広報たかさご12月号 No.801 平成23(2011)年

 表紙

11月9日(水曜) お茶会 荒井幼稚園

 

人口の動き

(11月1日現在、外国籍人口を含む)

人口 95,682人(10減)

男 46,905人(14減)

女 48,777人(4増)

世帯数 38,460世帯(34増)

 

目次

平成22年度決算の状況

第15回高砂市人権フェスティバル

市民病院からのお知らせ

消費生活センターだより(第8号)

LOOKLOOK  12月の相談

マイタウン 10・11月のスナップ

 

平成22年度 決算の状況をお知らせします

一般会計

 歳入総額は344億1,532万円、一方、歳出総額は339億9,803万円で、差額は4億1,729万円でしたが、ここから翌年度に繰り越した事業に充てられる財源2,088万円を差し引き、3億9,641万円の黒字となりました。また、財政調整基金取り崩し額などを反映した実質単年度収支は4億8,270万円の黒字となりました。

歳入 344億1,532万円

市税

決算額 167億1,754万円

構成比 48.6パーセント

 

国・県支出金

決算額 69億9,997万円

構成比 20.3パーセント

 

市債 

決算額 39億3,360万円

構成比 11.4パーセント

 

地方消費税交付金、地方交付税、地方特例交付金など

決算額 27億9,571万円

構成比 8.1パーセント

 

諸収入、繰入金、財産収入、寄附金

決算額 20億9,059万円

構成比 6.1パーセント

 

使用料及び手数料

決算額 6億9,302万円

構成比 1.8パーセント

 

分担金及び負担金

決算額 5億2,301万円

構成比 1.5パーセント

 

繰越金

決算額 5億1,787万円

構成比 1.5パーセント

 

地方譲与税

決算額 2億3,401万円

構成比 0.7パーセント

 

歳出 339億9,803万円

民生費

決算額 112億9,749万円

構成比 33.2パーセント

 

土木費・都市計画費

決算額 46億9,722万円

構成比 13.5パーセント

 

衛生費

決算額 42億1,795万円

構成比 12.4パーセント

 

総務費

決算額 40億1,735万円

構成比 11.8パーセント

 

教育費

決算額 39億9,640万円

構成比 11.5パーセント

 

公債費

決算額 30億5,349万円

構成比 9.0パーセント

 

消防費

決算額 8 億8,177万円

構成比 2.6パーセント

 

その他

決算額 20億3,336万円

構成比 6.0パーセント

 

市税の内訳

固定資産税 89億1,140万円 53.3パーセント

市民税 57億9,120万円 34.6パーセント

都市計画税 13億4,076万円 8.0パーセント

市たばこ税 5億2,921万円 3.2パーセント

軽自動車税 1億4,497万円 0.9パーセント

 

企業会計

地方公営企業法の全部または一部の適用を受ける企業会計が3会計あります。

 

水道事業

収益的収支

収入 14億4,731万円

支出 14億4,501万円

資本的収支

収入 7億4,556万円

支出 11億5,582万円

 

工業用水道事業

収益的収支

収入 2億6,582万円

支出 2億6,582万円

資本的収支

収入 6,725万円

支出 6,725万円

 

病院事業

収益的収支

収入 61億1,580万円

支出 58億6,162万円

資本的収支

収入 5億6,516万円

支出 7億6,717万円

 

特別会計

一般会計のほかに特別な事業を行うための特別会計が5会計あります。

 ※ ( )は対前年度比

国民健康保険事業

歳入 94億8,773万円(3.5パーセント増)

歳出 96億4,028万円(2.4パーセント増)

 

下水道事業

歳入 58億1,927万円(8.2パーセント減)

歳出 58億1,417万円(8.1パーセント減)

 

後期高齢者医療事業

歳入 8億4,263万円(1.7パーセント増)

歳出 8億2,523万円(1.5パーセント増)

 

老人保健医療事業

歳入 1,026万円(66.6パーセント減)

歳出 1,026万円(55.4パーセント減)

 

介護保険事業

歳入 50億7,019万円(1.2パーセント増) 

歳出 50億6,722万円(1.6パーセント増)

 

歳入 合計 212億3,008万円(0.7パーセント減)

歳出 合計 213億5,716万円(1.0パーセント減)

