広報たかさご12月号 No.825 平成25(2013)年

 

表紙

体験学習:さつまいも掘り

10月29日(火曜) カネカ社宅跡地

 

 

人口と世帯(11月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/94,371(+7) 世帯/38,728(+11)

人口の内訳 男/46,246(-7) 女/48,125(+14)

 

目次

平成24年度The☆決算

災害に そなえる (たかさごの水道NO.7 高砂市水道創設90周年事業) 

平成26年度 市民提案型地域協働推進事業「夢のシロ」補助金 企画提案書募集 

こんにちは農業委員会です

Pay-easyペイジー口座振替受付サービス 

後期高齢者医療人間ドック追加募集

美化センターからのお知らせ

希望のある愛民病院をめざして 市民病院からのお知らせ

マイタウン10・11月のスナップ

 

平成24年度The☆決算

一般会計

 歳入総額は328億4,664万円、歳出総額は322億9‚544万円で、差額は5億5‚120万円でしたが、ここから翌年度に繰り越した事業に充てられる財源5‚519万円を差し引き、4億9‚601万円の黒字となりました。また、財政調整基金取り崩し額などを反映した実質単年度収支は2億9‚470万円の赤字となりました。

 

歳入 328億4,664万円

 市税 169億1,748万円(構成比 51.5パーセント)

      固定資産税 88億1,279万円

      市民税 60億4,258万円

      都市計画税 13億1,648万円

      市たばこ税 5億9,492万円

      軽自動車税 1億5,071万円

   国・県支出金 54億4,418万円(構成比 16.6パーセント)

   市債 30億1,955万円(構成比 9.2パーセント)

   地方消費税交付金、地方交付税、地方特例交付金など 28億7,736万円(構成比 8.8パーセント)

   諸収入、繰入金、財産収入、寄附金 23億739万円(構成比 7.0パーセント)

   繰越金 9億9,988万円(構成比 3.0パーセント)

   使用料及び手数料 5億5,817万円(構成比 1.7パーセント)

   分担金及び負担金 5億725万円(構成比 1.5パーセント)

   地方譲与税 2億1,538万円(構成比 0.7パーセント)

 

歳出 322億9,544万円

 民生費 113億7,292万円( 構成比 35.2パーセント)(市民1人当たり 120,332円)

     高齢者や障がい者、子どものための福祉の費用

     (主な事業) 米田西保育園の耐震補強工事(2,508万円)など

  総務費 42億7,522万円(構成比 13.2パーセント)(市民1人当たり 45,234円)

     財産管理や企画・税務事務などの費用

     (主な事業) 「高砂学」などの文化振興事業(268万円)など

 

 衛生費 42億3,605万円(構成比 13.1パーセント)(市民1人当たり 44,820円)

     ごみ、し尿処理や保健衛生などの費用

     (主な事業) がん検診の推進(1,814万円)など

 

 土木費・都市計画費 34億3,999万円(構成比 10.7パーセント)(市民1人当たり 36,397円)

     道路や公園などの整備の費用

     (主な事業) 沖浜平津線街路の整備(1億6,247万円)など

 

 公債費 32億5,868万円(構成比 10.1パーセント)(市民1人当たり 34,479円)

     国や金融機関から借り入れたお金の返済

 

 教育費 25億5,139万円(構成比 7.9パーセント)(市民1人当たり 26,995円)

     小・中学校、幼稚園、生涯学習などの費用

     (主な事業) 伊保幼稚園の改修(729万円)など

 

 消防費 11億754万円(構成比 3.4パーセント)(市民1人当たり 11,718円)

     消防活動や防災対策などの費用

     (主な事業) はしご車の分解整備(3,098万円)など

 

 その他 20億5,365万円(構成比 6.4パーセント)(市民1人当たり 21,729円)

     商工費、労働費、議会費、農林水産業費など

     (主な事業) 北脇地区ため池の改修(1,082万円)など

 

特別会計

 一般会計のほかに特別な事業を行うための特別会計が4会計あります。

 

 事業 国民健康保険事業

  歳入 104億1,082万円(7.2パーセント増)

  歳出 101億5,827万円(4.1パーセント増)

