広報たかさご6月号 No.795 平成23(2011)年

 人口の動き

(5月1日現在、外国籍人口を含む)

人口 95,861人(43増)

男 47,056人(74増) 

女 48,805人(31減) 

世帯数 38,415世帯(109増)

 

目次 今月の主な内容

第2次たかさご男女共同参画プラン

国保健康保険料の料率が決まりました

特定健診を受けましょう

集い・学びの場 公民館で“生きがいづくり”“仲間づくり”

市民病院からのお知らせ

自然とふれあういい旅 楓香荘

「夢のシロ」企画提案募集

マイタウン 4月・5月のスナップ

 

男女共同参画社会の実現に向けて 第2次たかさご男女共同参画プラン

男女共同参画センター 電話443-9133

計画策定の趣旨

 市では、平成12年3月に「たかさご男女共同参画プラン」を策定し、市民一人ひとりの「個」を尊重した男女共同参画社会の実現をめざして、関連する施策や取り組みを推進してきました。現行計画の策定から10年が経過し、平成22年度に目標年度を迎えるにあたって、これまでの取り組みの成果を継承しつつ、新たな課題に対応するため、「第2次たかさご男女共同参画プラン」を策定しました。

 

計画の性格・位置づけ

■国の「男女共同参画社会基本法」「第3男女共同参画基本計画」、兵庫県の「兵庫県男女共同参画社会づくり条例」「新ひょうご男女共同参画プラン21」を踏まえた計画

■「第4次高砂市総合計画」や市の諸計画などとの調和が保たれた計画

■高砂市において男女共同参画を推進するにあたっての基本的な指針となる計画

 

計画の期間

■平成23年度から平成32年度の10年間

■社会情勢の変化や、国、兵庫県の動向などに柔軟に対応し、市民のニーズなどを踏まえ、中間年度にあたる平成27年度に計画の見直しを実施

 

計画策定のポイント

■社会経済情勢、国や兵庫県の動向の反映

■「たかさご男女共同参画プラン」における主な課題や市民の意識・動向の反映

■計画の実効性を高めるため、重点的に取り組むべき課題(重点課題)や評価指標を設定し、庁内推進体制を再整備

 

基本理念

一人ひとりの「個」を尊重した男女共同参画社会の実現

 市民一人ひとりが、性別に関係なく、「個」という真にひとりの人間として、人権が重んじられ、自らの持っている能力・資質を伸ばすことができ、また、それをお互いが認め合える社会の実現をめざすものです。

 

 〈目次に戻る〉

施策の体系
基本目標と基本課題

基本目標1

男女共同参画社会の実現に向けた意識改革

 性別による固定的な役割分担意識を解消し、社会全体で男女共同参画に取り組むため、男女共同参画が必要であることをあらゆる人が共感できるよう認識を広める積極的な意識改革を進めます。

 

基本課題

1 男女共同参画推進に向けた広報・啓発の充実

2 男女共同参画推進に向けた教育・学習の充実

3 メディアにおける男女共同参画の推進

 

基本目標2

政策・方針決定の場や地域社会への女性の参画の促進

 男女がともに、あらゆる分野で責任を分かち合い、多様な視点、発想を生かしていくため、政策・方針決定や意思決定の場などへの女性の参画を促進します。

 

基本課題

1 政策・方針決定の場への女性の参画促進

2 女性のエンパワメントの推進

3 社会・地域活動における男女共同参画の促進

 

基本目標3

仕事と生活の調和の推進に向けた環境の整備、充実

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現をめざし、働く場における男女平等の実現や、多様な働き方を可能にする環境の整備、充実を図ります。また、男性の家庭生活などへの参画を促進するとともに、子育てや介護を支える環境づくりに取り組みます。

 

基本課題

1 働く場における男女の均等な機会と待遇の確保

2 多様な働き方を可能にする環境の整備、充実

3 女性のチャレンジ支援の充実

4 家庭生活・地域活動への男性の参画促進

5 子育てや介護を支える環境の整備、充実

 

