広報たかさご5月号 No.818 平成25(2013)年

表 紙

入園・進級式(4月11日(木曜) 荒井幼稚園)

 

人口と世帯(4月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/94,513(−282) 世帯/38,548(−11)

人口の内訳 男/46,323(−131) 女/48,190(−151)

 

目 次

高砂市土地開発公社の解散を決定しました

ごみ処理の広域化(2市2町)について

美化センターからのお知らせ

国保医療課からのお知らせ

第6話私のがん体験記(experience noto)

消防本部からのお知らせ

あけぼの(第148号)

地域ミーティング 市長と話そう!ふれあい座談会

希望のある医療めざして(市民病院からのお知らせ)

マイタウン 3・4月のスナップ

 

高砂市土地開発公社の解散を決定しました

将来を見据えた抜本的な改革を進めます

問い合わせ先 経営企画室 電話443-9007

 市は、平成25年度中に第三セクター等改革推進債(以下「三セク債」)を活用して高砂市土地開発公社(以下「公社」)の工業公園に関する事業を廃止し、その後平成26年度中に公社を解散することを決定しました。その経緯について、お知らせいたします。

 

■公社が設立された背景と目的

 公社は、公有地の拡大の推進に関する法律に基づき平成4年に設立され、市の依頼を受けて公共用地の先行取得を行うほか、市内の工場立地環境の改善などをめざした自主事業を進めてきました。

 自主事業である高砂工業公園整備事業は、平成9年に旧国鉄清算事業団の所有する旧国鉄高砂工場跡地を買収し、工業用地の造成事業を行ったものです。

 当時、旧国鉄清算事業団にとって跡地の売却は旧国鉄の債務を処理するための重要な課題であり、平成元年に学識経験者、兵庫県、市、旧国鉄清算事業団などで構成された検討委員会で調査検討が進められ、翌年には市が「高砂工場跡地等整備基本計画」を定め、これに基づき高砂工業公園の整備を進めてきました。

 

■公社の経営状況

 地価の上昇局面においては、公社が用地を先行取得し、取得費用に利息や事務費を加算した価格で市が引き取るという手法が成り立っていました。この手法には、市の財政負担の低減と公社による機動的・弾力的な土地取得というメリットがありました。

 この公共用地の先行取得については、ユー・アイ・タウン整備事業用地などを先行取得し、事業化するなど公社の存在価値を示した時期もありましたが、地価下落により先行取得の必要性が薄れたことに加え、長期間の景気停滞、市の財政状況の悪化などにより、先行取得用地の保有が長期化し、借入金の利息負担に伴う簿価の上昇や資産価値の減少を招くなど、公社の経営状況が悪化する一因となりました。

 工業公園についても、景気が悪化し売却が進まないことから平成15年に特区認定を受け、賃貸を行うことが認められた結果、誘致は進展し、現在24社が進出し、市税収入や雇用の増加にも繋がっています。しかし、売却できたのは面積比で33・7%(平成25年3月末現在)であり、簿価より低い金額でしか売却できないことや、一部の土地で土壌汚染問題が発生していることが、公社の経営健全化の大きな妨げとなっています。

 以上のような理由から公社の経営状況は、平成14年度以降一般会計と特別会計の連結で毎年度赤字を計上しています。公社の借入金は、市が債務保証を行っており、市財政の健全性にも影響が生じています。また、万一市が債務保証を履行しなければならなくなった場合には、市の一般会計で47億円の赤字が発生し、一気に財政再生団体に転落することになります。

 

■経営健全化への取り組みと公社の解散

 このような状況を受け、市では平成22年2月に高砂市土地開発公社経営健全化計画を策定・実施し、先行取得用地は平成26年度に処分が完了する目途がつきましたが、工業公園については平成41年度まで賃貸期間が続く用地もあり、売却が進まなければ市による債務保証履行のリスクが高まります。仮に平成41年度まで公社を存続させたとしても、公社が金融機関から借り入れを行う場合は、リスクの差から金利が高くなります。

 このような公社の事業内容、経営状況や今後の見通し、市財政への影響などを精査しましたが、地価下落により公社そのものの存在理由が薄らいでいる現状においては、やはり抜本的な改革=解散を行うほかありません。

 この間、国においても、第三セクターなどの抜本的改革を推進するため、平成21年度から平成25年度までの時限措置として三セク債を創設しました。対象となる経費は、公社の解散または事業の廃止に必要となる地方公共団体が債務保証などをしている公社借入金の償還に要する経費です。

 公社を解散させるためには、市の財政調整基金の残高などを考えても三セク債の活用しかありません。支払利息の一部について特別地方交付税措置が講じられることからも、厳しい財政状況ではありますが、三セク債の活用による公社の解散が最善の手法であると判断しました。

 

■これからのスケジュール

 平成25年3月の定例市議会で関連する議案について議決をいただきましたので、平成25年度中に三セク債を借り入れ、市が金融機関に代位弁済することにより、公社の工業公園業務を廃止します。その代わり工業公園の用地は市が取得して、売却を進めることになります。平成26年度中に、市が高砂港駅跡地整備用地などを(仮称)高砂ポンプ場用地として取得し、公社は解散することになります。

