広報たかさご12月号 789 平成22年

 目次

姉妹都市締結10周年記念

平成21年度 決算の状況

市民病院からのお知らせ

消費生活センターだより(第3号)

                                

姉妹都市締結10周年記念

ラトローブ市訪問

 ◇ 位置 オーストラリアの南東部、ビクトリア州にあり、ビクトリア州の州都メルボルンから東へ約120キロメートル、車で約2時間です。

◇ 面積 約1,422平方キロメートル、高砂市の約42倍

◇ 人口 約73,000人

◇ 主な産業 電力発電(ビクトリア州の電力の約85%を供給)、製紙業、酪農業などラトローブ市

 高砂市とラトローブ市が姉妹都市締結を結び、今年で10周年を迎えました。この間、中学生親善大使による相互交流、音楽・芸術などによる文化交流を行ってきました。

 ラトローブ市では毎年、姉妹都市を結んだ10月に「ジャパニーズデイ」のイベントを開催しています。

 日本の文化に直接ふれ、様々な交流体験ができる催しで来場者は年々増加し、友好の絆を深めています。

 今年のジャパニーズデイでは、姉妹都市締結10周年記念式典が同時に開催され、教育・文化・スポーツ・産業による両市の更なる友好を誓いました。その主な内容を紹介します。

 

アーティスト親善大使

“作品寄贈”友好の宝物

 高砂市のアーティストが両市をイメージした作品を制作し、記念品として寄贈。その作品を紹介します。 

「書 道」 藤田 雄大さん(阿弥陀町)

 白い砂浜と青々とした松が連なる高砂市の海岸線をイメージして日本らしさを表現するため、掛け軸に行書でしたためました。また、ラトローブ市でも長寿の象徴である「かめ」の絵に感銘を受け、中国の甲骨文字を基に作成しました。 

「和紙&写真」 山田 厚子さん(米田町)

 工業地帯の造形美、神秘的な歴史そして高砂への愛情を表現しました。また、ラトローブ市で初めて見る広大で穏やかな風景、出会う人々への感動などを和紙と写真を使って形にしました。 

「油 絵」 古野 真衣さん(伊保崎)

 高砂市の中で私にとって思いの深い風景です。また、ラトローブ市の霧と土地の広大さに驚き、ねっころがりたいと思う気持ちを描きました。 

「アクリル画」 岡田 雅美さん(今市)

 ラトローブ市と高砂市は、遠く離れた場所にありますが、空はいつも一つに繋がっています。

 遠いけど近くに、お互いの「LOVE」を感じている想いを描きました。

 

10Year Sister City Anniversary
2010年10月17日 式典&ジャパニーズデイ
「良きパートナー」として交流の輪をひろげよう

 式典には、高砂市から書道家の藤田雄大さん、琵琶演奏者の片岡仁水さんがジャパニーズデイのためにラトローブ市を訪問し、見事なパフォーマンスで観客を魅了しました。

 会場内ステージでは、和太鼓演奏、空手・柔道のデモンストレーション、各ブースでは折り紙・お面作り体験などが行われ、屋外では地元ライオンズクラブによるお好み焼き、焼きそばの販売などが行われ、スポーツ・食文化を通じ交流をはかりました。

 今後も良きパートナーとして更なる交流の輪をひろげていきます。

 

問い合わせ先 高砂市国際交流協会

電話443-9132

ラトローブ市ホームページアドレス http://www.latrobe.vic.gov.au/

 

  

   <目次に戻る>   

平成21年度 決算の状況

 歳入総額は315億9,282万円、一方、歳出総額は310億7,495万円で、差額は5億1,787万円でしたが、ここから翌年度に繰り越した事業に充てられる財源7,768万円を差し引き、4億4,019万円の黒字となりました。また、財政調整基金取り崩し額などを反映した実質単年度収支は2億5,749万円の赤字となりました。