基本目標4

男女の人権が尊重され、心身ともにすこやかに暮らせる環境の整備、充実

 暴力を決して許さないという社会的認識をつくりあげ、あらゆる暴力の防止、根絶に向けた取り組みや被害者への適切な支援に取り組みます。また、女性の生涯を通じた健康づくりを支援するとともに、男女共同参画の視点に立ち、様々な困難な状況に置かれている男女が、安心して暮らせる環境の整備、充実を図ります。

 

基本課題

1 あらゆる暴力の根絶と人権の尊重2 生涯を通じた女性の心身の健康づくりの推進

3 社会的に困難な状況にある男女の生活支援

4 高齢者や障がい者が安心して暮らせる環境の整備、充実

5 国際理解の推進と外国人が暮らしやすい環境の整備、充実

 

計画の推進

■庁内に「たかさご男女共同参画プラン推進ワーキンググループ」を設置し、横断的な施策の推進

■市自身が男女共同参画のモデルとなるよう、庁内における男女共同参画を強化

■市民をはじめ地域のさまざまな主体と行政の協働と国、県などとの連携による計画の推進

 

評価指標 

 計画の成果を客観的に評価・点検する目的で、基本目標ごとに市民の意識の変化などを踏まえた評価指標を設定しています。ただし、これらの指標は、基本目標の成果を評価する代表的な指標として設定しています。今後、基本目標ごとの基本課題に取り組む中で評価指標の検討・追加などを継続的に進めます。

 

基本目標1

評価指標 性別による固定的な役割分担意識(「男性は仕事、女性は家庭」という考え方)を持つ人の割合

現状 全体43.6% 男性47.9% 女性41.3%(平成22年) 

目標 減少(平成32年)

評価指標 「男女共同参画」の認知度(「よく内容を知っている」「だいたい内容を知っている」人の割合)

現状 全体37.9%(平成21年)

目標 100%(平成32年) 

基本目標2

評価指標 審議会などへの女性委員の登用率

現状 18.8%(平成22年4月1日現在)

目標 30.0%(平成27年) 

基本目標3

評価指標 職場や就労の機会における平等感(「平等である」と感じる人の割合)

現状 全体14.8% 男性18.8% 女性12.5%(平成22年)

目標 増加(平成32年)

評価指標 ワーク・ライフ・バランスの認知度(「言葉も内容も知っている」「言葉だけは見たり聞いたりしたことがある」人の割合)

現状 全体53.1%(平成22年)

目標 80%以上(平成32年) 

基本目標4

評価指標 ドメスティック・バイオレンスを正しく認識している人の割合

現状 今後現状を把握

目標 100%(平成32年)

評価指標 ドメスティック・バイオレンスの相談窓口を知っている人の割合

現状 今後現状を把握

目標 増加(平成32年)

 

 〈目次に戻る〉

ひとりで悩まずお電話ください  相談無料、秘密厳守

相談専用電話 電話443-9134

こころの相談

 女性が抱えるさまざまな悩みを女性問題カウンセラーが共に考え、あなたが解決の一歩を踏み出せるようお手伝いをします。

【電話相談】月から金曜日 

9時30分から12時/13時から16時

※ 土・日、祝日、年末年始を除く。

【面接相談】(予約制)

 

女性のための法律相談

 女性の弁護士が、女性の抱えるさまざまな問題について、法的手続きなどの相談に応じます。

【面接相談】(予約制)

毎月第4月曜日

13時から16時 (1人30分)

※ 相談内容をまとめるために事前にこころの相談をお受けください。

 

女性チャレンジひろば

 出産、育児、介護などで一度退職し、再び就職にチャレンジする女性を支援するために設置しています。ハローワークと連携した就職情報の提供や各種セミナーの開催、図書の貸し出しなどをしています。ぜひ、ご利用ください。