スケジュール

(1)現状で公社の金融機関からの借入金は69億円です。

(2)市は三セク債を活用して69億円を借ります。

(3)借りた69億円で市が公社に代わって金融機関に代位弁済します。

(4)市は20年間でこの借入金を返済していきます。

(5)代位弁済したことから、市は公社に求償します。

(6)公社は保有土地などで市に代物弁済します。代物弁済額は土地の時価評価で決まります。

(7)69億円と時価評価額の差額について、市は債権放棄を行い、公社の債務は解消します。

 

公社借入先金融機関→(1)69億円の公社借入金(現状)→高砂市土地開発公社

公社借入先金融機関←(3)69億円の代位弁済←高砂市→(5)求償権の行使(69億円)→高砂市土地開発公社

金融機関→(2)69億円の借り入れ→高砂市←(6)代物弁済(時価評価額)←高砂市土地開発公社

金融機関←(4)20年での返済←高砂市→(7)債権放棄→高砂市土地開発公社

※ 図では公社借入金残高を69億円と仮定して表しています。

 

■三セク債の借入金額、起債時期および償還期間

(1)起債借入金額 69億5千万円(予定)

(2)起債時期 平成25年11月から平成26年3月(予定)

(3)償還年数 10年以内が基本ですが、必要に応じて10年を超える償還年限を設定することができるものとされています。10年償還と20年償還のシミュレーションを行い、市財政への影響を検討した結果、起債償還年数は20年以内を予定しています。

 

■まとめ

 公社が非常に厳しい経営状況にもかかわらず、市および公社が抜本的な対策を講じることができなかったために事態が悪化したことは、市を取り巻く状況が厳しいものであったとは言え、反省すべき事実です。この反省の上に立って、市自らの判断と責任の下、先送りをせず抜本的な対策として公社の解散を決定しました。公社の解散は、市の財政にも多大な影響を与えるものではありますが、長期的に考えた場合、早期に解散した方が、将来の安定的かつ堅実な市財政の構築につながると判断したものです。

 また、三セク債は、将来世代に便益を及ぼすものではないことから、負担の先送りを避けなければならず、基本的に10年以内という償還期間が定められています。しかしながら、例えば、少子高齢化や安全安心に係る施策、施設の維持管理など市が抱える諸課題への対応もまた、おろそかにはできないものであり、放置すれば将来世代へ別の形で負担を先送りにすることにもなりかねません。このようなことからシミュレーションに基づき、市財政への影響などを総合的に判断し、20年の償還計画としたものです。

 今後は、償還が市財政に与える影響をできるだけ軽減できるよう行財政改革などへの取り組みを強化しながら、解散計画を着実に実行するとともに、そのために必要となる経営健全化計画の達成と、解散後に市が引き継ぐ高砂工業公園の処分を適切に行ってまいります。

〈目次にもどる〉

 

ごみ処理の広域化(2市2 町)について

問い合わせ先 広域ごみ処理施設建設準備室 電話448-8766

平成25年度の主な事業

◇ごみ処理施設整備基本計画策定

 施設整備基本条件(規模、公害防止基準、処理方式など)の設定、基本フロー、配置計画などを策定します。

◇ごみ処理方式(機種)選定

 選定委員会を組織し、ごみ処理方式の選定を行うために、専門家に支援業務を委託します。

 

市民の皆さんへ

 ごみ処理施設はごみを安定的に処理するために、市民生活にとってなくてはならない施設です。そして、日々発生するごみの処理は、衛生面や環境面において身近で重要な問題です。

 地元や地域住民の皆さんには、ごみ処理施設、し尿処理施設、また隣接する下水処理場の設置に、ご理解をいただいていることに深く感謝いたします。

平成19年から高砂市、加古川市、稲美町、播磨町は、広域的な視点で環境にやさしく、経済的、効率的なごみ処理を行うための協議を進め、広域での可燃ごみ処理と不燃・粗大ごみ処理を行える建設候補地の検討を行った結果、今年の2月、高砂市(現美化センター)に決定しました。

 ごみ広域化事業の推進で、高砂市においても良い面が多くありますが、広域化に伴う施設の大型化やごみ収集車の増加による環境負荷の軽減対策が大きな課題であると認識しています。

 ごみ処理広域化基本計画では、施設排出ガスについては法定基準よりさらに厳しい管理基準などを設定しています。また、車両の通行状況を含めた生活環境影響調査を行い、平成34年4月稼働に向け、地元をはじめ市民の皆さんにご理解いただけるよう整備していきます。本事業の推進について、ご協力をお願いいたします。

体制

 生活環境部に広域ごみ処理施設建設準備室(現美化センター内)を設置しました。

【業務内容】

◇広域ごみ処理施設の建設に関すること

◇加古川市、稲美町および播磨町との広域ごみ処理施設に係る連絡調整に関すること

 

市民説明会での主なご意見・ご質問

Q なぜ、2市2町の広域化を推進するの?

A 共同で1カ所設置した方が、2市2町単独でごみ処理を行う場合に比べ、約26%の経費削減が見込まれます。また、環境面においても二酸化炭素やダイオキシン類の排出量の削減(二酸化炭素:約7%削減、ダイオキシン類:約90%削減)が見込まれるためです。 

Q なぜ、高砂市に設置するの?

A 2市2町が建設候補地(高砂市1カ所(現美化センター)と加古川市の3カ所)を提案し、第三者により定量化評価、定性化評価、総合評価を行った結果、高砂市1カ所と加古川市1カ所が優位であると判断されました。この結果を東播臨海広域行政協議会で審議、協議を行い、高砂市が候補地に選定されました。

Q なぜ、用地決定を事前に地元と協議しなかったの?