一般会計

歳入 315億9,282万円

 歳入総額は前年に比べ、8億3,017万円(2.7パーセント)の増額となっています。歳入のなかで一番多い市税収入は、9億5,027万円(5.2パーセント)の減収となっています。主な内容としましては、法人市民税は企業業績の低迷により11億152万円(38.6パーセント)の減少となっています。固定資産税は、土地および償却資産に係る税収の増により1億8,954万円(2.2パーセント)の増加となっています。

 

市税 173億1,316万円(54.8パーセント)

国・県支出金 58億3,637万円(18.5パーセント)

諸収入、繰入金、財産収入、寄附金 23億1,432万円(7.3パーセント)

市債 21億4,566万円(6.8パーセント)

地方消費税交付金、地方交付税、地方特例交付金など 19億6,595万円(6.2パーセント)

使用料及び手数料 6億3,845万円(2.0パーセント)

繰越金 6億1,310万円(1.9パーセント)

分担金及び負担金 5億2,674万円(1.7パーセント)

地方譲与税 2億3,907万円(0.8パーセント)

 

市税の内訳

固定資産税 86億4,788万円(50.0パーセント)

市民税 66億8,255万円(38.6パーセント)

都市計画税 13億2,248万円(7.6パーセント)

市たばこ税 5億1,777万円(3.0パーセント)

軽自動車税 1億4,248万円(0.8パーセント)

 

歳出 310億7,495万円

 歳出総額は前年に比べ、9億2,540万円(3.1パーセント)の増額となっています。平成18年3月に「第3次高砂市行政改革大綱改定版」を策定し、平成21年度までを「さらなる改革」に取り組む期間と位置づけ、多くの行財政改革に取り組み、経費削減と効率的な行財政運営に努めて、市民生活に密着した諸施策を最優先に市政運営を推し進めてきたところですが、扶助費・補助費の増加や阿弥陀小学校改築事業・米田79号線道路改良事業などにより依然厳しい財政状況にあります。

 

民生費 95億4,644万円(30.7パーセント)

総務費 49億9,902万円(16.1パーセント)

衛生費 40億8,367万円(13.2パーセント)

土木費・都市計画費 33億7,206万円(10.9パーセント)

公債費 33億5,961万円(10.8パーセント)

教育費 27億7,855万円(8.9パーセント)

消防費 8億4,115万円(2.7パーセント)

その他 2億9,445万円(6.7パーセント)

 

市民1人当たりに換算すると…  322,027円

※ 平成22年3月31日現在の人口で換算

 

特別会計

 一般会計のほかに特別な事業を行うための特別会計が5会計あります。

 

国民健康保険事業

歳入 91億 6,314万円(0.4パーセント減)

歳出 94億1,569万円(1.5パーセント減)

 

下水道事業

歳入 63億4,233万円(18.5パーセント減)

歳出 63億2,979万円(18.7パーセント減)

 

後期高齢者医療事業

歳入 8億2,847万円(5.7パーセント増)

歳出 8億1,278万円(5.5パーセント増)

 

老人保健医療事業

歳入 3,066万円(95.5パーセント減)

歳出 2,298万円(96.7パーセント減)

 

介護保険事業

歳入 50億998万円(4.7パーセント増)

歳出 49億8,723万円(5.2パーセント増)

 

合計

歳入 213億7,458万円(8.0パーセント減)

歳出 215億6,847万円(8.4パーセント減)

 

※ ( )は対前年度比

 

企業会計

 地方公営企業法の全部または一部の適用を受ける企業会計が3会計あります。

 

水道事業

収益的収入 14億3,454万円

収益的支出 15億2,082万円

資本的収入 3億402万円

資本的支出 6億3,009万円

 

工業用水道事業

収益的収入 2億5,482万円

収益的支出 2億5,482万円

資本的収入 940万円

資本的支出 940万円

 

病院事業

収益的収入 59億1,906万円

収益的支出 57億1,837万円

資本的収入 5億6,000万円

資本的支出 6億9,319万円

 

財政健全化の指標を公表します

 市民に決算の状況をわかりやすくお知らせするために「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき、地方公共団体の財政状況を客観的な指標で公表します。財政の健全化を判断することで、破たんを未然に防ぐとともに、早期に健全化を促すことを目的としています。

