広報たかさご6月号 No.807 平成24(2012)年

 目次

情報けいじばん

LOOKLOOK

6月の休日救急医

 

情報けいじばん

 年金 健康 福祉 安全安心 学ぶ スポーツ 催し 募集 お知らせ

 

平成24年度個人住民税(市・県民税)

財務部市民税課 電話443-9015

 平成24年1月1日現在、市内に住所を有する人は均等割額、所得割額(前年中の所得金額を基準に計算)の合計額により、個人住民税(市・県民税)が課税されます。

【主な改正点】

扶養控除の見直し

・年少扶養親族(16歳未満)に係る扶養控除は廃止となります。

・これまでの特定扶養親族のうち、年齢16歳以上19歳未満の者に係る扶養控除の上乗せ部分(12万円)を廃止して、扶養控除の額が33万円となります。

 

同居特別障害者加算の特例の改組

 扶養親族または控除対象配偶者が同居の特別障害者である場合に、これまで扶養控除または配偶者控除の額に23万円を加算する措置(同居特別障害者加算の特例措置)がとられていましたが、年少扶養親族に係る扶養控除が廃止されたことに伴い、特別障害者控除の額に23万円を加算する措置に改められました。

 

寄附金税制について

 寄附金税額控除の適用下限額が5,000円から2,000円に引き下げとなりました。

【減免】

 前年中の総所得金額が600万円以下の人で、失業、退職などにより、納税が著しく困難な人は個人住民税(市・県民税)が減免される場合があります。

※ 納期限を過ぎたものは対象となりません。ご注意ください。

※ 詳しくは納期限7日前までに市民税課までお問い合わせください。

≪目次にもどる≫

 

年金
国民年金には障がいの保障があります

健康文化部市民課国民年金係 電話443-9022

加古川年金事務所 電話427-4743

障害基礎年金とは

 国民年金に加入中や60歳以上65歳未満で国内に住んでいる間に初診日のある病気やけがで1級または2級の障がいの状態になったときに支給されます。

 また、20歳前に初診日がある人が障がいの状態になった場合にも、20歳から支給されます。

※ 本人の所得制限があります。

障害基礎年金の額

◇1級 年額 983,100円

◇2級 年額 786,500円

子の加算

 障害基礎年金の受給権が発生した時点でその人によって生計を維持されている子がある場合、子の人数に応じて加算があり、受給権が発生した後に子を有することになった場合にも加算があります。

※ 子とは、18歳到達後最初の3月末までの子、または1級、2級の障がいの状態にある20歳未満の子

◇加算額

・2人目まで 各226,300円

・3人目以降 各75,400円

請求するには

 初診日のある月の前々月までの加入期間のうち、3分の2以上が納付または免除された期間であるという納付要件を満たす必要があります。(直近の1年間に滞納がない場合も可)

※ 納付要件については、初診日の前日に、これらの要件を満たしている必要があります。初診日の後に保険料を納めたとしても、資格要件を満たすことはできません。ご注意ください。

手続き

 必要書類など詳しくは国民年金係までお問い合わせください。

※ 厚生年金に加入中に初診日のある病気やけがで障がいになったときには、請求先が加古川年金事務所となっています。

≪目次にもどる≫

 

健康
けんこうウエルカム(保健センターからのお知らせ)

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 保健センターの事業をお知らせします。詳しくは、広報たかさご4月号に掲載の「保健センターだより(保存版)」を参照してください。

※ 保健センターだよりは、健(検)診などの年間予定を掲載しています。平成25年3月まで大切に保管してください。紛失した場合は、保健センター、本庁舎正面玄関、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。市ホームページでもご覧いただけます。

 

65歳からの介護予防教室

対象 介護保険を利用していない65歳以上の市民

申込方法 電話で保健センターまで

◇さわやか交流会

ところ 高砂公民館

◇お達者くらぶ

ところ 阿弥陀公民館

◇浜辺の友

ところ 北浜公民館

※ 各教室は月1回(浜辺の友は2カ月に1回)の開催

※ 内容、開催日時など詳しくは保健センターまでお問い合わせください。

 

400ml献血にご協力ください

とき 6月11日(月曜) 9時30分から11時30分

ところ 本庁舎正面玄関前

持ち物 献血手帳または本人確認ができるもの

 

健(検)診

 乳がん・子宮がん検診は2年に1回、その他の健診(検診)は、1年に1回受けましょう。

集団健診(検診)

ところ 福祉保健センター

申込方法 電話で保健センターまで

※ 年齢、性別、検診日により、受けられる検診項目が異なります。

※ 詳しくは保健センターだよりを参照してください。

●健診30・セット検診

とき 7月12日(木曜) 9時から11時30分(時間指定)

定員 120人

しめ切り 6月12日(火曜)

●総合がん検診

とき 7月24日(火曜) 9時から15時30分(時間指定)

定員 240人

※ 乳がん検診は80人

しめ切り 6月22日(金曜)

 

個別がん検診

※ 詳しくは保健センターだよりを参照してください。

ところ 市内実施医療機関

対象 年齢、性別により検診項目が異なります。

※ 75歳以上の人は無料

持ち物 健康保険証

申込方法 電話で実施医療機関まで

検診項目

◇大腸がん検診

◇胃がん検診

◇子宮がん検診

◇乳がん検診

※ マンモグラフィ(エックス線直接撮影)は高砂西部病院でも受診可

 

大腸・子宮・乳がん・肝炎ウイルス無料クーポン券

 対象者に「無料クーポン券」を6月下旬に個別通知します。

 あなたの健康のために、無料クーポン券をぜひご利用ください。

※ 転入などで「無料クーポン券」をお持ちでない人、平成24年4月1日以降にすでに市の個別がん検診を受診した人は、保健センターまでお問い合わせください。

※ 対象年齢など詳しくは保健センターだよりを参照してください。

 

歯周疾患検診

とき 6月1日(金曜)から平成25年2月28日(木曜)

ところ 播磨歯科医師会指定医療機関

内容 問診、口腔診査、歯のクリーニング

対象 40歳、50歳、60歳、70歳の市民

※ 年齢は平成25年3月31日現在

検診料 無料

申込方法 電話で指定医療機関まで

 

健やかな毎日を過ごすための料理教室

 健康のことを考えて、みんなで楽しく料理をしませんか?