A ごみ処理広域化は、議会、地域ミーティング、まちづくり出前講座などを通じて説明してきました。用地選定については、高砂市から候補地1カ所を提案すること、平成25年2月に決定することをお伝えしてきました。具体的な候補地は公表することなく、コンサルタントに候補地の評価を委託し、その結果を踏まえて行政が責任を持って決定することが最善の方法と考えました。

Q なぜ、2市2町で基本協定書を結ぶの?

A 用地が高砂市に決定したことを受け、広域化に必要な業務を平成25年度から開始します。

 2市2町が基本的な事柄を確認するために4月1日付で「廃棄物の処理に関する基本協定書」を締結しました。 

Q 排出ガス、ごみ収集車の増加による環境負荷が集中するのでは?

A 施設の排出ガスの排出基準については、法令よりも、さらに厳しい自主基準値を設定することを計画しています。排出ガス、ごみ収集車の増加による影響については、生活環境影響調査を行い、環境面に配慮した施設、環境整備に努めます。

Q ごみ処理場を1カ所にした場合、災害発生時に困るのでは?

A 大規模災害が発生すれば2市2町を超えた、より大きな範囲での相互支援が必要であり、兵庫県内、近畿圏内およびそれを超えた範囲の処理施設との連携は可能であると考えています。 

Q ごみ減量を徹底すれば大型炉は必要ないのでは?

A もちろん、ごみの減量化は推進します。市民の皆さんにご協力をいただき、現在のごみ排出量を2割以上削減した施設規模で計画しています。 

Q ごみ分別はどうなるの?

A 2市2町で統一する必要があり、今後協議していきます。 

Q 工事中のごみ処理はどうするの?

A 他の1市2町で処理をお願いすることを考えています。 

Q ごみ処理を有料化にするの?

A 現在、有料化は考えていません。 

Q 産業廃棄物処理施設は反対なのに、ごみ焼却施設はなぜ設置するの?

A 市民生活などから発生するごみは一般廃棄物と呼ばれ、事業所、工場などから出る産業廃棄物と区分されます。

 一般廃棄物の処理は市民生活に直結しており、法律で市町村が行うことと定められています。

  産業廃棄物処理施設も必要な施設ですが、今の高砂市においては、その受給バランスが保たれているため、市内に新たな施設は必要ないと考えています。

〈目次にもどる〉

 

美化センターからのお知らせ

問い合わせ先 美化センター計画管理課 電話448-5260 

はじめよう エコ生活!で“ごみ減量”

いつから取り組む?「今でしょ!!」

目標1人1日100グラム減量

※ 平成24年から平成28年までの5年間でのごみ減量中間目標(平成24年3月策定、高砂市一般廃棄物処理基本計画)

 

●台所のごみは十分に水切りしよう!

生ごみはすぐに捨てずに、十分に水分を切ってから捨てるようにしましょう。水切りを十分行うことによって、約8%から10%のごみを減らすことができます。

●食材の無駄な廃棄や料理の食べ残しはしないようにしましょう!

食べ物を粗末にすることは、大変“もったいない”ことです。食材を使い切り、食べ残しをしないよう心がけましょう。

※ 調理くずなどは電動式生ごみ処理機で堆肥にすることができます。

●過剰包装されていない食材や商品を選ぼう!

すぐに利用するものを購入する場合は、できるだけ簡易包装のものを選び、食材などの場合は、バラ売りや量り売りのものを選びましょう。また、食材を余らせないように必要な分だけを買うようにしましょう。

●マイバッグ、マイはし、マイボトルを持とう!

身近にある ”使い捨て品“の使用を減らしましょう。無駄にごみを発生させないだけでなく、資源やエネルギーの節約にもつながります。

●詰め替え商品を選びましょう!

詰め替えができる商品の容器は繰り返し使うことができます。また、詰め替えた後に出るごみも少なくて済み、安く購入できます。

●リサイクル商品を積極的に選びましょう!

リサイクル商品を購入することで、リサイクル商品が流通し、循環型社会の輪ができます。リサイクル商品を購入することは、リサイクルを進めることになりますので積極的に選びましょう!

●不要なダイレクトメール(パンフレット)は受け取らない!

毎月自動で送られてくるようなダイレクトメール(パンフレット)を見ずにそのまま捨てていませんか?必要のないダイレクトメールは今すぐ断りましょう!

◇郵便の場合 未開封のまま「受取拒否」と紙片に書いて、それを貼り付けてポスト投函すると差出人に戻ります。

◇宅配便の場合 会社によって対応が異なりますので最寄りの営業所などに問い合わせましょう。

 

電動式生ごみ処理機の購入費を助成しています!

電動式生ごみ処理機を使用すれば、生ごみの減量とリサイクル(生ごみを堆肥化し、プランターや家庭菜園の有機質肥料として活用できます。)に大変有効です。

また、ごみ出しの手間が減るなど、次のような効果もあります。

◇キッチンはいつも清潔!!

◇生ごみの臭いを抑制!!

◇ごみ汁が垂れる心配不要!!

◇ごみの日まで生ごみ置き場に困らない!!

◇ごみ置き場に持っていくのが楽!!

