 電話で男女共同参画センターまで

 女子高校生のための就職支援セミナー

とき  8月2日(月曜)  10時から16時

ところ 南庁舎2階会議室2

内容  就職試験への心構え、これからの女性の働き方、生き方を考える

講師  福永 保子(キャリアアドバイザー)

能木 さゆり(ビジネスマナーアドバイザー)

対象  市内在住・在学の女子高校生

定員  20人 ※ 申込者多数の場合は抽選

受講料 無料

しめ切り 7月28日(水曜)

パパと子どもの料理教室

とき  7月24日(土曜) 10時から13時

ところ 中央公民館兼伊保公民館

内容  地元の旬の魚や野菜を使った調理実習

講師  伊保漁業協同組合女性部 加古川・高砂地区生活研究グループ

対象  5歳以上の子どもと父親(祖父)

定員  12組 ※ 申込者多数の場合は抽選

参加費 1組 1000円(材料費) ※ 子ども2人目からは1人につき500円が必要

持ち物  エプロン、ふきん、三角巾

しめ切り 7月9日(金曜)

共催   加古川農業改良普及センター

 

創業塾

高砂商工会議所 電話443-0500

ところ  高砂商工会議所

講 師  細川 祐三 氏(中小企業診断士)ほか

申込方法 パートⅠ・Ⅱ共に申込用紙に必要事項を記入の上、高砂商工会議所まで

※ 申込用紙は高砂商工会議所にあります。高砂商工会議所ホームページからも取り出せます。

【パートⅠ】

とき  8月21日(土曜)・28日(土曜)、9月4日(土曜)・11日(土曜)・18日(土曜) 10時から17時

内容  起業に必要な実務知識の修得、ビジネスプランの作成

対象  創業に興味のある人、創業して間がない人など

定員  40人

受講料 5000円 ※ 交流会に参加する人は別途3000円が必要

【パートⅡ】

とき 10月9日(土曜)・30日(土曜) 13時30分から16時30分

内容 ビジネスプラン作成指導・アドバイス・意見交換

対象 パートⅠを受講した人、高砂商工会議所創業塾卒業生

受講料 無料 

花と緑の教室

 市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401

【福助菊・ダルマ菊の作り方と育て方(講義)】

とき 7月24日(土曜) 10時から12時

ところ 多目的研修室

定員 20人

受講料 500円

申込期間 7月2日(金曜)から16日(金曜)

申込方法 電話でみどりの相談所まで 

夏休み自然工作教室

 教育委員会青少年課 電話442-6222

とき 7月26日(月曜) 9時から12時

ところ 青年の家

内容 ウグイス笛、糸のこ工作

対象 市内在住の小学4から6年生

定員 40人 ※ 申込者多数の場合は抽選

参加費 100円(材料費)

受付期間 7月8日(木曜)から16日(金曜)

※ 申込方法など、詳しくは各小学校から配布される申込用紙をご覧ください。

 

<目次にもどる>

催し

市民ギャラリーあいぽっと

■6月28日(月曜)から7月9日(金曜)

  松陽学園水彩画作品展

■7月12日(月曜)から7月23日(金曜)

  森林動物研究センター「ミニ企画展」

※ 上記期間には設営、撤去の日を含んでいます。 

文化会館からのお知らせ

問い合わせ先 文化会館 電話442-4831

●高砂寄席米朝一門会●

とき 9月11日(土曜) 14時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出 演 桂ざこば、桂南光、桂米團治、桂雀々、桂よね吉、桂そうば

入場料 全席指定

◇前売券 S席 3,500円 A席 3,000円

◇当日券 S席 4,000円 A席 3,500円

※ 友の会会員は1割引、未就学児の入場はご遠慮ください。

前売券発売日 7月4日(日曜)から 友の会は6月29日(火曜)から

前売券発売所 文化会館、市ノ池公園みどりの相談所、総合体育館など 

らいぶらり図書館からのお知らせ

問い合わせ先 市立図書館 電話448-8333

行事名 えほんのじかん

とき  7月3日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容  絵本の読み聞かせ

対象  幼児 

行事名 えほんのじかん

とき  7月3日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

内容  絵本の読み聞かせ

対象  幼児 

行事名 おはなし会

とき  7月10日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容  絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象  小学生 

