広報たかさご11月号  788  平成22年

表紙

たかさご万灯祭2010 竹の灯り会場 9月25日(土)26日(日) 

目次

                   

   情報けいじばん  

 LOOK  LOOK(11月の相談)

 救急医

 特集

  

 

人口の動き   

(10月1日現在、外国籍人口を含む)

人口  96,300人(42減)

男   47,248人(40減)

女   49,052人(2減)

世帯数 38,330世帯(11減)

 

 <目次に戻る>

情報けいじばん

国保医療 納付 年金 健康 福祉 安全安心 学ぶ 催し 募集 お知らせ  

 

国保医療

福祉医療

健康市民部国保医療課医療係 電話443-9021

申請窓口 国保医療課医療係まで

医療費の払い戻し

 次のときは申請により、医療費などの自己負担額(各制度の一部負担金相当額を除く)が払い戻されます。

◇県外の医療機関にかかったとき

◇緊急やむを得ない事由で医療受給者証を提示できずに医療機関にかかったとき

◇老人医療で同一月内に自己負担限度額を超えて一部負担金を支払ったとき(高額医療費)

◇医師の指示で治療用装具(コルセットなど)を購入したとき

持ち物 健康保険証、医療受給者証、印鑑、振込先が分かるもの、領収書、療養費支給決定通知書(協会けんぽの人)、療養費等支給証明書(健保組合・共済組合の人)

※ 治療用装具を購入したときは領収明細書、医師の意見書、装具装着証明書が必要です。

老人医療の高額医療費

 老人医療で同一月内に自己負担限度額(下表)を超えて一部負担金を支払ったときは申請により、その超えた分を支給します。ただし、外来、入院とも、同一医療機関で同一月内に支払う一部負担金は自己負担限度額までとなります。

 同一月内に複数の医療機関で受診した場合、外来のみの月は受給者個人単位で、入院のある月は同一世帯の老人医療受給者の外来と入院を合算した世帯単位(後期高齢者医療被保険者および高齢受給者の合算はしない)で、自己負担限度額を超えた額を支給します。ただし、加入医療保険から高額療養費および附加給付などの支給があれば、一部負担金からその額を控除します。

※ 入院時の食事代や保険適用外の差額ベッド代などは対象になりません。

自己負担限度額(月額)

一般(本人が市民税非課税で年金収入と年金以外所得の合計が80万円以下の人)
負担割合 2割
外来(個人単位)  12,000円
外来+入院(世帯単位)  44,400円

低所得Ⅱ(市民税非課税世帯の人)
負担割合 2割
外来(個人単位)  8,000円
外来と入院(世帯単位)  24,600円

 

低所得Ⅰ(市民税非課税世帯で世帯全員が年金収入80万円以下かつ所得がない人)
負担割合 1割
外来(個人単位)  8,000円外来と入院(世帯単位)  15,000円

 

 <目次に戻る>

11月の納付

 国民健康保険料5期、後期高齢者医療保険料5期、介護保険料5期の納期は11月30日(火曜)です。

 

 <目次に戻る>

年金

年末調整や確定申告には社会保険料(国民年金保険料)控除証明書を

加古川年金事務所 電話427-4740

健康市民部市民課国民年金係 電話443-9022

  納付した保険料は所得税・市民税の社会保険料控除の対象になります。申告する場合、毎年1月1日から12月31日までの間に納付(納付見込み含む)した国民年金保険料を証明する書類が必要です。

 また、家族の国民年金保険料を納付した場合、その納付額の全額が納付した人の所得税などの控除対象となりますので、本人の社会保険料の額と合算して申告できます。

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書

◇毎年11月上旬に日本年金機構から送付されます。

 証明内容は、本年1月から9月30日までに納付された国民年金保険料額と年内に納付が見込まれる場合の納付見込額です。

※ 納付忘れなどの場合、年内に納付すれば今年分の控除として申告できます。

◇年の途中に国民年金に加入した場合など、10月1日から12月31日までの間に初めて保険料を納付する人には、翌年2月上旬に同様の証明書が送付されます。

 

<目次に戻る> 

健康

けんこうウエルカム    保健センターからのお知らせ

 問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

新型インフルエンザワクチン接種費助成

対象 生活保護世帯、市民税非課税世帯の人

接種期間 から平成23年3月31日(木曜)

助成額 接種料全額

申請方法 印鑑(シャチハタ不可)を持参の上、次の窓口へ

※ 平成22年1月2日以降に転入の人は、世帯全員の平成22年1月1日現在の住所地における所得証明書が必要です。

◇生活保護世帯 地域福祉課

◇市民税非課税世帯 保健センター、市民課、各市民サービスコーナー・市民コーナー

接種

ところ 市協力指定医療機関

※ 市協力指定医療機関以外での接種は、保健センターまで相談してください。

持ち物(接種時)

◇助成券

◇健康保険証など住所、年齢が確認できるもの

◇母子健康手帳(中学生以下)

※ 対象者で助成券交付前に接種した場合は、保健センターまでお問い合わせください。

ポリオ予防接種

 ポリオ予防接種日程

11月15日(月曜)  中筋・曽根

11月26日(金曜)  米田

11月29日(月曜)  高砂・荒井・北浜

11月30日(火曜)  伊保・阿弥陀

受付時間 13時30分から14時

ところ 福祉保健センター

対象 市内在住の3カ月以上90カ月未満の子ども

接種を受けることが適当でない人

  • 発熱(37.5度以上)している
  • 重篤な急性疾患にかかっている
  • 経口生ポリオワクチンの成分により、アレルギーまたは副反応を起こしたことがある
  • 下痢をしている
  • 当該疾病にかかっているまたはかかったことのある
  • その他、医師が不適当と認める