とき 6月14日(木曜) 9時30分から12時

ところ 高砂公民館 調理実習室

内容 調理実習と試食

講師 高砂いずみ会

定員 20人

対象 市民

参加費 600円

持ち物 エプロン、ふきん、三角巾、筆記用具

申込方法 電話で保健センターまで

 

食育教室とんとん・コトコトの会

 親子で、楽しく料理しませんか。

とき 6月26日(火曜) 9時30分から12時30分

ところ 福祉保健センター

内容 調理実習

対象 就学前の2歳以上4歳未満の子どもと親

定員 15組

受講料(材料費)

◇大人500円

◇子ども200円

持ち物 母子健康手帳、筆記用具、ふきん2枚、子ども用のはし、エプロン、三角巾

申込方法 電話で保健センターまで

 

転入で予防接種予診票をお持ちでない人へ

 転入したときに、7歳6カ月までの子どもを対象に予防接種調査票のはがきを送付しています。はがきが届いていない人、また7歳6カ月以降の子どもで日本脳炎および2種混合の予防接種がお済でない人は保健センターまでお問い合わせください。

≪目次にもどる≫

 

福祉
ファミサポ提供・両方会員養成講座

ファミリーサポートセンター 電話442-0555

 提供・両方会員になって子育て中の親子を応援しませんか

とき 

6月18日(月曜)

◇9時15分から10時

 ファミリーサポートセンターとは

◇10時5分から11時35分

 子どもの緊急時の対策と応急処置

6月19日(火曜)

◇9時30分から10時30分

 子どもの心と身体の発達

◇10時35分から11時35分

 子どもの安全と病気

6月28日(木曜)

◇9時30分から10時30分

 子どもの生活と遊び

◇10時35分から11時35分

 提供会員として活動するために

ところ 福祉保健センター

対象 市内在住で子育て経験があるまたは子育て支援に関心のある人

定員 30人

一時保育 10人(1歳6カ月以上の子ども)

しめ切り 6月14日(木曜)

※ 全ての講座を受講後、提供・両方会員として登録することができます。

※ 今回、受講できない講座がある場合は、今後開催する養成講座で受講することができます。

 

すこやか(子育て支援センターからのお知らせ)

問い合わせ先 子育て支援センター 電話442-2242

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

つどいの広場

6月の親子遊び

とき 月曜・水曜・木曜 9時から12時、13時から15時

※ 都合の良い時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

定員 各15組

◇月曜日

 4日 お部屋でお散歩

 11日 2歳からの集い

 18日 フープで遊ぼう

 25日 エプロンシアター

◇水曜日

 6日 わらべうたで遊ぼう

 13日 赤ちゃんわらべうた

 20日 作って遊ぼう

 27日 子育てホットタイム

◇木曜日

 7日 6月生まれのお友達集合(午前)

    絵本でホットタイム(午後)

 21日 よちよちてくてく

 28日 食べるの大好き 

レッツゴー♪つどい

とき 6月14日(木曜) 10時30分から11時30分

ところ 中央公民館兼伊保公民館

内容 お話「三びきのやぎのがらがらどん」で遊ぼう

対象 就園前の親子

定員 15組

申込期間 6月6日(水曜)から8日(金曜)

 

6月のおはなしルーム

ところ 子育て支援センター

定員 各15組

◇読み聞かせ会

 7日(木曜) 10時30分から11時30分

◇おはなし会

 15日(金曜) 10時30分から11時30分

 

ベビーマッサージ

とき 6月19日(火曜) 10時30分から11時30分

ところ 子育て支援センター

講師 上谷 奈穂子 氏

対象 3カ月以上12カ月以下の子どもと親(初めて参加の人)

定員 10組

※ 申込多数の場合は抽選

参加費 200円(オイル代)

持ち物 バスタオル

受付日 6月12日(火曜)

 

母子家庭等特別相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき 7月5日(木曜)

ところ 南庁舎2階会議室1

対象 母子(父子)家庭の母(父)などで裁判を前提とした法律上の専門知識を必要とする人

内容 専門相談員(弁護士)による相談

しめ切り 6月15日(金曜)

申込方法 電話で児童福祉課まで

 

東播磨臨海精神保健協会講演会

加古川健康福祉事務所 422-0003

とき 7月17日(火曜) 14時10分~16時

ところ 加古川市総合福祉会館大ホール

講演 ストレス社会を生きる

講師 石蔵 文信 氏(大阪大学大学院医学系研究科准教授)

定員 500人

受講料 無料

≪目次にもどる≫

 

安全安心
応急手当普及員講習

消防本部消防課 電話448-4491

 救えますか?あなたの愛する人を

とき 7月14日(土曜)から16日(祝日) 9時から17時

ところ 消防本部2階会議室

対象 市内在住または在勤で学校、事業所、防災組織などの教職員または防災組織などの構成員で普通または上級救命講習を修了しているか、それと同等の知識技能を有し指導的立場にある人

定員 10人

参加費 4,800円(テキスト代)

しめ切り 6月30日(土曜)

申込方法 電話で消防課まで

※ 全講習(3日間)を修了した人に認定証を交付します。

 

消防設備士試験

消防本部予防課 電話448-4019

とき 8月4日(土曜)・5日(日曜)

ところ 神戸村野工業高等学校

受付期間

◇書面申請 6月18日(月曜)から28日(木曜)

◇電子申請 6月15日(金曜)から25日(月曜)

受付場所 (財)消防試験研究センター兵庫県支部

※ 受験願書は予防課にあります。

 

消火器の廃棄処分について

消防本部予防課 電話448-4019

 安全栓が壊れている、腐食や変形などにより劣化しているものは容器破裂の危険性があります。一般ごみ、不燃物ごみとして処分できません。専門業者に依頼してください。

悪質な訪問販売にご注意を

消防署から直接訪問し、物品を販売することはありません。

 

土砂災害防止月間

まちづくり部まちづくり推進室 電話443-9033

日頃の備えと早めの避難!

