広報たかさご9月号  786  平成22年

表紙

たかさGO!!50!!スポーツフェスティバル2010    8月1日(日) 総合運動公園 

目次

                   

       情報けいじばん  

     LOOK  LOOK  9月の相談ほか

     救急医

     マイタウン 7月のスナップ

 

人口の動き   

(8月1日現在、外国籍人口を含む)

 人口 96,364人(89減)

 男 47,310人(38減)

 女 49,054人(51減)

 世帯数 38,344世帯(2減)

 

 <目次に戻る>

情報けいじばん

年金  納付  健康  福祉  安全安心  学ぶ  スポーツ  催し  募集  お知らせ  

 

  <目次に戻る>

年金

 年金をあきらめないで「カラ期間」など確認を!

加古川年金事務所 電話4274740

健康市民部市民課国民年金係 電話4439022

 年金を受給するには、国民年金や厚生年金などに加入して保険料を納めた期間が25(300カ月)以上必要です。

 25年以上の資格期間があり、年金受給年齢を迎える人には、日本年金機構から裁定請求書が事前に送付されます。裁定請求書に記載された加入記録を確認し、必要な書類を添えて指定された場所(年金事務所または市役所)に提出してください。一方、資格期間が不足している人には、この裁定請求書の代わりに「年金に関するお知らせ」(はがき)が送付されます。

 資格期間が満たないからといって、初めから裁定請求の手続きをあきらめないでください。

●カラ期間とは

 年金額には反映されませんが、資格期間には含まれる期間のことです。

 主なカラ期間は、次の4つの期間のうち、昭和364月以後の20歳以上60歳未満の期間です。

(1)厚生年金などの加入者の被扶養配偶者であった昭和613月以前の期間

(2)学生であった平成33月以前の期間

(3)海外在住の期間(任意加入できなかった昭和613月以前の期間を含めます)

(4)厚生年金などから脱退手当金を受けた昭和613月以前の期間(昭和614月以後に国民年金の加入がある場合に限ります)

●受給資格期間を満たすには・・・

 生年月日によって資格期間が短縮される特例もあります。例えば、昭和3141日生まれ以前の人で、生年月日に応じて20年から24年、昭和2741日以前の人は20年、厚生年金か共済年金に加入していれば受給できます。

 カラ期間など、該当する人は、年金受給権に結びつくこともありますので、年金事務所などで確認してください。それでも資格期間を満たさない場合、70歳になるまで国民年金に任意加入して保険料を払う方法や、厚生年金に加入して働く方法もあります。

 

 

<目次に戻る>

 

9月の納付  

国民健康保険料3期、後期高齢者医療保険料3期、介護保険料3期の納期は9月30日(木曜)です。

 

 <目次に戻る>

福祉

 長寿祝金の贈呈

福祉部高年・障害福祉課 電話443・9026

長寿祝金をお渡しします。

対象者には、9月上旬に案内状(はがき)を郵送します。

持ち物 長寿祝金の案内状(はがき)、本人の印鑑など

※ 指定日に受け取れなかった人は、高年・障害福祉課まで受け取りに来てください。(9月21日(火曜)から30日(木曜))

 101歳以上の人には、事前に連絡し、訪問してお渡しします。

長寿祝金

対象年齢 77歳(昭和8年生まれ)の人 金額 5,000円

対象年齢 101歳以上(明治42年以前生まれ)の人 金額 15,000円

長寿祝金の贈呈日程

高砂地区

とき 9月14日(火曜) 9時30分から11時30分

ところ 高砂公民館

荒井地区

とき 9月14日(火曜) 14時から16時

ところ 荒井公民館

伊保地区

とき 9月15日(水曜) 9時30分から11時30分

ところ 西庁舎1階

中筋地区

とき 9月15日(水曜) 14時から16時

ところ 中筋公民館

曽根地区

とき 9月16日(木曜) 9時30分から11時30分

ところ 曽根公民館

米田地区

とき 9月16日(木曜) 14時から16時

ところ 米田公民館

阿弥陀地区

とき 9月17日(金曜) 9時30分から11時30分

ところ 阿弥陀公民館

北浜地区

とき 9月17日(金曜) 14時から16時

ところ 北浜公民館

 全国一斉「高齢者・しょうがい者の人権あんしん相談」強化週間

神戸地方法務局人権擁護課 電話078・392・1821

 虐待など、高齢者やしょうがい者を取り巻くさまざまな人権問題について、人権擁護委員、法務局職員が時間を延長して電話相談をお受けします。

電話相談 電話078・393・0600

とき

◇9月6日(月曜)から10日(金曜) 8時30分から19時

◇9月11日(土曜)・12日(日曜) 10時から17時

※ 相談は無料で、秘密は厳守いたします。

 