 

〈目次にもどる〉 

市民1人当たりに換算すると、354,819円の支出です

平成22年度は、次のようなことにお金を使いました

※ 平成23年3月31日現在の人口で換算

市民1人当たりの歳出354,819円の内訳

民生費  33.2パーセント 117,906円

高齢者や障がい者、子どものための福祉の費用

・美保里保育園の施設整備の補助 (1億5,255万円)など

 

土木費・都市計画費 13.5パーセント 48,083円

道路や公園などの整備の費用

・沖浜平津線(小松原工区)の整備 (1億1,481万円)など

 

衛生費 12.4パーセント 44,020円

ごみ、し尿処理や保健衛生などの費用

・女性特有のがん検診の推進(1,050万円)など

 

総務費 11.8パーセント 41,749円

財産管理や企画・税務事務などの費用

・総合計画の策定(404万円)など

 

教育費 11.5パーセント 40,769円

小・中学校、幼稚園、生涯学習などの費用

・阿弥陀小学校の改築(9,610万円)など

 

公債費 9.0パーセント 31,868円

国や金融機関から借り入れたお金の返済費用

 

消防費 2.6パーセント 9,203円

消防活動や防災対策などの費用

・消防自動車の購入(4,694万円)など

 

その他 6.0パーセント 21,221円

商工費、労働費、議会費、農林水産費など

・惣毛池の改修(945万円)など

 

財政健全化の指標を公表します

 財政指標は市の財政の健全性を表しています。それぞれの項目を標準財政規模(地方公共団体が通常水準の行政活動を行う上で必要な一般財源の総量)と比較して指標化しています。いずれかの早期健全化基準を超えると自主的な改善が義務付けられる「財政健全化団体」に、それより悪い財政再生基準を超えると、国の管理のもと確実な再生が求められる「財政再建団体」となります。高砂市はいずれの指標も基準を下回っています。

 

実質赤字比率(財政運営の深刻度)

福祉、教育、まちづくりなどの一般会計の赤字

平成22年度決算  赤字なし

早期健全化基準 12.52

財政再生基準 20.00

 

連結実質赤字比率(全体の運営の深刻度)

すべての会計の赤字や黒字を合算し、市全体としての赤字

平成22年度決算 赤字なし

早期健全化基準 17.52

財政再生基準 35.00

 

実質公債費比率(資金繰りの危険度)

借入金の返済及びこれに準じる額の大きさ

平成22年度決算 8.8

早期健全化基準 25.0

財政再生基準 35.0

 

将来負担比率(将来財政を圧迫する可能性)

借入金(地方債)や将来支払っていく可能性のある負担など

平成22年度決算 99.2

早期健全化基準 350.0

財政再生基準 設定なし

 

資金不足比率(公営企業の経営状況の深刻度)

公営企業の資金不足額が事業規模に占める割合

平成22年度決算 不足なし

早期健全化基準 20.0(経営健全化基準)

財政再生基準 設定なし

 

たかさご未来寄附金(ふるさと(納税)寄附金)

ありがとうございました

平成22年度 3件 1, 243,000円

 高砂市に興味を持っていただいている人や、高砂市で過ごされたことのある人、高砂市で結婚式を挙げられた人、将来高砂市に住みたいとお考えの人など、皆さまのご支援ご助力をお願いしています。

 市外にお住まいのご家族、ご親戚、ご友人にも声をかけていただき、ふるさと「高砂」を応援していただきますようよろしくお願いします。

 

〈目次にもどる〉  

第15回 高砂市人権フェスティバル

人権講演会・セレモニーと表彰

福祉部人権推進室電話443-9060

 

人権講演会

演題「いのちよ 輝け!」

幸せになるために人は生まれてきた

 

とき 12月6日(火曜) 13時30分開会

ところ 文化会館じょうとんばホール

     

主催:高砂市、高砂市教育委員会、高砂市人権教育協議会、加古川人権擁護委員協議会高砂地区委員会

 

13時から 受付

13時30分から セレモニーと表彰

14時30分から 人権講演会(閉会予定16時)

 

入場無料

※ 駐車場に限りがあります。できるだけ乗り合わせてお越しください。

▼ 文化会館周辺道路は駐車禁止になっています。

 