 

健全化判断比率 4指標とも早期健全化基準を下回っています。


実質赤字比率

平成21年度決算 赤字なし

早期健全化基準 12.52

財政再生基準 20.00

財政運営の深刻度 福祉、教育、まちづくりなどの一般会計の赤字

 

連結実質赤字比率

平成21年度決算 赤字なし

早期健全化基準 17.52

財政再生基準 40.00

全体の運営の深刻度 すべての会計の赤字や黒字を合算し、市全体としての赤字

 

実質公債費比率

平成21年度決算 10.1

早期健全化基準 25.0

財政再生基準 35.0

資金繰りの危険度 借入金の返済およびこれに準じる額の大きさ

 

将来負担比率

平成21年度決算 119.7

早期健全化基準 350.0

財政再生基準 設定なし

将来財政を圧迫する可能性 借入金(地方債)や将来支払っていく可能性のある負担など

 

 それぞれの項目を標準財政規模(地方公共団体が通常水準の行政活動を行う上で必要な一般財源の総量)と比較して指標化しています。いずれかの早期健全化基準を超えると自主的な改善が義務付けられる「財政健全化団体」に、それより悪い財政再生基準を超えると、国の管理のもと確実な再生が求められる「財政再建団体」となります。

 

資金不足比率 いずれの会計も経営健全基準を下回っています。

 

水道事業会計

平成21年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

 

工業用水道事業会計

平成21年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

 

病院事業会計

平成21年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

 

下水道事業特別会計

平成21年度決算 不足なし

経営健全化基準 20.0

 

 公営企業の資金不足を公営企業の事業規模である料金収入の規模と比較して指標化し、経営状況の深刻度を示しています。

 

主要な施策

 

都市基盤の整備
米田79号線の道路改良

 土地開発公社より道路用地の買い戻しを行い、道路整備を実施

13,389万円

 

沖浜平津線の街路整備(小松原工区)

 地元負担金および用地買収事務経費

4,687万円

 

市民福祉の充実
学童保育所の環境整備

学童保育所のクーラー設置に補助金を交付

941万円

 

保健・医療の充実
妊婦健康診査の助成

 妊婦健診に係る費用の一部助成を5回分から14回分に拡充

5,476万円

 

産業の振興
鴻ノ池の改修

 堤体の崩壊を未然に防ぎ、ため池の安全を保つため、改修工事を実施

3,453万円

 

芸術・文化の振興
旧入江家住宅の保存整備

 老朽化のため、平成20~22年度まで表屋など保存修理工事を実施

2,983万円

 

市民生活の安全
日常生活用具の給付

ひとり暮らしの高齢者を火災被害から守るため、住宅用火災警報器の給付事業を実施

417万円

 

学校教育の充実
小・中学校施設の耐震補強

 中筋・北浜小学校体育館、給食室棟および鹿島中学校体育館の耐震補強工事を実施

5,349万円

 

阿弥陀小学校の改築

 平成23年4月の開校に向けて改築工事を実施

13,710万円

 

たかさご未来寄附金 -ふるさと(納税)寄附金-

平成21年度は10件で244,000円でした。ありがとうございました。

 高砂市に興味を持っていただいている人や、高砂市で過ごされたことのある人、高砂市で結婚式を挙げられた人、将来高砂市に住みたいとお考えの人など、皆さまのご支援ご助力をお願いしています。

 市外でお住まいのご家族、ご親戚、ご友人にも声をかけていただき、ふるさと「高砂」を応援していただきますようよろしくお願いします。

  

 

<目次に戻る> 

希望のある医療をめざして

市民病院からのお知らせ 電話442-3981

【分析】

10月の入院外来収益は4億円台に回復しました。

 12月にはホームページのリニューアルを予定しています。今までと違った新しいかたちでの情報発信を行っていきたいと思います。今後も「真に患者さまのための医療」を実践してまいります。

 

平成23年2月採用 正規看護師を募集します 

資 格 看護師免許を有する昭和40年4月2日以降生まれの人

勤務時間(病棟)8時30分から17時、16時から0時15分、0時から8時45分

募集人員 15人程度

受付期間 12月1日(水曜)から12月24日(金曜)