平成21年度おもいやり標語金賞作品

一人じゃない 君のそばには 仲間がいるよ

米田西小学校 淺津 優香さん

 

子育て支援センターからのお知らせ すこやか

問い合わせ先 子育て支援センター 電話442・2242

ベビーマッサージ

とき 9月17日(金曜) 10時30分から11時30分

ところ 子育て支援センター

講師 上谷 奈穂子 氏

対象 3カ月以上12カ月以下の子どもと親(初めて参加の人)

定員 10組

※ 申込多数の場合は抽選

参加費 100円(オイル代)

持ち物 タオルケット

受付日 9月7日(火曜)

申込方法 電話で子育て支援センターまで

子育てボランティア講座

子育てボランティアはじめの一歩

子育て中の親子とふれあい一緒に遊んでみませんか?

ところ 子育て支援センター

対象 子どもが好きな人、ボランティアに関心のある人など

定員 10人

申込方法 電話で高砂市ボランティアセンター(電話442・4047)まで

とき 9月13日(月曜) 10時から12時

内容 講習1 地域で支える子育て支援  講習2  子どもの遊びを知ろう

とき 9月15日(水曜) 10時から12時

内容 子育て中の親子とのふれあい体験  “おはなしルーム”で絵本を読もう!

とき 9月16日(木曜) 10時から12時

内容  親子といっしょに楽しく遊ぼう つどいの広場・ツインさくらんぼへの参加

 

つどいの広場

 親子で一緒に遊んだり、おしゃべりしたり、楽しいホッとするひとときを過ごしましょう。

とき 月・水・木曜日 9時から12時、13時から15時

※ 都合のよい時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

定員 15組

申込方法 電話で子育て支援センターまで

つどいの広場「9月の親子遊び」

※午前と午後に30分程度の親子遊びをします。

月曜日

6日 エプロンシアター、13日 サーキットで遊ぼう、27日 集まれ!1歳児

水曜日

1日 わくわくリズム、8日 9月生まれのお友だち集合!

22日 動いて遊ぼうわらべうた、29日 ボランティアさんと遊ぼう 子育てホットタイム

木曜日

9日 赤ちゃんわらべうた、16日 新聞紙で遊ぼう、30日 作って遊ぼう

 

レッツゴー♪つどい

 あなたの地域でつどいの広場を開催します。

とき 10月1日(金曜) 10時30分から11時30分

ところ 曽根公民館

対象 就園前の子どもと親

定員 15組

受付期間 9月27日(月曜)・28日(火曜)

申込方法 電話で子育て支援センターまで

まちの子育てひろば補助

 まちの子育てひろばの充実を図り、地域の子育て家庭を支援するため、絵本や遊具などの購入費を補助します。

対象 まちの子育てひろば開設者(代表者)

補助対象 備品および消耗品

補助金額 上限10,000円

しめ切り 12月28日(火曜)

申込方法 申請書に必要事項を記入の上、子育て支援センターまで

※ 申請書は子育て支援センターにあります。

発達支援サポーター養成講座

 発達しょうがい児への支援に必要な知識を養い、サポートする人材を育成するため養成講座(10回予定)を開催します。

ところ 中央公民館兼伊保公民館

対象 発達しょうがい児への支援に関心のある人

定員 30人

受講料 無料

受付期間 9月1日(水曜)から7日(火曜)

申込方法 電話で子育て支援センターまで

※ 申込多数の場合は抽選

 

発達支援サポーター養成講座

第1回

とき 9月11日(土曜) 13時30分から15時

内容 発達しょうがいの支援の現状と問題点

・発達しょうがいとはどんな障害なのか?

