広報たかさご12月号  789  平成22年

表紙

習字教室 中筋保育園 11月11日(木) 

目次

                   

   情報けいじばん  

 LOOK  LOOK(12月の相談)

 救急医

  

 

人口の動き     

(11月1日現在、外国籍人口を含む)

人口 96,275人(25減)

男 47,236人(12減)

女 49,039人(13減)

世帯数 38,328世帯(2減)

 

 <目次に戻る>

情報けいじばん

 納付 年金 国保医療 健康 福祉 安全安心 学ぶ スポーツ 催し 募集 お知らせ  

 

資産税課からのお知らせ

財務部資産税課 電話443-9016

 次の場合は、申請または届け出をしてください。

【公共用の資産(土地・家屋)がある】

 自治会館など公共のために使用されている資産がある場合は固定資産税の減免を受けられる場合があります。

【家屋を取り壊した、取り壊す予定がある】

 登記のある家屋を取り壊した場合は、法務局で建物滅失登記を行ってください。

登記申請が遅れたり、未登記の家屋を取り壊したり、また家屋を取り壊す予定のある場合は、年内に連絡してください。

 土地の税額が変わる場合があります。

●平成23年度償却資産(固定資産税)の申告

 平成23年1月1日現在、市内に償却資産(土地、家屋以外の事業用の固定資産)を所有する法人・個人事業者は、申告書を提出してください。期限間近は大変混雑しますので、早めの申告にご協力ください。

申告期限 1月31日(月曜)

※ 対象者には12月中旬に申告書類を送付します。申告書類が届かない場合は、お問い合わせください。

●固定資産税にかかる冷蔵倉庫の経年減点補正率が改正

 これまで非木造の「冷蔵倉庫(保管温度が10℃以下に保たれる倉庫)」については「一般の倉庫」と同じ経過年数による減点補正率が適用されていましたが、平成24年度分から「冷蔵倉庫」は「一般の倉庫」に比べて減価の早い経年減点補正率が適用されます。非木造の冷蔵倉庫を所有している人は、資産税課まで連絡してください。

※ 倉庫内に単に冷蔵庫を設置している場合は、このたびの改正による変更はありませんので連絡は不要です。

 

 <目次に戻る>

12月の納付  

 固定資産税3期、国民健康保険料6期、後期高齢者医療保険料6期、介護保険料6期の納期は12月27日(月曜)です。

 

 <目次に戻る>

年金

国民年金で免除された保険料の追納

健康市民部市民課国民年金係 電話443-9022

加古川年金事務所 電話427-4740 

 国民年金で保険料を免除された期間は、老齢・障害・遺族基礎年金を受けるための資格期間に入りますが、老齢基礎年金の年金額では全額免除期間は2分の1、4分の3免除期間は8分の5、半額免除期間は4分の3、4分の1免除期間は8分の7として計算されます。 ただし、平成21年3月以前に免除された期間は、全額免除で3分の1、4分の3免除で2分の1、半額免除で3分の2、4分の1免除で6分の5となります。

 また、学生納付特例期間や若年者納付猶予期間は、年金額には反映されないカラ期間になってしまいます。

 これらの免除期間については、10年以内であれば保険料を追納して満額の老齢基礎年金に近づけることができます。追納を希望する人は、市民課国民年金係または加古川年金事務所で追納申込書を提出してください。

 なお、平成22年度に追納する21年度までの免除された追納保険料の額は表のとおりです。 

平成12年度

全額免除 15,770円

4分の3免除 —

半額免除 —

4分の1免除 — 

平成13年度

全額免除 15,180円

4分の3免除 —

半額免除 —

4分の1免除 — 

平成14年度

全額免除 14,590円

4分の3免除 —

半額免除 7,300円

4分の1免除 — 

平成15年度

全額免除 14,360円

4分の3免除 —

半額免除 7,180円

4分の1免除 — 

平成16年度

全額免除 14,180円

4分の3免除 —

半額免除 7,090円

4分の1免除 — 

平成17年度

全額免除 14,220円

4分の3免除 —

半額免除 7,110円

4分の1免除 — 

平成18年度

全額免除 14,260円

4分の3免除 10,690円

半額免除 7,130円

4分の1免除 3,560円 

平成19年度

全額免除 14,300円

4分の3免除 10,720円

半額免除 7,150円

4分の1免除 3,570円 

平成20年度

全額免除 14,410円

4分の3免除 10,810円

半額免除 7,200円

4分の1免除 3,600円 

平成21年度

全額免除 14,660円

4分の3免除 10,990円

半額免除 7,330円

4分の1免除 3,660円 

※ 平成19年度以前の追納額には加算額が上乗せされています。

 

<目次に戻る> 

 

国保医療

国民健康保険人間ドック・脳ドック

健康市民部国保医療課国保給付係 電話443-9020 

下半期追加募集

検査機関 市民病院

募集人員

◇人間ドック

 男性 10人程度

 女性 若干名

◇脳ドック 若干名

※ 日程など詳しくは、国保医療課までお問い合わせください。

 

国民健康保険料後期高齢者医療保険料夜間納付相談窓口

健康市民部国保医療課賦課収納係 電話443-9072 

 夜間納付相談窓口を開催しますのでご利用ください。保険料も納付できます。

とき 12月9日(木曜)・22日(水曜)

    19時まで

ところ 国保医療課賦課収納係(本庁舎1階㈷窓口)

  

国民健康保険特定健康診査を受けましたか?