 

 事業 下水道事業

  歳入 56億6,485万円(6.3パーセント増)

  歳出 56億2,777万円(5.8パーセント増)

 

 事業 後期高齢者医療事業

  歳入 9億3,762万円(9.9パーセント増)

  歳出 9億1,532万円(9.6パーセント増)

 

 事業 介護保険事業

  歳入 57億5,505万円(6.9パーセント増)

  歳出 57億4,010万円(6.6パーセント増)

 

 合計 

  歳入 227億6,834万円(7.0パーセント増)

  歳出 224億4,146万円(5.4パーセント増)

 

 ※ ( )は対前年度比

 

企業会計

 地方公営企業法の全部または一部の適用を受ける企業会計が3会計あります。

  収益的収支とは日々の営業活動に伴って発生する収入と支出をいい、資本的収支とは企業債の元金償還などの費用とその財源となる収入、建物・施設の建設といった支出の効果が次年度以降に及ぶものをいいます。

 

 事業 水道事業

  収益的収入 13億2,972万円

  収益的支出 12億9,268万円

  資本的収入 7億2,395万円

  資本的支出 11億3,013万円

 

 事業 工業用水道事業

  収益的収入 2億5,657万円

  収益的支出 2億5,657万円

  資本的収入 498万円

  資本的支出 498万円

 

 事業 病院事業

  収益的収入 60億9,462万円

  収益的支出 57億5,279万円

  資本的収入 20億1,590万円

  資本的支出 25億1,347万円

 

財政健全化の指標

 次のいずれかの比率が早期健全化基準を超えると自主的な改善が義務付けられる「財政健全化団体」に、それより悪い財政再生基準を超えると、国の管理のもと確実な再生が求められる「財政再生団体」となります。

 

高砂市はいずれの指標も基準を下回っています。

 実質赤字比率(財政運営の深刻度 福祉、教育、まちづくりなどの一般会計の赤字)→赤字なし

 早期健全化基準 12.51パーセント

 財政再生基準 20.00パーセント

 

連結実質赤字比率  

 全体の運営の深刻度(すべての会計の赤字や黒字を合算し、市全体としての赤字)→赤字なし

 早期健全化基準 17.51パーセント

 財政再生基準 30.00パーセント

 

実質公債費比率

 資金繰りの危険度(借入金の返済およびこれに準じる額の大きさ)→9.0

 早期健全化基準 25.0パーセント

 財政再生基準 35.00パーセント

 

将来負担比率

 将来財政を圧迫する可能性(借入金(地方債)や将来支払っていく可能性のある負担など)→66.0

 早期健全化基準 350.0パーセント

 財政再生基準 設定なし

 

資金不足比率

 公営企業の経営状況の深刻度(公営企業の資金不足額が事業規模に占める割合)不足なし

 早期健全化基準 20.0パーセント(経営健全化基準)

 財政再生基準 設定なし

 

たかさご未来寄附金

 平成24年度 77件 2,396,000円

 ありがとうございました。

 高砂市に興味を持っていただいている人や将来住みたいとお考えの人、高砂市で過ごされたことのある人、結婚式を挙げられた人など、さまざまな人のご支援ご助力をお願いしています。

 市外でお住まいのご家族、ご親戚、ご友人にも声をかけていただき、ふるさと「高砂」の応援をよろしくお願いします。

 

<目次にもどる> 

 

災害に そなえる (たかさごの水道NO.7 高砂市水道創設90周年事業)  問合先 水道事業所総務課 電話443-9048

  平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、広域に甚大な被害をもたらしました。津波被害を受けた地域では水道施設も壊滅的な状況となりましたが、ライフラインとしての水道水確保のため、全国の水道事業体が総力をあげて応急給水、応急復旧の支援に駆け付けました。高砂市では、支援活動以外に応援要請のとりまとめなども積極的に行いました。このような大災害にそなえ、日々災害に強い水道をめざして次のような減災システムの確立に取り組んでいます。

 

水道管の耐震化

 大きな水道管は、平成21年度から阪神淡路大震災クラスの地震に耐える耐震管を使用し、整備や更新を行っています。今後は米田水源地から延びる水道管を計画的に耐震化する予定です。