接種料 無料

持ち物 母子健康手帳、予診票

接種前の注意

  • 予防接種手帳の「予防接種と子どもの健康」、特に「予防接種を受けに行く前に」の章を読む
  • 接種前後30分程度は飲食を避ける

その他

  • 都合の悪い場合は、対象地区外でも接種はできます(対象地区優先)
  • BCG、三種混合1期初回3回を先に済まされることをお勧めします

※ 次回は3月になります。

 

 <目次に戻る>

食育教室もぐもぐの会

申込方法 電話で保健センターまで

とき 12月7日(火曜) 9時30分から12時

ところ 福祉保健センター

内容 離乳食(5から8カ月児)の調理実習

定員 20人

受講料 400円(材料費)

一時保育 無料(予約制)

持ち物 母子健康手帳、エプロン、三角巾、筆記用具、ふきん2枚

妊婦健康診査費助成券

申込方法 直接、保健センターまで

助成金額 全妊娠期間の健診1回につき

     ・上限4,000円を12回 ・上限11,000円を2回

持ち物 母子健康手帳、印鑑(シャチハタ不可)

▼助成券交付前や協力医療機関以外で受診した場合

持ち物 助成券、母子健康手帳、印鑑(シャチハタ不可)、領収書、振込先口座のわかるもの

※ 受診した医療機関に問い合わせます。診療時間外は、手続きができない場合がありますのでご了承ください。

 

<目次に戻る> 

各検、健診の注意

対象 平成23年3月31日現在の年齢

※ 健康保険証など年齢確認ができるものが必要です。

受診回数 1年度に1回

※ 乳がん・子宮がん検診は、2年度に1回です。

結核・肺がん検診

申し込み不要

とき 12月13日(月曜)

   9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容 胸部エックス線直接撮影

対象 20歳以上の市民

※ 喀痰検査は50歳以上で喫煙指数600以上の人

検診料 1,000円

※ 喀痰検査を受ける人は別途、1,000円が必要

※ 75歳以上の人は無料

総合がん検診

とき 1月12日(水曜) 

    9時から15時30分(時間指定)

ところ 福祉保健センター

内容

結核・肺がん検診 胸部エックス線直接撮影

対象 20歳以上74歳以下

検診料 1,000円

大腸がん検診 便潜血反応検査

対象 40歳以上74歳以下

検診料 700円

胃がん検診 バリウムによるエックス線間接撮影

対象 40歳以上74歳以下

検診料 1,800円

乳がん検診(女性のみ) マンモグラフィー

40歳から49歳 2方向 2,500円

50歳から64歳 1方向 2,000円

子宮がん検診 細胞診 

対象 20歳以上74歳以下

検診料 2,500円

定員 各120人(乳がん検診は50人)

受付期間 11月24日(水曜)から

申込方法 電話で保健センターまで

 

 <目次に戻る> 

個別がん検診

 市内の指定医療機関で受診します。

※ マンモグラフィーは市民病院で受診します。

申込方法 直接または電話で実施医療機関まで

※ 実施医療機関は保健センターにお問い合わせください。

持ち物 健康保険証

※ 75歳以上の人は無料

大腸がん検診 便潜血反応検査

対象 40歳以上の市民

検診料 700円

乳がん検診 視触診、マンモグラフィー

対象 40歳以上の女性市民

検診料 3,400円

子宮がん検診 細胞診

※ 体部がん検診は医師が必要と認めた人のみ受診可

対象 20歳以上の女性市民

検診料 頚部1,700円、頚・体部2,500円

胃がん検診 バリウムによるエックス線直接撮影

対象 40歳以上の市民

検診料 3,000円

 

<目次に戻る> 

からだリセット健診

とき 12月13日(月曜) 9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容 身体計測、血圧測定、尿検査、肝臓機能検査、脂質検査、糖尿病検査、問診、理学的検査、胸部エックス線直接撮影

対象 

◇30歳以上39歳以下の市民

◇生活保護受給中の40歳以上の市民(生活習慣病治療中の人を除く)

健診料 1,000円

※ 胸部レントゲン撮影を受ける人は別途、1,000円が必要

しめ切り 2週間前

申込方法 電話で保健センターまで

 

<目次に戻る>  

笑顔でよいしょ教室 65歳からの筋トレ教室 笑顔で長生き、介護いらずの生活をめざして

 理学療法士、保健師、栄養士、歯科衛生士が支援します。

とき 1月から

   火曜日、3カ月間

   13時30分から15時30分

ところ 福祉保健センター

内容 健康チェック、筋力アップ体操など

対象 介護保険を利用していない65歳以上の市民

※ 健康調査、体力測定など(12月16日(木曜))により決定

定員 20人

受講料 500円

申込方法 電話で保健センターまで

骨粗しょう症検診

とき 11月24日(水曜)から12月22日(水曜)、1月11日(火曜)から2月25日(金曜) 

    15時から16時30分(時間指定)

ところ 市民病院

内容 エックス線による骨密度測定

対象 女性 30歳以上、男性 60歳以上

検診料 1,500円

申込方法 電話で保健センターまで

 

<目次に戻る>  

在宅寝たきり高齢者歯科訪問指導

 歯科医師・歯科衛生士・保健師が訪問し、保健指導などを行います。

対象 寝たきりでおおむね65歳以上の市民

費用負担 ◇1回目 無料

     ◇2回目以降 保険診療

申込方法 電話で保健センターまで

歯周疾患検診

とき  12月31日(医療機関での予約日)まで

ところ 播磨歯科医師会指定医療機関

内容 問診、口腔診査、PMTC (歯のクリーニング)

対象 40歳・50歳・60歳・70歳の市民

検診料 1,300円

申込方法 電話で保健センターまで

 

<目次に戻る>  

福祉

11月は児童虐待防止推進月間です

平成22年度標語 見すごすな 幼い子どもの SOS

 家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解が必要です。

 