健康市民部国保医療課国保給付係 電話443-9020 

 受診期限(平成23年1月31日)がせまっています。お早めに!

 まだ健診を受診していない人は、集団健診または指定医療機関で受診してください。いずれの場合も事前に予約が必要です。

対象 40歳から74歳の国保加入者

持ち物 受診券(5月に送付)、保険証、問診票

※ 受診券を紛失した場合は再発行します。国保医療課国保給付係までお問い合わせください。

申込方法

◇個別健診 電話で市内指定医療機関まで

 市内指定医療機関は、受診券に同封の一覧表または市ホームページで確認してください。

◇集団健診 電話で保健センター(電話443-3936)まで

 12月13日(月曜)、1月17日(月曜)・26日(水曜)

 福祉保健センター

◇総合健診 今年度は終了しました。

健康

けんこうウエルカム    保健センターからのお知らせ

 問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

各検(健)診の注意

対象 平成23年3月31日現在の年齢

※ 健康保険証など年齢確認ができるものが必要です。

受診回数 1年度に1回

からだリセット健診

とき 1月17日(月曜)・26日(水曜)

    9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容 身体計測、血圧測定、尿検査、かん機能検査、脂質検査、糖尿病検査、問診、理学的検査、胸部エックス線直接撮影

対象 

◇30歳以上39歳以下の市民

◇生活保護受給中の40歳以上の市民(生活習慣病治療中の人を除く)

健診料 1,000円

※ 胸部エックス線直接撮影を受ける人は別途、1,000円が必要

しめ切り 2週間前

申込方法 電話で保健センターまで

結核・肺がん検診

とき 1月17日(月曜)・26日(水曜)

    9時から11時

ところ 福祉保健センター

内容 胸部エックス線直接撮影

対象 20歳以上の市民

※ 各種健診で胸部レントゲン直接撮影を受けていない人

※ 喀痰検査は50歳以上で喫煙指数600以上の人

検診料 1,000円

※ 喀痰検査を受ける人は別途、1,000円が必要

※ 75歳以上の人は無料

※ 申し込み不要

女性特有のがん検診

有効期限がせまっています。是非、利用してください。

有効期限 平成23年2月28日

 対象者に検診手帳とがん検診無料クーポン券を送付しています。

 受診方法など、詳しくは検診手帳をご覧ください。

献血にご協力ください

とき 12月20日(月曜)

    9時30分から11時30分

ところ 本庁舎東玄関

対象 16歳以上70歳未満の人

※ 65歳以上の人は60歳以上65歳未満の間の献血経験が必要です。

持ち物 本人確認ができるもの

 

日本脳炎2期、2種混合予防接種予診票を送付しました 

対象 小学4・5年生

 日本脳炎2期および2種混合の予診票を10月から11月に送付しましたが、お手元に届いていない場合は、保健センターまで連絡してください。

 

<目次に戻る>  

福祉 

ファミサポからのお知らせ

ファミリーサポートセンター 電話442-0555 

ところ 福祉保健センター

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

クリスマス交流会&第5回入会説明会

とき 12月14日(火曜)

◇クリスマス交流会

 10時から10時50分

◇第5回入会説明会

 11時から11時45分

内容 人形劇団「がらがらどん」によるお楽しみがいっぱい♪

対象 ファミリーサポートセンター会員、子育て中の人

定員 30組

一時保育 10人(6カ月以上の子ども)

しめ切り 12月10日(金曜)

フォローアップ講座&情報交換会(提供・両方会員)

とき 12月8日(水曜)

対象 提供・両方会員、子育て支援に関心のある人

定員 30人

一時保育 10人(1歳6カ月以上の子ども)

しめ切り 12月6日(月曜)

 

フォローアップ講座&情報交換会 

時間 9時30分から11時

内容 しょうがいをもつ子どもへの理解とかかわり~発達障害児への支援~

講師 濱口 直哉 氏(障害者支援施設あかりの家 障害者等相談支援コーディネーター) 

時間 11時5分から12時15分

内容 よりよい親子関係をとりもつサポートとは~実際の援助活動を通して~こんなときどうするの?

アドバイザー 北野 ひとみ 氏(子育て応援隊☆ウィズ・マム代表)

 

人権週間特設人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9024 

 人権問題(名誉、信用、差別、私的制裁、嫌がらせ、いじめなど)で悩みがある人は、気軽にご相談ください。

 相談は無料で、秘密は厳守します。

とき 12月7日(火曜)

    13時から15時

ところ ふれあいの郷生石研修センター会議室1

 

<目次に戻る>

すこやか 子育て支援センターからのお知らせ

問い合わせ・申込方法(共通)

電話で子育て支援センターまで 電話442-2242 

きらきら☆クリスマス

 ♪ミュージックベルアンサンブル“ティンクル”によるお楽しみがいっぱ~い♪

とき 12月17日(金曜)

    10時から11時30分

ところ 青年の家体育室

内容 ♪クリスマスコンサート♪、サンタさんと一緒に遊ぼう

対象 1歳3カ月以上で就園前の子どもと親

定員 80組

受付期間 12月7日(火曜)・8日(水曜)

12月のおはなしルーム

◇読み聞かせ会

 12月2日(木曜)・22日(水曜)