 

 

 〈目次に戻る〉

国保医療課からのお知らせ
国民健康保険制度
平成23年度の国民健康保険料の料率が決まりました

健康文化部国保医療課賦課収納係

電話443-9072

 

保険料の料率

 年間の保険料は、医療分、後期高齢者支援金等分(以下、後期分)、介護分(40から64歳)の合計額となります。

 平成23年度の保険料は、後期分が支援金の増、介護分が納付金の増により改定しました。また、賦課限度額についても、医療分、後期分、介護分を法定限度額に改定しました。

 

医療分(0から74歳)

平成22年

 所得割 7.7%

 均等割 24,000円

 平等割 22,500円

 限度額 50万円

平成23年

 所得割 7.7%

 均等割 24,000円

 平等割 22,500円

 限度額 51万円

 

後期高齢者支援均等分(0から74歳)(40から64歳)

平成22年

 所得割 2.3%

 均等割 7,200円

 平等割 5,400円

 限度額 13万円

平成23年

 所得割 2.3%

 均等割 7,800円

 平等割 7,200円

 限度額 14万円

 

介護分(40から64歳)

平成22年

 所得割 2.0%

 均等割 7,200円

 平等割 4,500円

 限度額 10万円

平成23年

 所得割 2.3%

均等割 8,400円

 平等割 6,000円

 限度額 12万円

 

平成23年度の納付通知書は、7月中旬に送付します。

 

保険料の軽減措置

 同一世帯内の被保険者および世帯主の総所得金額等の合計額が基準額以下の場合、均等割額と平等割額を軽減します。

※ 所得未申告の世帯は、軽減の適用ができません。必ず申告をしてください。

 

  • 基準額(前年中の世帯の総所得金額等) 33万円以下

   軽減割合 7割

  •  基準額(前年中の世帯の総所得金額等) 33万円プラス(24.5万円かける世帯主を除いた被保険者数※)以下

   軽減割合 5割 

  • 基準額(前年中の世帯の総所得金額等) 33万円プラス(35万円かける世帯に属する被保険者数※)以下

   軽減割合 2割

※ 被保険者数とは、国保加入者と国保から後期高齢者医療制度へ移行した人の合計人数です。(5年間)

 

後期高齢者医療制度の創設に伴う国民健康保険料の緩和措置
世帯割で賦課される保険料の軽減(5年間)

 国保から後期高齢者医療制度への移行者が生じ、単身となる国保世帯に対し、保険料のうち、医療分と後期高齢者支援金等分の平等割を半額とします。

※ 介護分の平等割は対象になりません。

 被扶養者であった人の保険料の減免

 社会保険の被保険者本人が後期高齢者医療制度へ移行し、その人の被扶養者が国保加入となる場合、新たに保険料を負担することになるため、当該被扶養者で65歳以上の人は、申請により保険料の所得割の全額を免除します。また、7割、5割軽減に該当しない世帯は、均等割を半額に、被扶養者のみの世帯は、平等割を半額に減免します。

※ 2年目以降の申請は必要ありません。

 

▼保険料の納付方法

普通徴収(納付書・口座振替)

 1年間の保険料を、9回に分けて納付します。特別徴収(年金からの天引き)

特別徴収(年金からの天引き)

 4月から翌年2月までの年6回で年金支払月に年金からの天引きにより納付します。

 

特別徴収から口座振替に変更できます

 保険料の納付方法を、特別徴収から口座振替への変更を希望する人は、国保医療課で手続きしてください。(口座振替の手続きが別途必要です。)

※ 申し出から切り替えに、2から3カ月かかります。

 

▼保険料の減免

 前年中の所得が600万円以下で、退職または失業などにより所得が著しく減少した人は、保険料を減免できる場合があります。保険料の納付通知書の到達後、納期限の7日前までにご相談ください。

※ 納期限を過ぎた保険料は減免の対象になりませんのでご注意ください。

 