 <目次に戻る> 

児童福祉課からのお知らせ

福祉部児童福祉課 電話443-9024

子育て支援ショートステイ

 児童を養育している保護者が病気や出産などの理由で、児童の養育が一時的に困難となった場合に児童福祉施設で預かる制度です。

※ 送迎は保護者が行ってください。

利用期間 7日間以内

利用料

  • 市・県民税課税状況により費用負担あり
  • 入所中の児童の医療費などは保護者負担

※ 申込方法など詳しくは、児童福祉課までお問い合わせください。

ひとり親家庭支援

 審査、条件などがあり、事前に母子自立支援員の相談が必要です。

※ 詳しくは児童福祉課までお問い合わせください。

【高等技能訓練促進費】

 母子家庭の母親が看護師など資格取得のため、養成機関で2年以上修業する場合に支給します。

【自立支援教育訓練給付金】

 ひとり親家庭等の母や父、養育者が職業能力開発のための講座を受講した場合に支給します。

【自動車免許取得助成金】

 ひとり親家庭等の母や父、養育者が、普通免許などを取得する際の費用の一部を助成します。

【ひとり親家庭相談・就労支援アドバイス】

 母子自立支援員が、ひとり親家庭の皆さんが抱える生活上の問題や就業などのさまざまな悩み事の相談相手となり、問題解決のお手伝いを行います。また、ハローワークなど関係機関との連携によるアドバイスを行います。

相談日 月曜から金曜、9時から17時

夜間相談(予約制) 月1回、17時から19時

父子家庭への児童扶養手当

 8月1日から、父母の離婚などで母と生計を同じくしていない子どもを監護し生計を同じくする父子家庭の父にも児童扶養手当が支給対象となりました。

※ 所得制限など条件があります。必ず申請者本人が児童福祉課で相談し、手続きしてください。

 

<目次に戻る>

すこやか 子育て支援センターからのお知らせ

問い合わせ・申込方法(共通)

電話で子育て支援センターまで 電話442-2242 

おやこ★うんどうかい 翔け☆宇宙へ!

 楽しく体を動かして遊びましょう!

とき 11月11日(木曜)

   9時45分から11時45分

ところ 総合体育館アリーナ

対象 就園前の子どもと親

定員 50組

受付日 11月4日(木曜)・5日(金曜)

つどいの広場

とき 月曜・水曜・木曜

   9時から12時、13時から15時

※ 都合のよい時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

定員 15組

11月の親子遊び

※午前と午後に30分程度の親子遊びをします。

月曜日

1日 わくわくリズム

8日 エプロンシアター

15日 集まれ!1歳児

22日 親子で運動遊び 

水曜日

10日 ボランティアさんと遊ぼう子育てホットタイム

24日 11月生まれのお友達集合 

木曜日

4日 赤ちゃんわらべうた

18日 作って遊ぼう

25日 遊ぼう!わらべうた 

 

<目次に戻る>

レッツゴー♪つどい

 あなたの地域でつどいの広場を開催します

とき 11月29日(月曜)

    10時30分から11時30分

ところ 中筋公民館

対象 就園前の子どもと親

定員 15組

受付期間 11月17日(水曜)から19日(金曜)

ベビーマッサージ

とき 11月26日(金曜)

ところ 子育て支援センター

対象 3カ月以上12カ月以下の子どもと親(初めて参加の人)

定員 10組

※ 申込多数の場合は抽選

参加費 100円(オイル代)

持ち物 タオルケット

受付日 11月17日(水曜)

11月のおはなしルーム

◇読み聞かせ会

 11月4日(木曜)・17日(水曜)

 10時30分から11時30分

◇親子読書会

 11月5日(金曜)

 10時から12時、14時から16時

◇おはなし会

 11月25日(木曜)

 10時30分から11時30分

 

 <目次に戻る>

要援護者実態調査にご協力を

地域包括支援センター(高砂市社会福祉協議会内) 電話443-3723

福祉部高年・障害福祉課 電話443-9026

安心して暮らせるまちづくりのために

 市と社会福祉協議会が、援護を必要としている人の福祉ニーズを把握するために毎年、民生委員などが訪問し実施しています。調査結果は日常の見守りのほか災害時の基礎資料としても活用します。

 

全国一斉女性の人権ホットライン強化週間

神戸地方法務局人権擁護課 電話078-392-1821

 夫・パートナーからの暴力やセクシャル・ハラスメントなど、女性をめぐる様々な人権問題について人権擁護委員、法務局職員が電話で相談に応じます。

電話相談

電話0570-070-810

とき

◇11月15日(月曜)から19日(金曜)

 8時30分から19時

◇11月20日(土曜)・21日(日曜)

 10時から17時

※ 相談無料。秘密は厳守します。

 

<目次に戻る> 

みんなの社協フェア2010

高砂市社会福祉協議会 電話443-3720

とき 11月14日(日曜)

    10時から15時30分

ところ 文化会館、福祉保健センター

内容

  • 記念講演 「生きる勇気をありがとう」講 師 清水 哲 氏
  • 市民活動フェスタ、いきいきふれあいバザー、にこにこファミリーフェスティバル、お茶席ほか

 

にこにこファミリーフェスティバル

ファミリーサポートセンター 電話442-0555

第4回交流会

とき 11月14日(日曜)

    10時から12時

ところ 文化会館展示集会室

対象 ファミリーサポートセンター登録会員、子育て中や子育て支援に関心のある人

内容 なかよしコンサート、紙芝居、元気いっぱい!親子体操など

※ 申し込み不要

 

 <目次に戻る>

平成21年度おもいやり標語金賞作品

支え合い 仲間の絆を 大切に

北浜小学校 北脇 玲奈さん

 

平成23年度学童保育所入所児童募集

NPO法人高砂キッズ・スペース 電話442-0817

対象 保護者が仕事などのため、家庭で保育ができない小学1から3年生

保育時間

  • 月曜から金曜日 授業終了後から18時
  • 土曜日・夏休みなど 9時から18時(早朝保育8時から9時)