 10時30分から11時30分

◇親子読書会

 12月3日(金曜)

 10時から12時、14時から16時

◇おはなし会

 12月16日(木曜)

 10時30分から11時30分

定員 15組

レッツゴー♪つどい

 あなたの地域でつどいの広場を開催します。

とき 12月10日(金曜)

    10時30分から11時30分

ところ 北浜公民館

対象 就園前の子どもと親

定員 15組

受付期間 12月6日(月曜)から8日(水曜)

つどいの広場

とき 月・水・木

 9時から12時、13時から15時

※ 都合の良い時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

定員 15組

 

つどいの広場「12月の親子遊び」

※ 午前と午後に30分程度の親子遊びをします。 

月曜日

6日 集まれ!1歳児

13日 赤ちゃん★クリスマス

20日 わらべうたで遊ぼう

27日 昔遊びをしよう(午前) 

水曜日

1日 レストランごっこ

8日 ボランティアさんと遊ぼう子育てホットタイム

15日 ♪わくわくリズム

22日 12月生まれのお友だち集合 

木曜日

9日 パネルシアター

16日 作って遊ぼう

  

<目次に戻る>

安全安心

ファクスで、消防本部へ緊急通報ができます 

緊急通報受信専用ファクス FAX446−0119 

対象 聴覚や言語に障害があるため、電話による連絡が困難な人

※ 緊急FAX通報用紙(火災用・救急用)は高年・障害福祉課にあります。 

問い合わせ先 福祉部高年・障害福祉課 電話443-9027 FAX443-3144

    消防本部 電話448-0119  FAX 448-0899

 

長年使用の低圧進相コンデンサは発火の危険性があります! 

市内で、古い低圧進相コンデンサによる火災が発生しました。 

 昭和50年以前に製造された低圧進相コンデンサは保安装置が内蔵されていません。経年劣化により機器を使用していなくても火災が発生する恐れがあるため、交換が促されています。最寄りの電気工事店などに相談し、速やかに交換してください。

※ 製造年はコンデンサ正面に貼られた銘板を確認してください。 

問い合わせ先 消防本部消防課 電話448−0119

 

<目次に戻る>

学ぶ 

パソコン会計セミナー

高砂商工会議所 電話443-0500 

とき 12月9日(木曜)・10日(金曜)

◇法人の部 13時30分から16時30分

※ 10日は14時から17時

◇個人の部 18時から21時

ところ 高砂商工会議所

内容 会計ソフトの導入・初期設定から、帳簿の処理、試算表の作成、決算書の作成など

講師 花房 孝英 氏(らくちんソフト株式会社)

定員 各10人

受講料

◇会員事業所 2,000円

◇一   般 3,000円

申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、高砂商工会議所まで

※ 申込用紙は高砂商工会議所、産業振興課にあります。

 

花と緑の教室

市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401 

ところ みどりの相談所多目的研修室

申込方法 電話でみどりの相談所まで

【クリスマスリースとお正月用飾りづくり】

とき 12月11日(土曜)

    10時から12時

定員 20人

受講料 2,500円(材料費を含む)

受付期間 12月1日(水曜)から8日(水曜)

【お正月用松竹梅の寄せ植え】

とき 12月18日(土曜)

    10時から12時

定員 30人

受講料 5,000円

受付期間 12月10日(金曜)まで

 

 <目次に戻る>

スポーツ  

スポーツ教室(短期コース)

問合先 総合体育館 電話432−9090 

とき 1月から3月(全10回)

ところ 総合体育館

受講料 4,000円(モーニング・ヨガのみ3,500円)

しめ切り 12月11日(土曜)消印有効

申込方法 往復はがきの往信用に郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、教室名(1教室のみ)を、返信用に返信先を記入の上、総合体育館(〒676−0807 米田町島526)まで

※ 申込多数の場合は、市内在住または在勤の人を優先します。

 

スポーツ教室(短期コース) 
ソフトエアロビクスⅠ

とき 火曜日 9時50分から10時50分

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上

定員 40人 

フィットネストレーニング

とき 木曜日 15時から16時

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の女性

定員 35人 

はつらつフィットネス

とき 木曜日 19時45分から20時45分

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上

定員 35人 

リフレッシュ・ヨガ

とき 金曜日 15時から16時

ところ 格技場Ⅰ

対象 16歳以上

定員 50人

リラクゼーション・ヨガ

とき 水曜日 13時から14時

ところ 格技場Ⅰ

対象 16歳以上

定員 40人 

ハワイアン・フラ

とき 水曜日 15時15分から16時15分 

ところ 格技場Ⅱ

対象 16歳以上の女性

定員 40人 

モーニング・ヨガ

とき 木曜日 9時から9時50分

ところ 格技場Ⅰ

対象 16歳以上

定員 40人

 

催し

文化会館からのお知らせ

文化会館 電話442-4831 

高砂寄席 桂 文珍独演会

とき 2月13日(日曜)