 土砂災害による人命、財産を守るため、増水期を迎える6月を土砂災害防止月間と定めています。この機会に土砂災害防止に関する防災知識を深め、身の回りに危険な個所がないか、大雨時の避難方法などをご家族や地域で話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

総合治水条例の施行について

兵庫県総合治水課 電話078-362-9265

 近年の豪雨などによる浸水被害を軽減するため、4月1日から県の「総合治水条例」が施行されています。条例では、県民の皆さんと一緒に「総合治水」を進めることとしています。

※ 条例の内容など詳しくは、兵庫県のホームページをご覧ください。

 

地震の備えに耐震診断を

まちづくり部建築指導課 電話443-9035

 近い将来に起きるとされる大型地震に備え、要件を満たす緊急輸送路沿道の建築物(住宅を含む)の耐震診断に対して、最高300万円の助成制度を設けました。

【要件】

◇昭和56年5月以前に着工した建築物

◇緊急輸送路沿いに建つ道路境界から6mの高さからの1対1の斜線に建物の一部が含まれるもの

【緊急輸送路】

◇県道明石高砂線(通称浜国道の文化会館より西)

◇国道2号線高砂北ランプ以西

◇国道250号線(通称五間道を含む)

※   従来からの住宅の簡易耐震診断制度や一定規模の病院・福祉施設などの耐震診断への助成も引き続き行っています。

 

優良運転者表彰

高砂交通安全協会(高砂警察署別館内) 電話443-1541

受付期間 6月1日(金曜)から29日(金曜)9時から17時

※ 土・日曜を除く

申込方法 申請書に必要事項を記入の上、高砂交通安全協会会員証、運転免許証、優良運転者証(金・銀申請者)、印鑑、SDカード申請手数料(630円)を添え、高砂交通安全協会まで

※   申請書は高砂交通安全協会にあります。

 

賞 金賞

車種 営業用

運転年数 15年

無事故無違反年数 5年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇銀賞受賞後3年を経過(4年目)している

 

賞 金賞

車種 自家用

運転年数 20年

無事故無違反年数 5年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇銀賞受賞後3年を経過(4年目)している

 

賞 金賞

車種 原付

運転年数 30年

無事故無違反年数 5年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇銀賞受賞後3年を経過(4年目)している

 

賞 銀賞

車種 営業用

運転年数 10年

無事故無違反年数 5年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇銅賞受賞後3年を経過(4年目)している

 

賞 銀賞

車種 自家用

運転年数 15年

無事故無違反年数 5年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇銅賞受賞後3年を経過(4年目)している

 

賞 銀賞

車種 原付

運転年数 20年

無事故無違反年数 5年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

◇銅賞受賞後3年を経過(4年目)している

 

賞 銅賞

車種 営業用

運転年数 5年

無事故無違反年数 3年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

 

賞 銅賞

車種 自家用

運転年数 8年

無事故無違反年数 3年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

 

賞 銅賞

車種 原付

運転年数 10年

無事故無違反年数 3年

必要条件

◇高砂交通安全協会の会員である

◇禁固以上の刑を受けたことがない

≪目次にもどる≫

 

学ぶ
地域で子育て みんなで子育て

福祉部障がい・地域福祉課 電話443-・9027

 現在の子育て事情からみる子育て支援のあり方について学びませんか?

とき 6月15日(金曜) 10時から11時30分

ところ 総合体育館 2階 会議室

対象 子育て支援に関心のある人

参加費 無料

※ 申し込み不要

主催 高砂市民生委員・児童委員協議会

 

松右衛門帆布に描こう

健康文化部文化スポーツ課 電話443-9136

 今年は工楽松右衛門没後200年になります。そこで松右衛門の功績を学び、たたえるために松右衛門によって開発された松右衛門帆布にステンシルで絵を描きませんか。作品作りの後は、高砂神社にある工楽松右衛門の銅像を見学します。

とき 7月22日(日曜) 13時から

ところ 青年の家体育室兼集会室

対象 小学校低学年の子どもと保護者

定員 90人

※ 大人1人につき子ども2人まで

持ち物 筆記用具、筆、はさみ、カッターナイフ、ぞうきん、水筒、帽子、タオル

※ 汚れても良い服装でお越しください。

参加費 1人500円(材料費)

しめ切り 6月29日(金曜)

申込方法 電話で文化スポーツ課まで

 

生石研修センターからのお知らせ(教室の受講生追加募集)

しめ切り 6月28日(木曜)

ところ 生石研修センター

申込方法 直接または電話で生石研修センターまで

◇リラックスヨガ教室(B班)

とき 7月から毎週水曜日 10時30分から12時

募集人員 若干名

受講料 月額2,000円

◇華道教室(A班)

とき 7月から 毎月第2・4木曜日 13時から14時

募集人員 若干名

受講料 月額1,000円

※ 花代などの実費を除く

 

花と緑の教室

市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401

共通

ところ 多目的研修室

定員 30人

受講料 500円

申込方法 電話でみどりの相談所まで

 

【葉根菜類の上手な作り方】

とき 6月23日(土曜)  10時から12時

受付期間 6月1日(金曜)から15日(金曜)

【福助菊・だるま菊の作り方と育て方㈪】

とき 7月14日(土曜) 10時から12時

受付期間 6月22日(金曜)から7月6日(金曜)

≪目次にもどる≫

 

スポーツ
障がい児スポーツ教室

福祉部障がい・地域福祉課 電話443-9027

 ストレッチ体操および軽スポーツ・レクリエーションを通して心身機能の向上と健康づくりを図ります。

とき 7月31日(火曜)、8月2日(木曜)・7日(火曜)・9日(木曜)

   11時から12時30分

ところ 総合体育館格技場㈵

講師 障がい者スポーツ指導員

対象 市内在住の18歳以下の知的障がい児(発達障がい児を含む)と保護者

定員 15組程度

※ 申込多数の場合は抽選、5組未満の場合は中止

参加費 無料

しめ切り 7月20日(金曜)

申込方法 直接または電話で障がい・地域福祉課まで

 