保育料 月額7,700円

※ 別途、教材費・おやつ代などが必要。

しめ切り 12月17日(金曜)

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、高砂キッズ・スペースまたは各学童保育所まで

※ 申込書は各学童保育所にあります。

※ 詳しくは、高砂キッズ・スペースホームページをご覧ください。

【入所説明会】

と き 12月4日(土曜)

    15時から

ところ 文化会館展示集会室

 学童保育所一覧

学校区 高砂

名称 まつぼっくり

所在地 高砂小学校専用室

電話番号 443-6427

 

学校区 荒井

名称 こうのとり

所在地 荒井小学校専用室

電話番号 443-6428

 

学校区 伊保

名称 とらいあんぐる

所在地 伊保小学校専用室

電話番号 447-9190

 

学校区 伊保南

名称 あおぞら

所在地 伊保南小学校専用室

電話番号 447-9191

 

学校区 中筋

名称 かぶとむし

所在地 中筋小学校専用室

電話番号 447-8559

 

学校区 曽根

名称 たけとんぼ

所在地 曽根小学校専用室

電話番号 447-6538

 

学校区 米田

名称 ひまわり

所在地 米田小学校専用室

電話番号 432-3480

 

学校区 米田

名称 米田クラブ

所在地 米田小学校専用室

電話番号 432-3480

 

学校区 米田西

名称 てんとうむし

所在地 米田西小学校専用室

電話番号 432-4801

 

学校区 米田西

名称 米田西第二

所在地 米田西幼稚園専用室

電話番号 432-5519

 

学校区 阿弥陀

名称 おたまじゃくし

所在地 阿弥陀小学校専用室

電話番号 447-6539

 

学校区 北 浜

名称 なかよし

所在地 北浜幼稚園専用室

電話番号 079-254-4501

 

<目次に戻る>

安全安心

簡易耐震診断

まちづくり部建築指導課 電話443-9035

 簡易耐震診断員(建築士)による診断の上、住宅の耐震性の評価、改善のポイント、耐震改修のアドバイスなどをまとめた簡易耐震診断報告書を交付します。

 耐震性が低いと診断された場合、耐震改修工事に対して兵庫県の助成制度があります。

対象 昭和56年5月31日以前着工の住宅

※ 一定の要件があります。

診断手数料

  • 木造住宅  3,000円
  • 非木造住宅 6,000円

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、建築指導課まで

※ 申込書は建築指導課、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。市ホームページからも取り出せます。

 

 <目次に戻る>

総合防災訓練

企画総務部危機管理室 電話443-9008

 大規模地震による同時多発災害を想定し、市民と防災関係機関および市が連携してコミュニティ防災拠点となる小学校で訓練を行います。市民の防災意識を高めるとともに、災害から住民の生命、身体、財産を守る体制づくりを推進します。

とき 11月7日(日曜)

   8時50分から11時30分(雨天中止)

ところ 米田小学校

内 容 米田小学校区自治会による避難訓練、初期消火訓練、炊き出し訓練、協賛企業による各種展示

 

<目次に戻る>

平成22年 秋の火災予防運動 11月9日(火曜)から15日(月曜)

問い合わせ先 消防本部予防課 電話448-4019

全国統一標語 「消したかな」 あなたを守る 合言葉

【防火イベント】

とき 11月13日(土曜)

   9時30分から12時

ところ アスパ高砂駐車場

内 容 

  • 防火ポスター表彰
  • 防火PR演奏(真浄寺保育園幼年消防クラブ)
  • 消火器相談窓口
  • 住宅用火災警報器フェア
  • 消防団啓発活動(消防団車両の展示・記念撮影)
【防火ポスター優秀作品展】

とき 11月8日(月曜)から15日(月曜)

ところ アスパ高砂セントラルコート

内容 市内小学5・6年生の作品を展示

 

<目次に戻る>

防火祈願・合同訓練

とき 12月4日(土曜)

ところ 曽根天満宮、加古川河川敷公園

参加機関 消防本部、消防団、自衛消防隊、東播磨特別防災区域高砂地区協議会

問い合わせ先 消防本部消防課 電話448-4419

 

救命講習

消防本部消防課救急係 電話448-4491

申込方法 直接、消防本部消防課まで

※ 受講者には修了証を交付

上級救命講習

とき 11月28日(日曜)

   9時から17時

ところ 消防本部2階会議室

内容 心肺蘇生法(乳幼児、小児、成人)、AED使用法の学習、外傷の応急手当、搬送法など

対象 市内在住または在学・在勤の16歳以上の人

定員 20人

しめ切り 11月21日(日曜)

普通救命講習

と き 12月19日(日曜)

ところ 消防本部2階会議室

定 員 30人

しめ切り 12月12日(日曜)

講習Ⅰ 9時から12時

内容 心肺蘇生法、AED使用法の学習

対象 市内在住または在学・在勤の16歳以上の人

講習Ⅱ 9時から13時

内容 心肺蘇生法、AED使用法の学習、知識の確認、実技の評価

対象 市内在住または在学・在勤の16歳以上の人で、業務上、心停止者に対する応急の対応が想定される人(看護師、介護士、警察官、警備員、スポーツトレーナーなど)

 

 <目次に戻る>

指名手配被疑者の検挙にご協力を

問い合わせ先 高砂警察署 電話442-0110

 平成22年8月末現在、全国の警察から指名手配されている被疑者は、約1,200人に上っています。これらの被疑者は、殺人、強盗、詐欺などのいろいろな事件で手配され、再び犯行を繰り返す恐れがあり、早期に検挙しなければなりません。

 指名手配被疑者の発見に向けた捜査活動には、市民の皆さんの協力が必要です。指名手配被疑者によく似た人を見掛けたといった情報など、どんなことでも結構です。警察に通報してください。