行事名 おはなし会

とき  7月10日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

内容  絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象  小学生 

〔お薦め図書〕

児 童 エディのやさいばたけ サラ・ガーランド 百年の蝶 深月 ともみ ピンクのチビチョーク 新藤 悦子

一 般 オシムの戦術 千田 善 絶叫委員会 穂村 弘 預言 ダニエル・キイス

図書館をご利用ください

開館時間 9時30分から18時

休館日

◇月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日

◇20日(土・日曜日、前記休館日と重なる場合は変更)

◇特別整理期間(5月下旬10日程度)、年末年始

貸出 ◇期間 2週間以内 ◇冊数 3冊以内

登録 住所、氏名を確認できるもの(運転免許証、健康保険証、学生証など)を持参の上、手続きをしてください。

※ 本の案内、調べもののお手伝い、貸出中図書の予約、図書のリクエスト、絵本、紙芝居など児童書の貸出、資料複写、団体貸出などのサービスもあります。

 

Candle Cafeキャンドルカフェ

未婚男女に安心な出会い交流の場   ケーキバイキングで楽しく

とき  9月18日(土曜)

ところ 鹿島殿

定員  ◇男性 120人 ◇女性 120人

参加費 3,500円

平成21年度は15組のカップル誕生

※ 詳しくは、http://takasagoyeg.tenkomori.tv/をご覧ください。

高砂商工会議所青年部 電話443-0500 

英語デイキャンプ

高砂市国際交流協会 電話443-9132

 外国人の先生と一緒に簡単な英語を使って昼食を作ったり、ゲームをしたりして楽しく遊びましょう

とき  8月1日(日曜) 9時から15時30分

ところ 加古川少年自然の家

集合場所 市役所西庁舎前

対象  小学3から6年生

定員  15人 

参加費 ◇会員 800円 ◇一般 1800円(平成22年度協会会費含む)

しめ切り 7月16日(金曜)

申込方法 直接、国際交流協会まで

引率ボランティア同時募集

※ 参加費不要 

<目次にもどる>

 

募集

自衛官募集

自衛隊兵庫地方協力本部加古川地域事務所 電話426-3290

 防衛省では、自衛官候補生、一般曹候補生、防衛大学校学生(推薦・一般)、航空学生等を募集しています。

 詳しくは、自衛隊兵庫地方協力本部加古川地域事務所までお問い合わせください。 

たかさご万灯祭2010灯りのオブジェ作品募集

あなたも「たかさご万灯祭」に参加しませんか

立体的で夜に映える作品をお待ちしています。

応募作品 たて(2メートル)×よこ(3メートル)×高さ(3メートル)以内の作品

          木材、紙、ペットボトルなど素材、形状は自由

          広告や宣伝は不可

※ 作品の設置、撤去および使用する照明機器などは各自でお願いします。

しめ切り 8月6日(金曜)

申込方法 応募用紙に必要事項を記入の上、直接またはファクスFAX443-0009)、メール(tact2930@city.takasago.hyogo.jp)で、たかさご万灯祭実行委員会事務局まで

※ 応募用紙は、産業振興課にあります。たかさご万灯祭ホームページからも取り出せます。

たかさご万灯祭実行委員会事務局(生活環境部産業振興課内) 電話443-9030

 

<目次にもどる>

お知らせ

2010 国勢調査

10月1日から国勢調査を実施します

あなたの調査票から日本の未来が見えてきます     総務省統計局 

第4次高砂市総合計画を策定しています

企画総務部経営企画室(総合計画担当) 電話443-9007

 総合計画審議会では、新しい総合計画を策定するため、新しいまちづくりについて審議し、市がめざすべき10年後の都市像に向けて、基本構想(どうあるべきか)、基本計画(なにをすべきか)について答申をまとめています。

●第6回 総合計画審議会(全体会)