市民プール

向島多目的球場 電話442-2722

市民プール(6月30日から) 電話443-2355

開場期間 6月30日(土曜)から9月2日(日曜) 9時から17時

休場日 7月2日(月曜)・9日(月曜)、8月7日(火曜)・8日(水曜)

入場料

◇中学生以下 200円

◇大人 500円

※ 小学生以下は保護者同伴

【ナイター(18時から21時)】

対象 20人以上の団体

申込方法 直接、前日までに市民プールまで

※ 受け付けは6月29日(金曜)9時から

※ 抽選参加は各団体1人でお願いします。

 子ども水泳教室を開催します。詳しくはお問い合わせください。

≪目次にもどる≫

 

催し
第10回高砂市子ども会将棋大会

高砂市子ども会事務局(教育委員会青少年育成課内) 電話443-9067

とき 7月15日(日曜) 9時30分から(集合9時)

※ 開始時間に遅れた場合は失格

ところ 青年の家

種目 小学校低学年の部、小学校高学年の部

※ 申込者10人未満の場合は中止

対象 子ども会安全会加入の小学生

受付期間 6月26日(火曜)から7月4日(水曜)  9時から17時

※ 土曜・日曜を除く

申込方法 電話で高砂市子ども会事務局まで

 

文化会館からのお知らせ

文化会館 電話442-4831

宝くじ文化公演事業

ミュージカルおもひでぽろぽろチケット発売中

とき 7月21日(土曜) 15時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出演 わらび座

入場料 全席自由 

※ 4歳以上有料

◇前売券

 一般 2,000円

 高校生以下 1,000円

◇当日券

 一般 2,500円

 高校生以下 1,500円

※ 宝くじの助成により特別料金になっております。

 

リズムダンス入門のご案内

 中学校の保健体育で、ダンスが必修化になったこの機会にヒップホップを中心としたリズムダンスを体験してみませんか。

とき 7月から9月の第1・3月曜日(全5回)

ところ 文化会館展示集会室

対象 小・中学生

受講料

 小学生 5,250円

 中学生 7,500円

申込方法 受講料を持参の上、文化会館まで

しめ切り 6月27日(水曜)

 

リズムダンスの1日無料体験教室

とき 6月25日(月曜)

 小学生 17時30分から

 中学生 18時30分から

ところ 文化会館展示集会室

対象 小・中学生

しめ切り 6月23日(土曜)

申込方法 直接または電話で文化会館まで

 

高砂夏祭り~菊水丸と踊ろう~

とき 8月26日(日曜) 14時から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出演者 河内家菊水丸、菊池まどか、斉城百合子、高砂市連合婦人会

入場料 全席自由

◇前売券

 一般 2,000円

◇当日券

 一般 2,500円

※ 友の会会員は1割引

※ 未就学児の入場はご遠慮ください。

チケット発売日 6月3日(日曜) 9時から

チケット発売所 文化会館、駅前観光案内所ちちり、みどりの相談所、総合体育館など

 

第10回三菱重工チャリティ・コンサート

とき 9月8日(土曜) 18時30分から

ところ 文化会館じょうとんばホール

出演 河口恭吾(シンガーソングライター)

※ 地元ゲスト(宝殿中学校合唱部)との共演あり

入場料 全席指定 2,000円

チケット発売日 6月21日(木曜)9時から

※ 前売券完売の場合、当日券の発売はありません。

チケット発売所 文化会館、駅前観光案内所ちちり、みどりの相談所、春日野商店、チケットぴあ店舗、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン店舗など

※ コンサートの収益金は、高砂市善意銀行を通じて福祉と文化事業に役立てていただきます。

問い合わせ先 文化会館 電話442-4831

    三菱重工業(株)総務課 電話445-6125

≪目次にもどる≫

 

募集
災害時支援ボランティア

福祉部障がい・地域福祉課 電話443-9027

高砂市社会福祉協議会 電話443-0505

 災害時におけるボランティア活動に関心のある人や団体を募集しています。

 登録申請書は障がい・地域福祉課の窓口にあります。市ホームページからも取り出せます。

※   詳しくは障がい・地域福祉課、高砂市社会福祉協議会までお問い合わせください。

 

高砂市文化振興基本方針(素案)への意見をお聞かせください

対象 市民など

応募方法 住所、氏名(団体の場合はその名称)、在勤・在学の人は所在地、電話番号、意見を記入の上、直接または郵送、ファクス、メールで文化スポーツ課まで

※ 様式は自由

しめ切り 7月6日(金曜)

閲覧期間 6月6日(水曜)から7月6日(金曜)

閲覧場所 文化スポーツ課、情報公開コーナー、各市民サービスコーナー・市民コーナー

※   市ホームページでもご覧になれます。

問合・提出先 健康文化部文化スポーツ課

〒676-8501 荒井町千鳥1-1-1

電話443-9136  FAX 442-2229

メール tact7420@city.takasago.hyogo.jp

 

市営住宅再生マスタープラン等策定委員の募集

まちづくり部管理課 電話443-9040

 今後の市営住宅の整備・管理の適正な推進のため新たな計画を策定します。

募集人員 2人

応募資格 次の要件をすべて満たす人

◇市内在住、在勤または在学の20歳以上の人

◇市営住宅について深い関心と熱意がある人

◇平日の年4回程度の会議に出席できる人

任期 平成24年7月から平成25年3月

しめ切り 6月15日(金曜)必着

選考方法 市内部の選考委員により決定

※ 応募方法など詳しくは、管理課まで

 

市職員募集

企画総務部人事課 電話443-9005

【一般行政職】

採用試験 7月22日(日曜)

※ 募集職種、人数、受付期間など詳しくは市ホームページでお知らせします。(6月中旬)

【消防職】

※ 詳しくは広報たかさご8月号、市ホームページでお知らせします。

 

公園墓地使用者募集

生活環境部斎苑課 電話447-1919

対象 次の要件をすべて満たす人

◇市内に住所または本籍を有する

◇同一世帯内で公園墓地使用許可を受けていない

◇祖先の祭祀を主宰し、祭霊を有するまたは改葬する

◇公園墓地使用許可を受けた日から5年以内に墓石を建立する

募集区画 返還地

◇4平方メートル 19区画

◇6平方メートル 2区画

※ 申込者多数の場合は抽選

永代使用料

 1平方メートル 12万円

※ 角地は10%、次地は5%割増。

受付期間 7月17日(火曜)から31日(火曜)