 

<目次に戻る>

学ぶ

リサイクル啓発講座

美化センター美化第一課 電話448-5260

ところ 美化センターガラス工房

対象 市内在住・在学・在勤または加古川市・稲美町・播磨町の小学5年生以上の人

※ 保護者と同時受講の場合は小学1から4年生可

定員 各10人

受付日 11月4日(木曜)から

申込方法 電話で美化第一課まで

【サンドブラスト+ステンドグラス教室】

とき 11月13日(土曜)

   9時30分から15時30分

内容 クリスマスデザインのランプ製作

※ 1日1回で完成予定、長袖(綿製)でご参加ください

受講料 2,000円

持ち物 軍手(純綿製)、飲み物、昼食

【牛乳パックからつくる紙すき教室】

と き 12月11日(土曜)

  • 9時30分から11時30分
  • 13時30分から15時30分

内 容 牛乳パックから年賀状を作ります

受講料 300円

持ち物 牛乳パック

 

 <目次に戻る>

催し

高砂市農林漁業祭

生活環境部産業振興課 電話443-9031

とき 11月21日(日曜)

   9時30分から

ところ 総合運動公園サブグラウンド

【農作物品評会】

 優秀な農作物の出品者を表彰します。

審査 11月20日(土曜)

表彰 特別賞・優秀賞・地区奨励賞など

※ 出品者には参加賞、入賞者には表彰状と副賞を贈呈

展示・販売 出品された農作物は品評会場に展示し、表彰式終了後に販売。

同時開催 ふぁーみんフェスタin高砂
  • 農作物青空市
  • 兵庫南農協市内各支店および女性会の模擬店・ゲーム
  • 波賀町物産販売
  • 浜のかあちゃん加工場
  • ビンゴゲームほか

 

 <目次に戻る>

国際交流バーベキュー

高砂市国際交流協会 電話443-9132

 色々な国の人とバーベキューをしながら楽しくお話ししてみませんか。

とき 11月28日(日曜)

   受付10時から11時30分 (小雨決行)

ところ 市ノ池公園バーベキューサイト

参加費(幼児無料)

  • 会員 大人1,000円 小・中学生500円
  • 一般 大人2,000円 小・中学生500円

定員 200人程度

しめ切り 11月10日(水曜)

申込方法 電話で国際交流協会まで

※ 送迎バス(高砂駅10時発)、(市役所10時15分発)を利用する場合は事前に申し込みが必要。

 

 <目次に戻る>

高齢者大学(松陽学園)学園祭芸能発表会

教育センター 電話448-4191

とき 11月26日(金曜)

   9時30分から15時30分

ところ 文化会館じょうとんばホール

内容 学園生、卒業生の芸能発表、正連寺保育園児・あすなろ学園生の演技

入場料 無料

 

  <目次に戻る>

第33回高砂市民音楽祭

高砂市合唱連盟事務局(教育委員会生涯学習課内) 電話443-9056

とき 11月3日(祝日)13時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出演 高砂市合唱連盟加盟団体、賛助出演団体

入場料 無料

 

 <目次に戻る>

高砂市吹奏楽団第27回定期演奏会

教育委員会生涯学習課 電話443-9056

と き 11月23日(祝日)

    14時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

指 揮 岩見 順、三浦 克哉

曲 目 序曲1812年、歌劇「カルメン」より、ジャパニーズグラフティ、アニメヒロインメドレーほか

入場料 無料

 

 <目次に戻る>

ダンスコンテストin高砂

文化会館 電話442-4831

出場チーム大募集

 古今東西・老若男女・ジャンルは問いません。

 最優秀賞、優秀賞、じょうとんば賞を受賞したチームにはオリジナルトロフィーを贈呈。最優秀チームは副賞として「D’OAM」主催イベントへの出場権が得られます。

とき

予選 12月12日(日曜)10時から

決勝 1月30日(日曜)13時から

  • 第1部 ダンスコンテスト決勝(予選通過者25チーム)
  • 第2部 ゲストダンスショー(D’OAM CREW, BLACK SHIP, LAdyNAda)

ところ 文化会館じょうとんばホール

応募方法 応募用紙に必要事項を記入の上、文化会館まで

※ 応募用紙は文化会館にあります。

※ 出場者はコンテスト決勝のチケットを一人1枚購入

しめ切り 11月23日(祝日)

入場料

予選 無料

決勝 全席自由

  • 前売券 2,000円
  • 当日券 2,500円

前売券発売中

前売券発売所 文化会館、駅前観光案内所「ちちり」、みどりの相談所、総合体育館など

 

 <目次に戻る>

らいぶらり

図書館からのお知らせ 電話448-8333

えほんのじかん

とき 11月6日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

えほんのじかん

とき 11月6日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

おはなし会

とき 11月13日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

おはなし会

とき 11月13日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

 

11月の休館日

1日(月曜)、3日(祝日)、8日(月曜)、15日(月曜)、22日(月曜)、23日(祝日)、24日(水曜)、29日(月曜)

 

お薦め図書

児 童

いのちのしずく 川嶋 康男;

ジムボタンのたびだち ミヒャエル・エンデ;

ふしぎなのらねこ くさの たき

 

一 般

アリアドネの弾丸 海堂 尊

これからキミと。 凛

日本の恐ろしい真実 辛坊 治郎

 

<目次に戻る>

募集

市営松波・伊保崎南住宅入居者募集

まちづくり部管理課 電話443-9040

種 別 普通市営住宅

募集戸数

  • 市営伊保崎南住宅 1戸(3DK)
  • 市営松波住宅   2戸(2DK)

※ 申込多数の場合は抽選

家賃月額

  • 市営伊保崎南住宅 19,700円から38,700円
  • 市営松波住宅   23,600円から46,300円

※ 政令月収額、所得によって異なる。

入居時期 12月下旬

受付期間 11月8日(月曜)から19日(金曜)