 

浄水施設の耐震化

 米田水源地でつくられた水道水をいったん貯蔵する貯水タンクは、平成25年度で耐震化工事が完了する予定で、緊急時の水道供給基地としての役割が存分に発揮できるようになります。

 

緊急対応マニュアルの整備

 激甚地震対応、施設事故対策、生物化学的テロ対策、新型インフルエンザ対策などのマニュアル整備を行っており有事にそなえています。

 

設備機器の防水対策

 大雨による洪水は、米田水源地敷地内に濁水が流入することが想定されます。配水ポンプ室が浸水した場合、配水ポンプは停止し各家庭に給水できなくなります。このような事態を防ぐために防水堰や防水扉の設置を計画しています。

 

近隣市町などの相互応援体制強化

 市内の水道・建設業18社、兵庫県・各市町・各水道企業団、第一環境(株)のそれぞれと協定を結び、災害時に相互応援体制がとれるようにしています。

 

応急給水資機材の備蓄

 災害により広範囲の断水被害が発生した場合、迅速に応急的な給水ができるように給水車、ポリタンク、非常用給水袋、仮設給水栓などの備蓄を行っています。

 

 <目次にもどる>

 

平成26年度 市民提案型地域協働推進事業「夢のシロ」補助金 企画提案書募集   市民活動推進課 電話443-9006

 「夢のシロ」補助金は、市民の参画と協働による市民が主役のまちづくりを推進するため、市民が企画・提案し、実践する活動に対して活動費の一部を支援する補助制度です。

 平成26年度は、高砂市制施行60周年の節目の年となるため、高砂市の「還暦」をお祝いする記念事業についても併せて募集します。

 

対象事業

◇営利を目的としない市民の自主的、主体的な社会活動で公益性が高く、市民生活および地域社会の維持発展に寄与することを目的とした事業

◇幅広く市民が参加でき、市全域に新たな活気とうるおいの創出が期待できる先駆的で独創性のある事業

◇高砂市制施行60周年を迎えるにあたり、多くの市民が主役となり参加できるイベント事業

 

対象団体

 3人以上で構成される市民団体

 

補助金額

 1団体につき上限50万円(総事業費の4分の3以内、備品購入費は2分の1以内)

 

募集期間

 平成26年1月6日(月曜) から17日(金曜) (必着)

 

応募方法

 募集要項を確認の上、必要書類(企画提案書、事業計画書、収支予算書など)を直接、市民活動推進課まで

 

選定方法

 書類審査、公開プレゼンテーション

※ 提出書類は返却しません。

※ 募集要項などは、市民活動推進課にあります。市ホームページからも取り出せます。

 

事業実施期間

 平成26年4月1日から平成27年3月31日まで

※ 平成26年度予算成立が前提であり、補助事業の内容など変更になる場合があります。

 

「夢のシロ」とは

 現在の高砂市神爪出身で江戸時代を代表する町人学者である山片蟠桃の著書で、豊富な知識をもとに経済学をはじめ朱子学や天文・地理学、蘭学など、12巻からなる実学啓蒙書「夢の代」にちなんで命名。

 

<目次にもどる>

 

こんにちは農業委員会です  農業委員会事務局 電話443-9059

農地に関することは、農業委員会事務局または各農業委員にご相談ください。

 農地を相続したら農業委員会へ届け出を

 平成21年12月農地法の改正により農地を相続したら届け出することが義務付けられています。

 

◇相続した農地は適正管理を

 農地を相続した人が、耕作せずに放置すれば、遊休農地(荒れ地)となってしまう恐れがあります。遊休農地になると、草木が生い茂り、病害虫や獣害が発生したり、日照の妨げになったり周囲に多大な迷惑を引き起こします。一度荒廃すると、きれいな農地に復元するには莫大な労力や経費が掛かってしまいます。

 遊休農地にならないように草刈りをしたり、自分で耕作できない場合は農地を使ってくれる農業者に借りてもらうなどして管理しましょう。

 