 7月2日(金曜) 14時から 南庁舎5階大会議室 ※ 審議会は公開しています。

傍聴の申込方法 審議会開催前日の16時30分までに電話で経営企画室まで 

米田多目的広場

8月の使用は申し込みが必要です

市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401

申込期間 7月6日(火曜)から 9時から17時

申込方法 直接、市ノ池公園みどりの相談所まで ※ 電話予約はできません。 

交換コーナー

生活環境部市民活動推進課 電話443-9135

 品物の引き渡しは、当事者間で行ってください。

【譲ります】 ◇風景画(額入) 価格は相談 高砂町 匿名 電話090-3671-9966

【譲ってください】 ◇書道道具セット 価格は無料 米田町 匿名 電話433-2452 

海外姉妹都市交流派遣事業帰国報告会

高砂市国際交流協会 電話443-9132

 6月21日(月曜)から30日(水曜)、親善大使として姉妹都市ラトローブ市で活動した高砂市内アーティスト4人の帰国報告会を開催します。

とき  7月16日(金曜) 19時から

ところ 西庁舎4階会議室

申込方法 電話で国際交流協会まで 

家計の見直し無料相談

NPO法人消費者Life支援事務局 電話441-9902

フリーダイヤル電話0120-449-902

とき  7月25日(日曜) 9時から12時

ところ 福祉保健センター

内容  クレジット、借金、住宅ローン、保険など 

瀬戸内・川と海のクリーンアップ大作戦

から受け継ごうきれいで豊かな瀬戸の海から

とき  7月31日(土曜) 小雨決行 

     清掃活動 9時から10時30分 講演 10時30分から11時30分

ところ 加古川河口付近

集合場所 高砂海浜公園駐車場

内容  加古川河口付近の清掃活動と環境学習(講演)

※ 作業ができる服装で参加してください。

ボランティア募集 前日までに建設課までお申し込みください。

問い合わせ先 まちづくり部建設課 電話443-9032 

サマージャンボ宝くじは、兵庫県内の宝くじ売り場でお買い求めください

販売期間 7月7日(水曜)から30日(金曜)  抽選日 8月10日(火曜)

 サマージャンボ宝くじの収益金は、販売実績に応じて都道府県に交付され、防災備品や図書の購入などに活用されています。

問い合わせ先 財団法人 兵庫県市町村振興協会 電話078-322-1151 

公共下水道への接続はお早めに

問い合わせ先 下水道部下水道経営課 電話443-9041

下水道ができると…

◇さわやかな水洗トイレが使えます

  くみとり便所特有の悪臭がなくなり、くみとりの必要もなくなります。

◇清潔で美しい町になります

  家庭や工場などから流れ出る汚水が衛生的に処理されます。

  また蚊やハエの発生を防ぎ、快適で健康な生活が送れます。

◇海や川がよみがえります

  汚水は下水処理場できれいに処理されてから、海や川に放流されます。

トイレの水洗化は3年以内に

 公共下水道が整備され、下水処理場で汚水を処理することができる区域を「処理区域」といい、建物の所有者には次のことが義務付けられています。

◇くみとり便所は水洗トイレに

  くみとり便所は「処理区域」となってから3年以内に水洗トイレに改造しなければなりません。

◇し尿浄化槽は直接放流式に

  汚水は下水処理場で処理されるので、し尿浄化槽を廃止して公共下水道へすみやかに接続することが義務付けられています。

◇家庭からでる排水(台所・風呂・洗面所など)は汚水管へ

◇雨水は雨水管または側溝へ

 水洗便所改築費助成(「処理区域」となった日から3年以内の改築工事に限る)や水洗便所改築費融資あっ旋制度がありますのでご利用ください。

水洗便所改築費助成

※ 1戸につき2件を限度とします。

くみとり便所を廃止し、公共下水道に接続する場合 助成金額 1件につき10000円

浄化槽を廃止し、公共下水道に接続する場合 助成金額 1件につき5000円

悪質な訪問業者にご注意を・・・

 宅地内の排水管、排水ますなどは、所有者が管理することになっています。調査、清掃などを業者に依頼する場合は、内容を十分にご確認ください。

問い合わせ先 下水道部下水道工務課 電話443-9044 

美化センターからのお知らせ

FRP船リサイクルシステム(適正処理でFRP船を再資源化)