講師 梅原 司平 さん(シンガーソングライター)

 さまざまな社会問題に目を向けながら、一人ひとりの思いを大切にして歌い続けるシンガーソングライター。

1997年に、いじめや不登校に苦しんでいる子どもたちへの想いを歌った『ここへおいで』を発表して以降、強い共感の声が広がり、全国各地で「人権トーク&コンサート」などを行っている。

写真:岡部 好

 

人権週間特設人権相談

福祉部人権推進室電話443-9060

人権問題(名誉、信用、差別、私的制裁、嫌がらせ、いじめなど)で悩みがある人は気軽にご相談ください。

とき 12月8日(木曜)13時から15時

ところ ふれあいの郷生石研修センター会議室1

※ 相談は無料で、秘密は厳守します。

 

〈目次にもどる〉 

希望のある医療をめざして

市民病院からのお知らせ 電話442-3981

 

第4回  高砂市民病院健康まつりを開催しました。

10月29日(土曜)開催しました第4回高砂市民病院健康まつりに多くの方々にご来院いただきました。ありがとうございました。

 

クリスマスコンサートを開催します!

 入院患者さまをはじめ、来院された方々に「癒しの時間」を提供するため、クリスマスコンサートを開催します。

とき 12月16日(金曜)16時から

ところ 市民病院1階ロビー

 

正規看護師募集(平成24年2月採用)

資格 看護師免許を有する昭和41年4月2日以降生まれの人

募集人員 10人程度

受付期間 12月1日(木曜)から22日(木曜)

※ 採用試験案内は、市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからも取り出せます。

【採用試験】

とき 12月25日(日曜)

科目 筆記、面接

 

シミでお悩みではありませんか?

形成外科 レーザーによるシミの治療

医師:小熊 孝(おぐま たかし)(日本形成外科学会専門医)

 

1. シミ治療の近道

シミは誰にでもあるちょっとした異常なので、化粧品やエステに向かう人がほとんどで、病院にくる人はあまりいません。しかし、シミといっても浅いシミや深いシミ、肝斑や炎症後色素沈着などいろいろな種類のものがあり、多くの人はこれらのシミが混ざって存在しています。また、それぞれのシミで治療法が異なるので、最初に化粧を落としてどういうタイプのシミか判断し、その種類にあわせて治療することが大切です。そのため、医療機関で診察を受けるのは効率がよく、シミ治療の近道といえます。

 

2.ご質問にお答えします

レーザー治療でよく聞かれる質問をまとめてみました。

Q1:頬にくっきりとした茶色のシミがあるのですが、何回レーザーをあてればとれますか?

A:境界のはっきりした茶色のしみは、日焼けが原因の「老人性色素斑」だと思われます。通常1回、時に2回のレーザー照射で消失します。

Q2:レーザー治療の痛みが気になります。どれぐらい痛みますか?

A:レーザー照射には通常、麻酔は必要ありません。照射する部位を氷で冷やして麻酔の代わりとします。レーザーの痛みは、例えるならば「輪ゴムでパチンと弾くぐらいの痛み」と表現できます。小さいものならば10秒ぐらいで照射が終わるので、少しの間我慢していただく必要があります。

Q3:レーザーの料金はいくらですか?

A:レーザー1発あたり250円になり、1平方センチメートルのシミでしたら、8,000円ぐらいが目安となります。シミに対するレーザー治療は、保険適用ではなく、自費治療となります。

【写真】老人性色素斑

 

〈目次にもどる〉 

第8号高砂市消費生活センターだより 

編集:高砂市消費生活センター 電話443-9078 FAX443-0009

 

未公開株の勧誘いろいろ

高齢者の悪質被害が後を絶ちません。

なぜ、高齢者が狙われやすいのでしょうか。

 

・高齢者の中には人の言うことを疑わず簡単に信用してしまうため、だまされたことに気付いていない事例が多く見受けられます。

・被害にあったと自覚していても、だまされたことを恥ずかしく思い、誰にも相談しないというケースが多くあります。

今回は当センターにおいて高齢者を中心に多く寄せられる「未公開株」取引に関する相談について紹介します。

 