    14時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出演 桂 文珍

入場料 全席指定

◇前売券 S席4,000円

     A席3,000円

◇当日券 S席4,500円

     A席3,500円

※ 友の会会員は1割引

※ 未就学児の入場はご遠慮ください。

前売券発売日 12月5日(日曜)から

※ 友の会会員は11月30日(火曜)から

前売券発売所 文化会館、駅前観光案内所「ちちり」、市ノ池公園みどりの相談所、総合体育館など

フラワーアレンジメント年末特別教室

 生花を使って、クリスマス用・お正月用のフラワーアレンジメント教室を開催します。クリスマス用・お正月用の装飾、プレゼントにいかがですか。

ところ 文化会館展示集会室

持ち物 花切りばさみ、新聞紙

申込方法 受講料を持参の上、文化会館まで

【クリスマス用】

とき 12月20日(月曜)

◇午前の部 10時から12時

◇午後の部 13時から15時

定員 各15人

受講料 3,200円(材料費を含む)

しめ切り 12月12日(日曜)

【お正月用】

とき 12月28日(火曜)

◇午前の部 10時から12時

◇午後の部 13時から15時

定員 各15人

受講料 3,800円(材料費を含む)

しめ切り 12月17日(金曜)

 

 <目次に戻る>

らいぶらり

図書館からのお知らせ 電話448-8333

えほんのじかん

とき 12月4日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

えほんのじかん

とき 12月4日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

おはなし会

とき 12月11日(土曜) 14時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館図書室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生

おはなし会

とき 12月11日(土曜) 14時から

ところ 図書館 児童室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 小学生  

クリスマスのえほんのじかん

とき 12月18日(土曜) 14時から

ところ 教育センター大研修室

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 幼児 小学生

12月の休館日

6日(月曜)、13日(月曜)、20日(月曜)、21日(火曜)、23日(祝日)、27日(月曜)、29日(水曜)、30日(木曜)、31日(金) 

お薦め図書

児 童 

おふろで ぽっかぽか 山本 省三

世界が ぼくらを まっている! 工藤 有為子

やくそくの どんぐり 大門 高子 

一 般

宇宙飛行士の育て方 林 公代

おやすみラフマニノフ 中山 七里

龍馬伝 Ⅳ 福田 靖

 

成人式

教育委員会青少年課 電話442-6222 

 普段着で参加してください。

とき 1月10日(祝日)

    11時から11時20分ところ 文化会館

対象 平成2年4月2日から平成3年4月1日生まれの人

【成人式該当者名簿の縦覧】

とき 12月9日(木曜)から15日(水曜)

    9時から17時

ところ 青少年課(青年の家内)

 

松の子本舗Ⅵ ~DELUXE~

松陽高等学校商業科3年生16人が名産品とオリジナル商品の販売をします

とき 12月23日(祝日)・24日(金曜)・25日(土曜)・26日(日曜)・27日(月曜)

    11時から15時

※ 24日(金曜)は12時から15時ところ かんころりん(伊保駅前商店街)

内容

◇北海道物産展 北海道商工会議所連合会の協力を得て、北海道各地から集めたこだわりの逸品

◇和菓子・パン販売 生徒が考えたオリジナルのお団子とパン

◇コーヒー・おしるこ販売 カフェアートなど工夫を凝らしたコーヒーやオリジナルのおしるこ

◇農産物販売 毎年恒例の農業高校から仕入れた野菜や花、門松など

◇にくてんまん販売 にくまんの中身に、「にくてん」の具材を使用した松陽オリジナル商品

問い合わせ先 松陽高等学校 電話447-4021

 

<目次に戻る>

募集 

平成23年度幼稚園臨時教諭小・中学校臨時講師等登録者募集

教育委員会学校教育課 電話443-9054 

職種

◇幼稚園臨時教諭

◇小・中学校臨時講師

◇小・中学校各種非常勤講師(初任者研修・新学習システムなど)

◇小・中学校臨時職員(介助員・スクールアシスタント・不登校指導補助員)

◇小学校自然学校救急医療員

対象

◇幼稚園臨時教諭、小・中学校臨時講師、小・中学校各種非常勤講師

 希望する校種の教育職員免許法に定める幼・小・中学校教諭普通免許を有する

 または平成23年4月1日までに取得見込みの人

◇小・中学校各種臨時職員

 職種により、保育士免許、介護福祉士資格、看護師資格、教育職員免許法に定める教員免許を有する

 または平成23年4月1日までに取得見込みの人

◇小学校自然学校救急医療員

 看護師資格または養護教諭免許を有するまたは平成23年4月1日までに取得見込みの人

申込方法 履歴書に必要事項を記入し、写真を貼付の上、

直接または郵送で学校教育課(〒676-8501 荒井町千鳥1-1-1)まで

受付期間 随時

 

臨時職員(事務補助)募集

企画総務部人事課 電話443-9005 

 市では、登録制度を設け順次雇用しています。

職種 事務補助員

※ 配属部署により雇用期間、出勤日数および勤務時間は異なります。

勤務時間 週4日、1日実働6時間

賃金 時給815円(平成22年度)

※ 社会保険などは、法令等の定めるところによる

休日休暇 土・日・祝、有給休暇(雇用期間により付与)

申込方法 任用申込書に必要事項を記入の上、人事課まで

※ 任用申込書は人事課にあります。市ホームページからもダウンロードできます。

※ 詳しくは、人事課までお問い合わせください。

 

自衛官募集

自衛隊加古川地域事務所 電話426-3290 

 防衛省では、陸上自衛隊高等工科学校生徒(一般・推薦)を募集しています。

 詳しくは、自衛隊加古川地域事務所までお問い合わせください。

 