・支援体制の現状について

講師 東播磨特別支援学校教諭

第2回

とき 9月14日(火曜) 19時30分から21時

内容 発達しょうがい児への理解を深める

・LD、ADHD、高機能自閉症等の軽度発達障がいについて

講師 近畿医療福祉大学教授

第3回

とき 9月21日(火曜) 19時30分から21時

内容 指導にあたって

・指導の方法と理論の事例検討

講師 近畿医療福祉大学教授

第4回

とき 9月28日(火曜) 19時30分から21時

内容 各グループごとの事例検討

・インシデントプロセス法の活用

講師 近畿医療福祉大学教授

第5回(予定)

とき 10月5日(火曜) 19時30分から21時

内容 社会技能訓練(SST)を取り入れた支援

・SSTとは?・SSTを取り入れた支援の紹介、活用

講師 こども発達サポートセンター

 

子ども手当の申請はお済みですか

福祉部児童福祉課 電話443・9024

 子ども手当は、中学生までの子ども1人あたり月額13,000円が親などに支給されます。左記に該当する人は、9月30日(木曜)までに申請手続きをしてください。

◇3月31日現在、児童手当を受給していなかった人で、中学生以下の子どもがいる人

◇3月31日現在、児童手当を受給し、中学2・3年生の子どもがいる人

※ 10月1日(金曜)以降の申請は、申請日の翌月からの支給となります。

 

ファミサポミニミニ運動会(第3回交流会)

ファミリーサポートセンター 電話442・0555

とき 9月29日(水曜) 10時から11時30分

ところ 文化会館展示集会室

対象 ファミリーサポートセンター登録会員、ファミリーサポートセンターに関心のある人

しめ切り 9月27日(月曜)

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

 <目次に戻る>

安全安心

交通死亡事故多発!

高砂警察署 電話4420110

 今、高齢歩行者の道路横断が危ない!

◇車が見えたら絶対に道路の横断をやめましょう。

◇横断歩道や信号機のあるところを横断しましょう。

◇道路を横断する時は安全確認をしましょう。

 

秋の全国交通安全運動

まちづくり部管理課 電話4439040

921(火曜)から30(木曜)

 市内で、高齢者および自転車の関係する事故が多発しています。また、チャイルドシート非着用者が多いためこの秋の全国交通安全運動でも高齢者の交通事故防止を運動の基本とし、次の重点課題を揚げ広く呼びかけます。

重点課題

◇夕暮れ時と夜間の歩行中、自転車乗用中の交通事故防止

◇全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

◇飲酒運転の根絶

 

住宅用火災警報器を取り付けましょう

消防本部予防課指導係 電話4484019

 平成23531日までにすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

 火災はいつ誰の身に起こるかわかりません。

 あなたや家族の大切ないのちを守るのに猶予期間はありません。

 設置期日まで取り付けを延ばすよりも一日も早く設置しましょう。

 悪質な訪問販売にご注意ください。

 消防署から直接訪問して、物品を販売することはありません。

 

火災など災害のお知らせ

電話0180-997-022

 場所、種類をお知らせしていますので、ご利用ください。

 

 <目次に戻る> 

学ぶ

 リサイクル啓発講座 

美化センター美化第一課 電話448・5260

 長袖(綿製)でご参加ください

ところ 美化センターガラス工房

対象 市内在住・在学・在勤または加古川市・稲美町・播磨町の小学5年生以上の人

※ 保護者と同時受講の場合は小学1から4年生可

定員 各10人

◇午前の部 9時30分から11時30分

◇午後の部 13時30分から15時30分

受付日 9月6日(月曜)から

申込方法 電話で美化第一課まで

【サンドブラスト教室】

とき 10月2日(土曜)

内容 ガラス製品に細かい砂を吹きつけ、模様や文字などを刻みます

受講料 500円

持ち物 コップ、皿、瓶などのガラス製品(20センチ以内)、軍手(純綿製)

【キルンワーク教室】

とき 10月9日(土曜)

内容 組み合わせたガラスの破片を窯で熱し、アクセサリーを作ります

受講料 500円

持ち物 軍手(純綿製)

 