受付期間

平成25年5月1日(水曜)から平成26年3月31日(月曜)

※ 助成台数100台に到達次第、受け付けを終了します。

対象者

次の要件をすべて満たす人

◇市内在住の人

※ 事業者は対象外

◇市税を滞納していない人

対象機器

◇家庭用として市販されている電動式生ごみ処理機

※ ディスポーザは対象外

◇平成24年4月以降に購入したもの

助成金額・台数

◇助成金額 購入金額の半額(税抜・千円未満の端数切り捨て・上限3万円)

◇助成台数 100台

必要書類

◇電動式生ごみ処理機購入助成金交付申請書兼請求書

◇領収書

◇保証書

◇住民票

◇市税の完納証明書

※ 申請書兼請求書は、美化センター計画管理課、本庁舎正面玄関受付、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。

申請方法

直接、美化センター計画管理課まで

〈目次にもどる〉

 

国保医療課からのお知らせ

問い合わせ先 助成券の申請 国保医療課国保給付係 電話443-9020

       検診内容 保健センター 電話443−3936

 

国民健康保険加入者

助成券の申請

胃がん検診・子宮がん検診受診費用の助成

高砂市国民健康保険では、胃がん検診、子宮がん検診の受診費用を助成して

います。受診前に国保医療課で助成券の申請をしてください。

受診期間 助成券交付日から平成26年3月31日

対象 次の要件を満たす人

(1)申請日現在、高砂市国民健康保険に6カ月以上継続加入し、胃がん検診は40歳以上、子宮がん検診は20歳以上(75歳になる人は誕生日の前日までに受診)

㈪国民健康保険料の完納世帯

※ 総合健診または総合がん検診の受診者および受診予定者を除く

※ 子宮がん検診は、前年度受診した人を除く

申込方法 国民健康保険証を持参し、国保医療課国保給付係まで

受診方法 助成券申請後、以下の医療機関へ直接電話で申し込み、検診日当日は保険証と助成券を持参してください。

【胃がん検診】

内容 バリウムによるエックス線直接撮影

定員 300人

検査料 2,000円(全額助成)

【子宮がん検診】

内容 細胞診

定員 330人

検査料

◇頚部がん検診 1,700円(全額助成)

◇頚部・体部がん検診 2,500円(全額助成)

※ 体部がん検診は6カ月以内に不正出血があったなど、医師が認める人

 

種類 胃がん

医療機関名 河野クリニック

所在地 高砂町栄町373-1 電話 444-2112

 

種類 胃がん

医療機関名 横山外科胃腸科医院

所在地 高砂町朝日町2丁目8-28 電話 442-0377

 

種類 胃がん

医療機関名 高砂西部病院

所在地 中筋1丁目10-41 電話 447-0100 

 

種類 胃がん

医療機関名 金村医院

所在地 米田町米田103 電話 431-5115

 

種類 胃がん

医療機関名 東高砂胃腸・外科

所在地 米田町古新305-1 電話 432-1119

 

種類 子宮がん

医療機関名 大森産婦人科

所在地 伊保港町2丁目5-17 電話 448-1103

 

種類 子宮がん

医療機関名 高砂西部病院

所在地 中筋1丁目10-41 電話 447-0100

 

種類 子宮がん

医療機関名 かたしま・きたうら産婦人科医院

所在地 米田町米田139-2 電話 433-2525

 

種類 子宮がん

医療機関名 岡部医院

所在地 神爪1丁目3-10 電話 434-2328

 

国民健康保険加入者 人間ドック 脳ドック(上半期)の追加募集

問い合わせ先 国保医療課国保給付係 電話443-9020

 平成25年度市民病院(1日・男と1泊2日・男女)・高砂西部病院(1日・男女)の人間ドックおよび森脇神経内科での脳ドック助成希望者を若干名追加募集します。

※ 詳しくは、国保医療課国保給付係まで

しめ切り 5月31日(金曜)

 

国民健康保険および後期高齢者医療保険に係る所得申告のお願い

問い合わせ先 国保医療課賦課収納係 電話443-9072

 国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入している人は、平成24年中に所得がなかった場合でも、所得の申告が必要です。未申告の場合、所得金額が少ない世帯または被保険者に適用される軽減を受けることができません。申告が必要な人には国保医療課より5月と6月に申告用紙を送付しますので、国保医療課賦課収納係に提出してください。

 

福祉医療費助成制度

問い合わせ先 国保医療課医療係 電話443-9021

 福祉医療費助成制度は老人・障害者・高齢重度障害者・乳幼児等・こども・母子家庭等医療受給者が医療機関で受診したときの医療費のうち、保険診療の自己負担額(医療費の1から3割。ただし、各制度の一部負担金相当額を除く)を助成する制度です。

 医療機関にかかるときは、健康保険証と医療受給者証を必ず提示してください。

 

制度のしくみ

 保険診療総医療費のうち、保険給付分は7割から9割、自己負担額(福祉医療費助成制度の対象)は1割から3割です。 

 平成25年7月からこども医療(通院)の対象者を中学3年生まで拡大します。併せて、こども医療(入院)の現物給付を開始します。

※ 入院する時は、病院の窓口で受給者証を提示してください。

◆ 新たに、こども医療(通院)の対象となる中学1年生から3年生には、4月中旬に個別案内を送付しています。要件を満たす人は、できるだけ早く申請書を提出してください。