 <目次に戻る>

お知らせ

戦後強制抑留者の皆さまへ

当基金から請求書類を送付しています。届いていない人は、(独)平和祈念事業特別基金までお問い合わせください。

対象 戦後強制抑留者で平成22年6月16日に日本国籍を有する人

請求受付期間 平成24年3月31日まで

受付時間 9時から18時(土・日・祝を除く) 

問い合わせ先 (独)平和祈念事業特別基金事業部特別給付金担当

    電話0570-059-204(ナビダイヤル)

    IP電話、PHS 電話03-5860-2748

 

年末の交通事故防止運動12月1日(水曜)から10日(金曜)

まちづくり部管理課 電話443-9040

 

 年末は、忘年会など飲酒の機会が増えることに加え、師走の慌ただしさから、気のいらだちや緩みが起きやすくなります。また、交通流・量の変化を伴うことから交通事故の多発が懸念されます。 年末の交通事故防止運動では、後をたたない飲酒運転に歯止めをかけ、少子高齢社会の中で、子どもや高齢者を交通事故から守る取り組みを強化します。また、日没時間の早まりとともに多発する交通事故の防止にも取り組みます。

 

市民ギャラリーあいぽっと 

■12月10日(金曜)まで

 松陽学園「日本画クラブ同好会」展

■12月13日(月曜)から24日(金曜)

 第32回花と緑の写生コンクール入選作品展

※ 上記期間には設営準備、撤去の日を含んでいます。

 

 <目次に戻る>

平成22年工業統計調査にご協力を

企画総務部総務課 電話443-9062 

 12月31日現在の製造事業所を対象に実施します。

 調査結果は、行政施策の基礎資料、学校の教材など、広く利用されます。

 12月から1月にかけて調査員が訪問しますので、ご協力をお願いします。

※ 調査票の内容については、統計法に基づき秘密が厳守されます。

経済産業省 兵庫県 高砂市

 

相続等に係る生命保険契約等に基づく年金の税務上の取り扱いが変更になりました

問い合わせ先 加古川税務署 電話421-2951

 

 相続や贈与等により遺族の人などが年金として受給する生命保険金や共済金に関する所得税の取り扱いを改めることになりました。

 この取り扱いの変更により、所得税の還付を受けることができる場合があります。詳しくは、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)をご覧いただくか、所轄の税務署にお問い合わせください。

 

 <目次に戻る>

入札参加資格審査申請

財務部契約管財課 電話443-9011 

 市が発注する建設工事、測量・建設コンサルタント等、物品・その他の入札参加資格審査申請を受け付けます。

◇建設工事の入札参加資格を有する者は、基準年になりますので、申請が必要です。

◇測量・建設コンサルタント等、物品・その他の入札参加資格を有する者は、申請の必要はありません。

【申請書交付(市独自様式、無料)】

とき 12月1日(水曜)から28日(火曜)(土・日・祝を除く)

    9時~12時、13時から16時

ところ 財務部契約管財課

※ 市ホームページからも取り出せます。

※ 郵送請求不可

※ 建設工事の入札参加資格を有する者には案内書を郵送します。

【申請書受付】

とき 1月11日(火曜)から31日(月曜)(土・日を除く)

    9時から12時、13時から16時

ところ 財務部契約管財課

※ 郵送受付不可

※ 電子申請による受け付けも行います。(1月11日(火曜)から21日(金曜)16時まで)

※ 詳しくは市ホームページの電子申請をご覧ください(12月1日(水曜)から) 

対象 建設工事

有効期間 平成23年4月1日から平成26年3月31日 

対象 測量・建設コンサルタント等

有効期間 平成23年4月1日から平成25年3月31日 

対象 物品・その他

有効期間 平成23年4月1日から平成24年3月31日

 

 <目次に戻る>

12月は「大気汚染防止推進月間」「地球温暖化防止月間」

 大気汚染物質の一つである窒素酸化物の濃度は、冬季に上昇します。

◇暖房の設定温度は少し低めにする。

◇自動車の使用は控え、公共交通機関を利用する。

◇ボイラーの燃焼管理を適正にする。

などのご協力をお願いします。

 

平成23年度 小・中学校就学(入学)のお知らせ

 平成23年度小・中学校就学児童・生徒の保護者に1月中旬に就学通知書を郵送します。 就学通知書が届かない場合は、学務課までお問い合わせください。

 就学する小・中学校は住所に基づいて指定していますが、特別な理由がある場合は高砂市立小・中学校指定校区外・区域外就学許可基準により、変更することができますので、事前に学務課まで相談してください。

※ 高砂市立小・中学校指定校区外・区域外就学許可基準は市ホームページでご覧いただけます。

問い合わせ先 教育委員会学務課 電話443-9053

 

 <目次に戻る>

東播都市計画臨港地区の変更に関する都市計画案の縦覧

問い合わせ先 兵庫県まちづくり局都市計画課 電話078-362-3578

 東播都市計画臨港地区の変更についての都市計画案を縦覧します。

※ この案に意見のある人は、縦覧期間中に意見を提出することができます。

縦覧期間 12月14日(火曜)から28日(火曜)

     (土・日・祝を除く)

縦覧場所 兵庫県まちづくり局都市計画課

     高砂市まちづくり部まちづくり推進課

意見の提出先 兵庫県まちづくり局都市計画課

 