※ 申込方法など詳しくはパンフレットをご覧ください。申込書、パンフレットは公園墓地管理事務所、斎場、本庁舎正面玄関、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。(7月2日(月曜)から)

 

21世紀輝けTAKASAGO合唱出演者募集

 新作 交響詩「たかさご」、月の沙漠、高砂市歌をオーケストラとともに歌いませんか。

とき 8月19日(日曜) 14時から

※ 18日(土曜)のリハーサルは必ず参加

ところ 文化会館じょうとんばホール

しめ切り 6月29日(金曜)消印有効

申込方法 はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、性別、パートの希望を記入の上、高砂演奏連盟(〒671-0122北浜町北脇289-3)まで

※ 詳しくは、文化スポーツ課、各公民館、文化会館などにあるチラシをご覧ください。

≪目次にもどる≫

 

お知らせ
人権擁護委員の日特設人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

 人権問題に悩みがある人は気軽にご相談ください。

相談は無料で、秘密は厳守します。

とき 6月1日(金曜) 13時から15時

ところ 生石研修センター 会議室1

 

7月8日の日曜窓口サービスは休みです

企画総務部総務課 電話443-9003

 ホストコンピュータメンテナンスのため、7月8日の日曜窓口サービスを休みます。ご理解をお願いします。

 

高砂ロケ地PR用ドラマ上映会

高砂メモリーズ

万灯祭の夏

市内を舞台にしたドラマがついに完成!!

とき 6月9日(土曜) 14時30分から(開場14時)

ところ 福祉保健センター中ホール

入場料 1人500円(当日販売のみ)

【あらすじ】

ノスタルジックなまち「高砂」を舞台に高校生たちの最後の夏休みを描いた物語。「あの夏、このまちで僕らは少し大人になった・・・・」

 

平成24年度用教科書の展示会

教育委員会学校教育課 電話443-9054

 教育関係者だけでなく保護者や一般の人々にも閲覧していただくことで、市内小学校用、中学校用および特別支援学校用(小中学部)教科書や教科に対する理解を深めていただくことを目的に展示会を開催します。

とき 6月15日(金曜)から29日(金曜) 9時から17時

※ 6月24日(日曜)を除く

ところ 中央公民館兼伊保公民館(1階図書室)

 

高砂生涯学習人材バンクをご利用ください

教育委員会生涯学習課 電話443-9056

 市内に活動の拠点があるグループ(5人以上)の生涯学習を支援するため、多くの指導ボランティアが高砂生涯学習人材バンクに登録しています。

利用方法

高砂生涯学習人材バンクリストを閲覧の上、直接指導ボランティアに連絡していただくか、生涯学習課にお問い合わせください。

※ 高砂生涯学習人材バンクリストは生涯学習課、各公民館などにあります。

 

交換コーナー

健康文化部市民活動推進課 電話443-9135

 品物の引き渡しは、当事者間で行ってください。

【譲ります】

◇シングルベッド2台、整理ダンス1棹

 価格は無料

 阿弥陀町 匿名

 電話090-3160-9365

◇ロデオボーイ(健康器具)

 価格は相談 竜山 匿名

 FAX448-6138

※ お問い合わせはファクスのみ

◇ダイニング用ガラステーブルと椅子4脚セット

 テーブルの大きさは長さ150cm×幅90cm×高さ76cm

 (ガラス厚み約2cm)

 椅子は全面レザーで赤と黒2脚ずつ

 価格は無料 金ヶ田町 匿名電話090-1246-2546

【譲ってください】

◇ベビーグッズ全般

※ 特にベビーベッド希望

  価格は無料 緑丘 匿名

 電話442-2727

 

住宅用太陽光発電システム設置補助

生活環境部環境政策課 電話443-9029

 地球温暖化防止対策の一環として、住宅用太陽光発電システム設備設置費用の一部を補助します。

補助金額 太陽電池モジュールの公称最大1kWあたり2万円(上限6万円)

受付期限 平成25年3月29日(金曜)

※ 予算総額に到達次第、受け付けを終了します。

対象 次の要件をすべて満たす市民

(1)国の補助金(J-PECの補助金)の平成23年度または平成24年度交付決定を受けた人

(2)自ら居住するまたは居住しようとする市内の住宅に太陽光発電システムを設置する、または設置された市内の住宅を購入する人

(3)市税を滞納していない人

必要書類

◇高砂市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付申請書

◇国(J-PEC)の補助金の交付決定通知書(原本)

◇国(J-PEC)の補助金の補助金交付申請書(兼完了報告書)の写し

◇住民票の写し

◇市税完納証明書

◇対象システムの設置箇所の現況を示す設置後の写真

◇交付申請時確認事項チェックシート

※ 交付申請書は環境政策課にあります。市ホームページからも取り出せます。

 

自殺予防のための夜間電話法律相談

兵庫県弁護士会 電話078-341-9600

 自殺対策事業の一環として、弁護士と精神保健福祉士による無料相談を実施します。気軽にご相談ください。

とき 毎月第2・4日曜日 17時から21時

電話相談 電話078-341-9600

 

平成23年度情報公開制度・個人情報保護制度の運用状況

1 情報公開制度

(1)     報公開コーナーの利用状況

利用区分 開示請求 件数 80

利用区分 資料提供 件数 185

利用区分 資料閲覧 件数 374

合計 件数 639

 

(2)     示請求に対する決定状況

決定区分 開示 件数 15

決定区分 部分開示 件数 62

決定区分 不開示 件数 18

決定区分 その他 件数 2

合計 件数 97

※   その他の内容は、「取り下げ」です。

 

(3)     施機関別開示請求状況

実施機関 市長請求 件数 64

実施機関 (企画総務部) 請求件数 (21)

実施機関 (財務部) 請求件数 (1)

実施機関 (健康文化部) 請求件数 (10)

 

実施機関 (福祉部) 請求件数 (1)