ふれあいの郷生石研修センターからのお知らせ

ふれあいの郷生石研修センター 電話447・4110

ところ ふれあいの郷生石研修センター

申込方法 直接、または電話でふれあいの郷生石研修センターまで

生活応援セミナー
楽しく子育て編

とき 9月22日(水曜) 10時30分から11時30分

内容 遊びを通じて楽しく子育て

定員 20組

参加費 無料

受講生の追加募集

とき 10月から平成23年3月

内容

◇リラックスヨガ(10時30分から)

・Aコース 火曜日・Bコース 水曜日・Cコース 木曜日

◇英会話教室

・Aコース 土曜日10時から・Cコース 水曜日18時30分から

◇華道教室(木曜日)

・Aコース 13時から・Bコース 14時から

定員 各コース若干名

しめ切り 9月24日(金曜)

※ 詳しくは、ふれあいの郷生石研修センターまでお問い合わせください。

 

中小企業会計啓発・普及セミナー

高砂商工会議所 電話443・0500

不況に打勝つ事業計画の作成
経営強化の体質づくり

とき 10月4日(月曜) 13時30分から16時30分

ところ 高砂商工会議所

対象 中小企業の経営者、財務担当者、後継者など

講師 細谷 弘樹 氏(中小企業診断士)

内容 利益と資金の関係、実務に即した実践的な利益・資金計画や資金繰り表作成など

定員 30人

受講料 無料

申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、高砂商工会議所まで

※ 申込用紙は、高砂商工会議所、産業振興課にあります。

 

 <目次に戻る> 

催し

 市民ギャラリーあいぽっと 

■9月6日(月曜)から9月17日(金曜) 「羅漢」写真展

■9月21日(火曜)から10月1日(金曜) 平成22年度高砂市功労・善行者表彰式写真展

※ 上記期間には設営、撤去の日を含んでいます。

 

夏休み理科作品展

教育委員会学校教育課 電話443・9054

とき

◇9月18日(土曜) 13時から17時

◇9月19日(日曜) 10時から16時

ところ 福祉保健センター

内容

◇昆虫、植物、貝などの標本

◇動・植物の観察、気象観測などの記録

◇乾電池、モーターなどを利用した工作

 

らいぶらり

図書館からのお知らせ 電話448-8333

行事名 えほんのじかん

とき 9月4日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室、図書館 児童室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

行事名 おはなし会

とき 9月11日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室、図書館 児童室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

〔お薦め図書〕

児童

少年グリフィン C.W.ニコル

はじめてのもり 小手鞠 るい

ぼくんちのティラノサウルス のぶみ

一般

てむすび 瀬戸 けいた

プラチナデータ 東野 圭吾

モチベーション3.0 ダニエル・ピンク

 

第14回観月会in十輪寺

高砂商業研究会(高砂商工会議所内) 電話443・0500

とき 9月18日(土曜) 18時から21時

ところ 十輪寺境内

※ 雨天の場合は本堂内

内容 バリ舞踊、二胡演奏、奄美民謡、シタール演奏、韓国舞踊・歌

入場料 500円

 

第6回マーチング・イン・高砂

高砂青松ロータリークラブ(高砂商工会議所内) 電話443・0500

とき 9月4日(土曜) 15時から

ところ 総合体育館

出演 市内の保育園、中学校吹奏楽部ほか

 

加古川夜間急病センター開設30周年記念フォーラム

夜間急病センター 電話431・8051

保健センター 電話443・3936

とき 9月12日(日曜) 13時30分から16時

ところ 加古川プラザホテル

テーマ 地域医療を守る

◇基調講演 松尾 雅文 氏(神戸大学大学院医学研究科小児科学教授)

◇パネルディスカッション

入場料 無料

申込方法 電話で加古川夜間急病センターまたは保健センターまで

 

  <目次に戻る>

募集

市営松波住宅(中堅所得者向け)入居者募集 

まちづくり部管理課 電話443・9040

戸数 4戸(3DK)

入居時期 10月以降

※ 申込書確認後、審査結果による

入居資格 次の要件を満たす人

◇政令月収額 158,000円から259,000円

※ 入居しようとする家族全員の年間総所得から扶養控除額などを差し引いた額を12カ月で割った額

◇同居しようとする親族がある

◇暴力団員でない

家賃月額 59,900円から65,600円

※ 政令月収額、階数によって異なる

受付 随時

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて、管理課まで

※ 申込書は管理課にあります。

 