◇太陽光発電設備と農地転用

 近年、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーが注目されています。農地に太陽光発電設備などを設置する場合、農地転用許可や届け出が必要になる場合がありますので、事前に農業委員会へご相談ください。

 

農業委員選挙人名簿の登載申請

 農業委員選挙人名簿は、毎年1月1日時点で農業者からの登載申請に基づいて作成することになっています。選挙人となるのは次の要件をすべて満たす人です。

◇10アール以上の農地につき耕作の業務を営む人およびその同居の親族または配偶者で、年間約60日以上耕作に従事した人

◇20歳以上の人(平成26年4月1日現在)

◇市内在住の人(平成26年1月1日現在)

 

【登載申請】

 毎年11月下旬から12月に地区の農会長を通じて行っていますので、期限内に必ず提出してください。平成26年7月に農業委員選挙が予定されています。申請書の提出がないと農業委員選挙の選挙権・被選挙権が認められなくなりますのでご注意ください。

 

 <目次にもどる>

 

Pay-easyペイジー口座振替受付サービス 問合・受付先 市税(市県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税)…納税課 電話443-9017 問合・受付先 国民健康保険料…国保医療課 電話443-9072

 高砂市では、「ペイジー口座振替受付サービス」を実施しています。このサービスは、申請書にご記入いただき、市役所窓口に設置する端末機にキャッシュカードを通し、暗証番号を入力するだけで口座振替申込手続きが完了するサービスです。

 

対象 

市税(市県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税)、国民健康保険料

 

必要なもの 対象金融機関のキャッシュカード(個人の普通預金・通常貯金口座に限ります。また代理人カードなど、一部お取り扱いできないカードがあります。)、申請される人の本人確認書類(住民基本台帳カード、運転免許証など)

 

申込方法

 直接、下記受付窓口まで

※ 口座名義人本人が、手続きする必要があります。

 

対象金融機関 <銀行> ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みなと銀行

<信用金庫> 播州信用金庫、姫路信用金庫、兵庫信用金庫、但陽信用金庫、西兵庫信用金庫、日新信用金庫

※ 但馬銀行、兵庫南農業協同組合、近畿労働金庫は、お取り扱いできません。

 

従来どおり、口座振替や納付書による納付もできます。

 

 <目次にもどる>

 

後期高齢者医療人間ドック追加募集  問合先 国保医療課医療係 電話443-9021

  後期高齢者医療では、平成25年9月から、被保険者の健康の保持と病気の早期発見のため、人間ドックの受診者にその検査費用の一部を助成しており、平成25年度の高砂市民病院・高砂西部病院での人間ドック助成希望者を若干名追加募集しています。

 

市民病院

受診日 1日コース 金曜日、第2・4週の木曜(女性のみ)

助成内容 男女共通

検査費用 42,000円

後期高齢者医療助成額 20,000円

自己負担額 22,000円

 

高砂西部病院

受診日 1日コース 月、水、木、金曜日

助成内容 男女共通

検査費用 42,000円

後期高齢者医療助成額 20,000円

自己負担額 22,000円

 

申込方法 受診要件がありますので、詳しくは国保医療課医療係までお問い合わせください。

 しめ切り 12月20日(金曜)

受診期間 平成26年3月28日(金曜)まで

対象 今年度の後期高齢者医療健康診査・各がん検診を受診していない人で次の用件を満たす人

(1)兵庫県後期高齢者医療被保険者 (年度途中で75歳に到達する人は、誕生日から受診可)

(2)保険料完納者

受診日予約 受診券が到着後、直接 病院に受診日の予約をしてください。

 

 <目次にもどる>

 

美化センターからのお知らせ

 ごみの減量化・再資源化にご協力をお願いします。

  ごみ出しマナー、ごみの分別を守って速やかな収集にご協力をお願いします。

◇家庭ごみは、必ず分別し、当日の朝8時までに出してください。

 分け方・出し方は「平成25年版家庭ごみの分け方・出し方」を参考にしてください。

◇カセットボンベ、スプレー缶は、必ず穴を開けてから空き缶の日に出してください。人身事故、火災事故の原因となります。

◇大掃除などで発生した多量の片付けごみ、引っ越しごみ、庭木の剪定くず、草刈ごみなどは、美化センターに直接自己搬入してください。

◇新聞、雑誌(雑紙)、ダンボールなどは、地域の資源ごみ集団回収を活用するか、紙類・布類の分別収集の日に出してください。

 