▼失業軽減

 平成22年4月から、倒産や解雇などにより国民健康保険に加入した場合に、保険料を軽減する制度が始まりました。申請方法など、詳しくはお問い合わせください。

 

国民健康保険料、後期高齢者医療保険料の夜間納付相談窓口の開設

夜間納付相談窓口を19時まで開設します。ぜひ、ご利用ください。

保険料も納付できます。

とき 6月9日(木曜)・23日(木曜)

ところ 国保医療課賦課収納係(本庁1階9番窓口)

 

 〈目次に戻る〉

特定健診を受けましょう 健康的な生活を送るために、1年に1回

健康文化部国保医療課国保給付係 電話443-9020

健康文化部健康増進課(保健センター) 電話443-3936

 特定健診では、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)やその予備群に該当する人を見つけ、1人ひとりにあった特定保健指導を行うことにより、生活習慣を改善するための支援を行っています。

 特定健診・特定保健指導は、各医療保険者(健康保険の加入先)が行うよう義務付けられています。市では国民健康保険の加入者に対して実施し、他の医療保険に加入している人は、それぞれの医療保険者に確認してください。

 対象

◇4月1日現在の国民健康保険加入者

◇平成23年度中に40から75歳になる人

※ 平成23年度中に75歳になる人は、誕生日の前日まで受診可能です。

※ 妊産婦、刑務所入所中、海外在住、長期入院、施設に入所や入居などの場合は対象になりません。

 

受診券

 6月上旬に送付します。届いていない人は、国保医療課国保給付係までお問い合わせください。

※ 年度途中に加入し希望する人には、随時発行します。

 

申込方法

◇個別健診 電話で市内指定医療機関まで

※ 市内指定医療機関は、受診券に同封の実施医療機関一覧表をご覧ください。

◇集団健診 電話で保健センターまで 

◇総合健診 受診券に同封の申込書(はがき)に必要事項を記入の上、保健センターまで

 

健診日程・期間

◇個別健診

期間

 6月1日(水曜)から1月31日(火曜)

ところ 市内指定医療機関

◇集団健診

とき 6月20日(月曜)、7月14日(木曜)、8月22日(月曜)、9月22日(木曜)、10月3日(月曜)、11月1日(火曜)、12月12日(月曜)、1月27日(金曜)

ところ 福祉保健センター

※ 10月3日(月曜)はJA高砂西

◇総合健診

とき 7月28日(木曜)、8月31日(水曜)、11月17日(木曜)、1月12日(木曜)

ところ 福祉保健センター

 

健診時に必要なもの

特定健診受診券、国民健康保険被保険者証、介護保険被保険者証(65歳以上の人)、健診問診票、健診料金

 

健診内容・料金
個別健診

健診料金 1,000円

●基本項目                       

問診、身体計測(身長・体重・腹囲・体格指数)、血圧測定、尿・血液検査(血糖値・コレステロール・中性脂肪・肝機能・腎機能)

●詳細項目                       

医師の判断や昨年度の健診結果に基づき必要な人にのみ実施します。

心電図、眼底・貧血検査

生活機能評価(無料)

65歳から74歳の被保険者で、要介護、要支援認定を受けていない人は、特定健診(個別)受診時に生活機能評価を行います。

 

総合健診

健診料金 3,000円プラスがん検診受診分個別健診(特定健診)の血液検査項目がより充実し、心電図、眼底検査も含まれます。

 

集団健診

健診料金 1,000円プラス追加受診分(1,000円)

個別健診(特定健診)の内容に、心電図、貧血検査が追加受診できます。

 

さらに!!各種がん検診なども一緒に受診できます。
同時検査項目 結核・肺がん検診(胸部エックス線直接撮影)

集団健診 1,000円

総合健診 1,000円

 

同時検査項目 胃がん検診(バリウムによるエックス線間接撮影)

集団健診 1,800円

総合健診 1,800円

 