保育所臨時保育士・調理員登録者募集

福祉部児童福祉課 電話443・9025

職種

◇常勤保育士(クラス配置・しょうがい児加配)

◇年休代替保育士(1カ月に8日から11日程度)

◇調理員

対象 保育士資格・調理師免許を有する人

申込方法 任用申込書に必要事項を記入し、資格(免許)証の写しを添付の上、児童福祉課まで

※ 申込書は児童福祉課にあります。市ホームページからも取り出せます。

 

(社)高砂青年会議所創立50周年記念事業フォトモザイクでたかさごに今の笑顔を残そう

10,000人の笑顔

 赤ちゃんからお年寄りまで、みんなの笑顔あつまれ!

 市民の皆さまの心のよりどころとなり、高砂市の未来を照らす灯台となるモザイクアートのモニュメント「10,000人の笑顔」を寄贈します。

※ モザイクアートとは、大量の画像を使って、一枚の大きな絵に見立てるアート手法です。

対象 市内在住の人

写真規格 640×480ピクセル デジタル画像500キロバイト以下 

しめ切り 9月30日(木曜)

申込方法 携帯電話またはデジカメで撮影し、メールでtakasagojc10@gmail.comまたはQRコードへ送信してください。

問い合わせ先 (社)高砂青年会議所 電話440-6500

 

災害時支援ボランティア

福祉部地域福祉課 電話443・9023

 災害時におけるボランティア活動に関心のある人や団体を募集しています。

 登録申請書は地域福祉課にあります。市ホームページからも取り出せます。

※ 詳しくは地域福祉課までお問い合わせください。

 

いも掘りと枝豆の収穫体験ファミリー募集

生活環境部市民活動推進課 電話443・9006

宍粟市波賀市民局地域振興課 電話0790・75・2220

収穫場所 小野ふれあい農園(宍粟市波賀町)

【Aコース】いも掘り・丹波黒大豆の枝豆の収穫

収穫日 10月9日(土曜)・11日(祝日)・16日(土曜)・17日(日曜)・23日(土曜)・24日(日曜)

※ 10月10日(日曜)は地域の祭りのため、収穫体験はありません。

内容 1口 さつまいも15株と丹波黒大豆の枝豆5株

【Bコース】自然薯の収穫

収穫日 11月20日(土曜)・21日(日曜)・27日(土曜)・28日(日曜)

内容 1口 自然薯3株

※ 1キログラムは保障

募集口数 各コース 150口

料金 1口 3,000円

しめ切り 9月22日(水曜)

申込方法 往復はがきの往信用に郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、AコースまたはBコース、収穫日、口数を、返信用に返信先を記入の上、市民活動推進課(〒676-8501荒井町千鳥1-1-1)まで

 

兵庫県立姫路高等技術専門学院平成22年度後期生募集

県立姫路高等技術専門学院 電話079・298・0900

対象 求職者

しめ切り 9月9日(木曜)

選考日 9月14日(火曜)

※ 詳しくは県立姫路高等技術専門学院までお問い合わせください。

 

自衛官募集

自衛隊兵庫地方協力本部加古川地域事務所 電話426・3290

 防衛省では、自衛官候補生、防衛大学校学生、防衛医科大学校学生、看護学生を募集しています。

※ 詳しくは、自衛隊兵庫地方協力本部加古川地域事務所までお問い合わせください。

 

交換コーナー

生活環境部市民活動推進課 電話443・9135

 品物の引き渡しは、当事者間で行ってください。

【譲ります】

◇ギター、置物(大黒・布袋2点セット)

 価格は相談 高砂町 匿名

 電話090・3671・9966

【譲ってください】

◇ガラス温室(水槽)

 価格は無料 中筋 匿名

 電話448・5947

 

  <目次に戻る>

お知らせ

2010国勢調査 

 9月23日から、調査員が世帯を訪問して調査票を配布します。

 調査結果は、さまざまな法令で使われるほか、社会福祉、雇用対策、生活環境の整備など、私たちの暮らしのために役立てられます。

 記入いただいた調査票は、封筒に入れて封をした上で調査員に渡していただくか、郵送で提出していただきます。

 調査票に記入していただいた内容は、統計の作成に関連する目的以外に使用することはありません。

※ 国勢調査をよそおった「かたり調査」にご注意ください。

 