 事例(1)(2)は、業者と連絡がつかなくなってしまった。被害回復どころか、さらに被害額が増えてしまったというケースです。

 未公開株や社債の販売ができるのは、登録を受けた証券会社と未公開株や社債の発行会社だけです。電話での勧誘にはすぐに応じないようにしましょう。

 そんなうまいもうけ話はありません。

 「あれ?」と思ったら一人で悩まず、家族や消費生活センターに相談しましょう。

高齢者を狙う詐欺的な投資勧誘を防ぐため、日常接している周りの人が気づくことが大切です。

 

劇場型:複数の業者がうまい話をもちかけてくる・・・

〈事例(1)〉突然、聞き覚えのない業者から、「A会社の未公開株が近々上場するので購入しないか?」と電話がかかってきた。忙しい時間帯だったので、適当に返事をしていた。数日後、パンフレットが届いたので見ていたら、また別の会社から「A会社の株を持っていたら、値上がり確実だから高く買い取らせてもらいます」という電話が入った。A社の株を持っていたら得なんだと思っていたところ、最初の業者からまた電話を受けたので、A社の株を300万円購入する契約をすることにした。  60代女性

 

被害回復型:だまされた購入代金を取り戻すことができると勧誘されて。

〈事例(2)〉以前、未公開株500万円を購入したが、業者と連絡が取れなくなってしまいあきらめかけていた。そんな時、全く知らない会社から「未公開株を持っていないか」という電話を受け、被害に遭ったことを話したら、「同じ未公開株を持っていた人が全額返金されたという話がある、どのようにしたか聞いてあげる」と言われた。お金が戻ってきた人が相談したという事務所を教えてもらい電話をしたところ、「被害回復の手続きをするために別の社債を購入する必要がある」と言われ、50万円振り込んでしまった。  60代男性

 

下記のような様子が見られたら、速やかに消費生活センターにご相談ください。

◇最近、お金に困っている。

◇見知らぬ業者がよく出入りしているようだ。

◇ 家の中に見慣れない段ボールや商品がたくさんある。

地域ぐるみで高齢者を守りましょう!!

 

〈目次にもどる〉 

LOOK!LOOK! 12月の相談

市民・法律・行政・多重債務相談

健康文化部市民活動推進課 電話443-9002

ところ 市民相談室

●市民相談

とき 月曜から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 12月5日(月曜)・15日(木曜)・26日(月曜) 13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で市民活動推進課まで(当日8時30分から)

●行政相談

とき 12月9日(金曜) 13時から15時

●多重債務相談

とき 月曜から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

 

税務相談(予約制)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

とき 12月6日(火曜)・13日(火曜) 13時30分から16時

ところ 加古川税理士会館

内容 税理士が税務の入口をアドバイス

 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ 西庁舎4階相談室

●こころの相談(予約制)

とき 月曜から金曜日 9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※    電話相談可

●法律相談(予約制)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 12月26日(月曜) 13時から16時

定員 6人

 

障がい者相談

福祉部障がい・地域福祉課 電話443-9027 FAX 443-3144

●身体障がい者相談

とき 12月4日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

電話442-4047 FAX443-0505

●知的障がい者相談

とき 12月6日(火曜) 10時から12時

ところ あすなろ学園第3作業所(阿弥陀町南池)

●こころのサポート相談(精神障がい者相談)

とき 12月12日(月曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

●障がい者相談事業

とき

◇身体障がい関係 水曜日 10時から12時

◇知的障がい関係 木曜日 10時から12時

◇精神障がい関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容 専門相談員による相談

申込方法 電話で障がい・地域福祉課まで

※    ファクス可

 

ひとり親家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき 月曜から金曜日 9時から17時

◇夜間相談(予約制)  17時から19時

ところ 児童福祉課

 

子育て相談(予約制)

子育て支援センター 電話442-2242

とき 12月19日(月曜) 13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容 臨床心理士による個別相談

定員 3人

 

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき 月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

 

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

とき 12月26日(月曜) 13時から15時

ところ みのり会館

 

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき 月曜から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

 

消費生活相談

消費生活センター 電話443-9078

とき 月曜から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 消費生活センター(市民活動推進課内)

 

若者しごと相談

若者しごと相談室 電話447-8280

とき 水曜日 13時から17時

ところ ふれあいの郷生石研修センター

対象 おおむね39歳以下の人

 