 

「現物給付」とは

医療機関受診時に窓口でこども医療費受給者証と保険証を提示すると、一定の自己負担額(通院2割負担・入院0円)で診療が受けられる制度です。

 

各種助成制度のご案内(対象者については平成25年7月からの基準)

※ 該当する人は国保医療課医療係まで申請してください。

老人医療

対象 65歳以上70歳未満の人(後期高齢者医療被保険者は除く)

◇所得制限あり(市民税非課税世帯の人)

◇外来、入院とも一部負担金あり(自己負担限度額は世帯や所得に応じて異なる) 

障害者医療

高齢重度障害者医療

対象 身体障害者手帳1・2級および心臓機能障害3級、療育手帳A・B1判定または精神障害者保健福祉手帳1・2級の人

◇所得制限あり(本人・配偶者・扶養義務者の市民税所得割額の合計額が23.5万円未満)

◇外来、入院とも一部負担金あり

※ 療育手帳の人は次期判定月の末日まで、精神障害者保健福祉手帳の人は手帳の有効期限までが対象期間ですので、更新の場合は手帳の再判定を受けてからの申請となります。

乳幼児等医療

対象 小学3年生までの乳幼児など

◇1歳児からは所得制限あり(保護者、扶養義務者の市民税所得割額の合計が23.5万円未満)

◇一部負担金なし

こども医療

対象 小学4年生から中学3年生までの生徒

◇所得制限あり(保護者、扶養義務者の市民税所得割額の合計が23.5万円未満)

◇外来 2割負担(1割助成) 入院 一部負担金なし 

母子家庭等医療

母子(父子)家庭医療

対象 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(高等学校などに在学中の児童は、20歳に達する日の属する月の末日までの間にある児童)を現に監護している母(父)とその児童

◇母(父)などの所得制限あり(前年の所得が350万円未満)

◇外来、入院とも一部負担金あり

遺児医療

対象 死別、遺棄などにより、両親と離別している児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童または高等学校などに在学中の児童は20歳に達する日の属する月の末日までの間にある児童)

◇生計維持者の所得制限あり(前年の所得が350万円未満)

◇外来、入院とも一部負担金あり

※ 平成22年度税制改正により、扶養控除が一部廃止されたため、市民税所得割額が増える世帯もありますが、福祉医療の所得判定にあたっては、国の制度(自立支援医療制度)に準拠し、この影響を生じさせないよう対応をとることとしています。

 

●受給申請手続きに必要なもの

◇健康保険証または後期高齢者医療被保険者証

◇身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳(障害者医療、高齢重度障害者医療のみ)

◇戸籍謄本、住民票謄本(母子家庭等医療のみ)

◇児童扶養手当証書または遺族・障害年金証書(母子家庭等医療のうち該当者のみ)

◇印鑑(高齢重度障害者医療のみ)

※ いずれの受給申請手続きも受給者、配偶者、保護者、扶養義務者のいずれか(老人医療は受給者および同一世帯の人(後期高齢者医療被保険者を除く))が平成25年1月2日以降に転入しているとき、および配偶者、保護者、扶養義務者のいずれかが市外に在住しているときは所得(課税)証明書が必要です。

 

福祉医療費受給者証の更新

問い合わせ先 国保医療課医療係 電話443-9021

 現在交付している福祉医療費受給者証(老人、障害者、乳幼児等、こども、母子家庭等、高齢重度障害者)の有効期限は、6月30日です。引き続き医療費助成を受けるには更新手続きが必要です。更新手続きが必要な人には5月中旬に医療費助成更新申請書を送付します。

 市で受給資格(加入医療保険、所得、障害等級など)が確認できる人は更新手続きが不要です。

更新手続きが必要な人

対象

母子家庭等医療の受給者

※ 更新の手続きをしない場合は、6月30日で資格を失うことになりますのでご注意ください。7月1日からの資格認定を希望する人は必ず更新手続きをしてください。

受付

期間 529日(水曜)から64日(火曜) 9時から11時、14時から16時(土曜・日曜日を除く)

ところ 国保医療課医療係(本庁1階11番窓口)

※ 受付期間中に更新手続きができない場合は、必ず64日(火曜)までに国保医療課医療係へ連絡してください。

持ち物

・医療費助成更新申請書(5月中旬に送付)

・医療費受給者証

・健康保険証

・所得(課税)証明書(必要な人のみ)

・児童扶養手当証書(支給停止の人は支給停止通知書)または遺族・障害年金証書

 

対象

老人医療の受給者で

・受給者および同一世帯の人が平成2512日以降に転入している場合

障害者、乳幼児等、こども、高齢重度障害者医療の受給者で

・受給者、配偶者、保護者、扶養義務者のいずれかが平成2512日以降に転入している場合

・配偶者、保護者、扶養義務者のいずれかが市外に住んでいる場合

受付

期限 65日(水曜)まで(土曜・日曜日を除く)

ところ 国保医療課医療係(本庁1階11番窓口)

※ 証明書発行の都合などで期限までに手続きができない場合は国保医療課医療係まで連絡してください。

※ 6月6日(木曜)以降も受け付けますが、新受給者証の交付が7月1日に間に合わない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

持ち物

・医療費助成更新申請書(5月中旬に送付)