10月から高砂市施設予約システムが始まります

 現在、スポーツ施設・文化施設を利用するには、直接または電話で空き状況を確認して予約を行っていますが、10月からはパソコンや携帯電話などからいつでも予約または空き状況を確認することができます。

※ 内容など詳しくは、各施設にお問い合せください。市ホームページでもご覧いただけます。

対象施設
総合体育館、陸上競技場、野球場、テニスコート、サブグラウンド

電話 432-9090

勤労者体育センター、生石研修センター

電話 447-4110

向島多目的球場、向島テニスコート

電話 442-2722

文化会館、福祉保健センター

電話 442−4831

 

ミュージカル「アトム」

文化会館 電話442・4831

とき 11月28日(日曜) 15時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出演 わらび座(原作 手塚治虫、脚本・演出 横内謙介、振り付け ラッキィ池田)

入場料 全席指定

◇一般 2,500円

◇高校生以下(4歳以上)1,200円

前売券発売日 9月4日(土曜)から

前売券発売所 文化会館、高砂子ども文化振興協会、みどりの相談所、総合体育館など

 

公共交通アンケート調査にご協力を

まちづくり部まちづくり推進課 電話443・9033

 じょうとんバス(コミュニティバス)を含めた公共交通のあり方を検討するため、アンケート調査を実施します。

 公共交通に対する市民の皆さまのニーズを把握し、今後のバス運行などに生かすための重要な調査になりますので、ご協力をお願いします。

※ アンケート用紙は、まちづくり推進課、各市民サービスコーナー・市民コーナーなどにあります。

期間 9月6日(月曜)から17日(金曜)

 

ヴィッセル神戸高砂市民応援デー

ヴィッセル神戸チケットセンター 電話078・651・1222

とき 9月25日(土曜) 15時から

ところ ホームズスタジアム神戸バック自由席

内容 ヴィッセル神戸対セレッソ大阪戦

定員 200人

※ 申込多数の場合は抽選

しめ切り 9月13日(月曜)必着

申込方法 往復はがきの往信用に代表者の郵便番号、住所、参加者氏名、参加希望人数(2人まで)、電話番号を、返信用に返信先を記入の上、「ヴィッセル神戸高砂市民応援デー」係(〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1-2-1御崎Uビル3階)まで

 

プレジャーボートはルールを守って

加古川土木事務所管理第2課 電話421・1101

 プレジャーボートの放置(不法係留)は環境に悪影響を与え、災害時に流出すると大事故の恐れがあります。

 プレジャーボートを所有している人は、登録し、検査を受けましょう。ボートパークなど適正な場所に保管しましょう。

※ 今年度プレジャーボート全国実態調査を実施しますので、ご協力をお願いします。

 

みどりの相談所からのお知らせ

市ノ池公園みどりの相談所 電話447・6401

花と緑の教室
【秋の草花の寄せ植えの実習】

とき 9月25日(土曜) 10時から12時

ところ 多目的研修室

定員 20人

受講料 2,500円(材料費を含む)

申込期間 9月3日(金曜)から17日(金曜)

申込方法 電話でみどりの相談所まで

展示会
【第9回秋の山野草展】

とき 9月25日(土曜)・26日(日曜) 9時から17時

※ 26日は、16時まで

ところ 展示コーナー

【第43回高砂菊花展覧会】

とき 10月18日(月曜)から11月7日(日曜)

ところ 市ノ池公園

展示 大菊花壇、大菊鉢組、大菊切花、ダルマ作り花壇、福助作り鉢組、盆栽鉢個別など

 

法務局なんでも相談

神戸地方法務局加古川支局 電話424・3555

とき 10月2日(土曜) 9時から17時

ところ 神戸地方法務局加古川支局1階相談室

内容 登記、人権など法務局所掌業務

 

中小企業退職金共済制度(独)勤労者退職金共済機構

中小企業退職金共済事業本部 電話03・3436・0151

中小企業で働く従業員のための外部積立型の国の退職金制度です。

掛金助成や税法上の優遇など、有利な特典があります。

安全・確実な中退共制度をぜひご利用ください。

 