中小企業相談

高砂商工会議所中小企業相談所 電話443-0500

とき 月曜から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

 

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき 月曜から金曜日  8時30分から17時

ところ 産業振興課

 

少年相談

青少年補導センター 電話443-6246

とき 月曜から金曜日  8時30分から16時

ところ 青少年補導センター

 

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき 月曜から金曜日

◇電話相談 8時30分から16時

◇面談 13時から16時

ところ のびのび教室(青年の家内)

 

〈目次にもどる〉 

健診・健康相談
ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

とき 12月22日(木曜) 10時から11時30分(受付9時30分から)

内容 お口の中をのぞいてみよう

対象 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者

●成人健康相談

内容 保健師、管理栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談 

申込方法 電話で保健センターまで

 

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

内容 健診、計測、相談など

持ち物 母子健康手帳・問診票

※    都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

●乳児保健相談(個別通知)

とき 12月16日(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成23年8月生まれの乳児

●1歳6カ月児健診(個別通知)

とき 12月2日(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成22年5月生まれの幼児

●3歳児健診(個別通知)

とき 12月9日(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成20年9月生まれの幼児

 

加古川健康福祉事務所の相談(予約制)

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談

とき 12月12日(月曜)・19日(月曜) 13時から14時

●若者の心と体の相談

とき 12月12日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

とき 12月19日(月曜) 13時30分から15時

●酒害相談

とき 12月12日(月曜) 13時から14時

 

健康管理課 電話422-0002

●専門栄養相談

とき 12月21日(水曜) 9時30分から11時30分

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

とき 12月7日(水曜)・21日(水曜) 9時10分から10時20分

検査料 一部有料

 

母子健康手帳交付

保健センター 電話443-3936

とき 

◇12月8日(木曜) 9時30分から11時

◇12月19日(月曜) 13時30分から15時

ところ 福祉保健センター

対象 妊婦

持ち物 印鑑(シャチハタ不可)

※ 都合の悪い場合は市民課、米田・中筋市民サービスコーナーまたは電話の上、保健センターまでお越しください。

 

犬・猫の引き取り

※ どうしても飼えない場合に限ります。

◇犬の引き取り

動物愛護センターに相談してください。

兵庫県動物愛護センター三木支所 電話0794-84-3050

◇猫の引き取り

生活環境部環境政策課  443-9029

とき 12月5日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎非常階段前

飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。

 

〈目次にもどる〉 

救急医 ※ 間違い電話にご注意ください。 
内科・外科・耳鼻咽喉科(12月)

とき 4日

科目 内科

医院名 飯尾医院

住所 米田町島

電話番号 431-0770

 

科目 外科

医院名 西垣医院

住所 阿弥陀町阿弥陀

電話番号 447-1019

 

科目 耳鼻科

医院名 梅谷耳鼻咽喉科クリニック

住所 加古川市加古川町溝之口

電話番号 426-2818

 

とき 11日

科目 内科

医院名 こばやし小児科

住所 米田町塩市

電話番号 434-2288

 

科目 外科

医院名 川井整形外科

住所 神爪2丁目

電話番号 432-7757

 

科目 耳鼻科

医院名 黒田医院

住所 明石市西新町2丁目

電話番号 078-922-3391

 

とき 18日

科目 内科

医院名 大北・牛尾クリニック

住所 中筋1丁目

電話番号 447-1855

 

科目 外科

医院名 泉外科

住所 伊保1丁目

電話番号 447-1111

 

科目 耳鼻科

医院名 大村耳鼻咽喉科医院

住所 稲美町中村

電話番号 496-5111

 

とき 23日

科目 内科

医院名 野村医院

住所 中筋2丁目

電話番号 448-8131

 

科目 外科

医院名 河野クリニック

住所 高砂町栄町

電話番号 444-2112

 

科目 耳鼻科

医院名 よしだ耳鼻咽喉科クリニック

住所 荒井町扇町

電話番号 443-0335

 

とき 25日

科目 内科

医院名 市民病院

住所 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 

科目 外科

医院名 市民病院

住所 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 

科目 耳鼻科

医院名 黒田耳鼻咽喉科医院

住所 加古川市平岡町新在家

電話番号 425-8155

 

とき 29日

科目 内科

医院名 三木内科クリニック

住所 荒井町中新町

電話番号 443-8500

 