・医療費受給者証

・健康保険証または後期高齢者医療被保険者証

・所得(課税)証明書

・印鑑(高齢重度障害者医療の人のみ)

※ 障害者・高齢重度障害者医療の人は身体障害者手帳または療育手帳または精神障害者保健福祉手帳

 

更新手続きが不要な人

〇老人医療 〇障害者医療 〇乳幼児等医療 ○こども医療 ○高齢重度障害者医療

 

高砂市国民健康保険加入者

後期高齢者医療保険加入者

市で受給資格(加入医療保険、所得、障害等級など)が確認できる人

 

社会保険加入者(国民健康保険組合加入者含む)

市で受給資格(加入医療保険、所得、障害等級など)が確認できる人

※ 5月中旬に加入医療保険確認通知を送付しますので、保険内容に変更のある人のみ、6月5日(水曜)までに国保医療課医療係まで届け出をしてください。

 

※ 所得を確認できない人は後日連絡します。

※ 所得判定の結果、助成対象者に新受給者証を送付します。(6月末)

〈目次にもどる〉

 

第6話 私のがん experience note 体験記
簡単な大腸がん検診に感謝です

 40歳で初めて人間ドックを受診しました。大腸がん検診での検査結果は、便潜血反応1日目(陽性)、2日目(陽性)でした。毎年受診してきた大腸がん検診はいずれも(陰性)でした。2日とも陽性になるほど、体調不良はなく、自覚症状もない中、頭の中では「来年の結果まで、精密検査はしないでおこうか」と思いました。しかし、「何事も体験しよう!」と思い直しました。

 紹介状を持って、「消化器内科」を受診。その日は、精密検査となる「大腸内視鏡」検査予約と説明を受けました。

 検査当日、静脈麻酔を希望し、恥ずかしさも痛みもない中、検査終了までは至ってリラックスしていた私。検査終了後、麻酔薬が残っている私に先生が「ポリープが3つ。2つは採れたけど、もう1つは2センチ大の多分がんなので採れませんでした。今後の説明は、後日説明します。」と優しく説明してくれました。

 頭の中では「そんなに簡単にがんの宣告ってするの!」と思いましたが、誰にも確認せず、その日は病院を後にしました。

 翌日、自分でも驚くくらいショックの大きさを自覚し、1週間後の受診日までがとても長く感じました。

 検査後は、夫とともに受診。お腹を切ることになるとばかり思っていた私に先生は「今度は、超音波検査をして深さを診ましょう。もし、浅ければその検査で採ることができる大きさですよ。」と説明され、今度はホッと安心することができました。そして、1週間後の超音波の検査時にポリープは無事に切除できました。切除後、念の為に1泊入院しただけで、痛みもなく終了しました。

 私にとってラッキーだったのは、早めに精密検査を受けたこと。先生にも「あと数カ月遅かったら、こんなに簡単には切除できなかったよ」と言われました。

 大腸がん検診は、簡単な便潜血反応検査ですが、検査結果は重要だと実感しました。今後も、自身のメンテナンスを続け、子どもたちの笑顔を見続けようと思います。

(市内在住Fさん42歳女性)

 

大腸がん検診を受けましょう

 大腸がんは、男女ともに40歳代からかかりやすくなります。大腸がんにかかる人は、30年間で約6倍近く増え、死亡数はがん全体の中で第3位、女性では第1位となっています。大腸がんは、早期に発見し治療が行われれば90%以上が完治します。早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状を感じることがありません。症状を感じて病院で見つかる場合、進行がんであることが多いのです。自覚症状がない時にこそ、定期的に検診を受けることが大切です。大腸がんの一次検査(便潜血検査)は、自宅で便をとって提出するだけの、簡単な検査です。40歳になったら、1年に1回、大腸がん検診を受けましょう。

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

〈目次にもどる〉

 

消防本部からのお知らせ
住宅用火災警報器を取り付けましょう

問い合わせ先 消防本部予防課 電話448-4019

 皆さまのご家庭の寝室などに住宅用火災警報器を設置していますか。

 火災を早期に発見し、避難することにより、尊い生命と大切な財産を火災から守ることにつながります。平成23年6月以降すべての住宅に設置が義務化されています。

 災はいつどこで発生するかわかりません。まだ設置していない家庭は一日も早く設置してください。

 

賃貸住宅などの関係者の皆さまへ

高砂市火災予防条例で住宅の関係者は、住宅用火災警報器を寝室などに設置し、維持しなくてはならないと定められています。住宅の実情に応じて所有者、管理者と相談の上、早急に設置してください。

なお、自動火災報知設備が設置されている場合は、設置の必要はありません。

 

高砂市の火災概要

 平成24年中の火災件数は53件で、内26件が建物火災となっています。

建物火災の内18件が住宅火災です。住宅火災において死者2人、負傷者2人が発生しています。

 火災を早期に発見し、逃げ遅れを防止するために住宅用火災警報器を設置しましょう。

 

市内火災発生状況(平成24年)

建物火災 26件 内18件が住宅火災、8件は工場・倉庫などの火災

林野火災 1件

車両火災 3件

その他火災 23件

 

兵庫県内の奏功事例

天ぷら油の過熱

 2階に居た夫が階段の住宅用火災警報器が鳴ったため、1階に降り火災を発見し、消火器で初期消火を行ったもの。消火した後、消防署に通報

原因 家の人が天ぷら油を火にかけたまま居眠りをしてしまったため、天ぷら油が発火したものです。

 