美化センターからのお知らせ

ごみ焼却施設長期包括運営委託

7月臨時議会で10年間の予算可決

 ごみ焼却施設の運営は、平成15年4月に本格稼動して以来、運転管理業務のみを施工業者へ委託していますが、平成23年度から運転管理業務に加え、薬品や燃料の用役管理、機器の点検や補修、排ガス分析などの各測定業務外を包括的に委託する予定です。

 業務の効率化や財政支出の平準化、コスト削減などが期待でき、さらなる焼却炉の安全・安定運転の継続ができると考えています。

委託期間 平成23年4月1日から平成33年3月31日(10年間)

予算額 96億9,663万円

美化センター美化第一課 電話447・1760

飲料用あきかん・スプレーかんの出し方

 清涼飲料水、お茶、コーヒー、ビールなどのかんは水洗いしてから、卓上用コンロのカセットボンベ、スプレーかんなどは穴をあけてから、透明袋に入れ、あきかんの収集日に出してください。 

※ ミルクかん以上の大きいかん、菓子かんなどは、燃えないごみ・粗大ごみの収集日に出してください。

美化センター美化第一課 電話448・5220

 

宅内の給水装置の修理は指定給水装置工事店へ

水道事業所配水課 電話443・9050

 給水装置は個人の財産です。

 配水管からメーターまでの修理は無料ですが、メーターより宅内は指定給水装置工事店にご依頼いただき、個人のご負担で修理していただくことになります。

【配水管からメーターまでの水漏れ】

◇平日の場合

・水道事業所配水課 電話443・9050

・播磨環境管理センター株式会社 電話490・7771

◇夜間および土・日、祝日の場合

 高砂市役所(代表電話受付者(宿直)に状況などをお伝えください)

 電話442・2101

【水洗便所などの水漏れ】

 水洗便所、湯沸かし器などから水が漏れている場合は水道事業所では対応できません。

漏水等対応業務

 平成22年7月1日から平成23年3月31日まで、播磨環境管理センター株式会社が行います。

 

第四回配本『高砂市史』第二巻 通史編 近世 発売中

 『高砂市史』全七巻のうち第四回配本として『第二巻 通史編 近世』を刊行しました。

 第二巻は、江戸時代の高砂市域がどのような状況にあったのかを史料に基づき、領主支配・経済・文化などについて考察したものです。近世の高砂には、加古川舟運と海運を結ぶ湊があり、入浜式塩田による塩の生産、特産の竜山石や木綿がありました。物資が集まり人も集まることで経済・文化の交流が生まれ、まちを豊かにそして華やかにしていきました。

 各専門分野の執筆者により、この時期の高砂を日本史研究のひとつとしてとらえ著述したものです。ふるさとの歴史を知ることは実利に直結しませんが、明日の高砂市を考える上で一粒の種となるのではないでしょうか。

価格 7,000円

※ 配送希望の場合別途、料金が必要

申込方法 直接または市史編さん課まで

※ 詳しくは市ホームページをご覧ください。

※ 見本は各公民館にあります。

 

問い合わせ先 企画総務部市史編さん課 電話443・9064

 

  <目次に戻る> 

LOOK LOOK 9月の相談

市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談

とき 月から金曜日  8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 96(月曜)21(火曜)  13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で秘書広報広聴室まで

     (当日8時30分から)

●行政相談

とき 910(金曜) 13時から15時

●多重債務相談

とき 月から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

 

税務相談(予約制)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

とき 97(火曜)14(火曜)21(火曜)28(火曜)    13時15分から16時

ところ 加古川税理士会館

内容 税理士が税務の入口をアドバイス

 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころの相談(予約制)

とき 月から金曜日 9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 927(月曜) 13時から16時

定員 6人

障がい者相談

福祉部高年・障害福祉課 電話443-9027 FAX443-3144

●身体障がい者相談

とき 95(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

    電話442−4047 FAX443-0505

●知的障がい者相談

とき 97(火曜) 10時から12時

ところ あすなろ学園第3作業所

    (阿弥陀町南池)

●精神障がい者相談(こころのサポート相談)

とき 913(月曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

●障がい者相談事業

とき

◇身体障がい関係 水曜日 10時から12時

◇知的障がい関係 木曜日 10時から12時

◇精神障がい関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容 専門相談員による相談

申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

※ ファクス可

 