東播都市計画道路の変更(農人町線)に関する都市計画案の縦覧

問い合わせ先 兵庫県まちづくり局都市計画課 電話078-362-4307

 東播都市計画道路の変更(農人町線)についての都市計画案を縦覧します。

※ この案に意見のある人は、縦覧期間中に意見を提出することができます。

縦覧期間 12月14日(火曜)から28日(火曜)

     (土・日・祝を除く)

縦覧場所 兵庫県まちづくり局都市計画課

     高砂市まちづくり部まちづくり推進課

意見の提出先 兵庫県まちづくり局都市計画課

 

 <目次に戻る> 

危険物取扱者試験

消防本部予防課 電話448-4019 

とき 2月6日(日曜)

種類 甲種、乙種第1類から6類、丙種

受付期間 12月24日(金曜)から1月7日(金曜)(土・日・祝を除く)

     9時から17時

※ 最終日消印有効受付場所 (財)消防試験研究センター兵庫県支部

※ 受験願書は消防本部予防課にあります。(12月下旬から)

【電子申請】

期間 12月21日(火曜)から1月4日(火曜)(24時間対応)

※ (財)消防試験研究センターホームページをご覧ください。

 

 

古き良き時代の風景をポストカードに…

 高砂風景古写真を探しています。

 提供いただいた写真を審査し、ポストカードとして残します。

提供方法 直接または郵送で、撮影場所、撮影年月日、提供者の住所、氏名、連絡先を同封の上、高砂ブランド協会(〒676-0022 高砂町浜田町2-2-6)まで

しめ切り 12月31日(金曜)

※ 提供作品がポストカードに採用された場合の版権は高砂ブランド協会に帰属します。提供作品は返却します。(採用作品は、ポストカード作品と合わせて返却します。)

  また、提供作品は、著作権、肖像権など第3者の権利を一切侵害しないものとし、必ず被写体の承諾を得た上で提供してください。

 

問い合わせ先 高砂ブランド協会 電話443-7277

 

 <目次に戻る>

年末年始の美化センター

美化第一課(ごみに関すること) 電話448-5220

美化第二課(し尿に関すること) 電話447-1157

【年末年始の可燃ごみの収集】

●年末最後の収集日

◇月・木曜日の収集地区

 12月30日(木曜)

◇火・金曜日の収集地区

 12月28日(火曜)

●年始最初の収集日

◇月・木曜日の収集地区

 1月6日(木曜)

◇火・金曜日の収集地区

 1月4日(火曜)

【年末年始のごみの自己搬入】

●年末の受付

 12月30日(木曜)

 9時から11時30分

●年始の受付

 1月4日(火曜)

 9時から11時30分

 13時から15時30分

※ 年末年始は、混雑が予想されます。ご了承ください。

【年末年始のし尿の収集】

●年末最後の収集日

 12月29日(水曜)

●年始最初の収集日

 1月4日(火曜)

※ 年末のし尿の収集は、12月27日(月曜)までに美化第二課までお申し込みください。

年末・年始のごみ出しマナーと分別にご協力を…

◇家庭ごみは、必ず分別し、当日の朝8時までに出してください。分け方、出し方は、保存版平成22年度ごみ収集日程表を参考にしてください。

◇カセットボンベ、スプレ ー缶は、必ず穴を空けてから出してください。人身事故、火災事故の原因となります。

◇大掃除などで発生した多量のごみ、引っ越しごみなどは、美化センターに直接自己搬入してください。(有料)

◇新聞、雑誌、ダンボールは、地域の資源ごみ集団回収に出しましょう。

 

【まちがいの多いごみ】

ふとん・じゅうたん・ホットカーペット 50センチ以内にして紐でしばって燃えるごみの日に!

ビデオテープ・カセットテープ類 片手で持てる重さでポリ袋に入れ、燃えるごみの日に!

スプレー缶類 中身を使い切り、必ず穴を開けてからあきかんの日に!

引っ越し・家の片づけ・庭木の剪定・刈り草などの多量のごみ 多量のごみは、ごみステーションに出さず、美化センターへ自己搬入してください(有料)

 

資源ごみ集団回収運動にご協力を!

 資源ごみの集団回収を行った自治会、子ども会などの団体に、奨励金を交付しています。

【奨励金の単価】

◇金属類・紙類・布類 1キログラムにつき6円

◇ビン類(リターナルビン) 1本につき6円

※ 8月・9月は延べ105団体が集団回収を行いました。

回収量

◇金属類・紙類・布類 513、122キログラム

◇ビン類(リターナルビン) 1、146本

 ごみ減量・リサイクル活動にご協力ありがとうございました。

 

 <目次に戻る>

年末年始の市役所

 12月29日(水曜)から1月3日(月曜)まで休業します。

 詳しくは各施設までお問い合わせください。

 

年末年始のじょうとんバス

 12月29日(水曜)から1月3日(月曜)まで運休します。

まちづくり部まちづくり推進課 電話443-9033

 

年末年始の交通規制

 12月31日(金曜)から1月3日(月曜)まで阿弥陀町の国道2号線から北の道路で実施します。初詣でなどには徒歩などでお出掛けください。

※ 交通規制図は広報たかさご1月号でお知らせします。

高砂警察署 電話442-0110

 

<目次に戻る> 

 

日曜窓口サービスを実施しています 

開庁日 毎週日曜日(1月2日(日曜)を除く)