寝たばこ

 共同住宅で付近住民が隣室から住宅用火災警報器が鳴っているのに気が付き、確認しに行ったところ火災を発見し、消防署に通報

共同住宅の住民が家の人を避難させ、座布団を台所に移動させて水につけ消火したため、大事にはいたりませんでした。

原因 寝たばこの火により座布団が燃えたものです。

 

設置された住宅用火災警報器は定期的に点検しましょう。

 住宅用火災警報器の多くは電池式となっています。いざという時に作動しなければ意味がありません。年に数回は点検してください。

▼点検方法

 警報器に付属しているボタンを押すか、ひもを引くと警報音などが鳴るようになっています。音が鳴らないなどの異状がある場合は、購入店やメーカーに相談してください。

 

水防訓練

消防本部消防課 電話448-0567

消防団、自主防災会と合同で行います。

とき 5月26日(日曜)9時30分から

ところ 加古川河川敷

 

平成25年度 高砂市消防団幹部紹介

 任期満了に伴う改選により消防団幹部が代わりました。

団長 作間 尚義

副団長 石原 和彦

副団長 濱谷 一繁

高砂分団長 石田 常雄

荒井分団長 三好 啓一

伊保分団長 中谷 勝也

曽根分団長 山下 耕司

米田分団長 高原 久人

阿弥陀分団長 三村 一三

北浜分団長 伊藤 定雄

〈目次にもどる〉

 

あけぼの 2013.5.1 第148号

高砂市人権教育協議会

人権が尊重される社会をつくるためにから高砂市人権教育協議会の活動についてから

 地域で暮らす私たちの「幸せ感」「不幸せ感」は、結局は周りの人と人との関係によるのではないでしょうか。とすれば、周りの人とどう良好なコミュニケーションを図っていくかが、「幸せ感」を得るためには大切なことです。そして互いを認め合うという「人権尊重の姿勢」と「努力」が欠かせない条件になってきます。

 人権を尊重し、良好なコミュニケーションを築いていくというテーマで学習の機会を設けたり、さまざまな人権課題を解消するための啓発を行うことを主な事業とし、人権文化の創造をめざして、「高砂市人権教育協議会」という組織を編成しています。

 今回の「あけぼの」148号では、その組織や事業活動についてご紹介します。

 

「高砂市人権教育協議会」とは

高砂市人権教育協議会は、昭和45年に発足し、途中、組織名称の変更などを経て今日にいたっています。

【目的】 市内における人権教育についての推進を図り、人権問題の解決と人権文化の創造に努める。

【組織】 市内の保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校などの教育機関、10の小学校区で区分けされた校区人権推進委員会、市内の企業、行政、関係団体など

【事業】 目的を達成するために調査研究、資料の刊行、研究会や講演会の開催、関係機関団体の連絡協調など

 具体的には、専門部会による活動、人権啓発紙「あけぼの」の発行、人権フェスティバル、人権教育研究大会の開催、人権啓発ポスター・標語の募集と掲示など

 

高砂市人権教育協議会の組織図

事務局(福祉部人権推進室)

専門部会

就学前教育部会、学校教育部会、校区人権部会、企業部会、広報部会、人権教育連携部会

 

平成24年度 高砂市人権啓発ポスター

優秀賞作品

伊保南小学校 村田 愛さん

 

専門部会の組織・活動

 事業を組織的に運営推進するために、次の6つの専門部会を設定しています。 

就学前教育部会

 公私立保育園、幼稚園、児童学園で構成

 特に、幼児教育や子育てにおける人権課題について研究しています。 

学校教育部会

 小学校、中学校、高等学校で構成

 それぞれにおける人権教育や学習の方法などを研究・推進しています。

校区人権部会

 市内10の小学校区を単位とした、住民の人権学習を推進する組織

 良好な居住環境を構築するためのコミュニケーションづくりを学習会や啓発活動を通して推進していきます。 

企業部会

 市内各企業の代表で構成

 明るい職場づくりのために人権研修を深めたり、人権課題についての情報交換を行っています。

 平成24年度は「ダイバーシティ」「パワーハラスメント」をテーマに研修会を実施しました。 

広報部会

 編集部員は、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教職員と公募での一般の人で構成

 人権啓発紙「あけぼの」の編集・発行をしています。 

人権教育連携部会

 保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・児童学園で構成

 人権教育の実践発表や情報交換、研修会の開催などで人権教育や学習を深め、広げていく活動を行っています。 

企業部会研修 実践報告

 平成25年2月1日に、「パワーハラスメント」について、産業カウンセラーの朴宗筍さんの話を聞きました。言葉としてよく耳にする『パワハラ』ですが、いろいろな事例や法律上の視点、職場での防止についてなど、改めてパワーハラスメントについて考える機会となり、有意義な研修会となりました。

受講者の感想

◇パワーハラスメントについてじっくりと考えることのできる有意義な時間でした。後半にお話しいただいたコミュニケーションスキルとパワーハラスメントにいたる他者の受け止めがつながっているという点は、大きな気づきでした。職場においてはさまざまなケースがありますが、持ち帰り、活用させていただきたいと思います。

 

◇パワーハラスメントについて、私なりに分かっていたと思っていましたが、改めて気付くところが多々ありました。コミュニケーションを通じて職場を明るくすることが大切なので、社内研修などで生かしていきます。