実施機関 (生活環境部) 請求件数 (4)

実施機関 (まちづくり部) 請求件数 (19)

実施機関 (下水道部) 請求件数 (8)

実施機関 教育委員会 請求件数 5

実施機関 監査委員 請求件数 3

実施機関 水道事業管理者 請求件数 4

実施機関 病院事業管理者 請求件数 2

実施機関 議会 請求件数 2

合計 請求件数 80

 

2 個人情報保護制度

(1)     人情報の開示請求等の状況

利用区分 開示請求 件数 83

※   訂正・削除・利 用停止請求、苦情の申し出はありませんでした。

 

(2)     示請求等に対する決定状況

決定区分 開示 件数 74

決定区分 部分開示 件数 9

決定区分 不開示 件数 2

決定区分 その他 件数 0

合計 件数 85

 

(3)     施機関別開示請求等の状況

実施機関 市長 請求件数 12

実施機関 (健康文化部) 請求件数 (5)

実施機関 (福祉部) 請求件数 (3)

実施機関 (まちづくり部) 請求件数 (4)

実施機関 教育委員会 請求件数 1

実施機関 病院事業管理者 請求件数 70

合計 請求件数 83

情報公開コーナーの資料、図書などは自由に閲覧できます。

問い合わせ先 情報公開コーナー 電話443-9068

 

浄化槽設置費補助金申請

美化センター業務施設課 電話447-1157

 浄化槽の普及を図るため、設置者に対し補助金を交付します。

補助金額 118,000円

適用区域

◇阿弥陀町北山および阿弥陀町長尾の区域

◇国道2号線(姫路バイパスを除く)より北側の市街化調整区域

助成対象

◇専用住宅

◇延床面積の2分の1以上の住宅部分を有する併用住宅

 

外国人登録制度が変わります

健康文化部市民課窓口係 電話443-9019

 外国人住民への利便性を高めるため、平成24年7月9日(月曜)、外国人登録法が廃止され、住民基本台帳法・入管法の一部が改正されます。

ここが変わります!

【外国人住民の人にも、住民票が作成されます】

 対象となるのは、3カ月を超えた在留資格を有する人(中長期滞在者)および特別永住者の人です。これにより、複数国籍世帯についても、一通の住民票で証明されます。住民票に記載されない内容については、法務省に直接請求していただくようになります。

 なお、従来の原票記載事項証明書は発行できなくなりますのでご注意ください。

【特別永住者証明書・在留カードが交付されます】

 現在の外国人登録証明書がなくなり、特別永住者の人には、特別永住者証明書が、それ以外の在留資格の人には在留カードが交付されます。

 現在お持ちの外国人登録証明書も、一定期間は有効ですので、直ちに新しい様式に換える必要はありません。外国人登録証明書の有効期間は、特別永住者の人は現在お持ちの外国人登録証明書の有効期間まで、永住者の人は平成27年7月8日まで、それ以外の在留資格の人は、在留期間の満了日までです。

【転出届が必要となります】

 これまでは外国人登録証明書を持参の上、直接転入先の居住地で手続きをしていただいていました。今後は転出する市区町村で転出届を出し、市区町村が発行する「転出証明書」を転入先に提出する必要があります。その際、特別永住者証明書、在留カードあるいは外国人登録証明書を必ずお持ちください。

【届出の負担が減ります】

 これまで在留資格や期間を入国管理局で更新された人は、居住地の市区町村で変更申請を行う必要がありました。今後は市区町村への届け出は不要となります。

 

全国一斉子どもの人権110番強化週間

神戸地方法務局人権擁護課 電話078-392-1821

●電話相談

電話0120-007-110

 「いじめ」、体罰、児童虐待など子どもをめぐるさまざまな人権問題について、人権擁護委員、法務局職員が電話相談に応じます。相談は無料で、秘密は厳守します。

受付期間 6月25日(月曜)から7月1日(日曜) 8時30分から19時

※   土曜・日曜日は、10時から17時まで

 

環境月間

 6月は「環境月間」です。

 今までのくらしを見直し、環境にやさしいくらしについて考えましょう。

 

第54回水道週間 6月1日(金曜)から7日(木曜)

さあ今日も 水と元気が 蛇口から

 水道水は、毎日の生活にかかせない重要なものです。

 水道事業所では安全な水の安定的な供給を目指し、施設の整備などを行っています。

◇水道メーター検針にご協力を

 水道料金は、2カ月に一度、月初めのメーター検針により計算を行います。

◇水道料金の支払いは便利な口座振替を

 預金通帳または貯金通帳、印鑑、「使用水量のお知らせ」または領収書を持参の上、金融機関または郵便局でお申し込みください。

◇メーターの取り替えにご協力を

 水道メーターは、計量法で有効期間を8年と定められています。

 水道事業所では、民間業者に取り換えを委託し、従事者に身分証明書を交付しています。

◇道路での漏水を発見した時はすぐに配水課まで

◇宅内の修理は指定給水装置工事店へ

◇悪質な訪問業者にご注意を

 宅地内の維持管理は所有者が行うことになっています。水道事業所が、水道管の洗浄を民間業者に依頼することはありません。不要な契約は、はっきりとお断りください。

◇水道の用途に変更があるときは給水用途変更の届け出を

 

問い合わせ先 水道事業所

○水道料金センター(水道料金・使用者変更・用途変更・開閉栓など) 電話443−9049

○配水課(道路での漏水事故など) 電話443−9050

○浄水課(水質など) 電話432−7670

○総務課(経営計画など) 電話443−9048

 

ふれあい保育

 幼稚園では、園児と地域の子どもとの交流を図り楽しい体験をしたり、保護者が子育てについて学べるようふれあい保育を行います。

とき 月1回程度 年間10から15回

対象 市内在住の就園前の子どもと保護者

申込方法 直接、希望の幼稚園まで

※ 幼稚園により、回数、年齢が異なります。

 

ふれあい保育実施幼稚園

高砂幼稚園 電話442-0041   曽根幼稚園 電話447-3351

荒井幼稚園 電話442-1980   米田幼稚園 電話432-0082

伊保幼稚園 電話448-8957   米田西幼稚園 電話431-6101

伊保南幼稚園 電話447-0545  阿弥陀幼稚園 電話447-5775

中筋幼稚園 電話447-5578   北浜幼稚園 電話079-254-4300

 