 廃FRP船・PWC(水上バイク)の処理はFRP船リサイクルセンターにご相談ください。

受付期間 9月1日(水曜)から12月17日(金曜)

ところ FRP船リサイクルセンター

問い合わせ先 FRP船リサイクルセンター 電話03-3567-6929

http://www.marine-jbia.or.jp 

リサイクル啓発講座

8月からはじまります

ところ 美化センターガラス工房

内容  ◇サンドブラスト教室◇キルンワーク教室◇ステンドグラス教室◇紙すき教室

※ 詳しくは広報たかさご8月号でお知らせします。

美化センター美化第一課 電話448-5260 

し尿処理手数料の集金事務委託

 し尿処理手数料の集金および集金に係る変更届に関する事務を委託しました。

美化センター美化第二課 電話447-1157

受託者 三輪 克子 区域 高砂町(従量制)、荒井町蓮池1丁目から3丁目、荒井町御旅1丁目・2丁目、荒井町日之出町

受託者 三好 美根子 区域 荒井町小松原1丁目から4丁目、荒井町中新町

受託者 柳 嶢 区域 荒井町東本町(人員制)

受託者 嶋谷 巽 区域 荒井町扇町

受託者 前田 弘子 区域 美保里、百合丘

受託者 荒田 淑子 区域 伊保東1丁目・2丁目

受託者 直原 豪 区域 末広町(人員制)

受託者 砂川 金蔵 区域 中筋1丁目から4丁目、伊保町中筋

受託者 三上 秀昭 区域 時光寺町

受託者 西元 利実 区域 春日野町(人員制)

受託者 善村 一美 区域 春日野町(従量制)

受託者 尾崎 義夫 区域 米田町米田

受託者 岡崎 佐代美 区域 米田町米田新

受託者 村松 英子 区域 米田町古新

受託者 前田 清春 区域 米田町島

受託者 神吉 知和

区域 阿弥陀町阿弥陀(中通地区を除く)、阿弥陀町北池、阿弥陀町南池、阿弥陀町生石、阿弥陀町魚橋(山之端地区を除く)、阿弥陀町北山、阿弥陀町長尾、阿弥陀1丁目

受託者 古門 正亘 区域 阿弥陀町阿弥陀(中通地区)

受託者 冨士原 和子 区域 阿弥陀町地徳

受託者 中尾 圭治 区域 阿弥陀町魚橋(山之端地区)

受託者 中井 八重美 区域 金ヶ田町

受託者 細野 敏彦 区域 北浜町西浜(人員制)

受託者 一岡 邦博 区域 北浜町牛谷(牛谷団地)

<目次にもどる>

 

LOOK LOOK 7月の相談

市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談 とき  月曜から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

●法律相談 とき  7月5日(月曜)・20日(火曜) 13時から16時 定員 8人

 申込方法 電話で秘書広報広聴室まで(当日8時30分から)

●行政相談 とき 7月9日(金曜) 13時から15時

●多重債務相談 とき 月から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

税務相談(予約制)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

とき  7月6日(火曜)・13日(火曜)・20日(火曜)・27日(火曜) 13時15分から16時

ところ 加古川税理士会館

内容  税理士が税務の入口をアドバイス 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころの相談(予約制)

とき  月曜から金曜日 9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで ※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき  7月26日(月曜) 13時から16時

定員  6人 

障がいしゃ相談

福祉部高年・障害福祉課 電話443-9027 FAX443-3144

●身体障がいしゃ相談

とき  7月4日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室 電話442-4047 FAX443-0505

●知的障がいしゃ相談

とき  7月6日(火曜) 10時から12時

ところ あすなろ学園第3作業所(阿弥陀町南池)

●精神障がいしゃ相談(こころのサポート相談)