ひとり親家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき 月から金曜日 9時から16時

◇夜間相談(予約制)

とき 928(火曜) 17時から19時

ところ 児童福祉課

 

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242

とき 922(水曜)27(月曜) 

   13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容 臨床心理士による個別相談

定員 3人

 

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき 月から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

 

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

とき 915(水曜)24(金曜)

    13時から15時

ところ みのり会館

 

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき 月から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

 

消費生活相談

消費生活センター 電話443-9078

とき 月から金曜日

    9時から12時、13時から16時

ところ 消費生活センター(市民活動推進課内)

 

若者しごと相談室

若者しごと相談室 電話447-8280

とき 水曜日 13時から17時

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象 おおむね39歳以下の人

 

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所 電話443-0500

とき 月から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

 

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき 月から金曜日 8時30分から17時

ところ 産業振興課

 

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

とき 月から金曜日 8時30分から16時

ところ 青少年補導センター

 

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき 月から金曜日

◇電話相談 8時30分から16時

◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家)

 

<目次に戻る>

健診・健康相談

 ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

とき 921(火曜) 10時から11時30分

    (受付9時30分から)

内容 健康教育「事故防止」、相談

対象 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者 

●成人健康相談

内容 保健師、管理栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

内容 健診、計測、相談など

持ち物 母子健康手帳・問診票

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

とき 917(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成22年5月生まれの乳児

●1歳6カ月児健診(個別通知)

とき 93(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成21年2月生まれの幼児

●3歳児健診(個別通知)

とき 910(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成19年6月生まれの幼児

 

 <目次に戻る>

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談

とき 913(月曜)27(月曜) 13時から14時

●若者の心と体の相談

とき 913(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

とき 921(火曜) 13時30分から15時

健康管理課 電話422−0002

●専門栄養相談

とき 915(水曜) 9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

とき 98(水曜)22(水曜) 9時10分から10時20分

検査料 一部有料 

酒害相談

とき 917(金曜) 13時から14時30分

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

相談員 姫路断酒会高砂支部会員

※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで

 

<目次に戻る>

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

とき

99(木曜) 9時30分から11時
927(月曜) 13時30分から15時

ところ 福祉保健センター

対象 妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は市民課、米田・中筋市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。

 

犬・猫の引き取り

どうしても飼えない場合に限ります。

犬の引き取り

動物愛護センター三木支所 電話0794-84-3050

電話で相談してください。 

猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

とき 96(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎非常階段前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。 

 

 <目次に戻る>

マイタウン 6・7月のスナップ

 表敬訪問:7月26日(月曜) 

松陽高等学校定時制の生徒4人が市長を訪ね、全国大会出場に向けての抱負を語りました。

 

夏休み自然工作教室:7月26日(月曜)

青年の家で工作教室が開催され、糸のこ工作とウグイス笛をテーマに子どもたちが真剣なまなざしで作業に取り組みました。

 

パパと子どもの料理教室:7月24日(土曜)

中央公民館兼伊保公民館で子どもと父親を対象とした料理教室が行われ、地元の旬の魚や野菜を使った料理に挑戦しました。

 

子ども会ヨットスクール:7月17・18日、7月24・25日(金曜)

高砂沖で市内子ども会会員が、一人乗りヨットによる帆走訓練の基礎を体験しました。

 

川と海のクリーンアップ大作戦:7月31日(土曜)

「受け継ごうきれいで豊かな瀬戸の海」をテーマに加古川河口付近の清掃活動と環境学習が行われました。

 

海外姉妹都市交流派遣事業:7月16日(金曜)

親善大使として姉妹都市ラトローブ市で活動したアーティストの帰国報告会が行われました。

 

不審者対策研修:7月16日(金曜)

伊保幼稚園で先生や保護者が護身術、さす又や身近なものを使用した不審者への対処方法を学び、実際に不審者と遭遇した場合のシミュレーションが行われました。

 

車椅子寄贈:7月26日(月曜)

株式会社トーホーが自走式車椅子(5台)をあすなろ学園に寄贈しました。

 

保健衛生備品寄贈:7月22日(木曜)

高砂市医師会が保健衛生備品を市内各保育園、幼稚園、小・中学校などに寄贈しました。

 

 

<目次に戻る>