同時検査項目 大腸がん検診(便潜血反応検査2日法)

集団健診 700円

総合健診 700円

 

同時検査項目 乳がん検診(マンモグラフィー)

総合健診

40から49歳2方向 2,500円

50から64歳1方向 2,000円

 

同時検査項目 子宮がん検診(細胞診)

総合健診 2,500円

 

同時検査項目 肝炎ウイルス検診

集団健診 1,000円

総合健診 1,000円

 

同時検査項目 骨粗しょう症検診(女性30歳以上・男性60歳以上)

集団健診 1,000円

 

健診結果     

◇個別健診 受診した医療機関から提供されます。

◇集団健診・総合健診 健診機関からの郵送で提供されます。

 人間ドックや会社などの健診(事業主健診)を受診する人は、その健診に特定健診の項目が含まれていますので、改めて特定健診を受ける必要はありませんが、健診結果の写しを提出してください。返信用封筒を送付しますので、国保医療課国保給付係まで連絡してください。

※ 国保の助成を受けて高砂市民病院で人間ドックを受診する人は、提出の必要はありません。

 

特定保健指導(対象者のみ)

 特定健診を受けた後に医師、保健師、管理栄養士などによる生活習慣改善のための保健指導を受けることができます。

 

〈目次に戻る〉 

集い・学びの場 公民館で “生きがいづくり”  “仲間づくり”

祝日を除く第1・3日曜日(9時から17時)も開館しています。図書室も利用できます。公民館では現在、約280の登録グループが活動しています。登録グループの活動に参加したい、または新たにグループを登録したい人は各公民館までお問い合わせください。

 

各公民館の活動グループ
高砂公民館   電話443-5439

和裁、パッチワーク、日本画、木彫、彫金、音楽療法、茶道、俳句、将棋、生涯学習、社交ダンス、民謡、3B体操、健康体操、卓球、太極拳、ヨガ、詩吟、歌謡、コーラス、大正琴、新舞踊、郷土研究、書道

 

荒井公民館  電話442-0490

洋裁、盆栽、生花、太極拳、卓球、歌謡、詩吟、大正琴、銭太鼓、民舞、生涯学習、剣舞・詩舞、フラワーアレジメント、フラダンス、3B体操、健康体操、着付、謡曲、自力整体、書道、俳句、将棋、民謡、英会話

 

中央公民館兼伊保公民館  電話447-2247

洋裁、洋画、水墨画、写真、木彫、陶芸、生花、料理、謡曲、詩吟、コーラス、三味線、民謡、歌謡、囲碁、民舞、社交ダンス、3B体操、健康体操、卓球、太極拳、ヨガ、茶道、書道、英会話、郷土史、大正琴、俳句、太極柔力球

 

中筋公民館  電話448-4821

和裁、フラダンス、銭太鼓、ちぎり絵、歌謡、詩吟、童謡唱歌、三線、民舞、カントリーダンス、洋裁、パッチワーク、書道、3B体操、健康体操、卓球、太極拳、気功術、

 

曽根公民館  電話448-4798

子ども3B体操、日本画、ちぎり絵、民謡、歌謡、着付、子育てサークル、3B体操、ボランティア、ストリートダンス、卓球、太極拳、ヨガ、生花、民舞、英会話、

 

米田公民館  電話432-6784

洋裁、編物、大正琴、銭太鼓、民舞、社交ダンス、3B体操、音楽体操、陶芸、太極拳、生花、料理、コーラス、詩吟、健康体操、囲碁、ペン習字、小筆字、ギター、三味線、手芸一般、パッチワーク、日本画、水彩画、水墨画、はがき、絵、卓球、メッシュクラフト、ヨガ、茶道、書道、ボランティア、歌謡、民謡

 