科目 外科

医院名 ふじわら医院

住所 米田町塩市

電話番号 434-2355

 

とき 30日

科目 内科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

科目 外科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

科目 耳鼻科

医院名 下村耳鼻咽喉科

住所 明石市大蔵谷字狩口

電話番号 078-918-3033

 

とき 31日

科目 内科

医院名 さわたり循環器科内科

住所 伊保4丁目

電話番号 446-2332

 

科目 外科

医院名 ササモト医院

住所 伊保2丁目

電話番号 447-0129

 

科目 耳鼻科

医院名 黒田耳鼻咽喉科医院

住所 加古川市平岡町新在家

電話番号 425-8155

 

診療時間

【内科・外科】 9時から18時

【耳鼻咽喉科】

◇高砂市・加古川市・稲美町・播磨町 9時から18時

◇明石市 9時から17時

※ 変更される場合がありますので、事前に各医療機関までお問い合わせください。

 

歯科・眼科(日曜日・祝日・休日・年末年始)

科目 歯科

医院名 加古川歯科保健センター

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-6060

 

科目 眼科

医院名 姫路市休日・夜間急病センター

住所 姫路市西今宿3丁目7-21

電話番号 079-298-0119

 

診療時間

【歯科】 9時から12時(受付11時30分まで)

13時から17時(受付16時まで)

【眼科】9時から18時

 

内科・小児科(夜間)

科目 内科・小児科

医院名 加古川夜間急病センター

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

診療時間

【内科】21時から6時

【小児科】21時から24時

 

※ 詳しくは、新聞・高砂市医師会ホームページをご覧ください。

 

〈目次にもどる〉 

 

マイタウン 9・10月のスナップ

 

▼小学生自転車教室

10月21日(金曜)、荒井小学校体育館で行われ、3年生児童約120人が自転車の安全な乗り方や自転車に乗る場合の交通ルールやマナーなどを学びました。

 

▼ウォーキングツアー

10月16日(日曜)、東播磨ツーリズム振興協議会の主催で行われ、市内外から約40人が参加し、市内4カ所の神社・仏閣などパワースポットを巡るウォーキングを楽しみました。

 

▼高齢者大学(松陽学園)学園祭

10月26日(水曜)・27日(木曜)、教育センターで行われ、学生およびOB約500人がそれぞれの思いで仕上げた絵画、書道、陶芸など作品が展示され、その作品を一目見ようとたくさんの人が訪れました。

 

▼第36回 東はりま大茶会

10月30日(日曜)、ふれあいの郷生石研修センターで行われ、東・北播磨地域の茶道を愛する約700人が参加し、茶・点心などを味わいながら交流を深めました。

 

▼ふるさと「高砂学」 謡曲「高砂」に親しもう

10月27日(木曜)、伊保小学校で6年生児童121人が謡曲「高砂」に初めて挑戦しました。謡曲合唱団指導のもと、歌詞の意味や節回しなども学びました。

 

▼第34回高砂市民音楽祭

11月3日(祝日)、文化会館じょうとんばホールで行われ、高砂市合唱連盟所属・賛助・ゲスト団体13グループが出演し、コーラスなどが披露されました。

 

▼「知ってくださいもっと 盲導犬のことを」

11月7日(月曜)、宝殿中学校体育館で盲導犬講習会が行われ、1年生290人が盲導犬や視覚障がい者への接し方などについて学びました。

 

▼旧入江家住宅見学会、歴史講演会

11月5日(土曜)、兵庫県指定有形重要文化財に指定されている旧入江家住宅(曽根町)が一般公開され、「入江家文書にみる曽根村よもやま」をテーマにした講演会や入江家にまつわる古文書、漆器、屏風などが住宅内で展示されました。

 

▼表敬訪問11月11日(金曜)

高砂市出身でフランス・パリ在住の画家溝川典子さんが神戸市で個展「ラフノキセキ」の開催報告に訪れ、現地での活動状況や市内での個展開催など将来の抱負を語りました。

 

いなみ野特別支援学校中学部3年生の清川りずむさんが全国障害者馬術大会常足(なみあし)種目で2年連続の優勝を果たし、報告に訪れました。 

 

〈目次にもどる〉