入居資格 次の要件を満たす人

  • 市内在住または在勤(平成22年11月1日現在)
  • 政令月収が158,000円以下である

※ 入居しようとする家族全員の年間総所得額から扶養控除額などを差し引いた額を12カ月で割った額

  • 同居しようとする家族がある(単身者の場合は、別途、条件あり)
  • 暴力団員でない

申込方法 入居者本人が申込書に必要事項を記入の上、直接、管理課まで

※ 郵送不可

※ 申込書は管理課、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。(11月1日(月曜)から19日(金曜))また、市ホームページからも取り出せます。

 

<目次に戻る> 

ジュニアリーダー研修会参加者募集

教育委員会青年の家 電話443-2155

と き 11月20(土曜)・21日(日曜)

    1泊2日

ところ 青年の家

対 象 市内小学校4から6年生および中学生

定 員 50人

参加費 2,000円

受付期間 11月4日(木曜)から19日(金曜) 9時から16時30分

     (日曜・月曜は除く)

申込方法 電話で青年の家まで

 

 <目次に戻る>

第1回高砂市観光協会景観賞募集

高砂市観光協会事務局(高砂商工会議所内) 電話443-0500

 地域の景観への関心を高めることを目的に、景観賞、景観奨励賞を募集します。自薦・他薦は問いません。

募集内容

  • 景観賞 市内の歴史的・伝統的な建築物、周辺環境に調和している建築物など
  • 景観奨励賞 市内の優れた景観形成に貢献している個人または団体、また周辺環境や歴史・自然との調和に寄与した活動を実施している個人または団体

※ 過去に国・県・市の文化財などに指定登録を受けたもの、国および地方公共団体は除く

しめ切り 12月15日(水曜)消印有効

応募方法 応募用紙に必要事項を記入の上、直接またはファクス442-0369)、メール(kanko@takasago-cci.or.jp)で、高砂市観光協会事務局(高砂商工会議所内 〒676-8558 高砂市高砂町北本町1104)まで

※ 応募用紙は、高砂商工会議所、産業振興課、公民館にあります。

※ 詳しくは高砂市観光協会事務局にお問い合わせください。高砂市観光協会事務局ホームページでもご覧になれます。

表 彰 表彰状および記念品を進呈

 

 <目次に戻る>

自衛官募集

自衛隊加古川地域事務所 電話426-3290

 防衛省では、陸上自衛隊高等工科学校生徒(一般・推薦)を募集しています。

※ 詳しくは、自衛隊加古川地域事務所までお問い合わせください。

 

芋掘り体験参加者募集

ふれあいの郷生石研修センター 電話447-4110

とき 11月13日(土曜)10時から

※ 雨天の場合は、14日(日曜)

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象 小学2年生以下の子どもと保護者

持ち物 帽子、軍手、タオル、ビニール袋、スコップ、汚れてもよい服装など

定員 20組(1組5人まで)

参加費 1組500円

受付期間 11月1日(月曜)9時から

申込方法 電話または直接、ふれあいの郷生石研修センターまで

 

 <目次に戻る>

お知らせ

訂正とお詫び

広報たかさご10月号(No.787)表紙の人口の動きに誤りがありました。次のとおり訂正し、お詫びします。

(誤)人口 96,342人(2減)

(正)人口 96,342人(22減)

 

市民ギャラリーあいぽっと
  • 11月1日(月曜)から12日(金曜) 蓮の池コンサート写真展
  • 11月15日(月曜)から26日(金曜) 海外姉妹都市締結10周年記念事業
  • 11月29日(月曜)から12月10日(金曜) 松陽学園「日本画クラブ同好会」展

※ 上記記期間には設営準備、撤去の日を含んでいます。

 

 <目次に戻る>

愛の献血にご協力を

姫路赤十字血液センター 電話079-294-5147

と き 11月26日(金曜)

    10時から15時30分

ところ アスパ高砂1階駐車場

持ち物 本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証など)

主 催

高砂ライオンズクラブ、高砂の浦ライオンズクラブ、高砂の松ライオンズクラブ

 

 <目次に戻る>

入札参加資格審査申請

財務部契約管財課 電話443-9011

 市が発注する建設工事、測量・建設コンサルタント等、物品・その他の入札参加資格審査申請を受け付けます。

  • 建設工事の入札参加資格を有する者は、基準年になりますので、申請が必要です。
  • 測量・建設コンサルタント等、物品・その他の入札参加資格を有する者は、申請の必要はありません。

【申請書交付(市独自様式、無料)】

とき 12月1日(水曜)から28日(火曜)9時から12時、13時から16時(土曜・日曜・祝日は除く)

ところ 財務部契約管財課

※ 市ホームページからも取り出せます。

※ 郵送請求不可

※ 建設工事の入札参加資格を有する者には案内書を郵送します。

【申請書受付】

とき 1月11日(火曜)から31日(月曜)9時から12時、13時から16時(土曜・日曜は除く)

ところ 財務部契約管財課

※ 郵送受付不可

※ 電子申請による受け付けも行います。(1月11日(火曜)から21日(金曜)16時まで)

※ 詳しくは市ホームページの電子申請をご覧ください(12月1日(水曜)から)

対象 建設工事

有効期間 平成23年4月1日から平成26年3月31日

 

対象 測量・建設コンサルタント等

有効期間 平成23年4月1日から平成25年3月31日

 

対象 物品・その他

有効期間 平成23年4月1日から平成24年3月31日

 

 <目次に戻る>

交換コーナー

生活環境部市民活動推進課 電話443-9135

 品物の引き渡しは、当事者間で行ってください。

【譲ります】

ダブルアームウォーカー

 価格は無料 荒井町 匿名 電話442-5925

回転座椅子2台、ガラステーブル、温風機、野菜入れワゴン

 価格は相談 美保里 匿名 電話442-2290

将棋盤(駒、駒台つき)