阿弥陀公民館  電話448-4642

編物、洋画、陶芸、生花、歌謡、詩吟、コーラス、ギター、書道、囲碁、将棋、フォークダンス、日本民謡、三味線、民 舞、新舞踊、3B体操、健康体操、卓球、太極拳、ヨガ、三弦、琴、銭太鼓

 

北浜公民館  電話079-254-5212

編物、ちぎり絵、絵てがみ、生花、3B体操、民謡、歌謡、詩吟、コーラス、大正琴、郷土史、銭太鼓、傘踊、新舞踊、社交ダンス、フラダンス、エアロビクス、食生活改善、卓球、ヨガ、茶道、囲碁、幼児教育、

 

 〈目次に戻る〉

希望のある医療をめざして 市民病院からのお知らせ

電話442-3981

 市民病院の経営状況を報告します!

経営のV字回復

 経常収支(病院単体での経営を表す数値)は、平成19年度を底にV字回復しました。また、平成22年度は黒字を達成しました。総収支(市からの特別繰入を含めた収支)は平成20年度以降黒字です。

 

5月13日(金曜)、「看護の日」の催しが行われました。

▲ぼっくりんが来院

▲ゆび体操

▲ナースキャップ作成コーナー

 

病院ボランティア募集

詳しくはボランティア窓口(内線2810)までお問い合わせください。

活動内容 車いす、歩行器、ストレッチャーの介助、外来、入院案内、清拭タオルの作成

活動場所 玄関から1階フロア、外来全体、病棟、2階ボランティア室

※ ボランティア保険の加入が必要です。加入の手続きは、高砂市社会福祉協議会ボランティアセンター(電話442-4047)まで、お問い合わせください。

 

市民病院職員募集

詳しくは市民病院総務課までお問い合わせください。

●正規看護師 平成23年8月採用

資格 看護師免許を有する昭和41年4月2日以降生まれの人

募集人員 10人程度

受付期間 6月1日(水曜)から24日(金曜)

※ 採用試験案内は市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからも取り出せます。

【採用試験】

とき 6月26日(日曜)

科目 筆記、面接

 

●臨時臨床工学技士

資格 臨床工学技士免許を有する人

募集人員 1人

勤務体系 (1)8時から16時15分

(2)8時30分から17時

(3)12時15分から20時45分

※ 勤務は(1)から(3)のローテーションです。

選考方法 面接

必要書類 履歴書、臨床工学技士免許証の写し

賃金 日給 11,030円

保険雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

※ 勤務時間による

 

●臨時薬剤師

資格 薬剤師免許を有する人

募集人員 2人

勤務体系 8時30分から17時(実労働時間 7時間30分)

選考方法 面接

必要書類 履歴書、薬剤師免許証の写し

賃金 日給 12,380円

保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

※ 勤務時間による

 

●臨時給食調理師、調理員

勤務体系 6時45分から15時30分

9時45分から18時30分

※ 交替勤務制

募集人員 1人

選考方法 面接

必要書類 履歴書、免許証の写し(調理師のみ)

賃金 調理師 時給 1,000円

調理員 時給 950円

保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

※ 勤務時間による

 

 〈目次に戻る〉

自然とふれあういい旅 楓香荘

夏は魚のつかみ取り、バーベキュー、キャンプ、秋は登山、紅葉狩り、冬はスキーなど一年中楽しみがいっぱい。さあ、自然とのふれあいを求めて気の合った友人やご家族でお越しください。

波賀不動滝公園 楓香荘
本館サイクリングターミナル
別館高砂の家
宍粟市波賀町原625
電話0790-75-2355  ファクス0790-75-2356

利用案内

予 約 利用日の3カ月前から受け付けします。

利用時間 

◇休憩 11時から15時

◇宿泊 15時から10時

休館日 年中無休

食事代(税込み) 朝食 800円、夕食 2,100円より

※ ご予算によって会席料理、バーベキュー、鍋料理(冬季限定)もご用意します。

 

宿泊料金(税込み)

特別室

大人 5,600円

子ども 4,600円

和室

大人 4,600円

子ども 3,600円

※ 土曜、祝前日は、上記宿泊料金より1,000円アップとなります。

※ お盆期間、お正月期間は特別料金となります。

 

宿泊特典

◇売店商品5%割引券

◇ソフトドリンク100円引券

◇高砂市民は、500円割引き

(運転免許証、健康保険証などが必要)

 

日帰り湯ったりプラン

 無料送迎バス、温泉、食事、カラオケ、観光、買い物(道の駅)

 

無料送迎バスのご利用を!