開庁時間 9時から12時30分

開庁場所 市民課窓口(本庁舎1階)

 

問い合わせ先 健康市民部市民課 電話443-9019

    財務部市民税課  電話443-9014

 

取扱業務 

住民登録

住民票などの交付        住民異動届の受け付けはできません。戸籍に関する届け出の受け付けはできません。 

印鑑登録

印鑑登録証明書の交付、印鑑登録の申請、印鑑登録証亡失届・廃止の申請

住民異動届の受け付けはできません。戸籍に関する届け出の受け付けはできません。 

戸籍

戸籍謄抄本などの交付 住民異動届の受け付けはできません。戸籍に関する届け出の受け付けはできません。 

外国人登録

登録原票記載事項証明書の交付(注) 住所変更など届け出の受け付けはできません。 

くらし

妊娠届出書の受理・母子健康手帳の交付

予防接種手帳引換券の受理・交付

新型インフルエンザ・高齢者インフルエンザ予防接種費用免除申請書の受け付け 

税証明

課税(所得)証明書の交付、納税証明書の交付、固定資産証明書の交付

内容により取り扱いできない場合があります。

公金の収納

市税、保険料の納付      納付書持参のものに限ります。 

※ 一部取り扱いできない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

【本人確認のために窓口にご提示いただくもの】

 証明書の不正取得を防ぐため、また個人情報の保護のため、各種証明書発行の際にご本人であることを確認しますので、以下の書類を提示してください。

1点でよいもの・・・・運転免許証、住基カード(顔写真つき)、パスポートなど

2点必要なもの・・・・健康保険証、年金手帳(証書)、住基カード(顔写真なし)など

※ 上記の書類をお持ちでない人は、事前に担当課まで相談してください。

 

文化財総合的把握モデル事業 ひと・まち・石 

第18回 石の文化的景観のアンケート調査  

 平成21年末より、竜山周辺にお住まいの皆さまにアンケート調査を実施しました。今回、石の宝殿や竜山周辺での「石の文化的な景観(風景)」について、好きな景観や残したい景観、好きでない景観を挙げていただき、その結果について一例をご紹介します。

 好きな景観や残したい景観には、竜山全体や生石神社山頂辺りからの景観など、広がりをみせる景観や屏風岩などの採石場(石切場)そのものを挙げられている人が多くおられ、石の景観について様々な年齢の人が好ましく思われているようでした。さらに、季節感を感じられる桜や紅葉などが見られる景観、生石神社や加茂神社などの神社仏閣を挙げられている人も多くおられました。そのほかでは、観涛処といった石の文化を代表する歴史的な景観、総合運動公園などの現代的なものも多くありました。

 反対に、好きでない景観についてもお聞きしました。その内訳を見ますと、採石場の跡地利用の現状を気にしている人が多くおられました。これは、地域にお住まいの人にとって、あまり望ましくない景観の一つとして捉えられているものと思われます。また、公園などでの悪いマナーが、良い場所を悪くしているといったことも挙げられていました。

 景観は、見る人それぞれに受け取り方が変わってきますが、今回の調査で、ご協力いただいた皆さまの地域の景観を感じる場所や物については、竜山のような存在感のある場所や採石場(石切場)などに愛着を持っていると調査の結果から感じました。これは、高砂における石の文化的な景観が浸透し、生活の中に溶け込んでいるものと思われます。アンケート結果は、解析などを進め、報告書の中でお知らせします。

 景観の調査は、継続性が必要と考え、今後も貴重な意見を求めたいと考えていますので、ぜひ、調査にご協力ください。また、今回のアンケートにご協力いただいた皆さまに深くお礼申し上げます。

(京都府立大学大学院・福井 亘)

 

<目次に戻る> 

LOOKLOOK

 12月の相談
 市民・法律・行政・多重債務相談

企画総務部秘書広報広聴室 電話443-9002

ところ 市民相談室 

●市民相談

とき 月から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 12月6日(月曜)・13日(月曜)・20日(月曜)

    13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で秘書広報広聴室まで

     (当日8時30分から)

●行政相談

とき 12月10日(金曜)

    13時から15時

●多重債務相談

とき 月から金曜日

    8時30分から12時、13時から17時

 

税務相談(予約制)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144 

とき 12月7日(火曜)・14日(火曜)

    13時30分から16時

ところ 加古川税理士会館

内容 税理士が税務の入口をアドバイス

 

 <目次に戻る> 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室 

●こころの相談(予約制)

とき 月から金曜日

    9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 12月27日(月曜)

    13時から16時

定員 6人

 

しょうがいしゃ相談

福祉部高年・障害福祉課

電話443-9027 FAX443-3144 

●身体しょうがいしゃ相談

とき 12月5日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

    電話442−4047  FAX 443−0505

●知的しょうがいしゃ相談

とき 12月7日(火曜) 10時から12時

ところ あすなろ学園第3作業所

    (阿弥陀町南池)

●精神しょうがいしゃ相談(こころのサポート相談)

とき 12月13日(月曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

●しょうがいしゃ相談事業

とき 

◇身体しょうがい関係 水曜日 10時から12時

◇知的しょうがい関係 木曜日 10時から12時

◇精神しょうがい関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容 専門相談員による相談

申込方法 電話で高年・障害福祉課まで

※ ファクス可

 

<目次に戻る>  

ひとり親家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024 

とき 月から金曜日 9時から17時

◇夜間相談(予約制)