 価格は相談 今市 匿名 電話443-8344

 

 <目次に戻る>

山陽電車高砂・荒井・伊保・曽根 JR宝殿・曽根
駅前放置自転車クリーンキャンペーン

問い合わせ先 まちづくり部管理課 電話443-9040

とき 11月11日(木曜)から17日(水曜)

ところ 市内6駅

内容

  • 放置自転車などを防止するための広報啓発活動の実施
  • 放置自転車などの指導、撤去活動の実施

  駅周辺に放置された道路上の自転車や原動機付自転車は、道路交通の円滑が阻害され、高齢者や子ども、車いすなどの安全な通行に支障をきたします。また、まちの美観を大きく損ねるだけでなく災害時の避難や救助活動の妨げになります。1人ひとりがマナーを守り、放置自転車のない美しい高砂を築きましょう。

  高砂市自転車等の放置の防止に関する条例を設置し、市内各6駅周辺を放置禁止区域に指定し、定期的に放置自転車などの撤去を行なっています。

 

 <目次に戻る>

ごみ袋は透明袋で!

問い合わせ先 美化センター美化第一課 電話448-5220

 透明袋とは、無色・白色・水色などごみ袋を透かして新聞の字が見える程度の袋のことを言います。黒い袋、紙袋、ダンボール箱で出した場合、収集しませんのでご理解、ご協力をお願いします。

 透明袋の使用は、燃えるごみにかん、びんなどが混入するのを防ぎ、収集作業員のけがや事故の防止を図るためです。

 かん、びんは地域の集団回収、またはあきかん、あきびんの収集日に出してください。

 

兵庫県最低賃金改正

兵庫労働局賃金課 電話078-367-9154

兵庫県最低賃金(時間額)

734円(平成22年10月17日改正)

※ パートタイマー、アルバイトなどすべての労働者に適用。

  特定(産業別)最低賃金が適用される業種は、当該最低賃金が例年12月1日に改正されます。

 

 <目次に戻る>

事業所巡回健診

高砂商工会議所 電話443-0500

従業員に定期健診を

と き 1月11日(火曜)から2月4日(金曜)

内 容

一般検診A

 身体測定、血圧測定、尿検査、聴力検査(会話法)、胸部エックス線検査、問診

一般検診B (35歳、40歳以上)

 一般検診Aの内容、肝機能検査、血中脂質検査、貧血検査、血糖検査、心電図検査、聴力検査(オージオ測定)、腹囲測定

特殊検診

 じん肺検査、大腸がん検査(検便)、有機溶剤検査ほか

対 象 従業員おおむね50人未満の事業所

定 員 2,500人

健診料

一般検診A  1人 2,200円

一般検診B  1人 6,900円

※ 特殊検診は実費

しめ切り 11月30日(火曜)

申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、高砂商工会議所または産業振興課まで

※ 申込用紙は高砂商工会議所、産業振興課にあります。

 

 <目次に戻る>

新春交礼会

と き 1月4日(火曜)

    11時から

ところ 福祉保健センター 中ホール

会 費 1,500円

受付期間 11月15日(月曜)から26日(金曜)

申込方法 会費を添え、直接、秘書広報広聴室(秘書)または高砂商工会議所まで

問い合わせ先 企画総務部秘書広報広聴室(秘書担当) 電話443-9000

 

成人式 はたちのつどい

と き 1月10日(祝日)  11時から11時20分

ところ 文化会館じょうとんばホール

問い合わせ先 教育委員会青少年課 電話442-6222

 

<目次に戻る> 

旧入江家住宅見学会と曽根のまち探訪

問い合わせ先 教育指導部生涯学習課文化財係 電話448-8255

旧入江家住宅は、天明5年(1785)に建築された庄屋層の民家で兵庫県指定文化財です。平成21年1月から行われていた表屋の保存修理工事が完成しましたので、建物と資料(花嫁衣装・屏風・駕籠など)を公開します。

公 開 11月6日(土曜) 10時から16時(雨天決行)

現場解説 10時から、13時から、15時から(住宅前に集合)

曽根のまち探訪 ※ 参加自由、申し込み不要

 住宅周辺の地図を配布します。町内のまちあるきを自由にお楽しみください。曽根天満宮資料館も見学できます。

駐車場 教育センター

※ 旧入江家住宅には駐車場がありません。

文化財総合的把握モデル事業 ひと・まち・石 
第17回 竜山石、東京の博覧会に出品

 今回は、中筋の船津家文書の中から竜山石が、明治23年(1890)、東京で開かれた「第3回内国勧業博覧会」に出品する様子を紹介します。

 この博覧会は、内務卿大久保利通が積極的な近代化政策をすすめ、勧業政策の一環として博覧会を提唱し、明治10年(1877)に第1回を開催しました。(入場者45万人を超える)

 第3回は明治23年4月から4カ月間、花の上野公園で開催され、会場内を電車が走り、自転車がデモンストレーションをしたといわれています。

 これに先立つ前年の『博覧会出品願』によると、明治22年6月14日付で、中筋村の船津吉太郎は、兵庫県知事内海忠勝宛に「第三回内国勧業博覧会へ、前記の部、別紙目録の通り出品仕り度くこの段願い奉り候也」と博覧会への出品を願い出ました。

 別紙の目録を見ますと、銘柄を色調から、青石、白石、赤石の三種類に分類、いずれも長さ1尺、竪5寸、厚さ4寸の容積で1個ずつ出品しています。売価については青石が最も高く、白石と赤石は同価格で、青石は高級品として紹介されたようです。出展品の製造人は、青石は生石村の野々村八郎、白石は中筋村の山本清七、赤石は塩市村の大谷万平と記されていて、良質な製品を産出する当時の山方をうかがうことができます。竜山では、今でも青・白(黄)・赤の3色の石が取れます。