◇ 5人以上の宿泊団体

◇10人以上で3,150円以上の料理ご予約の日帰り団体

 

宿泊料金の助成

助成金額 1泊につき1,000円割引き

対象 

◇65歳以上の人、65歳未満で老人クラブに加入している人

◇身体障害者手帳1から4級、療育手帳A、B1、精神障害者保健福祉手帳1、2級所持者

申込方法 宿泊当日に運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、身体障害者手帳、療育手帳など、確認できるものを持参してください。

問い合わせ先

◆福祉部高年介護課高年福祉係

 電話443-9026

◆福祉部障がい、地域福祉課地域福祉係

 電話443-9027 

 

 〈目次に戻る〉

市民提案型地域協働推進事業「夢のシロ」企画提案募集

健康文化部市民活動推進課

電話443-9006

 

 地域協働によるまちづくり推進事業『夢のシロ』補助金は、市民の参画と協働による市民が主役のまちづくりを推進するため、市民が企画、提案し、実践する活動に対して、活動費の一部(上限50万円)を支援する新たな補助制度です。

募集期間 7月4日(月曜)から15日(金曜)

対象団体

◇3人以上で構成される市民団体

◇代表者が市内に在住、在勤または在学し、過半数が市民で構成される団体

対象事業

◇営利を目的としない市民の自主的、主体的な社会参加活動で公益性が高く、市民生活および地域社会の維持発展に寄与することを目的とした事業

◇幅広く市民が参加でき、市全域に新たな活気とうるおいの創出が期待できる先駆的で独創性のある事業

※ 国または地方公共団体(外郭団体を含む。)から助成を受けている事業、市が実施する事業と実質的に同一事業とみなされる事業などは、交付対象とはなりません。

補助金の限度額 1団体につき50万円(総事業費の4分の3以内、ただし、備品購入にかかる経費については、2分の1以内)

応募方法 企画提案書など必要書類を添付の上、直接、市民活動推進課まで

※ 募集要項、様式などは、各市民サービスコーナー、市民コーナーにあります。また、市ホームページからも取り出せます。

 

 〈目次に戻る〉  

マイタウン 4月・5月のスナップ

 

夜桜の通り抜け

 4月9日(土曜)、鹿島川沿い(松陽高校グラウンド西側)の桜並木(約300メートル)を約850本のろうそくの灯りで照らし、たくさんの人が幻想的な世界を楽しみました。

 

第34回高砂市美術協会展

 4月15日(金曜)から17日(日曜)、福祉保健センター中ホールで写真や書道、絵画、工芸など145点が展示され、個性豊かな作品が訪れた人を魅了しました。

 

第59回兵庫リレーカーニバル

 4月24日(日曜)、ユニバー記念競技場(神戸市)で開催され、小学女子400メートルリレーで荒井小学校(岡崎華音さん、杉本愛華さん、芳美憂さん、奥野璃音さん)が見事に優勝を果たしました。

 

第25回武蔵、伊織まつり

 5月15日(日曜)、宮本武蔵、伊織生誕之地碑前、総合体育館などで剣道、空手道、スポーツチャンバラ大会と書道、絵画展などが開催されました。

 

あらい浜風公園フェア

 5月4日(祝)、あらい浜風公園で踊っこまつりやミュージックストリート(ライブ演奏会)などが開催されました。

 

 〈目次に戻る〉