旬しゅんまちの話題2 TOPICS

高砂アートタウンプロジェクト ATP

問い合わせ先

高砂アートタウンプロジェクト

「高砂町・空き家・空き店舗プロジェクト」(高砂商工会議所内)

HP:http://tks-akiyataisaku.seesaa.net/

電話 443-0500  FAX 442-0369

 「工業のまち」高砂に、「文化の薫るまち」という新たなコンセプトを融合させ、未来の高砂像を構築しようと「高砂アートタウンプロジェクト(ATP)」という活動を行っています。

 ATPは、高砂商工会議所、高砂市観光協会、各種団体、行政などが協力し運営しています。現在は、高砂町の空き家・空き店舗にアーティストや事業者を誘致する「高砂町・空き家・空き店舗活用プロジェクト」という活動を中心に行っています。

この活動を通じて、2人のアーティストと1事業者が高砂町を拠点に活動を開始しました。今後もアーティストや事業者の誘致活動を行い、より一層まちを活性化させていきたいと思います。

 

★空き家・空き店舗募集中!★

 「空き家対策」が全国各地で問題となっています。空き家をそのまま放置すると、地域の治安を悪化させたり、火事などの災害を引き起こす恐れがあります。

空き家などをお持ちの人へ

「高砂町・空き家・空き店舗プロジェクト」を通じてアーティストや事業者に空き家を貸し出しませんか。

 

らいぶらり

図書館 電話448-8333

児童室のイベント ※申し込み不要

●図書館児童室

【えほんのじかん】

とき 6月2日(土曜) 14時から

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

【おはなし会】

とき 6月9日(土曜) 14時から

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 5・6歳から小学校低学年まで

 

●中央公民館兼伊保公民館図書室

【おはなし会】

とき 6月2日(土曜) 14時から

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 5・6歳から小学校低学年まで

 

〔森 はな 作品の紹介〕

 児童文学者 (1909から1989年)兵庫県生まれ。32年間小学校の教師を務める。高砂市では、荒井・伊保小学校に赴任。退職後、児童文学活動に入る。

 

書名 おさよつばき 出版社 PHP研究所

書名 お葉つきいちょう 出版社 サンリード

書名 じろはったん 出版社 牧書店

書名 キツネの花よめいしょう 出版社 PHP研究所

書名 キツネとしゅんぺいじいさん 出版社 教育画劇

書名 こんこんさまにさしあげそうろう 出版社 PHP研究所

書名 もどってくる もどってこん 出版社 PHP研究所

書名 わたしはめんどりコッコです 出版社 金の星社

 

6月の休館日

4日(月曜)・11日(月曜)・18日(月曜)・20日(水曜)・25日(月曜)

 

市民ギャラリー あいぽっと

■5月21日(月曜)から6月1日(金曜)

 人・自然・ふる里をいとおしむ

 児童文学者 森はな に出会える

■6月4日(月曜)から15日(金曜)

 高砂市生きがい対応型デイサービス

 センター、ファミサポの活動紹介

■6月18日(月曜)から29日(金曜)

 男女共同参画週間

※   上記期間には設営準備、撤去の日を含んでいます。

 

平成23年度おもいやり標語金賞作品

温かい 言葉で芽生える 思いやり

伊保南小学校 藤本 なつほさん

 

6月の納付

納期は7月2日(月曜)です。

●市・県民税…1期

 安全・便利・確実な口座振替を

 ご利用ください。

≪目次にもどる≫

 

LOOK!LOOK!

6月の相談

市民・法律・行政・行政書士・多重債務相談

健康文化部市民活動推進課 電話443-9002

 

ところ 市民相談室

●市民相談

とき 月曜から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

●法律相談

とき 6月5日(火曜)・14日(木曜)・25日(月曜) 13時から16時

定員 8人

申込方法 電話で市民活動推進課まで(当日8時30分から)

●行政相談

とき 6月20日(水曜) 13時から15時

●行政書士相談

とき 6月11日(月曜) 13時から15時

●多重債務相談

とき 月曜から金曜日

8時30分から12時、13時から17時

 

税務相談(要予約)

近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

とき 6月5日(火曜)・12日(火曜)・19日(火曜)・26日(火曜)

13時30分から16時

ところ 加古川税理士会館

内容 税理士が税務の入口をアドバイス

 

夜間納付相談

健康文化部国保医療課

電話443-9072

とき 6月14日(木曜)・28日(木曜) 19時まで

国保医療課賦課収納係

ところ 国民健康保険料、後期高齢者

内容 医療保険料の納付相談

 

女性のためのこころの相談・法律相談

男女共同参画センター 電話443-9134

ところ西庁舎4階相談室

●こころの相談(要予約)

とき 月曜から金曜日 9時30分から12時、13時から16時

申込方法 電話で男女共同参画センターまで

※ 電話相談可

 

●法律相談(要予約)

 事前に面接相談を受けた人に限ります。

とき 6月25日(月曜) 13時から16時

定員 6人

 

障がい者相談

福祉部障がい・地域福祉課

電話443-9027 FAX443-3144

 

●身体障がい者相談

とき 6月3日(日曜) 13時から15時

ところ 福祉保健センター応接室

電話442-4047 FAX443-0505

●知的障がい者相談

とき 6月5日(火曜) 10時から12時

ところ あすなろ学園第3作業所(阿弥陀町南池)

●こころのサポート相談(精神障がい者相談)

とき 6月11日(月曜) 14時から16時

ところ 福祉保健センター視聴覚障害者室

●障がい者相談事業

とき

◇身体障がい関係 水曜日 10時から12時

◇知的障がい関係 木曜日 10時から12時

◇精神障がい関係 月曜日 10時から12時

ところ 西庁舎1階相談室

内容 専門相談員による相談

申込方法 電話で障がい・地域福祉課まで

※ ファクス可

 

ひとり親家庭相談

福祉部児童福祉課 電話443-9024

とき 月曜から金曜日 9時から17時

◇夜間相談(要予約) 17時から19時

ところ 児童福祉課 

 