 博覧会は産業や技芸の発展に主眼が置かれ、出品物については後々に価値が出るもの、継続的に商売になるもの、技を極めたものを出品するよう要求されました。出品のお礼として、主催者側の大日本農会幹事長の宮島信吉から船津吉太郎宛てに『建築石寄付の謝状』が贈られています。

 会場での様子の詳細はわかっていませんが、千数百年の採石の歴史を有し、全国に名高い竜山石の展示に多くの人が目を留める様子が想像できます。当時「印南郡の重要物産」と位置付けていた竜山石にとって、政府の一大イベントの大博覧会への出品は大きな弾みになったといえるでしょう。

(高砂古文書の会 歌井 昭夫)

 

<目次に戻る> 

LOOKLOOK

 11月の相談
 市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談

と き 月曜から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

と き 11月5日(金曜)・11日(木曜)・19日(金曜)

    13時から16時

定 員 8人

申込方法 電話で秘書広報広聴室まで

     (当日8時30分から)

●行政相談

と き 11月10日(水曜)

    10時から13時

●多重債務相談

と き 月曜から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

 

税務相談(予約制)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

と き 11月2日(火曜)・9日(火曜)・16日(火曜)・30日(火曜)

    13時30分から16時

ところ 加古川税理士会館

内 容 税理士が税務の入口をアドバイス

 

 <目次に戻る> 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころの相談(予約制)

と き 月曜から金曜日

    9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

と き 11月22日(月曜)

    13時から16時

定 員 6人

 

しょうがいしゃ相談

福祉部高年・障害福祉課

電話443-9027 FAX443-3144

●身体しょうがいしゃ相談

と き 11月7日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

    電話442-4047  FAX 443-0505

●知的しょうがいしゃ相談

と き 11月2日(火曜) 10時から12時

ところ あすなろ学園第3作業所 (阿弥陀町南池)

●精神しょうがいしゃ相談(こころのサポート相談)

と き 11月8日(月曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

●しょうがいしゃ相談事業

と き 

◇身体障がい関係 水曜日 10時から12時

◇知的障がい関係 木曜日 10時から12時

◇精神障がい関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内 容 専門相談員による相談

申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

※ ファクス可

 

<目次に戻る>  

ひとり親家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

と き 月曜から金曜日 9時から17時

◇夜間相談(予約制)

と き 11月16日(火曜) 17時から19時

ところ 児童福祉課

 

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242

と き 11月15日(月曜)・22日(月曜)

    13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内 容 臨床心理士による個別相談

定 員 3人

 

 <目次に戻る> 

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

と き 月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

 

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

と き 11月15日(月曜)・25日(木曜)

    13時から15時

ところ みのり会館

 

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

と き 月曜から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

 
<目次に戻る> 

消費生活相談

消費生活センター 電話443-9078

と き 月曜から金曜日

    9時から12時、13時から16時

ところ 消費生活センター(市民活動推進課内)

 

若者しごと相談室

若者しごと相談室 電話447-8280

と き 水曜日 13時から17時

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対 象 おおむね39歳以下の人

 

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所 電話443-0500

と き 月曜から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

 

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

と き 月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 産業振興課

 

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

と き 月曜から金曜日 8時30分から16時

ところ 青少年補導センター

 

 <目次に戻る> 

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

と き 月曜から金曜日

◇電話相談 8時30分から16時

◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家)

 

健診・健康相談
ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

と き 11月25日(木曜) 10時から11時30分 (受付9時30分から)

内 容 ファミリーサポートセンターについて

対 象 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者

 

●成人健康相談

内 容 保健師、管理栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで

 

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

内 容 健診、計測、相談など

持ち物 母子健康手帳・問診票

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

と き 11月19日(金曜)

    12時30分から13時30分

対 象 平成22年7月生まれの乳児

●1歳6カ月児健診(個別通知)

と き 11月5日(金曜)

    12時30分から13時30分

対 象 平成21年4月生まれの幼児

●3歳児健診(個別通知)

と き 11月12日(金曜)

    12時30分から13時30分

対 象 平成19年8月生まれの幼児

 

 <目次に戻る> 

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談

と き 11月8日(月曜)・15日(月曜)・22日(月曜)

    13時から14時

●若者の心と体の相談

と き 11月8日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

と き 11月15日(月曜) 13時30分から15時

健康管理課 電話422−0002

●専門栄養相談

と き 11月17日(水曜)

    9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

と き 11月10日(水曜)・24日(水曜)

    9時10分から10時20分

検査料 一部有料 

酒害相談

と き 11月19日(金曜) 13時から14時30分

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

相談員 姫路断酒会高砂支部会員

※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで

 

<目次に戻る> 

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

と き

◇11月11日(木曜) 9時30分から11時

◇11月22日(月曜) 13時30分から15時

ところ 福祉保健センター

対 象 妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は市民課、米田・中筋市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。

 

<目次に戻る>  

犬・猫の引き取り

 

兵庫県動物愛護センター三木支所 電話0794-84-3050

動物愛護センターに相談してください。

◇猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

と き 11月1日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎非常階段前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。

 

 <目次に戻る> 

マイタウン 9・10月のスナップ

 

夏休み理科作品展

9月18日(土曜)・19日(日曜)

福祉保健センターで小学生が夏休みに取り組んだアイデアあふれる作品が展示されました。

 

第14回観月会in十輪寺

9月18日(土曜)

十輪寺の境内で、奄美民謡やインド、韓国、中国、バリの伝統音楽や舞踊などが披露されました。

 

北浜救急ステーション開設

10月1日(金曜)

市西部地区の救急活動の拠点となる救急ステーションが北浜公民館に新設されました。

 

災害時高齢者生活支援研修

▼10月6日(水曜)

南庁舎で、職員が災害時に高齢者を支援するための基本的な技術を学びました。

 

 <目次に戻る>