〈目次にもどる〉

 

地域ミーティング市長と話そう!ふれあい座談会

多数のご参加、貴重なご意見をいただきありがとうございました。

 今まで市内8地区で実施しておりました地域ミーティングを、平成24年10月から小さな地域単位での座談会形式にスタイルを改め、多くの皆さまにご参加いただきました。

 高砂市の実情を説明し、市政への理解を深めていただくとともに、市政に対する率直な課題、ご意見などを伺うことにより、共助のまちづくりにつながると改めて認識しました。

 行政と市民が互いに情報を出し合い、理解し合うことが共助、参画と協働のまちづくりの基本であり、市民の皆さまからいただきました声を市政運営に生かしたいと考えています。

 平成24年度の開催結果(概要)は、情報公開コーナー(本庁舎1階)、各公民館、高砂地区コミュニティセンター、市ホームページでご覧いただく予定です。(5月上旬から)

 なお、今年度も引き続き行いますので、自治会単位でお申し込みください。

〈目次にもどる〉

 

希望のある医療をめざして 市民病院からのお知らせ

市民病院 電話442-3981

正規看護師・臨床工学技士募集(平成25年7月1日採用)

【採用試験】

とき 5月26日(日曜)

科目 筆記、面接

受付期間 5月1日(水曜)から5月24日(金曜)

※ 採用試験案内は、市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからも取り出せます。

◇看護師

受験資格 看護師免許を有する昭和43年4月2日以降生まれの人

募集人員 10人程度

勤務時間:<病棟> 8時30分から17時、16時から0時15分、0時から8時45分

※ 2交替制勤務と3交替制勤務を選択できます!!

◇臨床工学技士

受験資格 臨床工学技士免許を有する昭和58年4月2日以降生まれの人

募集人員 1人

 

「看護の日」の催しのご案内 高砂市民病院看護局

 フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで5月12日は「看護の日」に制定されています。今回「看護が私を強くする」をテーマに看護の仕事は積み上げた知識や経験が人間としてのキャリアにつながり、一生成長できるライフワークであることをメッセージとして伝えています。受診以外の人もお気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

とき 5月10日(金曜) 9時から13時

ところ 市民病院玄関ホール

内容 ◇血圧測定・体脂肪の測定 ◇健康相談(看護師・栄養士・薬剤師・検査技師)

◇AEDの講習会 ◇介護用品の展示 ◇その他

※ ぼっくりんが来院します。写真撮影ご希望の人はカメラをご持参ください!!

 

臨時給食調理師・調理員募集!

勤務体系 6時45分から15時30分  9時45分から18時30分

※ 交替勤務制

募集人員 1人

選考方法 書類・面接

必要書類 履歴書、免許証の写し(調理師のみ)

賃金 調理師 時給 1,000円

調理員 時給  950円

保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

※ 勤務時間による

〈目次にもどる〉

 

マイタウン 3・4月のスナップ

浜のかあちゃん料理教室

▼3月14日(木曜)、伊保漁業協同組合で梅井保育園児と園児の保護者約80人を対象に料理教室が開催されました。この日、魚食普及や地産地消を進めようと同組合女性部が高砂沖で水揚された旬の魚「いかなご」で郷土料理のくぎ煮の作り方を披露しました。

第8回健康増進フォーラム

▼3月16日(土曜)、福祉保健センター中ホールで市民の皆さんに「癌(がん)のことをもっと理解してもらおう」とがんの怖さや予防対策についての講演やがん検診受診率の向上をテーマとした川柳の表彰式などが行われました。 

労働文化講演会

▼3月16日(土曜)、生石研修センターで、桂吉弥落語会が催され間近で落語を楽しもうと市内外より約300人の観客が詰めかけました。会場では桂そうばさん、桂吉弥さんが独特の語り口調で終始笑いの絶えない楽しい落語会となりました。

高砂文化講座「高砂学」

▼3月17日(日曜)、福祉保健センター中ホールで、天竺徳兵衛生誕400年を記念し、徳兵衛にまつわる講演や歌舞伎舞踊などが行われました。

表敬訪問

▼3月29日(金曜)、第15回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会(3月17日(日曜)開催)において、高砂市を拠点とする小学生チーム「北浜ジュニアランニングクラブ(JRC)」が2連覇を達成し、その報告に訪れました。

海外姉妹都市交流派遣事業

▼3月23日(土曜)から30日(土曜)、姉妹都市オーストラリア・ラトローブ市へ市内の中学生8人と引率コーチ2人が親善大使として訪問し、水泳などを通して交流を深めました。

荒井幼稚園新園舎竣工式

▼4月6日(土曜)、今春4月からオープンした新園舎の竣工式が行われ、市長をはじめ、園児や保護者、建設工事に携わった関係者約200人が出席し、新しくなった園舎の門出を祝いました。

花灯り2013

▼4月5日(金曜)、鹿島川沿い(松陽高校グラウンド西側)の桜並木をライトアップや約1,000本のろうそくの灯りが彩りました。水面に映る夜桜は幻想的で、たくさんの人が幽玄の世界を楽しみました。

第43回古典舞踊乃会

▼3月31日(日曜)、福祉保健センター中ホールで行われ、約47人の会員が出演し、日々の修練の成果を精一杯披露しました。

〈目次にもどる〉