STOP子ども虐待相談

子育て支援センター 電話442-2260

とき 月曜から金曜日 8時30分から17時

ところ 子育て支援センター

 

子育て相談(要予約)

子育て支援センター 電話442-2242

とき 6月18日(月曜)・25日(月曜) 13時から15時30分

ところ 子育て支援センター

内容 臨床心理士による個別相談

定員 3人

 

人権相談

福祉部人権推進室 電話443-9060

とき 6月1日(火曜) 13時から15時

ところ 生石研修センター 

とき 6月25日(月曜)

ところ 中央公民館兼伊保公民館

 

市民福祉相談

社会福祉協議会 電話443-3720

とき 月曜から金曜日 9時から16時

ところ 福祉保健センター2階事務室

 

消費生活相談

消費カ活センター 電話443-9078

とき 月曜から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 消費生活センター(市民活動推進課内)

 

若者しごと相談

若者しごと相談室 電話447-8280

とき 水曜日 13時から17時

ところ 生石研修センター

対象 おおむね39歳以下の人

 

中小企業相談

高砂、工会議所中小企業相談所 電話443-0500

とき 月曜から金曜日 9時から17時

ところ 高砂商工会議所中小企業相談所

 

中小企業特別融資相談

生活環境部産業振興課 電話443-9030

とき 月曜から金曜日8時30分から17時

ところ 産業振興課

 

少年相談

青少年補アセンター 電話443-6246

とき 月曜から金曜日 9時から16時

ところ 青少年補導センター

 

教育相談

のびのび教室 電話443-0115

とき 月曜から金曜日

◇電話相談 9時から16時

◇面談 13時から16時(要予約)

ところ のびのび教室(青年の家内)

 

健診・健康相談

ひだまりサロン・成人健康相談

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

●ひだまりサロン

※ 妊婦相談も受付しています。

とき 6月28日(木曜) 10時から11時30分 (受付9時30分から)

内容 離乳食のおはなし

対象 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者

 

●成人健康相談

内容 保健師、管理栄養士によるコレステロール、血圧、糖尿病などの相談

申込方法 電話で保健センターまで

 

乳児保健相談・幼児健診

保健センター 電話443-3936

ところ 福祉保健センター

内容 健診、計測、相談など

持ち物 母子健康手帳・問診票

※ 都合の悪い場合は保健センターまで連絡してください。

 

● 乳児保健相談(個別通知)

とき 6月15日(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成24年2月生まれの乳児

 

● 1歳6カ月児健診(個別通知)

とき 6月1日(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成22年11月生まれの幼児

 

●3歳児健診(個別通知)

とき 6月8日(金曜) 12時30分から13時30分

対象 平成21年3月生まれの幼児

 

加古川健康福祉事務所の相談(要予約)

健康管理課 電話422-0002

●エイズ・肝炎ウィルス検査相談

とき 6月13日(水曜)・27日(水曜) 9時10分から10時20分

検査料 一部有料

●専門栄養相談

とき 6月20日(水曜) 9時30分から11時30分

 

地域保健課 電話422-0003

●こころのケア相談

とき 6月11日(月曜)・18日(月曜)・25日(月曜) 13時から14時

●酒害相談

とき 6月11日(月曜) 13時から14時

●若者の心と体の相談

とき 6月11日(月曜) 13時から15時

●歯の健康づくりステップアップ

とき 6月18日(月曜) 13時30分から15時

 

犬・猫の引き取り

※ どうしても飼えない場合に限ります。

◇犬の引き取り

※ 動物愛護センターに相談してください。

兵庫県動物愛護センター三木支所

電話0794-84-3050

◇猫の引き取り

生活環境部環境政策課 電話443-9029

とき 6月4日(月曜) 10時から10時20分

ところ 西庁舎非常階段前

※ 飼い猫は成猫1匹につき1,700円、子猫10匹まで1,700円が必要です。

≪目次にもどる≫

 

6月の休日救急医

※ 間違い電話にご注意ください。

 

内科・外科・耳鼻咽喉科
6月3日(日曜)

●内科

魚川医院 米田町米田

電話番号 432-5226

●外科 

大森整形外科 曽根町

電話番号 448-5000

●耳鼻咽喉科

黒田耳鼻咽喉科医院 加古川市平岡町新在家

電話番号 425-8155

 

6月10日(日曜)

●内科 

植杉医院 松陽1丁目

電話番号 448-9886

●外科

横山外科胃腸科医院 高砂町朝日町2丁目

電話番号 442-0377

●耳鼻咽喉科 

黒田医院  明石市西新町2丁目

電話番号 078-922-3391

 

6月17日(日曜)

●内科 

秋山内科医院 末広町

電話番号  444-0770

 ●外科 

ふじわら医院 米田町塩市

電話番号 434-2355

 ●耳鼻咽喉科

谷耳鼻咽喉科医院 加古川市別府町朝日町

電話番号 435-2752

 

6月24日(日曜)

●内科 

市民病院 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 ●外科

 市民病院 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 ●耳鼻咽喉科

きひら耳鼻咽喉科 明石市大久保町ゆりのき通

電話番号 078-935-8733

 

診療時間

【内科・外科】9時から18時

【耳鼻咽喉科】◇高砂市・加古川市・稲美町・播磨町 9時から18時

◇明石市 9時から17時

※ 変更される場合がありますので、事前に各医療機関までお問い合わせください。

 

歯科・眼科(日曜日・祝日・休日・年末年始)

●歯科

加古川歯科保健センター 加古川市米田町船頭5-1

電話番号431-6060

 ●眼科

姫路市休日急病センター 姫路市西今宿3丁目7-21

電話番号079-298-0119

 

診療時間

【歯科】9時から12時(受付11時30分まで)

13時から17時(受付16時まで)

【眼科】9時から18時

 

内科・小児科(夜間)

●内科・小児科(夜間)

加古川夜間急病センター 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

診療時間

【内科】 21時から 6時

【小児科】21時から24時

※   詳しくは、新聞・高砂市医師会ホームぺージをご覧ください。

≪目次にもどる≫