※ 採用試験案内は、市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからも取り出せます。

採用試験

と き 12月26日(日曜)

科 目 筆記、面接

<目次に戻る> 

潜在看護師復職支援研修

看護師復帰への不安を解消します

と き 12月25日(土曜)

    9時30分から11時30分

    (受付 9時から)

申込方法 電話で市民病院総務課まで

 

クリスマスコンサート

入院患者さまをはじめ、来院されたすべての方々に、ひとときの癒しを提供します。

と き 12月17日(金曜) 16時から

ところ 市民病院玄関ホール

 

第3回 高砂市民病院健康まつり 新市民病院20周年

コンサート、体験・測定計測コーナー、相談コーナー、講演、院内見学ツアーなど

 10月30日(土曜)、市民病院で開催され、多くの方々に来院していただきました。

ありがとうございました

 

 

 

<目次に戻る> 

 

第3号 高砂市消費生活センターだより

編集 高砂市消費生活センター 電話443-9078 FAX443-0009 

消費生活センターには、さまざまな相談が寄せられています。

相談事例をみてみましょう。

事例1  

消防本部の方から来た…。

高額な火災警報器を購入してしまった。

 訪問販売で「市役所の消防本部の方から来た。法律で火災警報器を付けるように決まった」と言われ、火災警報器を付けたが高額なので解約したい。 

アドバイス 

■公的機関から来たように誤解させる商法をかたり商法と言います。市役所や消防署の職員が訪問販売をすることはありません。怪しいと思ったら電話をして確認しましょう。

■住宅用火災警報器の一般的な価格は一個数千円程度で、ホームセンターなどで購入することができ、個人で簡単に取り付けることができます。

 

<目次に戻る> 

事例2 

外国からの1億円獲得権通知。本当にもらえるの?

 外国から1億円の「賞金獲得権認定通知」という封書が届いた。「あなたに賞金を送る用意ができている。エントリー料を支払うと登録になり、賞金獲得の権利が得られる」と書いてある。本当にもらえるの?

アドバイス 

■懸賞金に当たったと錯覚させているだけで、懸賞金を受け取ることはできません。

■海外宝くじを購入すると、複数の業者から大量のDMが届くようになります。

■国内で海外の宝くじを購入することは法律違反になる可能性があります。 

 <目次に戻る>

事例3 

家族に不幸が…

印鑑を購入してしまったが、解約したい。

 「お宅の表札にひびが入っているが、家族の方が不幸に遭っていないか」と言いながら男性が家に入ってきた。「このままにしていたら子どもが大病することになる。印鑑を作れば災難を免れることができる」と言われた。「いらない、帰ってほしい」と言ったが長時間居座られ、不安になり、印鑑を購入したら子どもが助かると思い契約した。しかし高額なので解約したい。

アドバイス 

■このように人を不安に陥れ、契約を迫る商法を開運商法と言います。

■その場では契約しないようにしましょう。

■早めに消費生活センターに相談してください。 

 

 消費生活相談員が商品・サービスへの苦情や相談について助言、あっせんなど解決に向けてお手伝いしています。
住宅用火災警報器Q&A

Q 火災警報器を本当に取り付けないといけないの?

A 消防法ですべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

Q なぜ火災警報器を取り付けないといけないの?

A 住宅火災で亡くなった人の約7割が逃げ遅れが原因です。火災を早期に発見し、亡くなる人を減らすために義務付けられました。

Q いつまでに取り付けないといけないの?

A 2011年(平成23年)5月31日までです。

Q どんなものがいいのかな?

A 音声警報式で10年間電池交換をしないで使える機種や1個の警報器が働くと家中の警報器に連動する警報器など種類も豊富です。家庭の事情に合わせて検討してください。

Q 購入するときはどんなことに気をつけたらいいの?

A 消防庁が定めた基準に適していることを示す鑑定マーク【NSマーク】が付いているものを選びましょう。悪質な業者の販売に注意してください。

 

 <目次に戻る>