年末年始の美化センター  業務施設課業務第1係(ごみに関すること) 電話448-5220 業務施設課業務第2係(し尿に関すること) 電話447-1157

12月31日(火曜) から1月5日(日曜)まで休業します。

〔年末年始の燃えるごみの収集〕

●年末の最後の収集日        

◇月・木曜日収集地区 12月30日(月曜)

◇火・金曜日収集地区 12月29日(日曜)

●年始の最初の収集日

◇月・木曜日収集地区 1月6日(月曜)

◇火・金曜日収集地区 1月7日(火曜)

〔年末年始のごみの自己搬入〕※ 自己搬入は有料です。

●年末の受付 

 12月29日(日曜) 9時から11時30分、13時から15時30分

 12月30日(月曜) 9時から11時30分、13時から15時30分

●年始の受付

 1月6日(月曜) 9時から11時30分、13時から15時30分

 ※ 年末年始は混雑が予想されます。ご了承ください。

〔年末年始のし尿の収集〕

●年末最後の収集日 12月30日(月曜)

●年始最初の収集日 1月6日(月曜)

 

※ 年末のし尿の収集受付は、12月26日(木曜)までに電話で業務施設課業務第2係までお申し込みください。

 

 

電動式生ごみ処理機の購入費を助成しています!  計画管理課 電話448-5260

  電動式生ごみ処理機を使用すれば、生ごみの減量とリサイクル(生ごみを堆肥化し、プランターや家庭菜園の有機質肥料として活用できます。)に大変有効です。

 また、ごみ出しの手間が減るなど、次のような効果もあります。

★キッチンはいつも清潔。

★生ごみの臭いを抑制。

★ごみ汁が垂れる心配がない。

★生ごみの置き場所に困らない。

受付期間 から平成26年3月31日(月曜)

対象者 市内在住で市税を滞納していない人(事業者は対象外)

対象機器

◆家庭用として市販されている電動式生ごみ処理機(ディスポーザは対象外)

◆平成24年4月以降に購入したもの

助成金額・台数

◆購入金額の半額(税抜・千円未満の端数切捨て、上限3万円)

◆100台 

※ 10月末現在 助成残り台数89台

必要書類 電動式生ごみ処理機購入助成金交付申請書兼請求書、領収書、保証書、住民票、市税の完納証明書

受付場所 美化センター計画管理課

※ 申請書は、美化センター計画管理課、本庁受付、各市民サービスコーナー、市民コーナーにあります。

 

排出ガス中のダイオキシン類濃度測定結果について  業務施設課 電話447-1760

  ごみ焼却施設の煙突から排出されるダイオキシン類を測定した結果、排出基準(高砂市管理基準)に適合していたことをお知らせします。また、ごみ焼却施設内の作業環境測定をした全ての作業場において第一管理区域(3段階評価の最も良い状態)となり、問題はありませんでした。

 排出ガス中のダイオキシン類濃度測定結果(単位:ng-TEQ/㎥N)

測定日 平成25年8月7日

ダイオキシン類濃度 1号炉 0.014

2号炉 0.0095

法排出基準 0.1

高砂市管理基準 0.05

※ ngは10億分の1グラムのこと

 

 <目次にもどる>

 

希望のある医療をめざして  市民病院からのお知らせ 電話442-3981

生活習慣病予防教室に参加しませんか?