とき 12月21日(火曜) 17時から19時

ところ 児童福祉課

 

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242 

とき 12月13日(月曜)・20日(月曜)

    13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容 臨床心理士による個別相談

定員 3人

 

 <目次に戻る> 

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき 月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

 

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060 

とき 12月24日(金曜)

    13時から15時

ところ みのり会館

 

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき 月曜から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

 
<目次に戻る> 

消費生活相談

消費生活センター 電話443-9078

とき 月曜から金曜日

    9時から12時、13時から16時

ところ 消費生活センター(市民活動推進課内)

 

若者しごと相談室

若者しごと相談室 電話447-8280

とき 水曜日 13時から17時

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象 おおむね39歳以下の人

 

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所 電話443-0500

とき 月曜から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

 

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき 月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 産業振興課

 

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

とき 月曜から金曜日 8時30分から16時

ところ 青少年補導センター

 

 <目次に戻る> 

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき 月曜から金曜日

◇電話相談 8時30分から16時

◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家)

 

健診・健康相談
ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター 

●ひだまりサロン

とき 12月22日(水曜) 10時から11時30分

    (受付9時30分から)

内容 離乳食のおはなし

対象 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者

●成人健康相談

内容 保健師、管理栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで

 

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

内容 健診、計測、相談など

持ち物 母子健康手帳・問診票

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

とき 12月17日(金曜)

    12時30分から13時30分

対象 平成22年8月生まれの乳児

●1歳6カ月児健診(個別通知)

とき 12月3日(金曜)

    12時30分から13時30分

対象 平成21年5月生まれの幼児

●3歳児健診(個別通知)

とき 12月10日(金曜)

    12時30分から13時30分

対象 平成19年9月生まれの幼児

 

 <目次に戻る> 

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003 

●こころのケア相談

とき 12月13日(月曜)・20日(月曜)

    13時から14時

●若者の心と体の相談

とき 12月13日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

とき 12月20日(月曜) 13時30分から15時

健康管理課 電話422−0002

●専門栄養相談

とき 12月15日(水曜)

    9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

とき 12月8日(水曜)・22日(水曜)

    9時10分から10時20分

検査料 一部有料 

酒害相談 

とき 12月17日(金曜) 13時から14時30分

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

相談員 姫路断酒会高砂支部会員

※ お問い合わせは加古川健康福祉事務所(電話422-0003)まで

<目次に戻る> 

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

とき

◇12月9日(木曜) 9時30分から11時

◇12月20日(月曜) 13時30分から15時

ところ 福祉保健センター

対象 妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は市民課、米田・中筋市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。

 

<目次に戻る>  

犬・猫の引き取り

 

兵庫県動物愛護センター三木支所 電話0794-84-3050

動物愛護センターに相談してください。

◇猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

とき 12月6日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎非常階段前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。

 

 <目次に戻る> 

マイタウン 10・11月のスナップ

 

第十四回高砂観月能

10月24日(日曜)

 文化会館じょうとんばホールで、舞囃子「高砂」、素謡「神歌」、狂言「附子」、能「田村」などが披露され、約800人の観客を魅了しました。 

 

明るい安全安心まちづくり市民大会

10月23日(土曜)

 文化会館じょうとんばホールで、「明るい 安全・安心な街 高砂をめざして」をスローガンに講演やアトラクションなどが行われました。

 

スポーツ選手活用体力向上事業

10月27日(水曜)

 元サッカー日本代表の福西崇史さんによるサッカー教室が白兎愛育園で行われ、園児たちは、サッカーを通して体を動かすことの楽しさを学びました。

  

高齢者大学(松陽学園)学園祭作品展

10月27日(水曜)・28日(木曜)

 教育センターで、在校生および卒業生約920人の思いのこもった作品が展示されました。

 

親子ふれあいハイキング

10月31日(日曜)

 市ノ池公園周辺で、約600人の親子が参加し、ゲームやクイズなどにチャレンジしながらハイキングを楽しみました。

 

第43回高砂菊花展覧会

10月18日(月曜)から11月7日(日曜)

 市ノ池公園で開催され、40点178鉢の作品が展示されました。

 

いもほり体験

10月29日(金曜)

 実証田(荒井町中町)で、市農業講座生が栽培したサツマイモを荒井保育園児が楽しく収穫しました。

 

第13回あつまろか東はりまマダン

10月31日(日曜)

 高砂ユー・アイ・タウン緑道公園で、民族舞踊などが行われ、各国を代表する食べ物やフリーマーケットなどが会場を盛り上げました。

 

第33回高砂市民音楽祭

11月3日(祝日)

 文化会館じょうとんばホールで、高砂市合唱連盟所属団体や賛助団体による合唱やコーラスなどが披露されました。

 

旧入江家住宅見学会

11月6日(土曜)

 兵庫県指定文化財である旧入江家住宅(曽根町)の表屋保存修理工事の完成に伴い、建物や資料(花嫁衣裳、屏風、駕籠など)が公開され、約1,200人が見学に訪れました。

 

総合防災訓練

▼11月7日(日曜)

 米田小学校で、大規模地震による同時多発災害を想定した防災訓練が行われ、各防災関係機関の協力のもと地域住民と一体となった避難訓練や救出救護訓練などが展開されました。

 

 

 <目次に戻る>