とき  7月12日(月曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター視聴覚障がいしゃ室

●障がいしゃ相談事業

とき  身体障がい関係 水曜日 10時から12時

     知的障がい関係 木曜日 10時から12時

          精神障がい関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容  専門相談員による相談

申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

※ ファクス可 

ひとり親家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき  月曜から金曜日 9時から16時

◇夜間相談(予約制)

とき  7月20日(火曜) 17時から19時

ところ 児童福祉課 

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242

とき  7月21日(水曜)・26日(月曜) 13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容  臨床心理士による個別相談

定員  3人 

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき  月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター 

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

とき  7月15日(木曜)・26日(月曜) 13時から15時

ところ みのり会館 

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき  月曜から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室 

消費生活相談

消費生活センター 電話443-9078

とき  月曜から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 消費生活センター(市民活動推進課内) 

若者しごと相談室

若者しごと相談室 電話447-8280

とき  水曜日 13時から17時

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象  おおむね39歳以下の人 

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所 電話443-0500

とき  月曜から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所 

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき  月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 産業振興課 

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

とき  月曜から金曜日 8時30分から16時

ところ 青少年補導センター 

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき  月曜から金曜日 ◇電話相談 8時30分から16時 ◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家) 

健診・健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

とき  7月22日(木曜) 10時から11時30分(受付9時30分から)

内容  健康教育「離乳食のおはなし」、相談

対象  妊産婦、1歳未満の乳児と保護者

●成人健康相談

内容  保健師、管理栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで 

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

内容  健診、計測、相談など

持ち物 母子健康手帳・問診票

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

とき  7月16日(金曜) 12時30分から13時30分

対象  平成22年3月生まれの乳児

●1歳6カ月児健診(個別通知)

とき  7月2日(金曜) 12時30分から13時30分

対象  平成20年12月生まれの幼児

●3歳児健診(個別通知)

とき  7月9日(金曜) 12時30分から13時30分

対象  平成19年4月生まれの幼児 

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談 とき  7月12日(月曜)・20日(火曜)・26日(月曜) 13時から14時

●若者の心と体の相談 とき  7月12日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ とき  7月20日(火曜) 13時30分から15時 

健康管理課 電話422-0002

●専門栄養相談 とき  7月21日(水曜) 9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談 とき  7月14日(水曜)・28日(水曜)

                           9時20分から10時30分  検査料 一部有料 

酒害相談

とき  7月16日(金曜) 13時から14時30分

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

相談員 姫路断酒会高砂支部会員

※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで 

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

とき ◇7月8日(木曜) 9時30分から11時 ◇7月26日(月曜) 13時30分から15時

ところ 福祉保健センター

対象  妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は市民課、米田・中筋市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。 

犬・猫の引き取り

※ どうしても飼えない場合に限ります。

犬の引き取り

動物愛護センター三木支所 電話0794-84-3050

電話で相談してください。

猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

とき  7月5日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎非常階段前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1700円、子猫10匹まで1700円が必要です。 

<目次にもどる>

救急医

※ 間違い電話にご注意ください。  

<目次にもどる>

マイタウン5・6月のスナップ

看護の日の催し

 5月14日(金曜)、市民病院でフットケア・AED体験、各種相談コーナーなど、看護をアピールする催しが行われました。

環境体験学習

 6月8日(火曜)、曽根小学校3年生が泥んこ遊び大会を行いました。

男の料理教室

 6月16日(水曜)、中筋公民館で13人が参加し、行われました。

水防訓練

 5月30日(日曜)、加古川右岸河川敷で自主防災会など約200人が参加し、行われました。

岩崎元郎と歩く高御位縦走登山

 5月14日(金曜)、高御位山で約250人が参加し、ハイキングが行われました。

増やし、育てる漁業

 6月8日(火曜)、伊保漁業組合水産研究会が、伊保南小学校3年生と高砂市沿岸にヒラメの稚魚約1万匹を放流しました。

尉姥祭

 5月21日(金曜)、高砂神社でお面かけ神事が行われました。

第24回武蔵伊織まつり

 5月16日(日曜)、絵画・書道展や剣道大会などが行われました。

<目次にもどる>