 参加費無料

 市民病院では、皆さまの健康をお守りするためのさまざまな取り組みや催しを行っています。

 その中の一つである生活習慣病予防教室では、医師をはじめとする医療スタッフが、生活習慣病についての予防や治療方法などを分かりやすくお話させていただきます。

 皆さまの参加をお待ちしています。

 

とき 12月18日(水曜) 13時30分から

ところ 2階 講義室

内容 腎臓病教室「慢性腎不全について」

講師 市民病院医師

 

とき 1月15日(水曜) 13時30分から

ところ 2階 講義室

内容 糖尿病と向き合う「フットケアについて」「糖尿病に関する検査について」

講師 看護師

講師 臨床検査技師

 

とき 2月19日(水曜) 13時30分から

ところ 2階 講義室

内容 画像から体内を見てみよう!「血管や骨の検査について」

講師 放射線技師

 

※ 申し込みは不要です。当日、直接会場へお越しください。(13時受付開始)

※ 筆記用具、メモ帳は各自でご持参ください。

 

10月26日(土曜) 「第6回高砂市民病院健康まつり」を開催しました。

多くの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

 

 

平成26年2月1日採用4月1日採用 正規看護師 募集

受験資格 看護師免許を有する人

(4月1日採用の人は来春の国家試験において免許取得見込みの人を含む。)

募集人員 10人程度

勤務時間<病棟> 8時30分から17時、16時から0時15分、0時から8時45分

※ 2交替制勤務と3交替制勤務を選択できます!!

【採用試験】とき 12月22日(日曜)

科目 論文、面接

受付期間 12月2日(月曜) から20日(金曜)

※ 20日(金曜)は12時まで

 

平成26年4月1日採用 正規作業療法士 正規臨床工学技士募集

受験資格

作業療法士:作業療法士免許を有する人

臨床工学技士:臨床工学技士免許を有する昭和54年4月2日以降生まれの人

(来春の国家試験において免許取得見込みの人を含む。)

募集人員 作業療法士1人、臨床工学技士2人

【採用試験】

とき 12月22日(日曜)

科目 論文、面接

受付期間 12月2日(月曜) から20日(金曜)※ 20日(金曜)は12時まで

 

採用試験案内は、市民病院総務課にあります。

市民病院ホームページからも取り出せます。

 

 <目次にもどる>

 

マイタウン10・11月のスナップ

お茶会

▼10月22日(火曜)、北浜幼稚園の4・5歳児が、お茶の先生の指導の下、日ごろ練習した礼儀作法で祖父母にお茶を点て伝統文化に親しみました。

 

市長表敬訪問

▼10月31日(木曜)、松陽高校定時制課程の向野大地さんが兵庫県定時制通信制生徒生活体験発表会で最優秀賞を受賞し、全国大会に出場することが決まり、その報告に訪れました。

 

総合防災訓練

▼10月27日(日曜)、曽根小学校で地震による大規模災害に対応するため、各防災関係機関、消防団、自治会など地域住民と合同で防災訓練を行いました。

 

市長表敬訪問

▼10月23日(水曜)、青年の家で開かれた「こどものまち」市長に選ばれた高野そらさん、副市長井上楓菜さんが登市長に「安心して遊べる大きい公園をたくさんつくってほしい」など4つの要望を提案しました。

 

旧入江家住宅見学会

▼11月2日(土曜)、兵庫県指定有形重要文化財に指定されている旧入江家住宅(曽根町)が一般公開されました。

 

とうもろこし狩り

▼10月31日(木曜)、梅井保育園・北浜保育園・曽根保育園の園児たちが阿弥陀の農園でとうもろこし狩りを行いました。初めてのとうもろこし狩りに悪戦苦闘しながらも楽しく収穫ができました。

 

観月能

▼10月19日(土曜)、高砂神社の新能舞台で行われました。幽玄美にあふれる舞は、多くの観客を魅了しました。

 

市長表敬訪問

▼10月7日(月曜)、高砂市スポーツ推進委員の水王征子さんが、文部科学省より平成25年度生涯スポーツ功労者表彰を受賞し、その報告に訪れました。

 

高齢者大学(松陽学園)学園祭

▼10月23日(水曜)・24日(木曜)、教育センターで行われました。在学生や卒業生が制作した陶芸、絵画などの作品が展示され、会場は多くの人でにぎわいました。

 

工楽松右衛門銅像を修復する会が・・・

▼10月4日(金曜)、工楽松右衛門銅像の修復のために集めた募金の一部を、松右衛門の生涯を描いた読み物「風を編む 海をつなぐ」の増刷費に充ててもらおうと市教委に寄付しました。

 


 <目次にもどる>